星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

任天堂NXのスペック(性能)最新情報!本体はタブレット型ゲーム機?

更新日

任天堂の最新ハードとして、さまざまな噂がされている『NX』。

あくまでも開発コード名なので、『ニンテンドーNX』というような名前になるとは、まだ決まってはいません。

そんな『NX』ですが、任天堂はまだ発売時期を公表したのみなので、具体的な情報はわかっていませんが、『任天堂関係者』というような情報筋からのリーク情報は多数噂されています。

ここまでくると、毎年のようにリーク情報が噂されては、その話題で持ちきりになる『iPhone』のような存在になりつつあるように思いますね。

それほど、多くの人が任天堂の『NX』に注目しているのでしょう。

当記事では、現在までに判明している『NX』のスペック(性能)や、発売されるソフト情報といった噂について、まとめてみようと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

任天堂NXの最新リーク情報!

NX

2017年3月に発売される予定の任天堂の最新ハード『NX』

開発コード名なので、いわば企画書段階での名前に近く、このままの名前で世に送り出されるかはまだわかりません。

というよりも、『NX』に関しては、謎ばかりで、任天堂が公式的に発表した情報は、

2017年3月に発売する

程度。

その他の情報では、

『ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド』が『NX』でも発売される

これは任天堂の発表ではありませんが、

『ドラゴンクエスト11』も『NX』でも登場する

というくらいしかわかっていません。

まさに謎のベールに包まれた存在となっていて、新型Xboxや新型Playstationよりも注目されている気がします。

そんな中、イギリスのゲーム業界メディアのMCVが、『NX』について新たな情報をリークしました。

主に発売されるソフト面での情報のようで、MCVによれば、既に発表されている『ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド』に加え、『NX』のローンチから6か月以内に『マリオ』、『ポケモン』の新作が発売されるとのこと。

これは、WiiUの失敗を反省してのスケジュールではないかと思います。

WiiUは、ゲームパッドという非常にゲーム製作の障害となる要素を取り入れてしまったため、サードパーティからことごとく敬遠されてしまい、かつ任天堂が主力独自タイトルをWiiUに投入しなかったため、

WiiUは期待はずれなほどに売れなかった

という悲惨な結果になってしまいました。

昨年の『スプラトゥーン』が登場しなければと思うと、WiiUは任天堂の黒歴史になってしまうのではないか、というほど不調でしたからね…。

また、ニンテンドー3DSも独自タイトルの登場が遅れたため、初動の売上が伸び悩んだこともありました。

そのため、『NX』はその反省を踏まえ、スタートダッシュを成功させるため、任天堂独自タイトル、かつ人気の『マリオ』、『ゼルダ』、『ポケモン』を早めに投入するのでしょう。

ただ、新作『ポケモン』というのは非常に気になりますよね。

『マリオ』は、いつも似たようなものなので内容は察しがつくのですが、『ポケモン』の『NX』用のタイトルとなると、想像がつきません。

『ポケモン』シリーズ最新作の『ポケットモンスター サン・ムーン』はニンテンドー3DS用ソフトの予定ですし、何か別のタイトルになるのでしょうか?

また、この情報をリークしたという人物によれば、先日、Eurogamerが報じた『NX』の本体のスペック(性能)に関する噂は

「100%本当だ」

と語ったそうです。

では、Eurogamerが報じた『NX』の情報とは何だったのか?

こちらにも触れておこうと思います。

 

任天堂NXはタブレット型になる?

NX2

Eurogamerが報じた『NX』のスペック(性能)に関する噂とは、どんな内容だったのでしょうか?

これまでの海外からの情報筋では、

  • PS4に近い性能を持っている
  • スマホとの連携も可能
  • 携帯版と据え置き版の2種類がある

など多くの情報が出ているようですが、どれも統一性に欠けており、眉唾物といった印象です。

そんな中、今度はゲームのリークでは比較的有名なEurogamerから、『NX』関連のリークがあったそうで、MCVに情報提供をした人物も、Eurogamerの情報は本当だと語っています。

では、どんな内容がEurogamerでは報じられたのかについて、早速ご紹介します。

Eurogamerによると、どうも『NX』は、タブレット型ゲーム機になるみたいです。

一部ではスマートフォンユーザー向けをメインにした造りになると言われていましたが、これが正しかったということになるのでしょうか?

