星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

中村アンはお嬢様で実家はお金持ち?出身高校大学をチェック!

投稿日:

表裏が無い言動が支持を受けているのか、最近は、バラエティ番組でもよく見かけるようになってきたモデルの中村アンさん

中村アンさんの飾らない性格は、今流行の毒舌系とリンクし、読モ時代を経てブレイクし始めると、彼女はタレントとしても大注目され、引っ張りだこ状態となっているみたいです。

しかし、その裏では、

『(中村アンは)お嬢様でハーフ』

という噂も流れているみたいです。

それにしてもイメージだけで、全く異なる噂が流れているのには驚きですね。

そこで、本記事では中村アンさんのプロフィールや母校(高校・大学)、実家のこと(お嬢様疑惑の真相)なども含めて、彼女の魅力を改めてご紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毒舌系としてブレイク中の中村アン

中村アン

中村アン

有吉弘行さんの大御所芸能人に対するあだ名付けから始まった毒舌芸能人ブーム。

嘘偽りのない想いを大御所芸能人に対しても平気でいうことから、何でもズバズバ言ってくれて、すっきりさせてくれると毒舌系タレントが一気にブレイクしていくのですが、正直、毒舌系と、『ただのわがまま放題と勘違いしているタレント』が急増して、おかしな方向進んでいるように思えます。

人を誹謗中傷することを毒舌で、ごまかしているというのがこのタイプのタレントの大きな特徴で、それこそ賛否は分かれるものの、有吉弘行さんやマツコ・デラックスさんのような、正当な毒舌系は、ほぼ皆無に近いと言って良いでしょう。

実際に、一部のブレイクしたタレントに対してドン引きし、勘違いしていると評価しているネットユーザーも大変多いみたいですが、人の不幸は蜜の味という言葉の表れなのか、何故か面白がって毒舌系の言動を見ている視聴者もたくさんいらっしゃるようです。

さて、そんな勘違いの毒舌系の一人としてブレイクしているのが、モデル・タレントとして活躍されている中村アンさん。

彼女もかなり勘違いしている毒舌系で、ライバルは事務所の先輩であろうが、後輩であろうが関係なく蹴落とすべき、という考えの持ち主らしく、テラスハウスで一躍有名になり、ブレイクしているモデル・タレントの筧美和子さんに対しても、必要なしと一刀両断。

筧さんは中村アンさんの事務所の後輩なのに、なんてことを言うのかと、番組共演していた小藪一豊さんもドン引きしてしまう始末。

さらに中村アンさんは、別の番組で、タレントの芹那さんに対して、本人のいる前で、旬は過ぎたとバッサリ…

また、

『仕事への熱意が感じられない』

『正直あたしの方が来てる(世間から、支持されている)かな』

とか、ズケズケと言いたい放題で、共演者たちも大爆笑。

本当に気持ちいいくらいに、裏表なく、思ったことをズバズバ言い放つという意味では、中村アンさんは、バラエティ向きなのかもしれません。

そして、ある意味、危険なタイプのタレントであるとも言えるでしょう。

確かに裏表ないことは、清々しくて見ていて気持ちいいかもしれませんが、それが人を誹謗中傷するとなると話は違います。

周囲がドン引きするくらいですから、批判のレベルを超えているのだと思いますし、なにか毒舌系がドンドン勘違いされていくような気がして、頭が痛いですね。

ただ、一方では、中村アンさんのような毒舌系は、よくも悪くも裏表がないので、リアクションがリアルなのも事実。

そういう意味では、見ていて感情移入しやすく、彼女に惹きこまれやすいのかもしれません。

正直、筆者としては、あまり好きなタイプではないので、極力避けて通りたいと思う次第ですが、毒舌系ブームはまだまだ続いていますし、たとえ勘違いしていたとしても、中村アンさんが高い支持を受け続けていくことは、間違いない話だと思いますよ。

 

中村アンの出身・母校(高校・大学)は?

女性特有の髪をかきあげる仕草を意識的に行い、さらに毒舌系ブームに乗っかり、自由奔放に思ったことをズバズバ言って、人気を得てきたモデル・タレントの中村アンさん。

そのため、何故かハーフ系とか、セレブといった間違った捉え方をしているネットユーザーも多いようです。

中村アンさんの出身高校は、中高一環の目白研心高校(中学は目白学園中学)です。

国際交流を重んじ、英語教育に力を入れている私立の学校で、中学時代には、中村アンさんもカナダに留学されていたことがあるので、アンという名前からハーフと誤解を招いてもおかしくはありません。

