星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

石渡真修(スカッとジャパン出演)の経歴プロフィール(出身高校など)

投稿日

木下ほうかさん主演のイヤミ課長シリーズ、菜々緒さん主演のエリカシリーズなど、人間失格の烙印を押したくなるような人間達に鉄槌を下し、スカッとしてもらおうという趣旨のドラマとして展開していくバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』。

この『スカッとジャパン』という番組の中で、異色のコーナーとして人気を得るだけでなく、若手俳優の登竜門と位置づけられている『胸キュンスカッと』に出演予定の俳優・石渡真修さんが、早速、ネット上で注目されているそうです。

そこで、ネット検索関連ワードにもよく挙がっている彼女、高校、弟の情報や、スカッとジャパンのことを踏まえ、石渡真修さんのプロフィールをまとめていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

若手イケメン俳優・石渡真修が胸キュンスカッとに出演

スカッとジャパン

内村光良さんがMCを務めるバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』

これまで、俳優・木下ほうかさんのイヤミ課長キャラが大ヒットし、際立ったキャラクターを演じる俳優として、『下町ロケット』など多数のドラマに出演するようになりましたよね。

一方、菜々緒さんや津田寛治さんなども大注目されるようになり、『スカッとジャパン』は、俳優たちの再生工場、または若手俳優達の登竜門としても、多くの関係者から注目されている番組として定着しているみたいです。

もちろん、木下ほうかさん演じるイヤミ課長(馬場智明)や、菜々緒さん演じる悪女:エリカなど、大抵の主人公は、人として1ミリもまともな思考回路を持たず、自分のことしか考えられない人間なので、悪い印象が強烈に残り、番組そのものを嫌う人もいらっしゃるでしょう。

事実、筆者がその1人で、俳優という以前に、1人の人間として、木下ほうかさんや菜々緒さんを嫌いになってしまって、天罰が下されればいいのに…なんて思うこともあります。

逆に言えば、それくらい彼らの演技力はずば抜けて高く、キャラクターを演じたことで嫌われることは、俳優として最高の賛辞と言うことも出来るでしょう。

菜々緒さんもドラマ『サイレーン』でここまでやるかというくらい、最低な悪女を演じていましたし、本当にキャラを演じている姿が輝いて見えましたし、やはり天性の才能があるのでしょう。

さて、そんなバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』の人気コーナー『胸キュンスカッと』に、若手俳優の石渡真修さんが出演することが分かりました。

この『胸キュンスカッと』は、イヤミ課長シリーズやエリカシリーズとは全く異なり、青春時代の淡いモヤモヤした恋心をスカッとさせてくれる恋愛仕立てのショートドラマとなっています。

そして、このコーナーは、若手俳優達が続々登場し、『スカッとジャパン』をきっかけにブレイクのきっかけを作っていることでも有名です。

『胸キュンスカッと』だけでなく、数々の映画・ドラマに出演し、イケメン若手俳優の1人として注目され始めている高杉真宙さんなどは、2016年だけでも『火村英生の推理』、『スミカスミレ』、『カッコウの卵は誰のもの』に出演しています。

一方、2014年に放送されたドラマ『すべてがFになる』、昨年放送された『エンジェル・ハート』などに出演し、さらに2016年7月から放送される、ドラマ『侠飯〜おとこめし〜』にも出演予定の戸塚純貴さんも過去に『スカッとジャパン』に出演したことがあります。

その他、今まで数多くのドラマ・映画・舞台に出演していながらも、あまり知名度がついてこなかった若手俳優が、この『胸キュンスカッと』に出演し、一気にブレイクしているのです。

今回もその1人として、2016年7月4日放送の『スカッとジャパン』2時間スペシャルの『胸キュンスカッと』枠に出演予定されているのが、今ネットで注目されている石渡真修さんです。

石渡真修さんは、舞台を中心に活躍されている俳優さんで、ミュージカル『テニスの王子様』シリーズで「桃城武」役として出演し、注目され始めました。

2015年は、テレビドラマ『薄桜鬼SSL 〜sweet school life〜(2015年、TOKYO MX)』で、新選組八番隊組長・藤堂平助役で初出演。

そして2016年、遂に石渡真修さんが『スカッとジャパン』に出演し、全国区の視聴者の前に登場、一気にブレイクしていくだろうと言われています。

まだ出演を果たしたわけではないので、石渡真修さんがどんな役柄を演じていくのかわかっていませんが、きっとイケメンならではの恋愛劇の中心人物を演じてくれるのではないかと楽しみにしています。

そして、この出演をきっかけに、今後ドラマ・映画にドンドン出演してもらって、舞台だけでなく、他のメディアにも活躍の幅を広げて欲しいと期待したいところですね。

 

若手イケメン俳優・石渡真修とはどんな俳優?プロフィール紹介

 

石渡真修

2016年7月4日放送の『スカッとジャパン』で、舞台俳優として活躍されている石渡真修さんが、人気コーナー『胸キュンスカッと』への出演が決まり、いま話題となっています。

そこで、そもそも石渡真修さんとは、どんな俳優なのでしょうか?

プロフィールからご紹介していきますと、石渡真修さんは、1993年1月7日、神奈川県生まれの23歳。

元々はプロのサッカー選手を目指し、高校までずっとサッカー(しかもキャプテン)をされていたそうです。

そんな石渡真修さんの出身高校は、神奈川県立大和南高等学校

この高校は、決してサッカーに関しては強豪校というわけでもなく、また、石渡真修さんもそれほどサッカーの実力が高かったというわけではなく、プロのサッカー選手としては通用しないレベルだったみたいで、あえなくプロの道は断念。

まぁ、高校サッカーで強豪校に所属し、スカウトから注目されているような選手だったとしても、実際プロに入った途端に通用しなくなり、数年で戦力外通告を受ける選手もたくさんいるわけですから、そんなにプロの道が甘いものではないということなのでしょう。

その後、石渡真修さんはプロのサッカー選手の道を諦めたところで、次に俳優の道を目指し、芸能事務所『タイムリーオフィス』に入ります。

そして、2012年に、難関と言われた舞台『テニスの王子様』のオーディションに一発合格し、「桃城武」役として起用されると、そこからメキメキ頭角を現し、舞台俳優として注目されるようになっていきます。

ただし、石渡真修さんの俳優としてのフィールドは、これまでほとんどが舞台です。

テレビでの露出は少なく、『石渡真修』に一般的な知名度は、ほとんど上がっていませんでした。

そんな中、2015年のテレビドラマ『薄桜鬼SSL 〜sweet school life〜(2015年、TOKYO MX)』へ出演し、2016年は『スカッとジャパン』に出演が決まって、これを機に大々的に露出していくであろうと注目されているのです。

ただ、若手のイケメン俳優は非常に多いので、どんなにブレイクしても次に繋がらなければ、その時点で一発屋になってしまいます。

石渡真修さんはそんなことにならないよう、このチャンスをしっかり掴んで、木下ほうかさんや菜々緒さんのように、多くのドラマで活躍できる俳優へと成長することを目指してもらいたいですね。

 

若手イケメン俳優・石渡真修の弟や彼女の噂の真相

パソコンを見る男性

2016年7月4日の『スカッとジャパン』に出演が予定されている若手イケメン俳優の石渡真修さん。

そんな石渡真修さんには、弟や彼女がいるという噂がネット上で流れています。

実は、赤ちゃんだった頃の弟を抱きかかえていた幼少期の石渡真修さんの写真が、世間に公開されていたことがあったらしく、それを見たネットユーザーたちが、弟のことを話題にしていたのかもしれませんね。

ただし、この写真のこと以外、弟のプロフィールなどはほとんどわかっておらず、1月1日生まれということや、石渡真修さんが弟の授業参観に出席したことがあるという話だけが、Twitter経由でわかったくらいでした。

石渡真修さんと弟の仲は良いみたいですが、あくまで弟は芸能人というわけではないみたいなので、個人情報を公開することはないのでしょう。

さて、石渡真修さんの彼女に関しても噂されていますが、あくまで風の噂程度のレベルの話で、実際に具体的なことを探っていくと、彼女については何一つこれといった情報がありませんでした。

もしかしたら、石渡真修さんが高校時代に交際していた彼女がいたかもしれず、そのことが噂となっているのかもしれません。

しかし、あくまで噂だけの話で、現在は彼女がいないのだと思われます。

 

 

まとめ

2016年7月4日放送される『スカッとジャパン』2時間スペシャルで、人気コーナーの『胸キュンスカッと』に、若手イケメン俳優の石渡真修さんが出演します。

高校時代はプロのサッカー選手を目指していた石渡真修さんですが、プロの厳しさに直面し、サッカー選手を断念したものの、次の道として目指して活動し始めた俳優業で、チャンスをものにしています。

舞台俳優として活躍する傍ら、今後、『スカッとジャパン』出演をきっかけに、テレビ・映画での活躍も期待されているようです。

ぜひ、これを機に石渡真修さんには、全国に向けての知名度を上げられるように頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人