星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

ナイシトールZのダイエット効果と副作用!脂肪は簡単に取れる?

更新日

ダイエットに悩み苦しむことは、多くの人が一度くらいはあるでしょう。

とくに近代社会においては、人々のグルメ化が進み、肥満どころか糖尿病予備軍ともいうべき生活習慣病に苦しむ人が続出していると言われています。

美味しいものは食べたいけど、肥満は避けたいという永遠の悩みに、まだまだ苦しめられそうです。

そんな中、肥満の大敵である脂肪を落とす効果を持つ医薬品の一つとして発売されているのが『ナイシトールZ』。

果たして、このナイシトールZはどれくらい脂肪除去に効果をもたらし、お腹を凹ませてくれるのでしょうか?

また、ナイシトールZの副作用なども気になりますので、本記事で、実際のダイエット効果や副作用について探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

肥満対策にダイエット効果が期待されるナイシトールZ

ナイシトール

戦後、貧しかった時代とは全く異なり、海外の文化も多く入り、グルメ志向の人たちが増えたことで、日本人の食文化は大きく変わってきましたよね。

ついさっきも、テレビの情報番組で、スシローが期間限定ではあるものの、サイドメニューとしてメロン半分を使い、ソーダ味のかき氷にホイップクリームをふんだんに入れたデザートを発売すると宣伝している光景には、ただ驚かされました。

その価格も980円もするらしく、回転寿司で1品1000円近くも払うのは、かなり敷居が高い気がしますが、あれだけメロンをふんだんに使用しているので、高価格なのは仕方がないのでしょう。

このように、時に場違いではないかと思えるほど斬新なグルメと遭遇できる時代となりましたね。

しかし、その代償は大きく、昔と異なり、なんでも便利な世の中となってしまい、何でも機械に任せて、自ら動くことを面倒臭がる人が増えるばかりか、あれもこれも食べたい!と大食い傾向に走る人も増えてしまいました。

この結果、日本でも欧米同様に肥満で苦しむ人が増える時代となってしまったのです。

中でも、ひどい人は糖尿病に罹ってしまい、なかなか完治できずに日々苦しんでいるなんて話をよく耳にします。

確かに、ネット上で『激ヤセ』と囁かれている女優:桐谷美玲さんや、大食いタレントでありながらも脅威のヤセ体質として常に周囲を驚かせている、タレント:ギャル曽根さんなど、一部の例外的に太らない体質の方もいますが、本当に彼女らは例外中の例外です。

ちなみに、彼女らのケースは、逆に太れずに悩んでしまっているみたいで、それはそれで苦労も耐えないようです。

さて、話を元に戻しますが、大抵の人は1日5食も食べる生活を続けていたら、あっという間に太ってしまい、生活習慣病に陥ってしまうのが関の山です。

体型維持のために、ダイエットに励んでいる方も多いと言えるのですが、それ以上に健康維持のためにダイエットせざるを得なくなった人も増えています。

だからこそ、日々周りを見渡すと、体型・健康維持に気を配り、頭を悩ませてしまう人をよく見かけるのだと思います。

そして、この傾向は子供の頃からエンドレスで続いているようにも思います。

実際に、子供の頃から太ってしまうと、健康的に良くないというだけでなく、太っているだけでいじめの対象にされてしまったり、思春期の頃には、太っていること自体が恥ずかしいと思ってしまうこともあるそうです。

どうしても格好良くなりたいとか、美しく可愛らしくなりたいと考えてしまう…

理由はともあれ、戦後間もない頃に、栄養失調で亡くなってしまう人も出ていたあの時代では、とても考えられないような危険なダイエットも流行してしまう時代がやって来てしまいました。

そして、近年のダイエットでは、運動で痩せる方法以外にも、サプリメントを使って痩せる方法なども流行しているそうです。

とはいえ、いずれの方法も簡単にダイエットが成功するわけではありません。

ダイエット中も、いろんな甘い誘惑が多くの人達を惑わしてしまい、その誘いに一度乗ってしまうと、あっという間にリバウンドしてしまうのです。

せっかく苦労してダイエット成功させても、ちょっとした心の弱さで、すぐリバウンドしてしまっては身も蓋もありませんよね。

そうして今の世の人達の多くが、肥満に悩みを抱えているわけです。

そんな現代ならではの深刻な悩みに一石投じるような画期的な医薬品が登場しました。

それは『ナイシトールZ』というサプリメントで、なにやら医薬品メーカー・小林製薬が開発した、漢方の力を用いて生活習慣によって、溜まりすぎたお腹の脂肪を落とし、重度の肥満を改善(ダイエット)するために効果が期待される医薬品なんだとか…