しかし、中村アンさんは、純粋に日本人であり、彼女の本名は、

中村友子

と言います。

ちなみに、出身は東京都江東区で、生年月日は1987年9月17日(28歳)。

まぁ、あれだけ堂々と毒舌を吐くくらいですから、年齢もそれなりにいっている、とは思っていたので、筆者として年齢は予想通りといったところでしょうか…

さて、話を本題に戻し、中村アンさんの出身大学の話をしていきましょう。

中村アンさんは、東洋英和女学院大学の出身です。

この大学は、キリスト教を重んじ、時代に相応しい社会性と国際性を教えながら、一方では、心の豊かさや、優しい心、そして、人間・社会・文化・宗教がミックスされた哲学を教える方針。

その割には、中村アンさんが、アレだけ毒舌を吐く姿を見ると、本当に東洋英和女学院大学出身なのか、そもそも、

『この大学で何を学んできたのだろうか?』

と首をかしげたくなります。

ただ、この大学が女子大であることと、学費が高く崇高な教えを施している割には、そこに通う学生たちが、ブランドと受験で進学することばかり捕らわれてしまい、結局、入ってから、しっかり学んでいないお嬢様系が多いということが、大きく関係しているみたいです。

もちろん、これは一部の話を見聞きし、そのように思っただけで、全ての学生がそのような考え方をしているというわけではないでしょう。

中には、ちゃんと学校の方針通りに学び、人に優しく社会性・国際性豊かな女性もたくさんいらっしゃると思います。

多く、とは言いつつも、あくまで、一部のお嬢様系と揶揄されている学生たちだけが、おかしなイメージを定着させてしまっているのかもしれません。

そういう意味合いでは、箱根駅伝で何かと注目された青山学院大学も同じで、裕福なお坊ちゃんや、お嬢様が通う学校と、一部で変なレッテルを貼られている大学という話も…

東大・京大のように圧倒的に勉強ができる、というイメージが先行されるのも嫌な話だと思いますが、御茶ノ水、フェリス、青山学院、東洋英和女学院などのように、『お嬢様系』というような変なレッテルを貼られるのも、おそらく嫌なものです。

そういう意味で、中村アンさんは、大学の枠に収まった生き方をしているわけではなく、個性を持ち、立派だと思いますが、あまり毒舌系を発揮して、大学の品格を落とさない方が良いような気もしますね。

 

中村アンの実家は資産家でお嬢様?

中村アンさんの実家に関してですが、実は噂では資産家の社長令嬢ではないかという話も出ているそうです。

その大きな理由は、中村アンさんの出身大学である東洋英和女学院大学の学費が高いことと、一部の学生の中に、ギャル系・お嬢様系が含まれているために、変な誤解が生まれてしまっているそうです。

ちなみに、東洋英和女学院大学の学費は、入学金41万円、授業量53万円、その他諸々を組めて、初年度納入金が、150万円を超えると言われ、他の大学と比較しても結構高額と言われています。

もちろん一般サラリーマンのご家庭のお子さんでも、決して払えない額ではありませんが、年間で150万以上の出費となると、かなり厳しいのが現実の姿です。

その上、学費以外にも、家族の生活費諸々を稼がないことにはなりませんし、仮に親の援助が期待できず、奨学金制度などを利用するとしても、将来には生活破綻をしかねないことになりますので、一般家庭と言うより、資産家よりのご令嬢のための大学…

そんな風に世間では見られているようです。

そのため中村アンさんも、『社長令嬢』というような誤解を受けているみたいですが、実は、彼女のご両親はとくに資産家でもなんでもなく、父親も一般の会社員です。

学費をどのように工面されていたのかは分かりませんが、中には子どもとのために一生懸命働き、多額の学費を稼いでいるお父さん・お母さんがたくさんいらっしゃいますので、そういうことで、きっと問題なく中村アンさんが大学に通えていたのだと思いますよ。

まぁ、その分、中村アンさんがモデル・タレントとして成功し、現在は親孝行されていることと思いますので、現在は、ゆったり過ごされていらっしゃるのでしょうね。

何かと毒舌系は叩かれることも多いと思いますが、今後も中村アンさんらしく、裏表の無い気質で、芸能界の荒波をくぐり抜け、多くのメディアで活躍されることを期待しています。

 

まとめ

毒舌系タレントのひとりとして、また、モデルとしても何かと活躍し、ブレイク中の中村アンさん。

彼女には、ハーフやお嬢様で実家が資産家というような噂が流れていますが、結論から言って、全く事実と異なるガセの噂であることが、改めて分かりました。

ただ、世間知らずというか、KYなところを持っているというべきか、裏表がなく何でも思ったことを場の空気も読まずに発言してしまうところがあり、さらに中村アンさんがお嬢様系の大学出身ということもあって、変な誤解が生まれているようです。

そうはいっても、毒舌系の裏表ない言動が、中村アンさんらしさの象徴であり、大きな魅力だと思いますので、今後も自分らしく中村アン節を多くのファンに見せ続けてほしいものですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.