星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

仮面ライダー

仮面ライダーエグゼイドの原作は?5人のライダーと武器をチェック

更新日

『仮面ライダーゴースト』も、気づけばもう終わりが近づいています。

正直、ストーリーがかなり雑で、なんだかなぁという評価になりつつあり、平成2期の仮面ライダーでは1番ひどい出来のような気がします。

さて、そんな仮面ライダーですが、なんと、この度新シリーズの詳細が発覚しました。

その名も『仮面ライダーエグゼイド』。

見た目がかなりダサいという評判のようですが、一体どんな見た目で、どんな設定なのでしょう?

当記事で、仮面ライダーの新シリーズ、『仮面ライダーエグゼイド』について、まとめてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

2016年秋の新シリーズは仮面ライダーエグゼイド!

仮面ライダーエグゼイド2

『仮面ライダーゴースト』も、もう残り少しとなってきました。

ここまでの感想を述べさせて頂くと、どうもストーリーも佳境という雰囲気がしませんし、そもそも全体的にストーリーが雑すぎします。

平成ライダー2期の中ではワーストとも言えるひどい出来だと感じてしまいます。

最終的にこの話はこういう終わり方に持っていきたいんだろう、ということはわかるのですが、そこに至るまでがあまりにも雑すぎて、昭和ライダー特有のご都合主義のほうがまだマシだと言えるレベル。

現在だけで言えば、アランは空気ですし、マコトに伏線っぽいものをいくつも張りながら回収する気配が見えない、『ムゲン魂』が強すぎて、他のフォームがもう必要ない状態になっているなど、挙げ始めるとキリがないほど、つまらなくなる粗が見つかってしまいます。

同じく微妙だったシリーズ『仮面ライダーウィザード』でも、最強フォームの『インフィニティースタイル』が強すぎたのですが、最強フォームに頼りきりにならないよう、『リングを奪われる』というストーリー上の手法を用いて、強さに制限したりという工夫はしていました。

しかし、今の『仮面ライダーゴースト』では、

「まだまだ英雄たちと共に戦いたい」

と言ってタケルが強引に使っているようにしか演出できていませんし、ストーリーだけでなく、ライダーそれぞれの見せ方も下手だなと感じてしまいます。

今度放送となる42話の予告を見る限りでは、そろそろ盛り上がりどころになってくれそうな雰囲気はあるので、期待したいですね。

さて、それはそうと、今放送中の『仮面ライダーゴースト』に続く、新しい仮面ライダーシリーズが発表されましたね。

タイトルは、『仮面ライダーエグゼイド』

一体どんな仮面ライダーなのでしょうか?

英語表記だと、『EX-AID』になるので、調べてみると、医療系の言葉になるようです。

ということは、医療系ライダー?

と思い、調べてみると、あらすじを発見することができました。

『仮面ライダーエグゼイド』のあらすじによると…

 

世界を侵食し始めた怪人『バグスター』によって、世の中はコンピューターゲームウィルスに侵され始めていたそうです。

そんな中、感染者を救うために立ち上がった天才ゲーマーの主人公・永夢(えむ)は、仮面ライダーエグゼイドとなって戦う決意をするのだった…。

 

というような内容だそうです。

また、一説によると、永夢が『研修医』という設定かもしれないと言われており、なるほど、それならばエグゼイドという名前にも納得できそうです。

ウィルスから感染者をオペで救うらしいですし、とりあえず名前は間違っていなかったわけですね。

名前の謎が解けたところで、設定やモチーフなど、気になることばかりなので、早速、『仮面ライダーエグゼイド』について、調べてみました。

 

仮面ライダーエグゼイドの原作はゲーム?

仮面ライダーエグゼイド

新シリーズとなる『仮面ライダーエグゼイド』。

今回の仮面ライダーは、なんと、ゲームが原作のようです!

アクションゲーマー、クエストゲーマー、シューティングゲーマーなど、様々なゲーム要素が取り入れられているとのこと。

そんな仮面ライダーエグゼイドですが、ビジュアルも判明しました!

それが、上の画像。

…正直に言うと、すごくダサいです。

胸にはスーパーファミコンのコントローラーみたいなものがついていますし、何より顔が…。

昔のゲーム風な顔をしているということはわかるのですが、それにしても、これはちょっとダサいだろうとしか言いようがありません。

実際に動いているところを見れば、そんなにダサくないかもしれないと思うのかもしれませんが、それでもちょっとひどいです。

変身ベルトは、『ゲーマドライバー』と呼ばれるものになるそうで、この『ゲーマドライバー』に、『ライダーガシャット』と呼ばれるゲームを装着して変身するようです。

後述しますが、『ライダーガシャット』は複数あるそうで、『ライダーガシャット』によってフォームチェンジすると考えてもよさそうですね。

また、それだけでなく、ゲーム要素を取り入れているため、レベルアップすることもあるそうです。

フォームチェンジだけでなく、レベルアップで成長するという要素もあるので、非常にややこしいです。

こればかりは、『仮面ライダーエグゼイド』の放送が始まって見てみないことにはわからないでしょう。

続いては、『仮面ライダーエグゼイド』に登場するライダーや、武器などについてもご紹介していきます。

 

仮面ライダーエグゼイドの登場ライダーと武器をチェック!

黒板を指差す男性

続いては、現在判明している『仮面ライダーエグゼイド』の登場ライダーや武器を紹介しようと思います。

登場するライダーですが、現在判明しているだけでも、なんと5人もいるそうです。

また、2016年内だけで、10個の『ライダーガシャット』が発売予定とも言われています。

『仮面ライダー鎧武』以来の大量のライダーが登場する展開になるのでしょうか?

その5人というのが…

仮面ライダーエグゼイド

仮面ライダーブレイブ

仮面ライダースナイプ

仮面ライダーレーサー

仮面ライダーゲンム

です。

このうち、仮面ライダーゲンムは敵幹部らしく、悪のライダーということになります。

では、武器や『ライダーガシャット』などとともに、1人ずつ詳しく見ていきましょう。

武器画像やエグゼイド以外のライダー画像などは、流出しているものですので、載せることはできませんが、気になった方は、調べてみてくださいね。

仮面ライダーエグゼイド

仮面ライダーエグゼイドは、アクションゲームを原作モチーフにしたライダーです。

マイティアクションXガシャット、ゲキトツロボットガシャット、ドラゴナイトハンターガシャットの3種類の『ライダーガシャット』を持っているようですね。

武器は、ガシャコンブレイカーと呼ばれる武器で、ハンマーモード、ブレードモードの2種類に変形する仕組みになっています。

それにしても、AボタンとBボタンがついているとは、なんとも斬新な武器ですね…。

仮面ライダーエグゼイドの『ライダーガシャット』の詳細も判明していますので、まとめておきます。

マイティアクションXガシャット

アクションゲーマー レベル1

アクションゲーマー レベル2

ゲキトツロボットガシャット

ロボットアクションゲーマー レベル3

ドラゴナイトハンターガシャット

ハンターアクションゲーマー レベル??

どうやら、ドラゴナイトハンターガシャットというのが、各ライダーの中間フォームになるようですね。

敵ライダーである仮面ライダーゲンム以外の全てにドラゴナイトハンターガシャットがあるようなので…。

仮面ライダーブレイブ

仮面ライダーブレイブは、RPGを原作モチーフにしたライダー。

タドルクエストガシャット、ドレミファビートガシャット、ドラゴナイトハンターガシャットの3種類の『ライダーガシャット』があります。

武器はガシャコンソード

RPGにつきものの、属性変化が可能な武器となっていて、炎モード氷モードがあるみたいです。

仮面ライダーブレイブの『ライダーガシャット』は、以下になります。

タドルクエストガシャットガシャット

クエストゲーマー レベル1

クエストゲーマー レベル2

ドレミファビートガシャット

ビートクエストゲーマー レベル3

ドラゴナイトハンターガシャット

ハンタークエストゲーマー レベル??

仮面ライダースナイプ

名前で察しがつくかと思いますが、仮面ライダースナイプは、シューティングゲームが原作モチーフ。

バンバンシューティングガシャット、ジェットコンバットガシャット、ドラゴナイトハンターガシャットの3つがあります。

武器はガシャコンマグナム

ハンドガンモード、ライフルモードの2種類に変形するようです。

第一印象では、この仮面ライダースナイプが一番見た目としてのお気に入りですね。

ただ、銃ライダーは不遇なことが多いので、ストーリー中でどんな活躍をしてくれるのかは、少々不安が残りますが…。

仮面ライダースナイプの『ライダーガシャット』はこちら。

バンバンシューティングガシャット

シューティングゲーマー レベル1

シューティングゲーマー レベル2

ジェットコンバットガシャット

コンバットシューティングゲーマー レベル3

ドラゴナイトハンターガシャット

ハンターシューティングゲーマー レベル??

