星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

ヒロミと松本伊代の出会い(きっかけ)から結婚!仲の良い秘訣とは

投稿日

2016年7月31日放送の『ワイドナショー』で、ヒロミさんがゲスト出演されているということで、冒頭から早速、ヒロミさんの嫁である松本伊代さんの話が展開され、おのろけぶりが垣間見られた、ヒロミさん・松本伊代さん夫妻。

なんと、

チューは毎日している

らしく、そんなの夫婦なら当然と堂々としている様子を見ると、実にヒロミさんが松本伊代さんを愛しているか分かりますね。

それにしても、2人の出会いやきっかけは、どこにあったのでしょうか。

改めて本記事で、ヒロミさんと松本伊代さんの2人の出会いから結婚、そして、現在の仲を探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

松本伊代・ヒロミの現在の仲が伺えるニュース!

ヒロミ

ヒロミ

いつの時代も芸能ニュースを見ると、電撃婚や離婚のニュースが度々観られ、夫婦間でも芸能人ならではの波乱に満ちた人生を歩んでいる印象を強く受けますよね。

中にはおしどり夫婦として長年暮らしている夫婦もたくさんいらっしゃることでしょう。

愛川欽也さん・うつみ宮土理さん夫妻も、愛川さんが生前、「キンキン」「ケロンパ」とお互い呼び合いながら、夫婦仲睦まじく暮らしていて、そのおしどりぶりも伺えました。

そして、ママタレとして活躍されている松本伊代さんと、お笑いタレントのヒロミさん夫婦も何かある度に、仲睦まじい話が伺えます。

2016年7月31日放送の『ワイドナショー』の中でも、松本伊代さんのイベントに、芸能レポーターである長谷川まさ子さんがインタビューし、知り得た松本伊代さんと、ヒロミさんの仲睦まじいエピソードが披露されたのです。

それは、毎日、行ってらっしゃいのキスをしているという話と、『どんな些細なことでも常にほめてくれている』という話でした。

『ワイドナショー』にゲストとして出演されていたヒロミさんは、どこか照れながらも、

「間違いなく事実」

と、毎日キスしていることをあっさり認め、

「ラブラブと変な表現をしているのがおかしい!!」

と指摘しながら、愛情表現は自然なことと堂々とされていました。

ヒロミさんの言い分としては、愛している妻とキスするのは普通のことで、中途半端に気が向いた時だけキスする方が逆にいやらしいというのが、主な言い分。

そして、毎日キスすることは恥ずかしいことでも何でもないし、悪いことでもないときっぱり言い切っていたヒロミさん。

きっと、それだけ松本伊代さんのことを愛していらっしゃるのでしょう。

話によると、

「スッピンでも可愛い!」

とか、松本伊代さんが作る手料理が多少まずかったとしても、一切文句を言わず

「ママ、今日のが今までで一番上手い」

と褒めるんだとか…

その事に松本伊代さんは、

『たとえ嘘でもうれしい』

とご満悦な様子…

もちろんどうしようもなくマズイ料理が出てくることがあり、大抵は、変なアレンジを利かせている時が多いため、その時ばかりは

「ママ、アレンジはダメよ」

と優しく注意することはあるそうです。

基本的にヒロミさんは松本伊代さんに対して、極力ほめる優しさを見せている…

だからこそ、これまでヒロミさんと松本伊代さんの夫婦仲は、すこぶる良好なのでしょう。

子供からは、時に恐れられているヒロミさんは、松本伊代さんが子供たちに暴言を吐かれたことがわかると、すぐさま雷を落とし、

『俺の女に何を言ってくれるんだ!』

フルボッコにすることもあるそうです。

その他にも、子供たちとヒロミさんがくつろいでいるところ、急にヒロミさんが『ママ~』と呼び始めると、子供たちは自分の部屋に戻らなくていけない暗黙のルールがあるらしく、その直後、夫婦のラブラブタイムがはじまるなんて話も伺えました。

一般的に、子供が生まれると子育てに時間が奪われ、いつしか夫婦仲も冷めていくという夫婦が多いですよね。

松本伊代さんヒロミさん夫妻は、結婚当初からラブラブで、まさにおしどり夫婦の関係が今でも続いているようです。

今後も仲睦まじく、おしどり夫婦として、いつまでも寄り添って幸せに暮らしている姿を見せて欲しいものですね。

 

松本伊代・ヒロミの出会いのきっかけ・結婚は?

