星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

バイオハザードアンブレラコアの評判が海外で悪い理由原因とは?

投稿日

2016年6月23日に、ダウンロード版・ダウンロードコード版の2タイプとして発売された、大人気ゲームソフト『バイオハザード』シリーズの最新版・スピンオフ作品『バイオハザード・アンブレラコア』。

このゲームが、今、海外で大きな批判を受け、とあるサイトで大炎上騒ぎが勃発しているそうです。

正直、筆者自身、何が起こっているのか全く理解不能で、海外のゲームユーザー達が、何に対して不満を爆発させているのか非常に気になる話です。

そこで、本記事で、『バイオハザード・アンブレラコア』への不満、そして炎上騒ぎになっている理由について探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

海外でバイオハザード・アンブレラコアが酷評

怒る男性

実写映像化もされた有名作品『バイオハザード』シリーズ。

元々は、ガンシューティング系のゲームとして登場し、世間を賑わせていました。

その後、映像技術なども格段と上がり、実写映像化においても、CGを駆使しながらリアリティのある迫力満点の作品として仕上がっています。

筆者は、ガンシューティング系のゲームは、あまり得意としておらず、決して精通しているわけではありませんが、実写映像作品に関しては目にしたこともあり、多大の人気を持つシリーズ作品であることは知っています。

それだけ有名な『バイオハザード』シリーズのスピンオフという形で新たに発売された、『バイオハザード・アンブレラコア』。

なんと、発売一週間ほどで、早くも海外で酷評されていると聞き、非常に衝撃を受けました。

今回、スピンオフ作品として発売された『アンブレラコア』は、『バイオハザード6』後の世界を舞台にした、3対3のオンライン対戦バトルをコンセプトに展開されるゲーム設計となっているようです。

もちろん、1人でじっくりプレイしたいゲームユーザーのために、感染者やクリ―チャーで溢れる封鎖地区を舞台に、20を超える困難なミッションをクリアしていく『SINGLEMODE』というものも用意されています。

しかし、一度倒れてしまえば即ゲームオーバーという厳しい設定も施されていて、やはり、メインは3対3のネット対戦バトルといった感じでしょうか。

もちろん、ネット対戦バトル(『ONLINEMODE』)においても、ラウンド間においては、一度倒れたら復活はできませんが、次のラウンドで復活できるので、『SINGLEMODE』のようなシビアさはないみたいです。

また、3ラウンド制の完全バトルゲームとなっているので、難しいシナリオ攻略も存在しておらず、初心者でもガンシューティングの世界を楽しめるゲームとなっていますが、通信に重きを置いているだけに、環境に依存されてしまう可能性も高く、不安要素も多そうです。

ただ、そんな不安な部分ばかり危惧しても前に進まないので、しっかり通信面の強化を行いながら、ゲームを楽しめるものとして設計し、発売されているみたいですね。

確かに環境依存による問題が勃発しそうな印象も拭えませんが、それだけで炎上騒ぎになるほど、酷評されるのもどうかと思います。

では、『バイオハザード・アンブレラコア』は、一体何を持ってつまらないと言われてしまっているのでしょうか?

非常に気になるところですね。

 

バイオハザード・アンブレラコアの評判が悪い原因は?

バイオハザードアンブレラコア2

世界各国で非常に人気が高く、実写映像化もされているためか、ほぼ知らない人はいないと言ってもいいくらい、多く人達に知られているゲーム作品『バイオハザード』シリーズ。

そのスピンオフ的作品『バイオハザード・アンブレラコア』が、2016年6月23日に発売されたわけですが、早速ながら酷評を受けまくり、遂には炎上騒ぎにまで発展しているそうです。

それにしても、何故これほどまでに人気を得てきた作品が、スピンオフとして登場しているだけで酷評となっているのでしょうか?

配信映像を見ただけの印象でしかありませんが、とくにこれといって問題点があるようには思えませんでした。

映像も綺麗で、リアルを追求したゲームであると感じたのですが、調べれば調べるほど何を不満がっているのかが全く見えてきません。

そこで、実際に批判されている意見をあらゆる情報サイトで調査し、調べていくと、ある事実が見えてきたのです。

そのあることとは、通信に重きを入れているがために、システム全体に狂いが生じているということみたいですね。

例えば、グラフィックに関しては通信性を重んじるあまりに、かなりシンプルというか、雑に仕上げているような印象が見受けられると言われています。

武器バランスや操作性においても、急に素早く動いたかと思えば、いきなりコマ送りのように動くこともあるとか。

確かに、ネット対戦を売りにしているこのゲームがこれでは、ゲームユーザーもしらけてしまいますよね。

ただ、全員がそんなことを言っているわけではありませんし、炎上騒ぎになったといっても、一部のユーザーが発信しているだけの話なのかもしれません。

その信憑性は、実際にプレイしてみないと分かりませんし、PV映像だけでは一概に判断できないものがあるのだと思います。

ただ、『バイオハザード』シリーズは、これだけ人気を得てきたゲームシリーズですから、多大な期待もしてきた分、裏切られた気持ちを抱え、不満を爆発させたユーザーがいたことは事実と見ていいでしょう。

あくまで、次のシリーズ作品につなげるスピンオフ作品(三國無双などで言うところの猛将伝などのようなもの)などと捉え、多少気の緩みが制作サイドにあったのかもしれませんが…。

それは許されない話として、ゲームユーザーはシビアに見ているようです。

果たして、今後、『バイオハザード』の行く末はどうなっていくのでしょうか。

今回の炎上騒ぎを受けて、システムアップデートで何らかの改善は見られるかもしれませんが、いろんな意味で、今後の動向も気になりますね。

 

プレイヤーの要求レベルの高さも批判の原因?

バイオハザードアンブレラコア3

『バイオハザード・アンブレラコア』の評判が悪い1つの要因でもあるのですが、近年のゲームユーザーの求めるレベルがかなりグレードアップし、また一方では、ニーズの多様性も広がりつつあるように思います。

確かに、それはゲームユーザーとしてもよくわかるところで、難易度を簡単にして、初心者に楽しめるようなゲームを作ってしまうと、すぐにクリアされてつまらないと酷評されます。

一方、難しすぎても、一向にクリアできず、つまらないと酷評されてしまいますよね。

まずはそのニーズに応えた上で、さらにレベルの高い映像演出や、オンラインで多くのユーザーとつながりながら、ゲームをクリアしていく楽しさを提供していかなければならないのが、今のゲーム制作会社の現状なのではないかと思います。

本来、充実させなければいけないのは、3対3のネット通信バトルです。

そのことは制作サイドも理解しています。

しかし、問題はその事を重視したがばかりに、他の要素のバランスが簡素化されてしまい、結局、通信バトルに多大な影響をもたらしてしまうため、本来の目的を達することができず、批判の矢面に立たされてしまったわけですから、状況としては厳しいですよね。

もちろん、通信に関しては、重くなり過ぎないために努力するのは大切なんですが、プレイヤーの環境に依存してしまう部分もあるので、こればかりは率直に言って、きりのない話だと思います。

通信環境の良いユーザーと、あまり良い環境ではないユーザーとでは、その差は出てしまいますし、ゲーム制作サイドで、その差を埋めるというのには、無理も生じてしまいます。

もちろん、プログラムが重くなり過ぎないように、グラフィックスをシンプルなものに変えてみたりとか、改善努力は必要なのですが、あまりに削りすぎてしまうと、今度は目の肥えたユーザーから、グラフィックがひどすぎると批判されますね。

しかも、結局は操作性において不満を募らせるユーザーが増えてしまっているわけですから、あまりに拘りすぎて、あれこれ弄ってしまうほど、おかしな方向に飛んでしまう可能性は高まってしまうのです。

ユーザーたちのニーズに応えることは確かに重要ですが、開発環境がPS4などに変わった事によって、技術が格段に進化してしまい、その分ユーザーたちの目も肥えて、要求レベルが高くなりすぎてしまっているので、あるところで妥協することが必要なのではないでしょうか?

要は、その落とし所を間違えてしまったために『バイオハザード・アンブレラコア』は、大変な炎上騒ぎを招いてしまったのだと思います。

ただ、この点に関しては、今後のシステムアップデートでなんとでもなると思いますので、ネット上でいろいろ打ち上がった問題点を持ち帰り、今後に活かして欲しいと思うところです。

 

まとめ

『バイオハザード・アンブレラコア』が、発売開始直後から批判され、遂にはたった1週間ちょっとの期間で、炎上騒ぎまで起こってしまいました。

これは海外で起こっている話で、日本で大バッシングされているということではありません。

しかし一部からは、既にクソゲー扱いを受けているだけに、厳しい船出となってしまったことだけは違いないでしょう。

今後、何に重きを置いて、ゲームを展開していくのか?

その動向次第では、『バイオハザード』の人気に直結していきかねない話であるだけに、今後のアップデートにおいて、制作サイドとゲームユーザーとの落とし所をどこに持っていくか、注目していきたいところです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム