星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

バイオハザードアンブレラコアの評判が海外で悪い理由原因とは?

更新日:

2016年6月23日に、ダウンロード版・ダウンロードコード版の2タイプとして発売された、大人気ゲーム『バイオハザード』シリーズのスピンオフ作品『バイオハザード・アンブレラコア』。

実は、この『バイオハザード・アンブレラコア』は、評価・レビューが炎上状態になっていて、いわゆる

『クソゲー』

と言われてしまっています。

では、なぜ『バイオハザード・アンブレラコア』はそこまで評価が悪いのか?

本記事では『バイオハザード・アンブレラコア』への不満、そして炎上騒ぎになっている理由についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バイオハザード・アンブレラコアとは?

実写映像化もされた有名作品『バイオハザード』シリーズ。

元々は、ガンシューティング系のゲームとして登場し、世間を賑わせていました。

その後、映像技術なども格段と上がり、実写映像化においても、CGを駆使しながらリアリティのある迫力満点の作品として仕上がっています。

そんな『バイオハザード』シリーズのスピンオフという形で発売されたのが、『バイオハザード・アンブレラコア』です。

普通のソフトと違うのは、この『バイオハザード・アンブレラコア』は

ダウンロード版、ダウンロードコード版

しか売っておらず、いわゆる

パッケージ版が存在しないゲーム

になっているという部分。

 

『バイオハザード・アンブレラコア』は、

『バイオハザード6』後の世界を舞台にした、3対3のオンライン対戦バトル

をコンセプトに展開されるゲーム設計となっているようです。

もちろん、1人でじっくりプレイしたいゲームユーザーのために、感染者やクリ―チャーで溢れる封鎖地区を舞台に、20を超える困難なミッションをクリアしていく

『SINGLEMODE』

も用意されています。

しかし、一度倒れてしまえば即ゲームオーバーという厳しい設定も施されていて、やはりメインは3対3のネット対戦バトルといった感じでしょうか。

もちろん、ネット対戦バトル(『ONLINEMODE』)においても、ラウンド間においては、一度倒れたら復活はできません。

しかし、次のラウンドで復活できるので、『SINGLEMODE』のようなシビアさはないみたいです。

また、3ラウンド制の完全バトルゲームとなっているので、難しいシナリオ攻略もなく、初心者でもガンシューティングの世界を楽しめる…。

しかし残念なことに、『バイオハザード・アンブレラコア』の評価は、発売一週間で海外で炎上…。

日本でも、評価が非常に悪い有様になっています。

では、具体的にどのような低評価が下されているのでしょうか?

 

『バイオハザード・アンブレラコア』の評価・レビューが炎上…

『バイオハザード・アンブレラコア』は、2日先に発売された海外で、発売後すぐに低評価の嵐で炎上となりました。

ユーザーからは

「史上最低の作品の1つ」

「これは15ドル程度の作品だろう」

「インディースタジオが初めて作った作品のようだ」

「手抜き感があり、雑」

など、散々な酷評となっていました。

そして、残念ながら、その評価・評判は日本でも変わらなかったようです。

日本のAmazonでの『バイオハザード・アンブレラコア』の評価を見てみると…

目も当てられない光景がそこには広がっていました。

『バイオハザード・アンブレラコア』の評価は、なんと

全134レビューのうち、最低評価の星1つが72

という、半数以上が最低評価になっていたのです。

その他の評価はどれも2~3なので、際立って多いのが星1の最低評価ということになりますね。

つまり、何が言いたいかというと、『バイオハザード・アンブレラコア』は…

クソゲー

なわけです。

その評価レビューを見てみると…

「ゲームとして破たんしていて、個人が趣味で作って無料配布してるようなレベル」

「『バイオハザード』だからという理由でゾンビが置かれてるだけのクソゲー」

「開発した人は『バイオハザード』を知らないのかと疑うレベル」

「シングルモードはやる価値がない。同じことをやらされているだけ」

「待ち時間長すぎ。プレイ時間の9割は待ち時間」

「『バイオ』の皮を被った何か」

との評価レビューでした。

それにしても、散々な言われようですね。

 

バイオハザード・アンブレラコアの評判が悪い理由原因は?