松本伊代

松本伊代

先日放送されたワイドナショーでも夫婦仲の良さが伝えられていた松本伊代さん・ヒロミさん夫妻ですが、そもそもこの2人が結婚に至るまでの経緯(出会いのきっかけや馴れ初め)はどこにあったのでしょうか?

2人の出会いのきっかけは、1989年3月25日に放送された『オールナイトフジ・祝300回帰年スペシャル』での共演にありました。

元々、オールナイトフジ(レギュラー放送)では共演は一度もなかったのですが、松本伊代さんが歴代MCとして、300回記念番組のゲストとして出演していたため、ヒロミさんと共演となった模様。

ちなみに松本伊代さんは、1984年10月から1986年3月まで番組MC(三代目番組MC)として出演。

もし、この時のゲスト出演がなければ、松本伊代さんとヒロミさんの運命的出会いはなかったかもしれない、と考えると運命を感じますよね。

そんな2人は、この特番で共演し、スタッフたちと共にゴルフなどに行くようになったことをきっかけに距離を縮め、ヒロミさんが、

「メロンジュース飲みに来ないか?」

と、自宅に松本伊代さんを誘ったのが一つのきっかけとなり、交際がスタートしたと言われています。

ただ、松本伊代さんの話によると、実はその前から既にヒロミさんをゴルフに誘おうとしていたらしく、彼女自身、深夜番組に出演し始めたヒロミさんに一目惚れ的なところがあったようです。

つまり、お互い相思相愛で、まさにヒロミさんと松本伊代さんは運命の相手だったということでしょうね。

そして、4年の交際を経て、1993年に結婚。

その後、2人のお子さんに恵まれ、ヒロミさんと松本伊代さんは、今でも相思相愛のおしどり夫婦として仲良く暮らしているのだとか…

ただ、それほど仲の良いおしどり夫婦にも、実は2度ほど離婚危機がありました。

一つは、ヒロミさんのかばんに、見知らぬ携帯電話が入っていたのを見つけた松本伊代さんが、ショックのあまりに家を飛び出したことをきっかけに引き起こされた離婚危機。

松本伊代さんが家を飛び出してから、暫く時間が経って、落ち着きを取り戻して家に帰ると、今度はヒロミさんが家を飛び出していたというすれ違いがあったそうで。

しかも、この仲違いの直後には、家族旅行を控えていたらしく、ヒロミさんは仕事も入っていたので先に家を出てしまい、全く会話をすることが無いことから、松本伊代さんは離婚を覚悟していたそうです。

しかし、松本伊代さんが家をでる前に置き手紙に気づき、その内容を見ると、松本伊代さんへの謝罪や子供に対する気遣いなど、優しさ溢れる言葉が書き綴られていたらしく、離婚危機が回避されたようです。

そして、ふたつ目は、完全に松本伊代さんの天然エピソードと言ってもいいくらいの、笑えてしまえる離婚危機話でした。

かつて、ヒロミさんが、『SMAP』の中居正広さんと笑福亭鶴瓶さんを別荘に招待し、楽しい食事会を開いたことがあったそうですが、その後に、ふとベッドの上に置いてあるブラジャーに気づいたヒロミさんは、不思議がりながら、松本伊代さんに電話で確認…

すると、

『何なのそれ!!』

『何やってんの!!誰か入れてんじゃないの?』

と大激怒し、不貞を疑われ、かなりモメたそうです。

それも夫・ヒロミさんへの不審から離婚危機を招いていたというくらいですから、松本伊代さんにとっては相当ショッキングな話だったのでしょうね。

ただし、この話にはオチがあり、ヒロミさんがそのブラジャーの写真を松本伊代さんに送信すると、

「あっ!!あたしのだ」

とあっさり答えたというのです。

要は、前に松本伊代さんが別荘に来た時に、ブラジャーをベッドの上に置きっぱなしにして、そのまま忘れてしまっていたというだけの話だったのです。

全く身に覚えもない話で激怒されて、ヒロミさんも踏んだり蹴ったりですが、半ば呆れながらも

「ここがママの凄いところなんだよね」

とその天然ぶりに、怒る気にもなれなかったんだとか…

交際当初は、部屋の片付けなど全く出来ていなかったり、突拍子もない天然行動をとっていた松本伊代さんに度々注意もしていたヒロミさんでしたが、今では、出来ない人に何を言ってもダメと理解し、ほとんど注意しなくなったようです。

