星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球年俸ランキング2017!最高年俸の○億円の選手は誰?

更新日

プロ野球選手というと、一流の選手になれば、

『年俸〇億円!』

などという、高額の年俸が手に入り、スター選手としてスポンサー契約といった収入もあることから、夢のある職業だと言われています。

そんな一流選手になるのは、ほんの一握りしかいないわけですが…。

それはさておき、夢のある職業のプロ野球選手。

日本プロ野球界では、現在(2017年)の最高年俸は誰が、いくらもらっているのでしょう?

当記事では、日本プロ野球の選手の年俸ランキング2017について、まとめてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

2017年の日本のプロ野球選手で最高年俸は誰?

契約更改の時期が終わると、プロ野球はキャンプイン、オープン戦、そしてシーズン開幕へと向かっていきます。

年俸が上がった選手は、前年以上の活躍を胸に誓い、年俸が下がってしまった選手は、前年のリベンジを果たし、年俸を上げてもらおうと胸に誓い、頑張っていくことでしょう。

ところで、2017年に一番多く年俸を貰っているプロ野球選手は、一体誰なのでしょうか?

また、そのプロ野球選手の年俸はいくらなのでしょう?

ここで2017年のプロ野球選手の年俸ランキング第1位の選手を発表していこうと思います!

2017年のプロ野球選手で、年俸が一番高かった選手は…

なんと、

3人

います!

その3人というのが、

  • オリックスの金子千尋投手
  • ソフトバンクのデニス・サファテ投手
  • 西武のエルネスト・メヒア選手

この3人の年俸は、

5億円

です。

といっても、金子投手とサファテ投手は複数年契約中なので、基本的には年俸が変動せず、現状維持のまま。

(サファテ投手の場合は、出来高も含めて5億円ベースという話もあります)

一方、前年からの年俸を大きく上げたのは、メヒア選手です。

西武は2016年のオフに、メヒア選手と新たに3年契約を結びました。

3年15億円、出来高込みで最大18億円

という、大型契約!

西武としては、どうしてもメヒア選手を手放したくなかったのでしょうね。

親会社も莫大な資金を持っていることもあって、このくらい『ポン!』と出せるのだと思います。

金銭面を考えると、パ・リーグは親会社に資金豊富なチームが多く、現在だと、

パ・リーグのほうが高給取り

なのかな?と、感じた次第です。

 

年俸ランキング2位以下のプロ野球選手をチェック!

プロ野球選手の年俸とは?

さて、2017年のプロ野球選手の年俸ランキング1位は、金子投手・サファテ投手・メヒア選手でした。

では、2位以下の選手は一体誰がランクインしているのでしょうか?

その年俸金額も合わせて紹介していきます。

まず、2位は

4億1000万円

『おかわりくん』こと西武の中村剛也選手。

中村剛也選手は、4年契約の3年目なので、基本的には現状維持です。

2016年は成績がイマイチだったので、2017年の奮起に期待しましょう。

続いて、第3位です。

…第3位までで、年俸ランキングの紹介を終えてもいいような気がしてきました。

なぜなら、同率3位の人数が、

6人

もいるからです。

これで、年俸ランキングの上位10人になります。

2017年のプロ野球選手の年俸ランキング第3位の金額は、

4億円

4億円プレーヤーが6人もいることに驚きですが、もっと驚くポイントがあります。

その驚くポイントというのは、この4億円を手にしたのが…

  • 鳥谷敬選手(阪神)
  • 松田宣浩選手(ソフトバンク)
  • 和田毅投手(ソフトバンク)
  • 松坂大輔投手(ソフトバンク)
  • 摂津正投手(ソフトバンク)
  • リック・バンデンハーク投手(ソフトバンク)

この6選手というところ。

みなさんも、パッと見ただけで、何か感じたことがあるのではないでしょうか?

筆者がこれを見て思ったのは、

「ソフトバンク多すぎ!」

という感想でした。

松坂大輔投手や攝津正投手など、複数年契約が仇となって、負債になってしまっている選手もいます。

しかし、これもソフトバンクの資金力からすれば、大したことではないのかもしれません。

また、6人と言ったものの、スポーツ紙などの推定では、ソフトバンクに入団するアルフレド・デスパイネ選手が、

3年12億円

という契約だと言われており、年俸換算で4億円です!

つまり、7人目の4億円プレーヤー、そしてソフトバンクの4億円プレーヤー6人目となります。

それにしても、ソフトバンクは金満チーム…。

つまるところ昔の巨人化が激しくなっており、筆者としては、少し残念な気持ちがします。

近年は、巨人アンチ以上にソフトバンクアンチが増えていると耳にします。

ソフトバンクが、何でもお金で解決するという、巨人のような方針をとっていれば、これにも納得です。

ただし、ソフトバンクは育成もしっかりしていて、生え抜き選手に素晴らしいプレーヤーが多いのも事実です。

ただ、こうもお金で何とかするという方針になってしまうと、2016年のペナントレースで、日本ハムがソフトバンクから逆転優勝をもぎ取ったことに野球ファンが大いに湧いたのも、なんとなくわかるような気がしました。

盤石だと思われていた金満チームが、逆転負けを喫することほど、痛快な展開はなかなかありません!

 

日本のプロ野球選手の高年棒は一握りだけ!?

日本のプロ野球選手の一流選手たちは超高額の年俸を貰っています。

そのため、野球を始めた子供たちの多くは、プロ野球選手に憧れ、

「プロ野球選手として活躍をしたい!」

と目標を掲げている子供たちが多いようです。

しかし、

大半の選手は数百万程度の年俸しかもらえていません。

レギュラークラスでも、タイトルを獲得できるような実績がなければ、1億円プレーヤーにはなれないでしょう。

現実は厳しいもので、プロ野球の世界では結果・実績を残せなければ、あっという間に戦力外通告を受けて、職を失ってしまうのです。

また、実力だけでなく、運も左右してきます。

期待のルーキーとして入団したものの怪我をしてしまったことで、たった1年で戦力外通告になってしまうこともありえますからね。

そのため、高校球児が、万が一野球がダメだった場合を考え、『大学に進学』という道を選ぶこともあるそうですよ。

このように、プロ野球選手は夢のある仕事であるものの、現実は非常にシビアな世界なのです。

ドラフト1位選手でも、全く一軍出場がないまま野球人生を終えることも、珍しくない話だったりもします。

結局のところ、ドラフト指名時に選手として完成形にあるよりも、まだ伸びしろがある選手のほうが、プロで大成するために必要な要素なのかもしれませんね。

 

まぁそもそも、お金目的でプロ野球選手を志す子供たちが、どれほどいるのかという問題ではありますが…。

きっとお金ではなく、華々しく活躍することを夢として抱いている子供が多いと思います。

それこそ、お金目的であれば、今ならば、

「ユーチューバーになる!」

なんて言いそうですね。

 

まとめ

プロ野球選手の2017年の最高年俸は、オリックスの金子千尋投手、ソフトバンクのデニス・サファテ投手、そして西武のエルネスト・メヒア選手でした。

3人は年俸5億円をもらっており、しかも全員が複数年契約のため、実際には、10億を超える契約をしていることになります。

数年で10億円を手にするなんて、まさに夢のような話です。

しかし、それほどの年俸を手にすることができるのは、プロ野球選手の中でもほんの一握りしかいません。

さらに夢のない話をしてしまいますが、税金でそれなりに取られてしまうので、実際には、年俸の半分程度しか手元には残らないと考えた方がよさそうです。

2017年2月に放送された『しくじり先生』で、新庄剛志さんも話していましたが、

「次の年の年俸がかなり下がったのに散財してたから、税金が払えなくなった」

そんなことがないように、やっぱり貯蓄は大切だな、と感じた次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球