確かに、医薬品を飲むだけで、脂肪が落ち、ダイエット成功できるなら、こんな楽なことはありませんよね。

もちろん効果も個人差があると思いますし、副作用だってあると思います。

そのため、『ナイシトールZ』で闇雲に脂肪を落としてくれることだけを期待して購入すると、あとで痛い目に合ってしまうかもしれません。

そうは言っても『ナイシトールZ』は医薬品です。

厳密には第2類医薬品と言って、医師の処方無くして一般のドラッグストアで購入できる医薬品として取り扱われています。

このように『ナイシトールZ』は、少なくても医薬品であることに変わりはなく、トクホ以上にダイエット効果は期待できるかと思います。

トクホは、あくまで健康補助食品(飲料なども含む)であり、効果は医薬品以上にばらつき(個人差)が生じてしまいます。

ただ、一番良いのは、医師に処方してもらった薬であることに違いないでしょう。

言ってしまえば、『ナイシトールZ』は、処方された薬と健康補助食品の中間くらいの効果が期待できる医薬品である、と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

また、薬の効き目に個人差があることは紛れもない事実で、そのために、絶対に『ナイシトールZ』がダイエット効果をもたらすと約束できるものでもありません。

実際に上手く薬が聞いて、『ナイシトールZ』によって、お腹が引っ込みダイエット効果の助力となった方も、たくさんいらっしゃいます。

後ほど、具体的な効能(もちろん個人差があることは大前提)や、副作用などもご紹介していきますので、それらを参考に、肥満でお悩みの方は、是非、その改善の一手として検討してみてくださいね。

 

ナイシトールZの効果・効能は?

指をさす女性

現代社会における生活習慣病を少しでも改善させるため、肥満改善に一石を投じるべく、医薬品メーカーである小林製薬が開発し販売している医薬品『ナイシトールZ』。

この医薬品は、小林製薬が、

『体型維持だけではなく、健康にも気を使って欲しい』

と願い、少しでもその助力になればと、開発当時、何かと注目されていた漢方に目をつけて、おなかの脂肪に働きかける漢方に徹底的にこだわり開発した医薬品です。

もちろん漢方と言っても、生薬を一から配合し、新たな漢方を創りあげたということではありません。

いまこの世にある漢方の効能・効果の中で、日本人の体質に最も合うものを厳選した結果、防風通聖散という漢方を用いて『ナイシトールZ』を開発しています。

なお、この防風通聖散という漢方は、

ダイオウやカンゾウ、マオウ、トウキ、シャクヤクなど18種類の生薬

を配合した漢方製剤とのことで、効果・効能として個人差はあるものの、体内の老廃物を排出し、脂肪の分解や燃焼を促進する効果が期待されている漢方です。

とくに女性に多い便秘の改善にも効果が期待できるという話も耳にします。

便秘が改善されることによって、お腹の張りも感じなくなり、出っ張ったお腹が引っ込み、肥満改善に大いに役に立つこともあるでしょう。

また、『ナイシトールZ』は、肥満改善効果が期待できる医薬品なので、肥満に伴う

動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・蓄膿症・湿疹・皮膚炎・吹き出物(ニキビ)など

の改善にも効果が期待できると言われています。

もちろんそれらはある種、『ナイシトールZ』の副産物のようなもので、この医薬品の本質は、便秘改善肥満改善にあることを忘れてはいけません。

肥満が改善された後に、他の効果が期待できるという風に考えるべきであり、肥満改善に関しても、必ず効果をもたらすというわけではありません。

医薬品である『ナイシトールZ』といえど、その効果の振れ幅には個人差があることを必ず頭の片隅に入れておいてくださいね。

そして、間違ってもこの『ナイシトールZ』を飲むだけで肥満とサヨナラ出来ると甘く考え手はいけません。

あくまで、医薬品という側面で、ダイエット効果をもたらす働きを持っているに過ぎず(しかも効果には個人差があるります)、それ以上に、運動もせずに食べ過ぎてしまえば、元の木阿弥というか、より肥満が進んでしまうだけです。

やはり多少の食生活の見直しや、軽い運動を取り入れないと、簡単にダイエットや体質改善はできません。

健康維持には必要なこととして、それらを上手く取り入れながら、プラスアルファの働きとして『ナイシトールZ』の効果に期待するべきです。

なお、この『ナイシトールZ』には姉妹品として、『ナイシトールG』と『ナイシトール85』という医薬品が発売されています。

それらの違いは、用法と薬の強さが違うくらいで、基本的に同じ効果が期待されるものと考えて構いません。

糖尿病治療も、医師に診察してもらいながら症状に合わせた薬を処方してもらっているかと思います。

それと考え方は同じで、基本的に初めて『ナイシトール』を試す方は、副作用のことも考え、若干薬の効き目が薄く、副作用の出る可能性の少ない『ナイシトール85』を試すと良いでしょう。

そして、だんだん効き目が薄いと感じるようになっていくにしたがって、症状と相談しながら、次に効き目の強い『ナイシトールG』、それでもまだ効き目が薄い場合は『ナイシトールZ』という風に段階を経ながら使っていくことが理想の用法だと思いますよ。

さて、ここで、『ナイシトール』の簡単な用法も併せてご紹介しておきます。

ナイシトール851日2回(5錠)
ナイシトールG1日3回(4錠)
ナイシトールZ1日3回(5錠)

を、それぞれ食前(食事の30分前)か、あるいは食後2時間後に服用してください。

何度も言うように、『ナイシトールZ』の効果は人それぞれ異なりますが、服用し続けることで効果が期待できます。

運動、食事改善も含めて、生活習慣に上手く取り入れながら、ダイエットに役立ててくださいね。

 

ナイシトールZの副作用は?

考える女性

さて、とくに一般のドラッグストアで発売されている医薬品において、最も気をつけなければいけないのが、副作用です。

トクホと呼ばれる健康補助食品は、それほど効果がキツイわけではなく、人によっては効果もバラバラで、あくまで期待できる程度ですので、それほど副作用がキツイということもありません。

しかし、『ナイシトールZ』のような医薬品は、飲み続けることで、それなりの効果も期待できる分、薬としての効き目が強く、副作用が生じやすくなっています。

例えば、

発疹・発赤、痒み
吐き気・嘔吐
食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢
発汗、動悸、
むくみ
頭痛

と、これらの症状が、『ナイシトールZ』の副作用として、出てしまうおそれがあることを忘れてはいけません。

もちろん、全ての『ナイシトールZ』使用者がこのような副作用の症状を発症してしまうというわけではありません。

あくまで体質的に『ナイシトールZ』との相性が悪く、副作用が出てしまうケースとして紹介しているに過ぎず、ちゃんと用法を守り、上手く生活習慣に取り入れて肥満を改善されている方もいらっしゃいます。

逆に、『ナイシトールZ』を使い始めて1ヶ月程度で、下痢や腹痛に悩まされるようになり、結局、『ナイシトールZ』の服用を止めてしまった方もいらっしゃいます。

本来は、食事改善と運動で健康的に肥満を改善しなければならないのに、それを漢方の力を借りてダイエットされているわけですから、多少のリスクが伴うのが当たり前です。

だからこそ、筆者も、有効成分の配合量(薬の強さ)が少ない(弱い)『ナイシトール85』から試すべきと提案させていただいています。

決して『ナイシトールZ』がダメというわけではありませんが、それだけリスクも大きいことを絶対に忘れてはいけませんし、もし使ってみて副作用がきつく、自分には合わないと感じたら、迷わず『ナイシトールZ』の使用を控えるようにしてくださいね。

『ナイシトールZ』が日本人に合いやすい漢方を取り入れ、ダイエットの助力として効果が期待できることは紛れもない事実ですが、その効果にも個人差があるように、副作用も個人差が存在し、どれだけ使用したらどんな副作用が訪れるのか断定できないのも事実。

なので、『ナイシトールZ』を使ってみて、効果が期待できるのであれば、そのまま使い続ければ良いかと思いますし、逆に副作用のほうがキツく、効果もそれほど期待できないというのであれば、『ナイシトールZ』の使用を控えれば良いかと思います。

みなさんも、『ナイシトールZ』を上手く活用しながら、ダイエットを成功させ、より健康な身体を手に入れてくださいね。

 

まとめ

『ナイシトールZ』は、メタボリックシンドロームの世界統一診断基準を作成される1年前の2004年頃に、小林製薬が、体質改善だけでなく、健康こそ気をつけて欲しい、と願いを込めて、漢方をベースに開発したダイエット効果に役立つ医薬品です。

ただ、いくらお腹を引っ込めダイエット効果が期待できると言っても、その効果には個人差がつきものです。

効果が薄く副作用が強いと感じる場合もあるので、試してみて、自身に合わない場合は、迷わず『ナイシトールZ』の使用を控えましょう。

そして、『ナイシトールZ』に依存し過ぎること無く、生活習慣の中で上手く取り入れながら、ダイエットや健康維持に努めてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学