星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

ポケモンGOの4つの注意点と海外の評判を紹介!日本の配信日は?

投稿日

全世界で人気のポケモンこと『ポケットモンスター』。

『Ingress』のNiantic社と、任天堂が開発したポケモンの新アプリ『ポケモンGO』が、空前の大ブームとなっていますよね。

アメリカを始め、ヨーロッパでも続々と配信が始まっており、任天堂の株価が、一気に8割以上も上がるという、かなりの経済効果を生み出しています。

では、なぜここまで大ヒットしているのか?

また、待望の日本上陸はいつになるのか?

当記事で、『ポケモンGO』の海外の評判や、配信日がいつになるかなど、新アプリ『ポケモンGO』についてまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

ポケモンGOとはどんなゲーム?

ポケモンGO

『Ingress』のNiantic社と任天堂が開発した『ポケモンGO』

位置情報を利用して、現実世界にポケモンが現れるようになり、それを捕まえたり、育てたり、バトルさせたりと、ポケモンの世界をリアルで楽しめるという画期的なアプリゲームです。

ポケモンファンにとってみれば、現実世界にポケモンが登場するという、なんとも嬉しい仕様のゲームになっています。

また、ポケモンも生息地を設定と合わせているらしく、地域によって現れにくいポケモンなどもいるようですね。

全国各地を回らなければならないという、リアルポケモントレーナーとなれるゲームなのです。

最近のスマホゲームらしく基本無料で、アイテム課金などのあるゲームとなっています。

しかし、アメリカ在住の方による情報では、モンスターボールは大量に手に入るそうなので、モンスターボール購入のために課金をしなくてもOKとのこと。

また、タマゴシステムもあるそうで、レアなポケモンを孵化するには、10kmを歩かないといけないそうです!

しかも、時速10kmを超えてしまうと、カウンターがストップするため、車などでの移動は効果がなし…。

普段、外に出歩かない人にとっては、なかなかプレイしにくいゲームかもしれません。

ちなみに、アメリカでは、まさかのプラレールにスマートフォンを乗せて孵化させるという方法を考案してしまった猛者もいるそうですよ。

このように、今大人気の『ポケモンGO』。

では、実際にどれほどの反響を得ているのでしょうか?

『ポケモンGO』の海外での評判について、調べてみました。

 

ポケモンGOの海外の評判・評価は?

話し合う3人

率直に言うと、『ポケモンGO』は全世界に、社会現象を巻き起こしている、と言っても過言ではありません。

いい意味でも、悪い意味でも、社会現象を引き起こしているのです。

イスラエルでは、大統領が『ポケモンGO』をプレイし、官邸にニャースが現れたことで大喜びしているようすをフェイスブックに投稿したり、イスラエル海軍公式フェイスブックでは、ギャラドスを発見したという投稿もされていました。

『ポケモンGO』は、一般人だけでなく、軍隊や各国の首脳まで、ハマり込んでしまうほどの人気のようですね。

アメリカでは、『ポケモンGO』でポケモンを捕まえるために、大勢の人々が外に出るようになり、アメリカの肥満対策に一役買っているという話も!

また、内向的な人々や、うつ症状に悩まされている方も、『ポケモンGO』のために外出すると考えると、とても前向きな気持ちになることができ、外出が怖くなくなったとのこと。

まさか、『ポケモンGO』が健康対策にもなっているとは驚きです。

さらに、社会的な影響という意味では、アメリカでまさかのメートル法が認知されるようになったという事例もありました。

先ほど、ちらっと触れましたが、ポケモンのタマゴを孵化するには、レア度に応じ、2km、5km、10kmなどの距離を歩く必要があります。

しかし、ヤード・ポンド法を採用しているアメリカでは、

「10kmってどのくらいだ?」

と、メートル法に馴染みがないため、マイル換算しなければなりません。

そこで、人々はメートルをマイルに換算する計算をし始めるようになり、アメリカでもメートル法が徐々に認知され始めるという事態が起きているのです。

そして、社会問題という意味では、近年、アメリカでは黒人と白人の対立が何度か話題になっていましたよね。

しかし、『ポケモンGO』は、そんな人種の違いという壁も、いとも簡単に壊してしまいました。

黒人であろうと、白人であろうと、キリスト教徒であろうと、イスラム教徒であろうと、同じポケモンを愛する仲間であることには変わりありません。

それを象徴するものが、Twitterで見かけることができました。

筆者が見た写真には、『ポケモンGO』を通じ、黒人から白人まで、また、宗教の壁も乗り越えさまざまな人々が一堂に会し、笑顔で写真に収まる姿が…。

人種問題も解決してしまう『ポケモンGO』、いや、ポケモンというブランドの素晴らしさを、改めて実感できたような気がします。

ただ、一方で、悪い方向にも『ポケモンGO』が影響を与えていることも事実。

『ポケモンGO』は、スマートフォンの画面を通じてポケモンが現れる仕組みなので、歩きスマホをする人々が急増…。

歩きスマホ

さらに、今後、もしかしたらポケモンの交換機能が追加されるかもしれないと踏んだギャング集団が、伝説のポケモンを求め、各地に現れるという、リアルロケット団の登場や、レアポケモンの出現する教会などに待ち伏せし、ポケモンを捕まえようと集まった人々を脅し、金品を強奪する犯罪集団が現れるなど、『ポケモンGO』を間接的に利用した犯罪も発生してしまっているのです。

また、ポケモンの出現場所や、ポケモンバトルが行えるジムの場所による問題も起きています。

レアポケモンが現れると評判になったお店には、ポケモンを求め大量の人々が入ってきますが、何も買わずに帰っていってしまうため、

「お金を払わない客は立ち入り禁止」

という札を掲げるようになってしまった例もあるのだとか。

確かに、これはマナー違反ですよね。

また、ある方は、自分の家がジムになっていたらしく、家の周りに見知らぬ人が大量に押し寄せ、恐怖を覚えたという話もあります。

もし自分の家がジムに指定されてしまったり、レアポケモンが出てくるようになってしまうと、見知らぬ人がぞろぞろやってくるわけですから、かなり怖いです…。

『ポケモンGO』には、いい影響がある反面、悪い影響もありそうで、色々な意味で社会現象になりそうだと感じました。

 

ポケモンGOの日本版リリースはいつ?

考える女性

さて、『ポケモンGO』ですが、現在、アメリカやヨーロッパでは配信が始まっているものの、日本版はまだリリースされていません。

では、具体的に、いつ頃『ポケモンGO』が配信となるのでしょうか?

ポケモンシリーズのゲームディレクター、増田順一さんのブログによると、アジア圏などでのリリースは、

「安定してリリースできるまでもうしばらくお待ちください」

とのこと。

現在、『ポケモンGO』では、サーバー負荷の問題があるらしく、特にポケモンファンの多いポケモンの祖国・日本では、多くのユーザーが利用することが想定されます。

先日、サーバー強化を行ったばかりですが、それでもまだ、日本での負荷には耐えられないだろうと予想しているのでしょうか?

現状『ポケモンGO』の配信日が7月予定とはなっていますが、もしかしたら、8月以降にずれ込むことも考えられそうですね。

さらなる続報に期待しましょう。

ちなみに、配信日ですが、アプリの配信は、アップルの厄介な審査などがあるため、基本的に、Android版のほうが先に配信されることが多いですよね。

しかし、『ポケモンGO』においては、今のところ、配信されているすべての国で、Andoroid版とiPhone版が同時リリースされているという話も聞いているので、おそらく、日本でも『ポケモンGO』は同時リリースになると思われます。

そのため、iPhoneユーザーも、安心して同日リリースを待っていいかと思いますよ。

 

ポケモンGOプレイにおけるマナーや注意点!

