星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

音楽

AKB48のしあわせを分けなさい(ゼクシィCMソング)の歌詞の意味

更新日

先日、AKB48選抜総選挙で指原莉乃が前人未到の2連覇達成で幕を閉じ、その課題曲がどうなるのか楽しみにしていたファンは少なくないと思います。

どうやら意外な形で裏切られるかのごとく、とんでもないサプライズ楽曲が、今回の課題曲となりました。

その楽曲タイトルは、『しあわせを分けなさい』。

『時をかける少女』の主題歌に起用された『LOVE TRIP』や、熱闘甲子園のテーマソング『光と影の日々』とは、打って変わってかなりスローな楽曲です。

『ゼクシィ』のCMソングにも、この『しあわせを分けなさい』が起用されているそうですが、果たしてどんな楽曲なのでしょうか?

本記事で、その楽曲の内容や、歌詞の意味、『しあわせを分けなさい』が『ゼクシィ』CMソングに起用された背景などを探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

第8回AKB48選抜総選挙課題曲『しあわせを分けなさい』

AKB48

先日、新潟で開催された第8回AKB48選抜総選挙。

結果は皆さんも御存知の通り、指原莉乃さんが、前人未到の2連覇を成し遂げましたよね。

それも、誰もが驚く24万票超えを達成する快挙で、指原莉乃さんの凄さを見せつけられた結果となったような気がします。

元総監督の高橋みなみさんも、

『既に無敵となった』

と、この結果に呆気に取られていたくらいですから、いかにたった1人に24万票超える得票がすごいことなのか伺えますね。

さて、既に世間は来年の第9回AKB48選抜総選挙の話題が囁かれていますが、その前に、この選抜総選挙の課題曲は、一体どんな楽曲なのでしょうか。

きっと、気にされている方はたくさんいらっしゃることでしょう。

そこで、筆者も調べてみたところ、ついにその課題曲が判明しました。

タイトルは『しあわせを分けなさい』

実は、この楽曲はゼクシィのCMソングとして新たに手掛けられた楽曲だったのです。

筆者もこのCMをリアルに見ているので、サビの部分だけは何度も耳にしています。

しかし、AKB48の面々が歌っているわけでもなかったので、まさかこの曲が課題曲になっているとは想像もしておらず、この話には驚かされました。

楽曲に関して詳しくは、後ほどご紹介していきますが、CMで流れるサビ部分を聴いても判断できる通り、実にシンプルな楽曲です。

若干、盛り上がりには欠ける楽曲ではありますが、その分、ほんわかしたどこか幸せと安らぎを得られる楽曲となっているでしょう。

それにしても、指原莉乃さんがセンターを務める楽曲は、いずれもちょっとユニークでポップな楽曲(恋するフォーチュンクッキー、ハロウィン・ナイト)だったはずなのに、今度はうって変わってスローバラード調の楽曲とは…。

確かに、『しあわせを分けなさい』の作曲家である箭内道彦さんから打診があったとはいえ、

『総合プロデューサーである秋元康先生の考えることはわからない…』

というのが率直な感想で、ただただ驚くばかりですね。

過去を遡っていくと、AKB48がスローバラードの楽曲を歌ったことがないとは言いません。

『桜の栞』(15thシングル)、『桜の木になろう』(20thシングル)が同じタイプのスローバラード調の楽曲であるので、久しぶりにこのタイプを歌うのかという気持ちもあります。

ただ、『桜の栞』に関しては、ほぼ合唱をイメージさせる桜ソングで、一方、『桜の木になろう』は、涙を誘う桜ソングでサビの盛り上がりがしっかりあります。

『しあわせを分けなさい』は、まだメロディラインがはっきりしていないので、なんとも言えない部分がありますが、サビだけ聞いていると、いまいち盛り上がりに欠けていますし、『桜の栞』や『桜の木になろう』以上にシンプルな構成になっているような印象を受けます。

それだけに、この楽曲に対して、AKB48ファンがどのような評価を与えるのか、いろんな意味で楽しみとなる楽曲といえそうですね。

 

AKB48『しあわせを分けなさい』の歌詞の意味は?

しあわせを分けなさい

第8回AKB48選抜総選挙の課題曲となる『しあわせを分けなさい』ですが、まだリリースされていないためか、歌詞そのものは何一つと言っていいほど公表されていません。

唯一公表されている部分といえば、CMで歌われている

『しあわせ分けなさい、これからの人生』

のサビの部分のみで、メロディー部分やサビの続きに関しては一切不明。

これではどういう流れで、これからの人生で幸せを分けなさいと言っているのか、全く想像もできないですよね。

まぁ、これは、『ゼクシィ』のCMソングですから、結婚によって人生を共に歩き始めた2人に対して、共に支えあって幸せを分けあいましょうと言っているのだと思います。

その流れに沿ったシンプルな歌詞構成となっているのだとは思いますが…。

それも、あくまで推測にしか過ぎず、幸せをわけあった後にどのような展開を持ってきているのかすらも全くわからないといったところが率直なところで、メロディーに関しても、AKB48らしからぬシンプルな構成。

本当に選抜総選挙の課題曲なのかと首をかしげたくなります。

さて、そんなAKB48の新曲『しあわせを分けなさい』ですが、コンセプトとしては、おそらく、新郎新婦はもちろんのこと、彼らを祝福している人たちも含め、1人でも多くの人達が幸せになっていくような楽曲をイメージして手掛けられているのだと思います。

あえて

『しあわせを分けなさい』

と命令形にしているのは、深い愛と願いの表れがはっきりと伝わるように、まっすぐシンプルにスローバラード調として、メロディーラインが箭内さんによって描かれていったみたいですよ。

はっきり言って、あまりにもゆったりした楽曲で、とてもAKB48のこれまでの楽曲からイメージ出来ない楽曲ですが、それもまた一つの魅力として、今後多くのシーンで流れることでしょう。

もし今後流れるテレビCMなどで、『しあわせを分けなさい』を聴く機会があれば、みなさんも一度、ゆったりした気持ちで、スローテンポだからこそ味わえるAKB48の魅力を体感してみてくださいね。

 

既にCMソングとして別バージョンで放送中?

