星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

モンハンPS4版(韓国)の新作が開発中止?その理由や原因をチェック

更新日:

ハンティングゲームとして、その名を知らない人の方が少ないと思われる『モンハン』こと『モンスターハンター』シリーズ。

2018年には、『モンスターハンターワールド』が、待望のPS4で登場しますよね。

待ちに待ったPS4での『モンハン』になるのですが、実は、『モンスターハンターワールド』が登場する以前に、お隣の国である韓国で

「PS4での開発が中止になった」

というニュースがありました。

そこで当記事では、PS4での『モンハン』について、韓国での開発が中止になった背景を調べてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PS4版で待ちに待ったモンハン

PS4

『モンハン』といえば、2004年に第1作目が発売されてから、かれこれ10年以上の歴史を誇る人気アクションゲームです。

筆者も『モンハン』シリーズがお気に入りの1人で、新作が発売されるたびにプレイしています。

とは言っても、さすがに外伝的な立ち位置である『ぽかぽかアイルー村』などはプレイしませんでしたが…。

 

そんな、最近のゲームの中でも大人気シリーズの『モンハン』ですが、ここ数年、もともと発売されていたPlaystation系のハードからは一切発売されていませんよね。

Wiiやニンテンドー3DSといった任天堂系のハードばかりで発売されています。

PSVitaやPS3などの画質と比べれば、ニンテンドー3DSやWiiの画質は天と地ほどの差がありますし、多くの『モンハン』ユーザーは、

「3DSなんて小さくて画質クソなハードで出すのやめろ」

「そろそろVitaとかPS3、PS4で『モンハン』出してほしい」

と、カプコンに対し、怒りを募らせている人も増えてきています。

実際に、任天堂ハードから出るなら買わないと言って、ここ数年の『モンハン』シリーズの購入をやめてしまった人も見かけています。

それまで一貫して同じハードで出し続けていたものを変更してしまうことは、新規顧客を獲得する反面、下手をすれば元々のファンが離れかねない諸刃の剣です。

とくに画質面では明らかにランクダウン、つまり低品質になってしまう任天堂のハードに変更したのですから、それは現行ユーザーからの不満が噴出しても仕方のないことです。

筆者はそこまで気になってはいませんが、やはりゲームの画質にこだわる人はそれなりに多いらしく、ハード間での対立が起きているとも聞きます…。

 

しかし、ようやく、先日発表の『モンスターハンターワールド』で、ついにPS4での『モンハン』が実現!

それが『モンスターハンターワールド』となります。

そんな待望のPS4での『モンハン』なのですが、実は以前、

PS4の『モンハン』の開発が中止になった

ニュースがあったことを知っていますか?

これは、あくまでも韓国での話だったのですが、韓国で日本より先にPS4での『モンハン』が開発されようとしていたことにも驚きです。

では一体なぜ、韓国でPS4の『モンハン』の開発が中止になってしまったのでしょうか?

 

韓国のPS4版モンハンが開発中止になった理由・原因

疑問を抱く女性

最新作『モンスターハンターワールド』以前に噂になっていた、PS4の『モンハン』。

韓国の話題だったようですが、そのPS4版『モンハン』が開発中止になってしまった背景を調べてみました。

すると、どうやら…

カプコンコリアが製作していたPS4/PC向けの『モンハン』のオンラインゲームの開発が中止になった

とのこと。

しかも、既に100人以上の韓国内の開発スタッフも解雇されたそうで、ゲームそのものが企画倒れという形になってしまったみたいですね。

これが、一時期に日本でも囁かれたPS4版新作『モンハン』開発中止の一連の流れだったわけです。

 

おそらくですが、今回中止になった新作『モンハン』というのは、2015年頃に韓国の求人に出ていた

『モンスターハンターフロンティア オンライン2(仮称)』

のことだと思われます。

この『モンスターハンターフロンティア オンライン2』は、日本も稼働地域に入っていました。

そのため、実は日本にも少しは関わってくる問題だったのです。

ちなみに、このニュースが報じられた後、

「頓挫したなら中国のやつを移植してこればいいじゃん」

というコメントもちらほらと見られました。

"中国のやつ"というのは、カプコンがテンセントと共同開発し、中国国内で展開しているオンラインゲーム

『モンスターハンターオンライン』

のことを指しているのだと思います。

しかし、残念ながら『モンスターハンターオンライン』の権利は全て中国が持っているため、移植等が不可能な状態。

また、ゲーム内のユーザーも少なくなっていて、過疎化が進んでいるらしいですからね…。

こちらはクオリティもかなり高いだけに、非常に残念ではあります。

ちなみに今回、韓国で開発中止になったPS4版の新作『モンハン』は、中国の『モンスターハンターオンライン』を目指していたのだと思います。

それがなぜ、計画で頓挫してしまったのでしょう?

その理由・原因を調べてみると、どうやら、

カプコン上層部が痺れを切らした

というのが、事の顛末だったようです。

カプコンは莫大な資金や人材が投資されたというのに、『モンハン』の開発が全く進んでいなかったことに、相当苛立っていたのでしょう…。

開発を主導する立場の人物には、『リネージュ』などの開発経験を持つ人物が起用されたそうですし、人材は、100人余りの最高級の人材を投入していたとのこと。

にも関わらずスケジュール通りにならないとあれば、カプコンが激怒するのも頷けます。

というものの、このPS4版『モンハン』の開発を主導した人物は、『リネージュ』時代には自由なスケジュールで製作を任されていたとのこと。

つまり、スケジュール管理をガッチガチに固めて、その通りに求めてくるカプコンとは相性がよくなかった、とも言われているみたいですね。

まぁ、今となっては、この話もどうでもよいのかもしれません。

何しろ、PS4で待望新タイトル『モンスターハンターワールド』の発売が決定し、全世界で発売することが決まったのですから…。

 

まとめ

PS4版で新作『モンハン』の『モンスターハンターワールド』が発売されますね。

しかし、実はそれ以前にも、PS4での『モンハン』は企画されていたのです。

ただ、実際には韓国でのオンラインゲームとしての『モンハン』であり、それは開発中止になってしまったのです…。

この韓国の『モンハン』が新作だと思われていたので、開発中止になった当時はニュースとなったのです。

まぁ『モンスターハンターワールド』が発表された今、この話題も忘れ去られてしまうのでしょう。

しかし、頭の片隅に、『モンスターハンターフロンティア オンライン2』という存在があったことも、忘れないであげてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.