黒板を指差す男性

さて、日本版リリースも近い『ポケモンGO』ですが、ここで、プレイする際における注意点をいくつかご紹介します。

ぜひこれを読んで、『ポケモンGO』が迷惑行為にならないよう、気をつけてくださいね。

ポケモンGOプレイの注意点1. 人混みの中でのプレイは気を付ける

『ポケモンGO』は、歩きスマホをすることで、プレイできるゲームと言っても過言ではありません。

そのため、人混みの多い街中などでのプレイはおすすめできず、迷惑になるということを頭に入れておいてください。

もちろん、プレイしてはいけないとはいいませんが、プレイする場合は、周囲をよく見てプレイしてくださいね。

ただでさえ問題になっている歩きスマホなのですから、危険です!

歩きスマホが原因で衝突した相手を怪我させてしまった場合、過失傷害罪になるおそれもあります。

ポケモンGOプレイの注意点2. お店の迷惑にならないようにする

アメリカでも問題視されている、『ポケモンGO』のためだけにお店に入り、特に何か買うでもなく、ただポケモンを捕まえたら帰るという行為。

これは、お店の人からしたら迷惑極まりない行為で、一種の営業妨害です。

お店側の対応によっては、威力業務妨害に該当し、訴えられることがあります!

刑罰として3年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科せられますし、まぁ、刑罰まではいかないにしても、お店側の訴えで民事上の損害賠償請求をされることがあるのです。

そのため、むやみやたらとポケモンがいるからという理由でお店に入り、何もせず出ていくという迷惑行為は控えるべきでしょう。

ポケモンGOプレイの注意点3.勝手に人の土地に入らない

これも当たり前のことです。

欲しいポケモンがいるからと言って、勝手に他人の敷地に侵入すると、当然ですが不法侵入となります。

家に入ろうものならば、逮捕されることもあるので、気を付けてください。

仮に他人の庭に入り、例えば、その家の植えていた木の枝を折ってしまった、としましょう。

この時点で器物破損罪になってしまい、損害賠償を請求されることだってありえるわけです。

人間皆がいい人であるとは限りません。

実際には気にしない程度の問題だったとしても、損害賠償でお金を取ってやろうという人もいるかもしれませんよ。

無料のアプリゲームをしていたはずが、損害賠償でお金を払う羽目になってしまった…。

そんなことにならないようにしたいですね。

ポケモンGOプレイの注意点4. 個人情報の管理は徹底する

『ポケモンGO』プレイにおいて、注意したいのは個人情報の流出です。

位置情報を紐つけるため、プレイヤー名は、普段SNSなどで使っているアカウント名と同じにしないことをおすすめします。

また、SNSにスクリーンショットを貼ることも、控えた方がいいでしょう。

なぜなら、アカウント名を同じにしたり、スクリーンショットを貼ってしまうと、その周辺にいる人に、

「○○は、ここの家の人なんだ」

と、個人的な活動範囲がバレてしまうだけではなく、最悪、住んでいる家・住所などの情報まで漏れてしまうおそれがあるからです。

そのため、くれぐれも、個人情報を守るため、プレイヤー名やスクリーンショットについては、慎重になってくださいね。

 

以上が、『ポケモンGO』プレイにおけるマナー・注意点となります。

いずれも、アメリカなどで問題視されていることなので、『ポケモンGO』をプレイする上でのマナーはしっかり守ってくださいね。

損害賠償を請求されてからでは遅いですから、本当に気を付けてください。

 

まとめ

全世界で空前の大ブームとなっている『ポケモンGO』。

いい影響を与えることもあれば、悪い影響を与えることもあります。

とくに『ポケモンGO』の日本上陸後も、アメリカで問題視されている不法侵入や、お店への迷惑行為が発生する可能性は十分にありえるでしょう。

また、個人情報も、『ポケモンGO』の特性上、周辺地域の見知らぬ人には漏れやすいため、『ポケモンGO』のプレイを考えている方は、プレイヤー名やスクリーンショットには、細心の注意を払ってください。

エリアゲームという意味では、『アイドルマスターモバイル』など、それなりに存在はしていましたが、日本ではメジャージャンルとは言えないゲームです。

そのため、これから初めてエリアゲームをプレイする方にとって、リスクをあらかじめ予習しておくことは、とても大切ですよ!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム