星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ポケモンGOにおすすめスマホプランの通信料とアイテム課金を紹介!

投稿日

みなさんは、『ポケモンGO』というアプリゲームをご存知ですか?

日本では、まだ配信サービスが開始されていないみたいですが、既に海外では配信されているらしく、ニュースでも歩きスマホを助長させる、と深刻な問題として取り上げられていますよね。

さて、そんな『ポケモンGO』ですが、実際のところ、どんなゲームなのでしょうか?

また、通信料や課金料金がどのくらい発生するものなのでしょうか。

本記事では、『ポケモンGO』が抱えている歩きスマホ問題の実態や、通信料・課金を抑えて賢くゲームを楽しむ方法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

数々の問題が社会現象にもなったポケモンGO

ポケモンGO

日本国内では、まだ配信されていないものの、海外では既に配信され、歩きスマホの助長となると、社会問題化されニュースにもなっているスマホ向けオンラインゲーム『ポケモンGO』。

簡単に、『ポケモンGO』が、どんなゲームなのか説明すると、スマホに内蔵されているGPS(位置)情報を利用し、現実世界を舞台にスマホをかざしポケモンをゲットしながら、オンライン上で繋がるユーザー同士で戦わせて遊ぶゲームとなっているようです。

人間、収集物となると目がなくなるのか、海外では多くの方がこの『ポケモンGO』にハマっているらしく、歩きスマホが助長され、1つのコミュニケーションツールとして、かなりの効果を発揮しているものの、一方では、『ポケモンGO』による事故も増えているそうです。

確かに、『ポケモンGO』にハマりすぎて、ニューヨークでは車を運転中にポケモン探しに夢中になった男性が交通事故を引き起こすという大問題も起きているとのこと。

それも、車が廃車処分に陥る程の大きな事故だったらしく、幸い男性は骨折した程度で済み、命に別状がなかったとはいえ、病院に搬送されているわけですから、『ポケモンGO』をきっかけに、かなり危険なことが起こっていることがよく分かります。

そして、事故はこれだけではなく、ペンシルベニア州では15歳の少女がポケモン探しに夢中になりすぎてしまい、その最中に車に轢かれてしまうという事故も…。

また、カルフォルニア州では崖から転落した人まで出ているらしく、一歩間違えばポケモン探しのために、リアルに自身の命が潰えてしまうなんてこともあるかもしれないと、日本でもニュースとなり、社会問題となっています。

実際に、『ポケモンGO』をプレイするユーザーたちの大きな特徴として、スマホの画面に食い入るように見入ってしまい、周りが見えなくなってしまう傾向にあるため、事故が多発してしまい、深刻な問題と化してしまっているみたいです。

それも、本人が事故に遭うだけならまだしも、自動車事故を起こすような男性がいたりするわけです。

一歩間違えば、フランス・ニースで先日起こったばかりの自動車突っ込み事件のように、歩行者が横行する街中で、いきなり車が暴走し、多数の犠牲者を生むという悲劇も起こるかもしれないわけで、状況としては決して楽観視できません。

決して『ポケモンGO』制作サイドも、歩きスマホを助長させようと考えて、このゲームを制作しているわけではありませんが、結果的に世界中で社会現象となっているほど問題が勃発しているところを見ると、早急に対策を打たないと、取り返しがつかない事態に陥るかもしれません。

そして、私達も決して他人事ではなく、まもなくこの『ポケモンGO』が日本で配信されるので、必ず歩きスマホを控え、使い方を間違えないようにしないと、人生取り返しがつかなくなる事故に巻き込まれることがあるので、注意しましょう。

ちなみに、『ポケモンGO』をプレイした人が、事件現場に遭遇したという話や、川岸に浮かんで亡くなっていた男性を19歳の女の子が発見したという話も続々報道されているらしく、その光景を想像すると、思わずゾッとしてしまいます。

ただ楽しいからハマってしまうのも、『ポケモンGO』においては問題であると言えそうですね。

『ポケモンGO』そのものは、ポケモン集めやオンライン上でのポケモンバトルなど、楽しさ満載のゲームで、後はユーザーの使い方次第で楽しくも怖くもなってしまうといえるだけに、くれぐれも節度を持って遊んでして欲しいと願うばかりです。

 

ポケモンGOでおすすめのスマホ通信プランと課金は?

スマホ

最近、社会現象にもなっているスマホゲームの『ポケモンGO』ですが、ゲームをするには、スマホのネット通信が必要なので、当然通信費も掛かりますし、ゲーム内のアイテムを購入するにもコストが掛かってしまいます。

そこで、一部の通信サービス会社では、スマホ通信契約で、『ポケモンGO』に関してのみデータ使用量をカウントしないという、おすすめの新プランも登場し始めているそうです。

DTIの新プラン『ノーカウントDTISIM』プラン(データプラン、データSMSプラン、音声プランの3つ)がそれに該当します。

データ使用量を一切カウントしないので、ポケモンGOユーザーには、なんとも優しいプランと言えそうですね。

ただし、これには条件があって、このサービスは、5GBプランにしか適用されていないため、1GBや3GBプランを利用していて、少しでもスマホ利用料を減らしたいとお考えの方は、このサービスが受けられません。

ただ、どのみち『ポケモンGO』をプレイする方が満足される時間をゲームし続けていくには、だいたい5GBは容量が欲しいと言われているそうです。

『ポケモンGO』のためと考えれば、十分納得して5GBプランで契約する事もできるでしょう。

そもそも5GBにしたところで、音声通話機能付きにしても月額1920円で契約できることを考えれば、スマホ3大キャリア(au、docomo、SoftBank)と比較してかなり格安であることに違いありません。

しかも、DTISIMは格安SIMのサービスながら、通信回線もdocomoの通信回線を利用しているとあって、しっかりスマホを利用できると人気のサービスプランらしく、これから格安SIMを契約してスマホを持ちたい人にはおすすめです。

なお、5GBの3プランの料金には以下のとおり。

DTI SIM 新データプラン(5GB)

DTI SIM データプラン(データ通信のみのプラン):1220円

DTI SIM データSMSプラン(データ通信にLINEなどのSMS通信をセットにしたプラン):1,370円

DTI SIM 音声プラン(全て込み込みで音声通話も可能なプラン):1920円

以上が、主な3プランの月額使用料となっています。

ちなみに、『ポケモンGO』における通信料は、ノーカウントですが、他の通信料は5GBまでの制限がかかり、また、通話料は30秒ごとに20円発生します。

もし、5分以内かけ放題のプランをオプションで付けるなら、別途780円負担が必要となることは、予めご了承ください。

ちなみに、格安スマホの料金プランを、他の企業の同じ5GB音声通話付きプランで比較すると、楽天モバイルが2150円、最低料金299円で契約できるとテレビCMで謳っているFREETELは2220円となっています。

そして、Ymobileにいたっては、5GBのプランが無く3GBでも3980円と割高で、あまりおすすめできません。

これらのことを踏まえて考えてみてもDTIの新料金プランは、『ポケモンGO』ユーザーにとってはおすすめと言えそうですね。

さて、次に、課金サービスについても見ていきましょう。

ポケモンGOは基本無料なので、基本料金は0円でプレイできますが、ゲームで使用するアイテムを購入するのに課金が必要となってきます。

もちろん、基本的なモンスターボール(ポケモンを捕獲するのに必要)や、その他の一部のアイテムに関しては、ポケストップというマップ上の重要スポットで5分おきに取得できるので、無料でも遊ぶことは可能です。

ただし、5分おきという制限や、重要アイテムが手に入りにくい、という制限が課せられるため、どうしても課金が求められるのが現状です。

それも、モンスターボール100個で、460ポケコインが必要らしく、その他も2桁以上のポケコンが必要みたいです。

なお、100ポケコイン120円で購入でき、ポケコインの数が増えるごとに若干購入しやすく料金が割引されているみたいですが、それでも、あれこれ課金していたらあっという間に料金が高額になってしまいます。

ちなみに目安となる価格は以下の通りです。

100ポケコイン:120円
550ポケコイン:600円
1200ポケコイン:1200円
2500ポケコイン:2400円
5200ポケコイン:4800円
14500ポケコイン:11800円

11800円で14500ポケコイン購入できるので、若干お得かもしれませんが、一般家庭で『ポケモンGO』のためだけに、1万円以上の出費となると、かなり高額ですよね。

それでも、『ポケモンGO』に中毒的にハマってしまったら、これだけのコインでは、済まない可能性も高く、気がついたら、毎月『ポケモンGO』のためだけに数万円使ってしまうなんてこともあるでしょう。

万が一、そんなことになって困らないように、必ずお小遣いの範疇(または生活そのものを圧迫しない程度)で抑えるようにしておきましょう。

 

賢くポケモンGOを遊ぶコツとは?

黒板を指差す男性

本記事では、通信料の比較や『ポケモンGO』の課金サービスの料金について簡単にご紹介しましたが、やはり、所詮はゲームですし、ゲームにハマりすぎて借金地獄に陥るとか、冒頭でもお話していたように歩きスマホになり、事故を起こすなどの悲劇は起こしたくないものです。

では、賢く『ポケモンGO』を楽しむには、どうすれば良いのでしょうか?

ズバリ、極力課金は抑え、無理のないゲームをプレイし、通信に関しても、極力、Wi-Fiの無料スポットを利用し、LTE通信を行わないことに限ります。

 

とはいえ、『ポケモンGO』は、基本的に屋外を歩くゲームなので、あまり役に立ちませんが…。

そもそも、ポケモンの生息地も、山や川など、そのポケモンに沿った生息地となっているので、Wi-Fiスポットのあるところでは、同じようなポケモンしかいないわけです。

ただ、野外であっても最近はモバイル通信用のWiMAXという、家でも外でもインターネットが出来るWi-Fi通信が可能となる端末も流通しています。

基本的に、こういったモバイルWi-Fiがないと、『ポケモンGO』は、すぐに通信制限がきてしまうようなゲームなので、ご注意を!

そもそも野外でLTE通信によって、頻繁にスマホをいじっているのは、歩きスマホという危険行為そのものに当たりますし、事故に巻き込まれ、命を失うこととなってからでは取り返しがつきません。

事故には気を付けて、『ポケモンGO』を楽しんでくださいね。

 

まとめ

日本でも近々配信されると囁かれているスマホオンラインゲーム『ポケモンGO』。

本来ならば、2016年7月20日に配信予定とされていたものの、人気過ぎて、サーバーの負荷がかかり、ゲームが満足に提供できないとして延期が決定。

ただ、いずれにせよ日本でも配信されることは間違いなく、既に、DTIでは『ポケモンGO』による通信料のみノーカウントにしてくれるスマホ新5GBプランも登場する予定。

もちろん、ネットの使いすぎや、課金アイテムの購入などによって高額請求される可能性もあります。

その上、歩きスマホなどの社会問題も勃発しているので、くれぐれも、マナーに気を付けて『ポケモンGO』をプレイしてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事