普通、ダメな人には

『なんで出来ないの?』

と怒りを露わにしてしまいがちですが、それを怒らずにいれるヒロミさんは、その風貌と異なり、妻である松本伊代さんに対しては、非常に優しい方なのでしょうね。

まぁ、2人の子供に対しても、反抗期で母である松本伊代さんに対して暴言を吐こうものなら、

「俺の女に何しやがる」

とフルボッコにするくらいですから、それだけ奥さんである松本伊代さんを愛していらっしゃるのでしょう。

運命の出会いがあって結婚し、そして、今でも仲の良いおしどり夫婦として愛しあうことができたら…

まさに、多くの人々が羨む、夢の様なご夫婦なのだと思いますよ。

 

松本伊代・ヒロミ夫妻に学ぶ夫婦円満の秘訣

指で示す女性

いろんな夫婦の在り方を見ていくと、永くおしどり夫婦として仲良く暮らす夫婦もいれば、成田離婚のように結婚して、すぐさま価値観が違うと離婚していく夫婦もあり、まさに十人十色だとは思います。

ただ、折角愛し合って結婚されているわけだと思いますし、誰だって離婚を大前提として結婚はしていないはず…

やはり、夫婦円満に永く何十年と寄り添って生きていきたいと考えるのが本来あるべき姿なのではないでしょうか。

そこで、そんなご夫妻の一つの参考になるように、松本伊代さん・ヒロミさん夫妻のライフスタイルから夫婦円満の秘訣を探ってみたいと思います。

あくまで筆者が感じたことをここから話していきますので、一つの参考程度に読んでいただきたいですね。

ヒロミさんと松本伊代さん夫妻を見て、何よりも夫婦円満であるのは、怒りに対して鈍感であることが一番なのではないかと思います。

まぁ、そんなの当たり前と言われれば、身も蓋もありませんが、以外に自己主張が強すぎるためか、どこかで相手の態度に腹を立ててしまい、怒りをストレートにぶつけてしまうために、耐え切れなくなって衝突してしまい、結局離婚となっているように感じます。

そこで、松本伊代さん・ヒロミさん夫妻のライフスタイルを見ていくと、随所にその秘訣が散りばめられていました。

松本伊代さんは、ただの天然に見えて、実に寛大な心の持ち主で、普通仕事をせずに家にいる時間が長くなると

『仕事して!!』

と言いたくなるものですが、彼女はそれを一切言わなかったのです。

どうしてもプレッシャーを与えられると、人はそのプレッシャーにストレスを感じイライラしてしまいがちです。

当時の松本伊代さんは、単純に今は休んでいる時で、ヒロミさんがまたやりたいと思ったら動くだろうと、優しく見守っていたのだそうです。

ただ、どこかでテレビで活躍しているヒロミさんの姿を見たいとは考えていたらしく、さり気なく

『テレビに出ない?』

と声を掛けたこともあったんだそうですが、なかなかいい返事はもらえていなかったそうです。

そういったこともあって、松本伊代さんとしては、あまりプレッシャーを与えないように気を配っていたのですが、たまたまテレビで、

「俺だったらこうするのに…」

とつぶやくヒロミさんの姿を目撃すると、すかさず

「そんなところでいってないでテレビに出て言えば…」

と言った松本伊代さん…

すると、

「テレビに出たいと言って出られるものじゃないから…」

とヒロミさんから反論があり、ヒロミさんもテレビに出る意志が芽生えてきたと感じた松本伊代さんは、早速、自身の出演している番組スタッフなどに営業しはじめます。

そして、夫婦共演ということで出演オファーを取り付けたのです。

しかも、偶然出演オファーが来たという体を装って、ヒロミさんを絶えずサポートしていたというのですからね。

寛大な心を持ちながら、そっと手を差し伸べる優しさを見せ続ける気持ちは、松本伊代さんの最大限の魅力で、夫婦円満の一つの秘訣かもしれません。

一方、ヒロミさんも、冒頭からお話している通り、天然で失敗の多い松本伊代さんにほとんど怒ることなく、少しでも出来たことを褒めてくれるそうですし、日本人男性が苦手とする愛情表現も常にしているというのですから、いつまでも仲が良いはずです。

