星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

くまみこのアニメ最終回が炎上!脚本のピエール杉浦の評判を考察

更新日:

吉元ますめ先生による漫画作品『くまみこ』は、アニメ化され、2016年春アニメとして放送されていました。

しかし、最終回がまさかのアニメ史に残るひどい結末となり、視聴者からの不満が噴出し、炎上。

さらには、言葉を選びながらではあるものの、原作者の吉元ますめ先生もアニメに対する苦言を呈する異例の事態となってしまいました。

そして、その矛先は、脚本のピエール杉浦なる人物に…。

このピエール杉浦さんは、別の作品の脚本でも炎上しているらしいのです。

当記事では、アニメ『くまみこ』最終回の炎上と、ピエール杉浦さんの評判をまとめてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメ『くまみこ』最終回の結末で批判炎上!

くまみこ

アニメ『くまみこ』は、吉元ますめ先生原作の『くまみこ』をアニメ化した作品です。

熊を奉る神社の巫女をしている少女の雨宿まちや、ヒグマのナツを中心とした非日常っぽい日常を描くスローライフストーリーとなっています。

これだけ聞けば、間違いなく、いわゆるゆるいアニメ、癒し枠のアニメだと想像されるでしょう。

しかし、『くまみこ』最終回で、そんなスローライフは見事に打ち砕かれます。

後味が悪すぎる"超"がつくほどのバッドエンドになってしまったのだと言います。

これにより『くまみこ』は、スローライフ作品というより、

サイコホラー作品

と言われ、アニメ公式ツイッターにも批判のリプライが飛び交っていたそうです。

ネットの評判を調べつつ、かなり簡単に、『くまみこ』最終回の結末をまとめてみると…。

もともと都会恐怖症というべきか、田舎コンプレックスのようなものを抱えていた巫女の『まち』は、都会に出てみるものの、過去の闇を思い出してしまい、トラウマがさらに悪化。

良夫は、『まち』がどうなろうとも、この町の生贄になってもらうという宣言をするなど、言動は狂気じみた、サイコパスのようになっていたのだとか。

また、『まち』は統合失調症に見られる退行のような症状まで見えてしまい、最終的にはナツに依存。

ナツはそれを喜ぶという、一種の精神崩壊エンドを迎えてしまったとの評判に…。

というのが、かなりざっくりした『くまみこ』の結末です。

まるで拝み屋などの洗脳といった行為を町ぐるみで行っているような、なんとも後味の悪い終わり方ですね…。

『くまみこ』のアニメ放送が終わっての評価については、天と地の差があるものの、この衝撃度というだけで見てみると、

『魔法少女まどか☆マギカ』を1話、2話と見ていて、3話を見た後のような感覚

というのでしょうか。

ネットの反応を見る限り、そのような評価だったように思います。

一応、まちが、

「都会に出たくない」

という流れは原作にもあります。

しかし、アニメ『くまみこ』場合は、そこに至るまでの経緯や伏線の回収方法に、

アニメオリジナルで且つ、さらにあまりにもひどい内容という改変を加えてしまったこと

が、今回の狂気じみたサイコホラー作品を生んでしまった原因だと思われます。

当然、ネットではアニメ『くまみこ』への批判殺到、大炎上状態となったわけです。

そして、その流れをさらに勢いづける発言が、原作者の吉元ますめ先生からも語られます。

現在は削除されてしまっていますが、吉元ますめ先生は自身のブログで、

私は、脚本をチェックするのは断りました

プロだから、お任せしました

なのでこんなことをいう資格はないですが

ないので原作ファンとして感想を言わせて貰えれば

『よしおのあの発言は、酷いなあ』

と思っています

と、静かに怒りを募らせているコメントをしています。

まぁ、これに関しては、アニメ『くまみこ』の脚本チェックを怠った吉元ますめ先生にも問題があると言えば、あるのかもしれません。

ただ、普通はこんな劣悪な改変をされるとは思っていないでしょう。

やはり、吉元ますめ先生は被害者と言っていいと思います。

 

さて、アニメオリジナルで余計なことをしたばかりに、アニメ『くまみこ』最終回で一気に評価が急落。

海外のアニメファンからも批判されている『くまみこ』。

その脚本を務めたピエール杉浦さんですが、実は、この『くまみこ』以外での評判も悪くなっていたのです。

 

ピエール杉浦の評判は?『刀剣乱舞花丸』でも炎上!

『くまみこ』の最終回の脚本を担当し、炎上したピエール杉浦さんとは、いったい何者なのでしょうか?

ピエール杉浦さんの本名は、

"杉浦理史"

と言い、これまで、数々の構成や脚本に参加してきました。

とくに、アニメ脚本では『ばからもん』、『ゆゆ式』と、話題になった作品を担当しており、

「ピエール杉浦という脚本家はダメだ」

という評判ではなかったようですね…。

しかし、ここ最近は『くまみこ』で評判を落とし、さらには、『刀剣乱舞-花丸-』のシリーズ構成、脚本を担当し、これもまたファンから大批判を受けたのです。

『刀剣乱舞-花丸-』がいかにひどかったのか、それを示すのがアマゾンのDVD第一巻のレビューです。

二巻以降は心の折れてしまった人が多いのか、レビュー数が激減、もしくは信者と呼ばれる人ばかりのレビューでした。

ちなみに、そのDVD第一巻のレビューがどうなっているかというと…

全80評価のうち、最低評価の星1が45

と、最低評価が過半数になってしまっているのです。

その内容を見ても、

「『とある花丸』と前置きはキャラ崩壊の言い訳にしか聞こえない」

「ありきたりなストーリーを破たんなく描くことすらできないレベル」

「起承転結の転しかないような出来」

「キャラ崩壊しすぎて、ピエール杉浦は本当に刀剣を少しでも勉強したの?」

「矛盾だらけ&キャラクターの改悪まみれ」

と、設定や脚本がひどすぎて、脚本、そして脚本の監督ともいえるシリーズ構成をしたピエール杉浦さんが炎上するほどの批判を浴びているのです。

テレビアニメ2期も2018年1月から放送らしいのですが、1期がこの荒れようだっただけに、2期もあまり期待ができなさそうです…。

 

まとめ

アニメ『くまみこ』最終回は、終盤のひどいオリジナル展開から、狂気を感じるサイコホラーエンドを迎えました。

ネットではアニメ『くまみこ』に対して、批判の嵐となっており、アニメ史に残るバッドエンド、アニメオリジナルによる原作破壊作品となってしまいました。

脚本家のピエール杉浦さんはこれによって大批判、さらにアニメ『刀剣乱舞-花丸-』でも、キャラ崩壊、ストーリーの矛盾など多くの破たんを引き起こし炎上…。

『刀剣乱舞-花丸-』は、アニメ2期の放送が決定していますが、これでは観たい人もいないのではないでしょうか。

ピエール杉浦さんは、もう少し原作を理解したうえで脚本を作るようにしてほしいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アニメ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.