星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

コリジョンルール(プロ野球)の内容や問題点をチェック!見直しは?

投稿日

2016シーズンから導入された、プロ野球のコリジョンルール。

本塁でのクロスプレー防止のために導入したこのルールですが、コリジョンルールを巡っての判定に、ファン、そして選手や監督からも批判が噴出し、

「選手を守るためとしてのコリジョンになっていない」

と、たびたび問題になっていました。

現場からも不満の声が続出したこともあり、なんと、プロ野球は異例となるシーズン中に、コリジョンルールの見直し、新基準の適用に踏み切ることとなりました。

では、具体的にどう変わるのか?

また、コリジョンルールとはどんなルールなのか?

当記事で、プロ野球のコリジョンルールについて、調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

プロ野球のコリジョンルールが後半戦から見直し!

コリジョンルール

本塁のクロスプレーによる怪我防止のために、プロ野球の2016シーズンから導入されたコリジョンルール。

しかし、実際の試合では、そもそもアウト判定がコリジョンルール適用によるものなのか否か、ということを審判が説明しなかったり、ベースを塞いだのと跨いだのは意味が違うという抗議があったりと、問題が続出しています。

では、まずコリジョンルールとは何なのかについて、ご説明していきます。

コリジョンルールは衝突ルールと呼ばれ、メジャーリーグでは、適用される要因となった選手、バスター・ポージー選手の名から、ポージールールとも呼ばれています。

どんなルールなのかというと、かなり大雑把にまとめた場合、以下の2つが、コリジョンルールに該当します。

走路をブロックしていない捕手(または本塁カバーに入った選手)に走者が強引に体当たりしてはならない

ボールを保持していない捕手(または本塁カバーに入った選手)が走者の走路を妨害する行為をしてはならない

要するに、ブロックと体当たりは禁止というルールですね。

とは言っても、コリジョンルールの明確な基準というものがなく、最終的には審判の裁量になってしまうことから、

「基準が曖昧すぎる」

との指摘が、適用される前、つまり2016シーズン前から多かったのです。

そして、案の定、コリジョンルールは審判の裁量で決まってしまったため、現場からは不満が続出。

審判の裁量による弊害が見られた典型的な試合が、2016年5月11日に行われた甲子園での阪神VS巨人戦でした。

問題点については、また後程ご紹介するので、これだけに留めておきます。

さらに、コリジョンでのアウトなのか、単にクロスプレーでのアウトなのかを説明しない審判もいたりするため、説明不足だという声も挙がっていたのです。

そこでNPBはついに、コリジョンルールの見直しを進めることになりました。

これは異例とも言える措置で、いかにコリジョンルールで混乱を招いていたかということですよね。

ちなみに、新基準のコリジョンルールはどうなるのかというと、

「実際に衝突が起きたかどうか」

が判断基準となります。

つまり、走路妨害をしたら何でもかんでもコリジョン適用ということではなくなるというわけですね。

今後、コリジョンルールがどうなっていくのかわかりませんが、今のところ、コリジョンルールは微妙な判定ばかりなので、ぜひ、見直しが上手くいって行ってほしいところですね。

 

プロ野球のコリジョンルールの問題点!

ばつをする男性

それでは、コリジョンルールの問題点についても、触れていこうと思います。

まず、なぜコリジョンルールの不満が続出しているのか?

結論から言ってしまうと、審判の裁量に任されるため、判断が曖昧になってしまうという点です。

実際の試合の例も踏まえ、見ていこうと思います。

まず、先ほどもご紹介した、2016年5月11日の阪神VS巨人戦でのこと。

これは、阪神の原口文仁捕手が走路を塞いだとして、判定がセーフになったという判定でした。

セーフ判定に、金本監督は猛抗議。

阪神側は、試合後、意見書を提出するまでに至っています。

この意見書にあった内容について、1つずつ見てみましょう。

1.跨いだが塞いではいない

1つは跨いだものの、走路を塞いだとか、そういうことには至っていないという点です。

原口文仁捕手は、当初ベースの前におり、走路を塞いではいませんでした。

しかし、外野からの返球がショートバウンドになるため、やむを得ず後退し、その結果、ベースを跨ぐ体勢になったのです。

つまり、原口文仁捕手は跨いだだけで進路を塞いでいるわけではなく、そのうえ、ランナーが帰ってこれるよう、走路は空けていたとのこと。

これがなぜコリジョン適用になるのかというのが、1つ目の阪神側の意見です。

実は、コリジョンルールには、捕球のために入ったと審判が判断した場合は、適用されないという規定があります。

つまり、阪神側の意見としては、なぜこの規定が適用されなかったのかと、抗議しているわけですね。

この辺りも、結局審判の裁量になってしまうため、曖昧でよくないと不満が噴出してしまっているのです。

2.完全アウトのタイミング

実は、阪神は開幕前、審判から完全アウトの場合はコリジョン適用外だと説明されたようです。

ちなみに、このプレーでセーフとなった巨人の小林誠司選手は、完全にアウトだったというコメントをしています。

走者自身がアウトだったと言っているのに、アウトではないとはどういうことなのか?

また、それならば、審判の考える完全アウトのタイミングとは何か?

そこに、阪神は疑問を抱いたようですね。

この完全アウトの明確な定義がない以上、つまるところ、完全に審判の気まぐれでコリジョン適用、そうでないが決まってしまうわけです。

全く同じケースだったとしても、責任審判の判断によっては違う結果になってしまうのです。

 

以上が、阪神の意見書で質問した事項となります。

この1、2どちらも審判の裁量で判断されるポイントですよね。

要するに、漠然としすぎていて、また、審判の間でも統一見解が見られないことから、コリジョンルールは問題視されているのです。

問題点はこれだけではありません。

現在のコリジョンルールでは、フォースプレーには適用されないというルールがあります。

となると、フォースプレーでも突っ込んできて、タックルするランナーがいたらどうでしょうか?

それはコリジョンルールが適用されず、捕手が吹き飛ばされ、負傷してもセーフになってしまうのです。

また、現在は本塁でのクロスプレーでしか適用されておらず、他の塁での出来事も適用外です。

つまり、ソフトバンクの川島慶三選手が負傷となった2塁でのクロスプレーは対象外となってしまいます。

フォースプレーでの適用、そして本塁以外での適用、これらも、コリジョンルールにおいてはどうするべきか、課題の1つと言えるでしょう。

実際に、選手会では、

「本塁での接触プレーを避けるのなら、二塁上の接触もなくしていくべきではないか?」

という見解を示していたこともあります。

こうした議論がある以上、コリジョンルールはまだ見直しが必要な段階なのは間違いなく、整備がされていないルールとも言えるでしょう。

重要な試合が増えてくるシーズン終盤は、審判の曖昧な態度1つで順位が決まってしまうということも起きかねません。

シーズン中だと混乱しかねないという意見もありますが、まだ整備しきれていないルールなのですから、たとえシーズン中であっても、ルールの見直しはされて当然だと思いました。

 

プロ野球のコリジョンルール見直しに対する反応は?

コリジョンルール2

では、実際に、NPBがコリジョンルールの見直しを行うことについて、どんな反応が起こっているのでしょう?

まずは、プロ野球界の反応をまとめてみようと思います。

まず、西武の渡辺シニアディレクターは、

「それだけ弊害が出ているということ。見直すことは悪いことじゃない」

と語っており、同じく西武の田辺監督も、

「これだけ問題が出て、いくつか納得のいかないクロスプレーもあったから当然。審判の判断を優先してほしい」

とコメント。

また、セ・リーグでは、

巨人の村田ヘッドコーチが、

「大リーグだって運用を変えていると言っていた。わかりやすい説明をしてほしい、明確な基準みたいなものをね」

とコメントしたり、中日の谷繁監督が、

「コリジョンルールという名前だけで漠然としすぎていたんじゃないですか。判断をもっと明確にすることでは」

と、明確な基準を作るべきだという旨の発言をしています。

こうした見直しに賛成という声が多い一方、反対意見も出ており、ロッテの伊東監督は、

「問題があるなら、シーズン終了後に話し合えばいい。なぜ、決めたことを1年間通せないのか。これでまた混乱しますよ。肝心のファンにどうやって説明するのかも聞きたい」

とコメントしています。

ただ、賛否両論とは言うものの、伊東監督も1年はこのままでやるべきだと言っているだけであり、ルールの見直しそのものには反対していません。

これらの意見を見るに、ルールの見直しは構わないが、いつ行うかということが賛否両論になっているということでしょうか?

ネット上のコメントでも、見直し自体は賛成という意見が多かったように思いますね。

ちなみに、これまでコリジョンルールが適用された4件のうち、3件は新基準での判断だと、コリジョンルール適用外になるということも、NPBは発表しています。

実は、この4件あったうちの3件、つまり新基準では適用外になるケースなのですが、責任審判が3件全て、杉永政信審判だったことから、

「ほんと誤審しかしない。杉永やめろよ」

と、杉永政信審判への批判も飛び交う事態に。

確かに、杉永政信審判は、筆者もあまりいいイメージのない、ジャッジが微妙と思える審判です。

今すぐにでも2軍の審判からやり直すべきだと思うほどなのですが…。

外れ1位で大洋に入団し、

「300勝する」

などと豪語しながら、1軍登板がわずか3試合で終わり、その後に審判となった杉永政信審判。

正直なところ、野球のセンスもジャッジのセンスもないのではないか?

そう思わされてなりません。

 

まとめ

プロ野球で2016年から導入されたコリジョンルール。

しかし、現場からは不満が続出し、NPBはシーズン中にも関わらず、後半戦からの見直しを検討すると発表しました。

確かに、怪我の防止などには役立っているのかもしれませんが、そもそもフォースプレーや本塁以外でのプレーでは適用されないため、これらのプレーによる負傷者は減っていません。

また、肝心の本塁でのクロスプレーも、審判の裁量で判断されてしまうため、全く同じシチュエーションだったとしても、判定する審判によってアウト・セーフが変わってしまうということもあるのです。

結局、明確な基準が定められていないことが原因になっているので、今後、コリジョンルールの根本的な見直しに迫られるでしょう。

2016シーズンは衝突があった際のみ適用されるようにし、シーズンオフ、また改めて根本から見直し、ファンや選手にもわかりやすいルールにしてほしいと、ただそう願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球