これは教育問題で常に言われていることですが、ただ怒鳴り散らして根性を鍛えるというのは大きな間違いで、相手を褒めて伸ばすのが本来あるべき姿だと筆者は考えています。

まさに松本伊代さん・ヒロミさん夫妻は、その事をちゃんと分かっていて、相手の自主性を伸ばすかのような行動を取っているわけです。

相手が何かアクションを起こしたいと思うのであれば、それがうまくいくようにさり気なく支援してみたり、一方では、失敗しても決して責めずにほめて上げる優しさを持ったり、

『好きだよ』

『愛してる』

と愛情表現を絶えず示してあげる優しさを持つ…

このようなことがお互いに出来て、初めて夫婦であると言えるのではないでしょうか。

人間実に身勝手な生き物であり、なかなか相手を思いやれずに、思う通りに動かないことで怒りを爆発させることは多々あります。

とくに指導力のない体育会系のコーチ・監督にそのような傾向が見られ、

『この人達大丈夫?』

と思いたくなるくらいです。

実際にあれだけ罵倒し、選手たちの努力をも誹謗中傷しているシンクロのコーチは、オリンピックでの金メダルは未だに一つもありません。

如何に、相手に怒り、罵倒することが無駄なことかを物語っています。

オリンピックで銅メダルでも立派だといいますが、これだけ罵倒され怒られるものに見合うのでしょうか?

大体、怒って何か結果が出るなら、最初から誰もがやっていることですし、怒らずに褒めて伸ばしてワールドカップをも日本にもたらした、元女子サッカー日本代表監督の佐々木則夫さんだっているわけで、人を伸ばす方法なんていくらでもあるのだと思います。

夫婦の在り方だって同じです。

もちろん傷つけられたことに怒るなとは言いませんし、時に怒ることが必要なときもあるでしょう。

ただし、自分のことを想い、尽くしてくれたことに対してならわかります。

思い通りでないからという理由で怒り、誹謗中傷していくのは完全に間違いです。

その間違いにすら気が付かず、怒らないで済むならそうしたい、と勝手な言い分を吐き散らし、意味不明な理由で怒るのです。

例えば、ある夫婦の夫が

『コーヒーだけ入れといて』

と妻にお願いしたとします。

確かに、

『◯◯だけとは何!!』

と怒る気持ちが湧き上がるのかもしれませんが、言葉尻をつかまえて激怒し、何が生まれるのでしょうか?

何かと手伝ってもらったときも、思い通りにならずに、それで手伝った顔されても困る、と憤りを隠せない奥さんたちは、何様のつもりでいるのでしょうか?

 

あくまで一つの例として、奥さん側の立場の身勝手な行動を延べましたが、逆も然りで、男も女も相手をおもいやり、支える気がないのであれば、結婚する必要はないと、筆者は感じています。

ヒロミさんも、照れながら

「当たり前のことをしているだけ」

と言っていましたが、まさにそのとおりだと思います。

誰しも出来ることと出来ないことはありますし、努力して少しでも出来ていたら、それを褒めるべきです。

これが、対価を支払っていることであれば話も変わってきますが、相手は愛している妻であり夫です。

しかも対価を支払わずに何かをしてもらっているのです。

結婚するのは、愛する人と寄り添い支え合うためにするのだと思いますし、その考えで結婚する以上、最低限、相手をリスペクトする意志を貫いてほしいものです。

そして、相手のまごころに対して、感謝する気持ちや、褒めてあげる優しい気持ちを持つこと、何事においても、自然と支え合う気持ちを持つことが、松本伊代さん・ヒロミさんが示している夫婦円満の秘訣だと思います。

 

まとめ

松本伊代さん・ヒロミさん夫妻は、1989年に放送された、オールナイトフジ300回放送記念特番で共演したことをきっかけに出会い、4年間の交際の末、結婚されました。

2度ほど離婚危機もありましたが、それをも乗り越え、今では夫婦円満のおしどり夫婦として日々幸せに過ごされているそうです。

そこには、身勝手な考えを貫く姿勢は一切なく、夫を想い、内助の功で支え続ける松本伊代さんの寛大で心優しい言動や、ヒロミさんの苦手なものを強要せず、料理においても褒めて伸ばす優しい気持ちと、常に示す愛情表現が随所に見られました。

それこそが、間違いなく夫婦円満の最大の秘訣だと思いますので、ヒロミさんと松本伊代さん夫妻を是非皆さんにも参考にしてほしいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人