仮面ライダーレーサー

仮面ライダーレーサーも名前で大体モチーフがわかるかと思いますが、レーシングゲームが原作モチーフとなっています。

かなり厳つい見た目をしていますね。

他のライダーはそれなりに名前を捻っているのに、レーサーって、あまりにストレート過ぎませんか?

『ライダーガシャット』は、爆走バイクガシャット、ギリギリチャンバラガシャット、ドラゴナイトハンターガシャットの3種類。

ギリギリチャンバラがレーシングゲームのタイトルらしくないように感じるのは気のせいでしょうか…。

武器はガシャコンスパロー

鎌モードアローモードに変形が可能のようです。

仮面ライダーレーサーの『ライダーガシャット』は以下の通り。

爆走バイクガシャット

バイクゲーマー レベル1

バイクゲーマー レベル2

ギリギリチャンバラガシャット

チャンバラバイクゲーマー レベル3

ドラゴナイトハンターガシャット

ハンターバイクゲーマー レベル??

仮面ライダーゲンム

仮面ライダーゲンムは、どうやら仮面ライダーエグゼイドのプロトタイプだったようです。

それがなぜ敵幹部になっているのか。

プロトタイプでもエグゼイドを超えることができることの証明!とかそんな理由で敵側にいるのかもしれませんね。

まだまだ謎は多そうです。

所持しているガシャットは、プロトマイティアクションXガシャット、???です。

武器はガシャコンバグヴァイザーらしく、パッドモードでウィルスをまき散らし、グリップパーツをつけるとビームガンモードチェーンソーモードとして、戦闘用の武器になります。

また、パッドモードが変身アイテムそのものにもなっているそうですよ。

仮面ライダーゲンムの『ライダーガシャット』は以下の通り。

プロトマイティアクションXガシャット

アクションゲーマー レベル1

アクションゲーマー レベル2

シャカリキスポーツガシャット

スポーツアクションゲーマー レベル3

???

??? レベル??

先ほど、中間フォームはゲンムにはなさそうと言いましたが、???というものが中間フォームになるのかもしれません。

または、改心して仲間になった際に手に入れるアイテム?

いずれにしても、謎の多そうなライダーとなりそうですね。

 

仮面ライダーエグゼイドの評判は?

パソコンを見る男性

新シリーズの仮面ライダー『仮面ライダーエグゼイド』は、ネット上でどんな評判になっているのでしょう?

調べてみたところ、デザインに対しての言及が多く、

「ダサい。これはないわ」

「もはやこれを仮面ライダーと呼んでしまっていいのだろうか」

と、あまりにもダサいデザインに対する酷評ばかり。

しかし、その一方で、

「カブタックとかそういうの思い出したわ」

「メタルヒーロー路線のデザインでいくのか?」

と、古くは『宇宙刑事』シリーズから始まり、『テツワン探偵ロボタック』で幕を閉じたメタルヒーローシリーズ的なデザインに見えるというコメントもありました。

そのため、賛否両論がある中でも、好意的な意見、否定的な意見がハッキリと分かれたような評判だったような気がすると、筆者はネット上の反応を見ていて感じています。

まぁ、見た目はダサくても、アクションをするとダサさが目立たなくなったり、ストーリーが粗が少なく、しっかりとした構成になっていれば、きっと見た目のマイナス面を挽回できると思います。

『仮面ライダーエグゼイド』には、ぜひ内容面で期待したいですね。

 

まとめ

新しい仮面ライダー『仮面ライダーエグゼイド』は、ゲームを原作モチーフにしていることが判明しました。

また、登場ライダーも放送前の時点で5人いると判明しており、『仮面ライダー鎧武』以来の大人数ライダーが登場しそうな予感も…。

気になるキャストや脚本家は発表されていませんが、現在の『仮面ライダーゴースト』が振るっていないだけに、『仮面ライダーエグゼイド』での巻き返しをしてほしいところです。

夏の『仮面ライダーゴースト』の映画にも、仮面ライダーエグゼイドのみは顔見せ登場をするそうなので、ぜひ、映画もチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-仮面ライダー