星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

深田恭子の美容やダイエット方法!美脚ケアの秘訣は食生活?

更新日

30代に突入し、ますます美しく可愛らしくなられている女優の深田恭子さん。

顔やルックスがよく、30代になられてからも、おっとりした印象も含めて可愛らしい姿を見せているので、深田恭子さんには世の多くの男性たちが魅了されているようです。

そんな深田恭子さんが、『週刊プレイボーイ』などの週刊誌や、Instagram、2016年7月に発売された自身の写真集などで、さらに話題になっています。

写真集で魅せた水着写真は、柔らかくも小麦色に焼けた深田恭子さんの健康美を惜しげも無く写しだされ、またしても多くの男性ファンがメロメロにされてしまったようです。

『深田恭子は本当に30代?』

と言いたくなる彼女ですが、その美ボディ・美脚をどのように保っていらっしゃるのでしょうか。

本記事では、深田恭子さんの美を保つ秘訣、美容を探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

30代になっても美しい深田恭子!

深田恭子2

世の中で一つのブームにもなった美魔女たち。

実年齢は40代であるにもかかわらず、ルックスは30代、20代と見間違えるほど美しい方たちを総称して"美魔女"という風に呼称しているわけですが、まさに深田恭子さんも同じことが言えるのではないかと思います。

あくまで、

深田恭子=美魔女

というのは、筆者の感じた意見でしかありません。

しかし、世の多くの男性達が魅了されているところを見ると、その意見はあながち間違っておらず、同じように感じている男性も多いのではないでしょうか。

10代・20代が旬と言われるグラビアアイドルが高齢化し、30代でのグラビアが増えてきたとは言いつつも、その中で群を抜いて深田恭子さんのルックスには魅了されるモノを感じます。

おっとりしたベビーフェイスというのも影響しているのかもしれませんが、20代前半はもちろん、10代後半と言っても、もしかしたら通用するのではないか?と思うことすらある深田恭子さんの美ボディは、

『本当に30代?』

と疑いたくなるほどの美しさ・可愛らしさなのです。

深田恭子さんの美ボディは、男性だけでなく女性からも憧れの対象として見られているようです。

先日、2冊同時に発売された深田恭子さんの写真集『AKUA』『This is Me』は、それぞれ男性向け・女性向けを意識した写真集となっていますが、たった1週間で約1万部を売り上げているというのですから、そのことからも、彼女の人気ぶりが伺えますよね。

『AKUA』は、男性誌である『週刊プレイボーイ』が手がけたもので、小麦色にこんがり焼けた深田恭子さんの健康美を中心に、海と戯れる深田恭子さんの美しさが存分に伺える仕様となっています。

そのため、その多くが水着で、ボディーラインがありありと伝わる写真がたくさん掲載されているので、男性目線による写真集であることがよくわかるでしょう。

一方、『This is Me』は、女性メイク誌『MAQUIA』が手がけた写真集として、スラっと延びた手脚や顔の表情、全体のシルエットというようなパーツを中心とした女性目線の美しさが存分に伺える仕様となっているようです。

そんな趣向の違う2種の写真集がいきなり売れているわけですから、ただ深田恭子さんのファンだけでなく、多くの男性・女性たちから彼女の美しさが支持されていることの表れです。

もちろん、それは深田恭子さんなりに美を保つ努力をしているからこそ実現しているわけで、不摂生をしていたら、決して美を保っていることはできなかったことでしょう。

今後もますます深田恭子さんが、周囲を驚かすくらい美しく可愛らしい女優であり続けてくれることに期待ですね。

 

深田恭子の美容の方法(ダイエット方法)とは?

指で示す女性

多大な支持を得られるほど、美ボディの持ち主と言われている深田恭子さんですが、やはり気になるのは、30代になっても変わらぬ美しさをキープしているその秘訣ですよね。

ざっくり言うと、運動・食事に気を配っていることはもちろんのこと、普段からの生活における姿勢や、肌の手入れ、髪の毛の手入れと、身体の細かい部分にもかなり気を配り、努力された結果、深田恭子さんの美ボディが保たれているようです。

では、具体的に深田恭子さんの美容・美ボディの秘訣を、1つずつ紐解いていきましょう。

深田恭子の美ボディキープするための姿勢と体幹

だらけた姿勢をし続けると、ボディーラインも崩れて劣化してしまうという話を耳にします。

確かに、姿勢が悪い女性を見るとボディーラインが崩れてしまっている印象が強くなり、何かもったいないと思えてしまう部分はありますよね。

それは、単純に印象だけの話ではなく、医学・美容学的にも立証されている話らしく、普段の姿勢が悪いだけで、

・関節/内臓への負担
・筋肉疲労
・腰痛/肩こり
・偏頭痛
・目の疲れ
・貧血
・ホルモンバランスの崩れ
・体調不良や病気

と、様々な負担がかかるのです。

その結果、少し大げさかもしれませんが、肌荒れや新陳代謝の劣化による激太りなど、様々な部分でボディーラインが崩れているように見えてくると言われています。

とくに近代人たちは、スマホを使用するようになり、画面を食い入るように見てしまう傾向にあるので、猫背などになりやすく、姿勢も崩れがちですよね。

そのことを深田恭子さんも熟知しているのか、とくに姿勢には気をつけていらっしゃるそうです。

また、姿勢だけでなく、新陳代謝を高め無理なくダイエットできるようにするため、日頃からジムに通い、体幹を鍛え、家ではDVDを見てインナーマッスルを鍛えていらっしゃるようです。

インナーマッスルを鍛えることで基礎代謝が上がり、新陳代謝が高まりますので、無理なく痩せることができ、美ボディを保つことが出来ます。

とくに腹筋を鍛えると、新陳代謝が高まりやすい(もちろん個人差はあり)とも言われているので、無理なく週2~3日程度の割合で鍛えてみると良いでしょう。

深田恭子の美肌をキープするための保湿法

現在、33歳の深田恭子さんは、写真集などのグラビアを見ても分かる通り、あれだけ小麦色に焼いているにも関わらず、しみ・そばかすがほとんど見られない美しい肌を見せ続けています。

まさに奇跡と言いたくなるような美肌の持ち主ですが、それは深田恭子さんが肌の手入れをしっかりしてこられたからこそ実現できているのです。

では、深田恭子さんはどのような肌の手入れをしてきたのでしょうか?

ズバリ、徹底的に気をつけてきたのは肌の保湿でした。

元々は乾燥肌体質の深田恭子さんは、とにかく保湿重視で考えていたところがあり、入浴後は水分が乾き切る前に、大急ぎで化粧水を塗っているそうです。

化粧水もこだわりを持って選んでいて、深田恭子さんがCM出演されていることも影響しているのか、『メナード』のイルネージュラインとオーセンとクリームを愛用。

 

どの化粧水がよいのかについては個人差がありますが、ただ、しっかり肌に保水されているということは、肌を美しくキープする意味で、とても参考になる肌のケア方法と言えるでしょう。

うまく保湿効果やハリ効果をもたらしてくれる化粧品を選び、しっかりケアしていけば、深田恭子さんのように肌を美しく保つことも不可能ではないということが、改めて分かったような気がしますね。

深田恭子の食生活(食事法)の改善

インナーマッスルを鍛えたり、肌を綺麗に保つために保水に気を配ることも重要ですが、一番気をつけなければいけないことが、食生活の改善にあると言っても良いかもしれません。

まず、深田恭子さんが毎朝食べているのがフルーツ

フルーツと言われて誰もが連想するようなバナナ・レモン・りんごなどは、美肌に良いとされているフルーツとしても有名。

バナナは、ビタミンBやビタミンC、カロテンが豊富に含まれていて、いろんな栄養素が豊富に含まれた果物です。

皮膚の健康を保持する効果をもたらし、肌荒れの天敵とも言われる便秘改善にもいいと言われています。

また、腹持ちが良いために、無駄に食べ過ぎなくなり、ダイエットにも良いようです。

レモンは、トクホ飲料などでも度々見られているように、とにかくビタミンCが豊富ということは有名ですよね。

老化の原因と言われる活性酵素の除去、シミの原因とも言われるメラニン色素沈着を防ぐ効果をもたらし、その上、タンパク質や鉄分と組み合わせて、肌に張りを与えるコラーゲンの生成も行うらしく、美肌には最高の果物と言われています。

リンゴは、ポリフェノールの多い果物で、レモンに含まれるビタミンC同様、活性酵素から肌を守る効果をもたらしてくれますし、角質や皮膚へのダメージを最小限に抑え、肌を若く保つために必要なエラスチンやコラーゲンも豊富。

まだまだ美肌効果をもたらす果物はたくさんありますが、それらのフルーツを深田恭子さんは必ず毎朝食べています。

ただし、朝にかぎらず、満腹時には食べないようにしています。

あくまで食事は空腹時のみということを徹底するように心がけ、過剰摂取を控えることで、ダイエット後のリバウンドも極力抑えているのです。

また、深田恭子さんはグリーンスムージーや白湯をよく飲んでいらっしゃるそうなので、こちらも試してみる価値はありそうですね。

深田恭子の髪の毛のケア

普通、美ボディを保つために気配りはできていても、髪の毛には気が回らないという人が多いと思うのですが、深田恭子さんは髪の毛にも気を配り、ケアし続けているそうです。

髪の毛に良い海藻類を積極的に食べるようにしていたり、毎日お風呂で10分かけてヘアトリートメントとヘアパックを欠かさずしているだけでなく、深田恭子さんの行きつけの美容院(青山にある『ZACC』)でも、定期的にトリートメントやスカルプケアをされているそうです。

深田恭子さんは髪の毛一本から美にこだわり、ケアを怠らないからこそ、あのような美しく可愛らしい姿で居続けられているのだと思いますよ。

この様に、深田恭子さんはあらゆる部分でこだわりを持って、美ボディをキープするようにケアをされています。

みなさんも是非、深田恭子さんのダイエットにも繋がる美容ケア方法を参考にしてみてくださいね。

 

深田恭子の美脚の秘訣

深田恭子3

さて、深田恭子さんの美の象徴といえば、その美しいルックス(美ボディ)だけでなく、美脚もその要素の1つであると思いますが、深田恭子さんは美脚をキープするために、どのような美容ケアを行っているのでしょうか?

深田恭子さんは下半身が太りやすい体質ということもあり、特別な美脚ケアと言うよりも体全体のダイエット・美ボディケアと言う意味合いで、体質改善に取り組んでいたところがあったようです。

決して美脚のためだけに、深田恭子さんが、なにか特別な美容をしたということはなさそうです。

もちろん保湿対策や、一般的な脚痩せなどは行っていますが、その美容方法は、すべてダイエット・美肌キープ術として、先ほどご紹介した方法を行っているに過ぎません。

何よりも足のむくみの原因は、運動不足による血行不良や冷え体質、肝臓・腎臓の病気、水分・塩分のとりすぎなどが考えられます。

深田恭子さんはジュースが大好きで、昔はよく飲んでいたそうですが、今ではそれを一切やめて、白湯を飲むようになったため、無駄な糖分や塩分が身体に入らず、白湯を飲むことで身体も温め、結果的にむくみが解消されているとのこと。

まぁ、姿勢の矯正や、食生活の改善によって内臓機能も強化されているでしょうし、身体の美容のために行っていることが、そのまま深田恭子さんの美脚に直結しているようです。

ぜひ、深田恭子さんを参考にダイエットに励んでみてくださいね。

 

まとめ

深田恭子さんは男性・女性問わず、多くの方から美しく可愛らしいと絶賛される美ボディの持ち主です。

しかし、決して何もせずに美しくいることはできず、さまざまな努力をされた結果として、深田恭子さんが美ボディを手に入れているに過ぎませんでした。

食事改善や姿勢矯正、保湿のケアなど様々なことに気を配られていて、しかも無理はしないと心に決めているからこそ、リバウンドすることなく、深田恭子さんがいつまでも可愛らしく居続けられるのでしょう。

深田恭子さんの頑固な性格ということも美容を続けるのに好影響をもたらしているのかもしれませんが、美容ケアを怠らなければ結果がついてくるみたいですし、みなさんも、深田恭子さんを参考に美ボディを手に入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人