というのも、本体はタブレット型となっていて、タブレット単体で動作します。

また、本体とは別に着脱式のコントローラーもあり、スティックやボタンはこの着脱式コントローラーを使うことで操作可能になるみたいです。

感覚としては、『iPhone』のゲーム専用コントローラー『Gamevice』のようなイメージでしょうか。

Gamevice

『NX』本体を置くドックのようなものもあり、テレビに出力することもできるとか。

肝心のゲームソフトですが、据え置きゲームの定番であった光学ディスクを使わず、ダウンロードやフラッシュメモリタイプのソフトになるそうです。

フラッシュメモリとなると、小さいモノとはならないかが心配ですね。

また、ソフトでは独自タイトルのほかに、サードパーティとしてSEGA、スクウェア・エニックス、UBIソフト、Activision、ワーナーと接触しているとの情報も。

スクウェア・エニックスとの接触は、おそらく既に開発中と発表された『ドラゴンクエスト11』でしょう。

ちなみに、OSは、当時では噂でAndroid搭載と言われていたみたいですが、独自のOSを搭載することになっているみたいです。

では、任天堂は、『Appstore』のAppleと、『Google play store』のGoogleという2代プラットフォームには逆らえない、という今の状況を打開しようとしているように思うとご紹介しました。

その第一歩として、独自のプラットフォームを作ろうとしているのでは?という考えをコメントさせていただいたのですが、まさにその通りになろうとしているように思えます。

ゲーム界の新たな切り口となることができるのか、今後の任天堂の動向に注目です。

 

任天堂NXのスペック(性能)は?最新情報まとめ!

Tegra X1

さて、肝心の『NX』のスペック(性能)は、どれほどのものなのでしょうか?

現在までの最新情報をまとめていきましょう。

先ほど、タブレット型ゲームになるとご紹介しましたが、使われていると思われるプロセッサーの噂を聞く限りでは、携帯機としては高い性能を誇るみたいです。

Eurogamerによれば、『NX』はNVIDIAの『Tegra X1』スーパーチップを搭載しているのだとか。

これならば、携帯機としては比較的高い性能を誇ると言えますね。

ただ、逆にいえば据え置き機として見ると、かなりスペックが低くなりますが…。

ちなみに、グラフィック面はというと、PS4とPS3の間になるそうです。

まぁ、任天堂のハードというのは、基本的にグラフィックは他のハードでは何世代か前に通り過ぎた道というレベルで、高くはないので、その点について、いまさら驚きはしません。

どうやら任天堂は『NX』のターゲット層を、

「スマートフォンユーザーとPS4ユーザーの中間層」

として見ているようです。

ただ、結局はどんなゲームが発売されるのか?というソフト内容がハードの運命を分ける部分になると思うので、『NX』本体のスペック部分はあまり気にせず、発売タイトルに注目していきたいですね。

また、いまだ不明な『NX』本体価格の情報も、いち早い公開を望むばかりです。

 

まとめ

未だ謎のベールに包まれている任天堂の新型ハード『NX』。

先日、有力筋といわれる人物からの情報がいくつか公開され、

  • 『NX』がタブレット型ゲームであること
  • グラフィックはPS4とPS3の間くらいのスペック(性能)
  • テレビに出力が可能なこと

などが噂されています。

また、『NX』のローンチから半年以内に『マリオ』、『ポケモン』の新作タイトルが登場することも語られており、『NX』の戦略には、WiiUやニンテンドー3DSでの失敗も教訓にされているように思いました。

結局、魅力的なタイトルがなければ、ハードを買おうと思わないので、いち早く、多くのユーザーの興味を惹くようなタイトルを発表してほしいですね。

筆者も、発売タイトル次第では、『NX』の購入を検討せざるえないですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム