星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

好きな人がいることの新月9ドラマ主題歌はJY(ジヨン)!ロケ地は?

投稿日

福士蒼汰さん主演ドラマ『恋仲』、有村架純さん・高良健吾さん主演のドラマ『いつ恋』、そして、先日まで放送されていたドラマ『ラヴソング』。

いずれも、昨年の7月期以降の月9ドラマで視聴率もあまり芳しくないと不評だったドラマばかりで、唯一不評と言われずに済んだ石原さとみさん主演のドラマ『5→9』でさえも、平均11.73%と、月9ドラマとしては、それほど高視聴率とは言えないレベルです。

それだけに、今度の月9ドラマ『好きな人がいること』には、フジテレビとして相当気合が入っていると言って良いでしょう。

そこで、本記事では、ドラマ『好きな人がいること』の主題歌やロケ地を中心に、ドラマの魅力をご紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

フジテレビの『好きな人がいること』は月9ドラマの正念場?

好きな人がいること2

早いもので、2016年も前半が終わり、もう7月を迎えましたね。

この時期になると、7月期のドラマが続々と放送開始されますが、決まって気になるのが、視聴率ではないかと思います。

特に、2016年4月期に関しては、松本潤さん主演ドラマ『99.9』、大野智さん主演ドラマ『世界一難しい恋』、竹野内豊さん、松雪泰子さん主演ドラマ『グッドパートナー』を除き、全て視聴率1桁台と、最悪の出来だったようにも思います。

もちろん視聴率が全て、というわけではありませんが、『嵐』人気によって、一部のドラマが好評だったという見方もできますし、非常に賛否が分かれ、春ドラマ全体が不作となってしまったことは否めないでしょう。

その中でも特に落胆しているのが、フジテレビ月9枠ではないでしょうか?

このフジテレビ月9枠では、2016年に入り、平均視聴率が2桁を取れず、かなり深刻なダメージを受けているという話を聞きます。

それもそのはずで、手嶌葵さんが主題歌を歌い、有村架純さん、高良健吾さんが主演を務めたドラマ『いつ恋(いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう)』がまさかの不評で、その挽回として期待された福山雅治さん主演ドラマ『ラヴソング』も大コケ。

『ラヴソング』に至っては、『いつ恋』以上に視聴率を落とし、月9史上初の、8%台(8.5%)と、挽回するどころか、さらに地に貶めてしまい、次の月9も視聴率が散々な結果になった場合は、月9枠が廃止されるなんて噂もあるほど、フジテレビは正念場を迎えているようです。

それにしても、最近のフジテレビは、かなり空回りしている感が拭えず、正直、今回もかなり厳しい状況にあるとも言える月9枠。

はたして、今回は、どんな月9ドラマが描かれていくのでしょうか?

さっそく今度の月9ドラマを見ていくと、桐谷美玲さんを主演キャストに抜擢した恋愛ドラマ『好きな人がいること』で、桐谷美玲さん演じる「櫻井美咲」を中心とする四角関係が展開されていくドラマです。

フジテレビの月9といえば、『ラブジェネレーション』、『101回目のプロポーズ』など、王道恋愛ドラマが数多く放送されてきた放送枠ですから、もう一度『好きな人がいること』で原点に戻り、四角関係ではあるものの、恋愛ドラマの王道となる作品を放送し、なんとかこの正念場を打破したいと考えているのでしょう。

果たして、この月9『好きな人がいること』が、視聴率や視聴者達の評価として、どのような結果を生み出すのか?

その動向に注目していきたいものですね。

 

『好きな人がいること』のドラマ主題歌は元韓流アイドル!

ジヨン

フジテレビの月9枠存続の正念場を迎えたとも言われ、2016年7月から放送されることとなった、桐谷美玲さん主演ドラマ『好きな人がいること』。

ドラマの主題歌は、西野カナさんなど、恋愛ソングマスターを起用したのかと思いきや、全く意外なアーティストが起用されました。

みなさんは、JYというアーティストをご存知でしょうか?

今回の『好きな人がいること』ドラマ主題歌は、このJYというアーティストが担当することになったわけですが、実は、このJYというアーティストは、みなさんもお馴染みの女優・タレントの別名義だったことが分かりました。

なんと、元『KARA』の知英(ジヨン)さんが、JYの正体だったのです。

確かに、女優・タレントとしての名義は、『知英』と漢字名を使用されていますが、ジヨンさんは韓国人で、英語表記では『Ji young』と記載しますし、きっと、その頭文字であるJYを、別名義として用いているのでしょうね。

ちなみに、既にソロ歌手としてデビューしていて、かつて放送されたドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』の主題歌『最後のサヨナラ』をリリース、オリコンも最高7位だったようです。

元々は『KARA』のメンバーとして多くのファンから高い支持を受けて続けていましたし、実績は十分と言えるでしょう。

そして、『好きな人がいること』の主題歌『好きな人がいること(ドラマタイトルと同名)』は、JY(ジヨン)さんが作詞を手がけているということらしく、情報サイトを見ていくと、どうやらジヨンさんの体験を元にした友情から恋愛に発展していく女心を歌っているようです。

正直、『好きな人がいること』というドラマでは、友人から恋愛に発展するというストーリーではないので、若干異なる部分があると思います。

ただ、ヒロインの櫻井美咲が、初恋の相手と再会し、その男性の兄弟も含めた四角関係が始まっていく、という部分では、ある意味、友人から恋愛というニュアンスが適しているのかもしれませんね。

実際に、出だしのショートバージョンのPV映像と、『めざましテレビ』で紹介していたPV映像のサビ部分のみの映像を聴いた印象としては、友達以上恋人未満の女子目線の淡い恋心を爽やかに歌っている様な印象を受けます。

本当はちゃんと好きだと相手の男性に伝えたいものの、どこかそっけない態度を取ってしまい、心の何処かで少し前に戻りたいと思っている後悔の気持ちと、何度でもやり直せばいい、という想いが交錯するかのような歌詞が展開されているように思いました。

まだ『好きな人がいること』の全ての歌詞が公表されているわけではないので、多少汲み取れていない部分もあるのかもしれませんが、男と女の友情から恋愛に移り変わっていく様子も、映像としてちゃんと浮かんできます。

ちなみに、この主題歌『好きな人がいること』の作曲は、JY名義としてのデビュー曲『最後のサヨナラ』に引き続き、山本加津彦さんが手がけているとのことです。

メロディーも実に爽やかで、聴いていてすごく優しく心地よい印象の楽曲となっているので、『好きな人がいること』の主題歌として、ドラマを大きく盛り上げてくれることを期待しています。

 

『好きな人がいること』のドラマロケ地の場所はどこ?

地図

さて、ドラマ『好きな人がいること』について、もう1つ気になる要素といえば、やはりロケ地がどこであるかということだと思います。

実際のドラマの舞台は、湘南となっているので、湘南周辺で撮影されているのかと思いきや、意外と江ノ島・稲村ヶ崎辺りで撮影しているみたいです。

ドラマに登場する海辺のレストランも、九十九里浜のスタジオで撮影されているという話もあり、結構、湘南から離れた場所で撮影されています。

ただ、いろいろ探っていくと、決して湘南で撮影されていないわけではなく、『平塚ピーチパーク』でも撮影されているという話を聞きます。

これらの話でも分かるように、今回のドラマ『好きな人がいること』では、色々な場所がロケ地として用いられていることがはっきりしています。

現在分かっている具体的な場所は下記の通りです。

『好きな人がいること』ドラマロケ地

ロケ地1 江ノ島

・江ノ島電鉄「鎌倉高校前」の駅のそばにある踏切
・江ノ島神社参道
・江ノ島神社
・江の島展望灯台

ロケ地2 鎌倉市

・稲村ヶ崎
・腰越海水浴場

以上が『好きな人がいること』の主なドラマロケ地となっています。

このロケ地情報を見る限り、ロケ地の中心は江ノ島ですが、決して江ノ島だけで撮影されているわけではないので、海辺のレストランを舞台とした様々なロケ地で撮影していることを感じながら、ドラマ『好きな人がいること』を見ていくと、より面白さが増すと思いますよ。

とくに近隣住民の方は、感情移入しやすくなるかと思いますので、ドラマのロケ地のことも意識して『好きな人がいること』を見ていくことをおすすめしたいですね!

 

まとめ

この2016夏放送される新月9ドラマ『好きな人がいること』は、月9枠存続を掛けた大事なドラマとして放送されるわけですが、その主題歌に知英さんことJYを起用してみたり、ロケ地も舞台となる湘南よりも江ノ島などで撮影していたりするようです。

意外と大胆な主題歌と、ロケ地の場所の起用をされているみたいなので、その辺りの部分にも注目しながら、ぜひ、月9の王道的なドラマとなる『好きな人がいること』を楽しんでご覧下さいね。

そして、フジテレビが今度こそ視聴率を回復させ、伝統と歴史の月9枠が存続していくことを心から願うばかりです。

好きな人がいることの記事はコチラもよく読まれています!

好きな人がいることのストーリー原作は?人物相関図もチェック!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