バイオハザードアンブレラコア2

『バイオハザード・アンブレラコア』ですが、なぜクソゲーになってしまったのでしょうか?

やはり一番の問題点は、

ゲームとしての完成度があまりにも低すぎる

という点でしょうか。

『バイオハザード』らしさもなければ、手抜きに近い雑さもあるなど、ゲーム制作会社が作るにしてはクオリティが低すぎることが問題点のようです。

つまるところ、

カプコンにTPSを作る才能がないことを露呈させてしまった

と言うこともできます。

では、その『バイオハザード・アンブレラコア』の評価・評判が悪い部分の中で、どのレビューにもあった共通点を紹介していきましょう。

まず、

待ち時間が長すぎる

という評価・評判があります。

評価レビューを見ていると、とにかくマッチングが遅いようです。

当然ですが、3人集まらないとゲームができないので、それで人集めに時間を要してしまうみたいですね…。

また、あまりに人が少なすぎて、格差マッチング・同じ人とのマッチングは当たり前…。

ということもあり、ここは不満点として、低評価を下した人が揃って口にしていました。

試合自体はかなりスムーズに進み、3分ほどで終わるのに、待ち時間は何十分…。

これでは待ち時間のゲームと言われても仕方がありません。

 

2つ目は、ゲーム性そのものです。

『対戦のバランスがひどすぎて崩壊してしまっていることが問題だ』

と挙げているユーザーが多くいました。

というのも、動きが速いので銃での攻撃は当てにくいうえに、耐久力がそこそこにあるため、射撃ではなかなかプレイヤーを倒せません。

にもかかわらず、近接武器である『ゾンビバイル』では、文字通り相手を一撃必殺で倒してしまうため、マップの狭さも相まって、『ゾンビバイル』で殴り合いをしたほうが簡単なのです。

また、多くの人から不評だったのは、

力尽きると全体マップが見られるようになるので、敵の位置が把握できてしまう

という致命的な欠陥です。

チームを組んでのゲームは、外部でボイスチャットなどをすることがありますよね。

例えばボイスチャットをしている3人と、野良で組んだ3人が戦ったとしましょう。

ボイスチャットをしている3人のうち1人が倒れるとマップで敵の位置がわかってしまうので、

「あ、敵は○○にいるよ」

という具合に、完全に敵の情報が筒抜けになってしまうのです。

これは本当に、どうしようもない致命的欠陥ですよね。

 

そして最後に不評だった点は、

『バイオハザード』らしさが全くない

という、タイトルからしてあってはならない部分。

一応、ゾンビやケルベロスといった『バイオハザード』のクリーチャーがいるにはいるのですが、

プレイヤーは『ゾンビジャマー』というものを装備しているので、ゾンビなどに襲われることがない

のです。

一応、『ゾンビジャマー』が壊れると、ゾンビたちが襲ってくるようにはなるのですが、『ゾンビジャマー』が壊れるくらいのダメージは、プレイヤーが倒れるくらいなので、あまり必要性がない…。

つまり、ゾンビが空気になってしまうのです。

『バイオハザード』の顔とも言えるゾンビがこの扱いなので、

「これ、『バイオハザード』じゃなくてよくね?」

と感じてしまうのです。

 

この他にも、

  • 照準が合わせにくい
  • カメラを動かすと動きが変になるなど操作性が悪い
  • リスポーン位置がひどすぎる

など、悪い点ばかり…。

このような低クオリティでありながら、品質向上のために発売を延期しているのですから、まさにお笑いですよね。

 

まとめ

『バイオハザード・アンブレラコア』が、海外・日本ともに評価・レビューが炎上し、

『バイオハザード』史上最低作品

の烙印を押されてしまいました。

内容を調べてみると、あまりの手抜きとも思える完成度に、

「これはユーザーが激怒しても仕方ないな…」

と思えるひどい内容でした。

カプコンには、TPSを作る才能がないのでしょうか…。

『バイオハザード・アンブレラコア』は、本当に残念な作品だったので、この反省を次に活かしてほしいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.