小出雄二(桃屋社長)の年収はいくら?経歴や出身高校大学を調査!

文化人・著名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


のり平アニメ60周年記念とし、デジタル・リマスターで再復活させたというニュースにもなった、桃屋「江戸紫・ごはんですよ!」のテレビCM。

この、のり平アニメとともに、ご飯のおともや出汁(ツユ)を手掛けた企業として急成長していったのが、桃屋ですよね。

そんな桃屋の社長を務めているのが、かつては味の素に務めていたという異色の経歴の持つ小出雄二社長。

以前、情報番組・カンブリア宮殿にも出演していたことがあるのでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、本記事では、小出雄二社長の出身(高校・大学も含めて)、桃屋社長になった経緯、年収、経歴を探りながら、彼の人物像に迫っていきます。

 

桃屋を受け継いだ社長・小出雄二とは?

「えどむらさき・ごはんですよ!」や、「辛そうで辛くない少し辛いラー油」など、次々とご飯のお供に欠かせないヒット商品を生み出し続けた桃屋。

その多くは、おかずがなく寂しい食卓をもぱっと明るくしてくれる貴重なご飯のおともとして、長年、多くのファンに支持され続けていますよね。

特に「ごはんですよ!」や「花らっきょう」は、何十年も支持されているロングヒット商品として、世代を超えて、多くの人たちに愛され続けています。

もちろん、のり平アニメのテレビCMも桃屋を大きく売り出した一つのきっかけになっているのだと思います。

今年テレビCM60周年を迎え、のり平アニメのテレビCMがデジタル・リマスターで蘇るというニュースも…

ちなみに、この「のり平アニメ」でイメージキャラクターのモデルを務めていたのが、三木のり平さん。

筆者ですら、晩年の彼しか知らないのですが、昔は喜劇役者として、榎本健一さんやフランキー堺さんらと共演もされていたようです。

晩年は、いぶし銀の俳優として、色んな作品の脇役として出演されていましたよね。

「そろばんずく」、「ハチ公物語」などの映画作品にも出演されていたというのですから、今考えてみるとすごい役者でした。

既に、三木のり平さんはこの世を去られていますが、そんな昭和のスターを、アニメキャラクターとして起用しているのが桃屋なのです。

しかも、三木のり平さんを知らない平成の子どもたちにまで、桃屋のキャラクターとして愛されている…

それだけ、ご飯のおともを次々生み出し愛され続けてきた、食品メーカーであることの表れと言えるでしょうね。

さて、そんな桃屋の看板を受け継ぎ、現在、取締役社長として務めているのが、小出雄二社長。

栃木県真岡市出身で年齡は50代後半(生年月日が不明であるため正確には分かりません)。

もともとは桑原姓だったのですが、前社長の小出孝之氏(取締役相談役)の娘婿とし小出家に迎え入れられ、小出姓に名字が変わります。

そして、孝之氏の後を受け継ぎ、桃屋の社長として、その務めを全うされているのです。

さて、気になる小出雄二社長の人物像ですが、はっきり言ってプライベートな部分はほとんど情報公開されておらず、はっきりしたことは言えません。

一応、座右の銘は「一隅を照らす」ということなので、どんな人でも一生懸命頑張り一筋の光を照らしていくことが大事と考えてはいるみたい…

ただ、うがった見方をすれば、従業員も一つの駒としてしか考えていないという見方も出来ます。

なので、これだけで末端の社員まで大切にする社長かどうか断言することは出来ません。

ただ一つだけ言えることは、外見や経歴よりも中身を重視されている方であるということ。

これは、桃屋がこれまで大切にしてきた哲学なのですが、2年以上開発期間がかかろうが、納得できなければ商品化しないという鉄の掟があります。

新商品を早いサイクルで開発・商品化し販売していくのが普通の企業のあり方なのですが、桃屋は異例…

これは、代々大切にしてきた哲学でもあり、小出雄二社長も、この哲学を守り通していらっしゃるそうです。

もちろん、これは桃屋の哲学であり、直接小出雄二社長の人物像とは関係はありません。

ただ、もし小出雄二社長が、利益優先主義者ならば、さっさと哲学を打ち破り、違う道を辿っていたはず…

そして、小出家に娘婿として迎え入れられることすら無かったでしょう。

小出孝之氏(現:取締役相談役)にも認められていたからこそ入社数ヶ月で、いきなり社長に就任できた…

このことを考えても、少なからず、小出雄二社長がある程度の人格者で、一つ一つのことを大切にしている方であるといえるでしょうね。

なお、奥さん(小出孝之さんの娘)のことや、子供のことに関しては何も情報がありませんでしたが、仲良く暮らしているのは間違いないでしょう。

一応、公式サイトで掲載されている桃屋のレシピは、奥さんの直伝レシピみたい…

きっと、それなりに夫婦仲もいいから、仕事にも協力的なのだと思いますよ。

 

小出雄二社長の経歴は?

性格やプライベートな部分はほぼ何一つ分からずじまいでしたし、出身高校も情報は一切ありませんでした。

しかし、主審大学以降の経歴は、ある程度公開されています。

まず、小出雄二社長の出身大学は、慶應義塾大学・ 商学部(村田研究会)卒業…

村田研究会そのものが具体的にどんな学びをあ立てていたのかまでは分かりませんでした。

ただ、慶應義塾大学の商学部は、商業・マーケティング学はもちろんですが、単純に商業だけでなく人財の育成を教えてくれるとのこと。

人財とはよく言ったももので、人は、まさに一長一短の生き物で、良いところもあれば、当然悪いところもあります。

その中でも良いところに着目し、それを財産の一つとみなして、ビジネスに活用していく…

これこそが、慶應義塾大学で教えている学びなのです。

それに、村田研究会を主催する村田昭治慶應義塾大学名誉教授が得意とするマーケティング学をうまく融合した教えを与えていた…

村田研究会とは、まさにそんな学び舎だったのではないかと思います。

小出雄二氏は、その学びを受け、慶應義塾大学卒業後、味の素に就職。

1999年7月、海外食品事業開発部専任課長
2002年7月、味の素中国出向マーケティングダイレクター
2006年7月には、味の素加工食品事業マーケティンググループ長

と経歴を積み重ね出世街道まっしぐら…

まさに、大学時代で学んできたマーケティングや人財の生かし方のノウハウが生かされ、どんどんキャリアを積み重ねていくわけです。

もう誰もが、将来の味の素を背負っていくのではないかと思えるくらいに出世していた小出氏(当時は桑原姓)でしたが、この期大きな転機が訪れます。

なんと、当時社長を務めていた小出孝之氏の娘と出会い結婚することに…

この辺の詳しい馴れ初め(エピソード)は分かりませんが、一部では、小出孝之氏が引き抜き娘婿にしたという説も…

まぁ、どんな説があったかは別として、いずれにしても、桃屋の次期社長として見込まれ、小出家に迎え入れられる事となった小出雄二氏。

2011年3月に味の素を退職すると、同年4月には、名字も桑原姓から小出姓へと変わり、桃屋へ入社。

娘婿として小出家の一員になると、数カ月後には社長に話就任。

完全に、小出孝之氏の後継として、業務に邁進していくことになります。

ちなみに、小出雄二氏が社長に就任して以降は、

「えどむらさき・柚子ととうがらしのり」
「トムヤンクンの素」

などをリリース。

さらには、CGアニメのPeeping Lifeとコラボし、

「男女のマッチングは、ごはんのマッチングから」

をテーマにショートアニメドラマを展開…

そのタイトルも「ご縁ですよ!」と、桃屋の「ごはんですよ!」にちなんだ、面白いタイトルのアニメ・ドラマですよね。

あくまで、今回は、アニメーションドラマだけです。

しかし、今後、「ご縁ですよ」のタイトル通り、このアニメ企画をきっかけにさまざまなコラボ企画も見られるかもしれませんね。

と、以上が、小出雄二社長の主な経歴です。

先程もお話していた通り、彼の座右の銘は「一隅を照らす」でした。

まさに、カンブリア宮殿に出演されていた際に語っていたこの座右の銘通り、些細な光ですら、貴重に考えている様子が伺えますよね。

古い考えだと、どうしてもご飯のおともが、合コンと結びつくなんてありえないと思われがち…

最悪、ご飯のおとも以外のことは、一切考えるなとお灸を据えられてしまうなんてこともあるかもしれません。

しかし、小出雄二社長は、一方的に却下するような考えを持っていませんでした。

もちろん、桃屋の哲学にある通り、自身が納得出来ないものは、全て却下されているそうですが、自身が納得したらどんなアイディアでもOK。

それが合コン・婚活イベントのようなものだったり、少し成人向けのアニメだったとしても受け入れてくれるのです。

これなら、たとえ世代間ギャップを持つ若い社員たちも、

「頑張って納得してもらえば自分のアイディアが採用される!!」

と、仕事に邁進しますよね。

そういった中で、Peeping Lifeとコラボ企画も立案されました。

海苔の佃煮やメンマ・ザーサイなど、ご飯のおともとされてきた食べ物達が、白いご飯と相性良いことは桃屋が実証済み!!

そして、この御飯とおともが相性抜群なように、合コン・婚活を通じて、そんな相性抜群な異性を見つけてほしいと企画が立案された…

企画そのものは、あくまでアニメーションドラマでしたが、もしかしたら、今後、本当の合コン・婚活イベントが展開されるかもしれません。

それは、実に現代風ならではの斬新なイベントとなるでしょう。

後の少子高齢化問題を改善する大きな手立てとなるかもしれない企画ですし、実に斬新で面白いですよね。

ご縁ですよ企画で、知り合った二人が結婚し、やがて食卓を囲んで、ごはんですよを仲良く食べている…

実に微笑ましく、桃屋が心から願う、おいしく幸せな家族の光景そのものだと思います。

そういう結果に結びつくと納得できるものなら、多少角度の異なるアイディアでも、柔軟に取り入れてくれるのが桃屋スタイルです。

そして、味の素での経験も生かして、いろんなアイディアを取り入れ、桃屋をさらなる大きな存在に成長させていくのが、小出雄二社長の使命…

既に、誰もが活躍できる土壌を、桃屋・小出雄二社長は築き上げています。

果たして、伝統と歴史ある桃屋が、今度は、どんな新しいものとの融合し、どんなワクワク感を魅せてくれるのか…

異色の経歴を持つ桃屋・小出雄二社長だからこそ、成し遂げられるその手腕に期待したいものですね。

 

小出雄二社長の年収はいくら?

お金

「ごはんですよ!」や「桃屋のメンマ」といったロングヒット商品から、トムヤンクンの素のような斬新な今風商品までヒットさせている桃屋。

一部情報によると2016年度の話ではありますが、純利益が約4億5千万円と、順調に業績を伸ばしていることが分かりました。

ということは、当然社長である小出雄二氏はそれなりに稼いでいらっしゃることになりますよね。

もちろん、具体的な年収が明かされることはありませんが、一分情報によると、だいたい、5000万円~1億円あたりではないかと言われています。

ちなみに、ある情報サイトの情報によると、社長の給与額の平均は、約4500万円と言われています。

もちろん、社長と言ってもピンきりなので、一つの目安にしかならない額ですが、桃屋・小出雄二社長は5000万円と仮定すると平均的です。

ということは、ソフトバンクの孫正義さんや、楽天の三木谷浩史さんのように、セレブ的な収入を得られたわけではないと言えそうですね。

社長としては、それほど多く収入があるわけではなくても、業績は年々上がっていく…

そんなところも、彼が桃屋の社長として認められている要因なのかもしれませんね。

桃屋は間違いなく、今後も伸びていく企業だと、筆者は考えています。

やはり、見てくれだけではなく、安全で美味しいものを安定して提供してくれている数少ない食品メーカーですし、年商が上がれば利益だって上がるはず。

そうすれば、いずれ小出雄二社長の年収だって大きく上がっていくと思います。

今後、彼の年収がどのように変化するのかも期待して、桃屋の動向に注目していきたいものですね。

 

まとめ

「ごはんですよ!」や「桃屋のメンマ」などでおなじみの食品メーカー・桃屋。

その社長を務めているのが、以前カンブリア宮殿にも出演されていた小出雄二社長です。

彼は慶応大学出身のイケメンで、経歴も実にユニーク。

かつては、味の素にも在籍していた彼が、前社長の娘婿となり、社長業を受け継がれているというのだから、本当に人生わからないものです。

年収は5000万円から1億円と大体平均的…

しかし経歴がしっかりしていて、納得できればどんなアイディアでも取り入れてくれる社長なので、年商は急上昇。

今後、ますます桃屋が斬新な商品・企画で私達を驚かせてくれることを期待しています。

ページトップへ