AKB482

第8回AKB48選抜総選挙の課題曲が、『しあわせを分けなさい』という楽曲に決まりましたが、この楽曲は、あのゼクシィ新CM(現在放送中のものも含めて)でCMソングとして起用されています。

『ゼクシィ』のCMも、9代目ゼクシィガールとして、ついにNHK朝ドラ『朝が来た』に出演されていた女優・吉岡里帆さんが起用され、『ふたり』をテーマに、相方を務める戸塚純貴さんとともに展開される新しい装いのCMとして放送されるようになりました。

既に、『ふたりの法則・なあなあネコ篇』と『ふたりの法則・踊りだしたら篇』の2本が放送され、近々、AKB48がCMソングを歌う新CMがお披露目されます。

と、ここでふとおかしなことを言っているように思う人もいらっしゃるかと思います。

現在放送中の2バージョンでは、AKB48が歌っていないのは何故でしょうか?

実は、このCMが放送され始めた頃は、まだAKB48選抜総選挙本開票前だったらしく、この楽曲の作曲を手がけた箭内道彦さんが、秋元康先生にAKB48にゼクシィのCMソングを歌って欲しいと相談したところ、選抜総選挙の課題曲になったそうです。

しかも、秋元康先生の鶴の一声で決まってしまい、もうこうなると誰も秋元康先生を止められなくなってしまうらしく、希望はしていたものの、半ば強引に押し切られる形で決まったとのこと。

そして、CM放送が選抜総選挙前だったため、この楽曲の編曲を務めた亀田誠治さんと箭内道彦さんが、『しあわせを分けなさい』を歌う羽目になったんだそうです。

完全に箭内道彦さんも秋元康先生にしてやられた、と困惑気味だったようですが、無事収録を終え、これはこれで、ちょっと変わっていて面白いCMソングとなりました。

もちろん、デモなので、最終的には新CMという形でAKB48が歌う予定となっていましたが、いろんな意味で箭内道彦さんにとっては内心ヒヤヒヤものだったのでしょうね。

それにしても、この楽曲で1つ疑問があります。

それはCM制作発表の会見の関で、吉岡里帆さん・戸塚純貴さん・AKB48と出席していることは分かるのですが、AKB48メンバーの1人として、入山杏奈さんと加藤玲奈さんが出席しているんです。

もちろん、2人共AKB48メンバーなので、CM制作発表に出席すること自体に問題はないわけですが、『しあわせを分けなさい』は、先日開催された第8回AKB48選抜総選挙の課題曲です。

つまり、この選抜総選挙で選抜入りしていない入山杏奈さん(18位)と加藤玲奈さん(26位)は、もれなく『しあわせを分けなさい』の選抜メンバーとして歌うことはない(アンダーとして代役の可能性はありますが)わけです。

それにもかかわらず、その2人がCM制作発表会に出席しているのは、どうしても首をかしげたくなってしまいます。

また、カップリングとして収録予定の『LOVE TRIP』(現在放送中のドラマ『時をかける少女』の主題歌)は、選抜総選挙で選抜入りしたメンバー16人で楽曲を披露しています。

もしかしたら、本当は『LOVE TRIP』が課題曲で、『しあわせを分けなさい』がカップリングではないかと言う気もしてきました。

ただ、秋元康先生が『しあわせを分けなさい』が課題曲であると断言されているので、そのことだけは間違いないでしょう。

『しあわせを分けなさい』は、かなりスローテンポでシンプルな楽曲ということなので、完全に他の曲に飲み込まれてしまいそうで、色んな意味で不安ではあります。

ただ、選抜総選挙1位の指原莉乃さんが、鉄板の結婚ソングと絶賛されているそうなので、おそらく、AKB48なりに、『しあわせを分けなさい』でも大きく盛り上げてくれることでしょう。

果たして、新CMで『しあわせを分けなさい』がどんな楽曲として描かれていくのか。

またどこかの番組などで、イントロから終わりまで、全てを公表されることと思いますので、その日を楽しみにしておきたものですね。

まとめ

まだ完全に詳細が分かっているわけではないものの、指原莉乃さんがセンターを務める今度の選抜総選挙の課題曲『しあわせを分けなさい』は、近年のAKB48を根底から覆すような、かなりスローでシンプルな楽曲でした。

正直、まさか指原莉乃さんのセンター楽曲でこのような楽曲になるとは思っていなかったので、良い意味で想像を裏切る結婚ソングの誕生と言えるでしょう。

具体的な歌詞は、まだ一部しか公表されておらず、わからないことだらけですが、結婚する2人が幸せになり、祝福する周囲も幸せにしていくような意味合いが込められている歌詞となるそうなので、どんな歌詞が綴られていくのか、リリース日を楽しみにしています。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-音楽