星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

ICONIQの現在と伊藤ゆみに芸名を改名した理由は女優との線引?

投稿日

2010年、資生堂『マキアージュ』のテレビCMで自身の髪を大胆に切り、坊主になったことで一躍有名になられたICONIQさん。

後に、熱愛スキャンダルを受けて丸坊主になったAKB48の峯岸みなみさんを

『ICONIQのようだ』

と弄っていた事でも分かるように、当時の女性の坊主の代名詞としても注目されていましたよね。

そんなICONIQさんは、『伊藤ゆみ』と改名し、現在芸能活動されているみたいですが、何故改名されたのでしょうか。

ICONIQさん自身の現在の活動も気になりますので、本記事でその真相を探ります!

スポンサーリンク

アドセンス

坊主頭で有名になったICONIQが伊藤ゆみに改名!

韓国のアイドルグループ『Sugar』のメンバーとして活動していた頃は、一部のファン以外には知られることはなく、坊主頭を披露したことで一気に爆発的に知名度を挙げた歌手・女優のICONIQさん。

ICONIQ

ICONIQ

筆者自身もSugarのメンバー・アユミとして活動していた時代のICONIQさんも、在日韓国人であることも知りませんでしたが、2010年、資生堂マキアージュのテレビCMで、突如自身の髪を切り始め、坊主姿を披露した彼女を見て、

『誰この女性は?』

と衝撃を受けましたね。

そして、その女性が『ICONIQ』という2009年に再デビューしていた歌手ということを知り、またとんでもない女性が登場し始めたと、大きく驚かされたことを覚えています。

『髪は女の命』という言葉もあるくらい大切なものとされているのに、その髪をCMのために切り、しかも坊主になってしまうとは、凄い勇気のある大胆な女性ですよね。

何でもICONIQさんが芸能人になったきっかけは、観光旅行の際にスカウトされたことがきっかけだったらしく、芸能界入りに当初、父から猛反対を受けたのですが、強行して韓国に移り住み、アイドル活動したのだそうです。

自分がこれだと思ったことには躊躇無く前のめりに突き進んでいく、そんな大胆さと勇気を持っていたICONIQさんだからこそ、いま芸能界で活動出来ているのでしょう。

それにしてもあれだけ度肝を抜かされ、一躍有名になったICONIQさんですが、最近はあまりその名を聞きませんよね。

それもそのはず、資生堂のCMでブレイクし、大成功を収めているかと思いきや、シングルもこの6年でデジタルシングルを含めて6本、シングルCDとしては1本しかリリースしていませんし、ドラマもチョイ役含めて7作品にしか出演していません。

芸能界は、ちょっとしたことでも話題となりブレイクするきっかけになることがありますが、一発屋という言葉もあるように、そんなに簡単に成功を収められるほど、甘い世界ではないのだと改めて痛感させられます。

さて、そんなICONIQさんが、2016年8月10日に"伊藤ゆみ"という芸名に改名して、今後活動していくと発表されたそうです。

この『伊藤ゆみ』という芸名は、元々彼女が『ICONIQ』として活動する前に付けていた芸名でした。

 

韓流アイドル『Sugar』のアユミの芸名で活動していたICONIQさんですが、活動の拠点が韓国から日本に変わり、さらに女優として活動していくということで、『伊藤ゆみ』に改名。

さすがにアユミというカタカナの芸名では日本国内で活動していく際にイメージ的に都合が悪いと思ったのでしょう。

それは、元KARAの知英さんと同じかもしれません。

その後、2010年に、彼女は『私が変わる』と言う意味を込めて、『伊藤ゆみ』から『ICONIQ』という芸名に改名されたそうです。

当時は、なかなか『伊藤ゆみ』として目立った活躍がなされていなかったということもあり、心機一転生まれ変わっていきたい、という気持ちから改名し、さらに衝撃的な坊主になりブレイクしていった、というのが本当のところなのでしょう。

ただ、そのブレイク当時の名を捨てて、再び『伊藤ゆみ』として活動していくというのは、どういうことなのでしょうか?

きっと、ICONIQさんの中に何か明確な理由があり、今回改名することになったのだと思います。

正直なところ、改名することは、ICONIQさんの存在意義がブレてしまうマイナスイメージとなる可能性もありますし、逆にブレイクのきっかけとなることもあるので、なんとも言えない部分はあります。

ただ、いずれにしても韓国では、かつてアイドルとしてブレイクし、日本では奇抜ながらも『ICONIQ』としてブレイクしていることは、紛れも無い事実です。

数少ないといっても歌手・女優としての実績も残しているわけですから、ICONIQさんが改名を一つのきっかけに、今後、彼女らしく大胆で思ったことを貫く気構えで、なんとか芸能界で活躍していって欲しいですね。

 

ICONIQが伊藤ゆみに改名した理由とは?

ICONIQさんが改名したことは、ネットニュースなどでもいろいろ取り上げられていますが、あれだけインパクトを残した『ICONIQ』という芸名を何故変えることとなったのでしょうか?

ICONIQさん自身、ここ最近目立った活躍は見られておらず、2010年のブレイク時と比較すると、若干陰りが見られるような印象もあります。

それでも日本国中が震撼するようなブレイクの仕方だったような印象も強く、その名を捨てるのか…という気もします。

そこで、筆者も、何故このタイミングでICONIQさんが改名に踏み切ったのか、その真相を確かめたく調べてみたのですが、残念ながらそのはっきりした理由は掴めませんでした。

ただ、いろいろ推測していくと、ある一つの理由が浮かび上がってきます。

それは、女優として活動していく際の一つの線引として改名を考えたのではないかということです。

ICONIQ

伊藤ゆみ

これは、タレント・俳優として活躍されているピーターさんにも言えることなのですが、ピーターさんの場合、タレントとしてはそのまま『ピーター』名義で活動されていますが、俳優としては池畑慎之介名義で活動されています。

それは、2015年に放送されたTBSドラマ『下町ロケット』のクレジットタイトル(またはエンドロール)を見ても明らかで、このドラマにピーターさんは出演されていますが、クレジットタイトル上では、『ピーター』ではなく『池畑慎之介』として表記されています。

もし、ICONIQさんが、ピーターさんのように、女優として活動していく際の別名義として、『伊藤ゆみ』として改名したのだとしたら、理由としても十分納得できますよね。

実際、アーティストとしてなら、『ICONIQ』の方が奇抜でインパクトも強く、覚えてもらいやすそうです。

今から本格的に女優として、『ICONIQ』として活動しても

『なんて読むの?』

と、知らない人には首をかしげられてしまうかもしれず、覚えにくそうです。

やはり女優としての名義は、漢字・平仮名の和名が覚えやすく理想と言えるのでしょう。

そういう観点から『ICONIQ』から『伊藤ゆみ』に改名されたのかもしれないと思います。

 

ICONIQの現在は?今後の活動と旧芸名は?

さて今後、『伊藤ゆみ』として活動すると発表されたICONIQさんですが、改名するのであれば、これまで慣れ親しんだ『ICONIQ』という芸名はどうされるのでしょうか?

もしかして、ピーターさんのように、アーティストとしては『ICONIQ』で、女優としては『伊藤ゆみ』として活動していくということなのでしょうか?

そもそも現在のICONIQさんは、どのような活動をされているのでしょうか?

調べてみると、ここ最近は、アーティストと言うより女優としての活動をメインにされているみたいで、少し前になりますが、2013年には、ドラマ『間違われちゃった男』や『白衣のなみだ』にもICONIQさんが出演されていたようです。

そして、今後のICONIQさんの活動方針を探っていくと、どうやら今までのような、歌手・女優の両輪で芸能活動をしていくのではなく、女優一本で芸能活動をしていくようです。

つまり、『アーティスト・ICONIQ』としては活動を停止させ、あくまで『女優・伊藤ゆみ』として活動していく模様。

まぁ、歌手・女優の両輪で活躍されている方は数少ないですし、大抵はどちらかしか評価されていないか、中途半端と一刀両断されていまうかのいずれかという印象が強いです。

例えば、アイドル歌手として評価されているAKB48メンバー達が女優として活動する場合、アンチを筆頭に"大根"と酷評されてしまうケースが多いようです。

2016年の選抜総選挙2位の渡辺麻友さんにしても、『大奥』で評価されている部分はあったものの、『闘う書店ガール!』で主演を務めた頃は、かなりの叩かれようでした。

絶対不動のエースとして支持されていた前田敦子さんや大島優子さんも、アイドルから女優転身直後は酷評されていましたね。

彼女たちの場合は、アイドルという位置づけがあるので、多少酷評を受けながらでも歌手・女優として活躍できているのかもしれません。

ICONIQさんもアイドル出身ではありますが、日本での活動はアイドルとして活動していたわけではありません。

あくまでアーティスト(歌手)として活動し、その傍らで女優業をされていたに過ぎません。

となると、イメージとしては、柴咲コウさんや松たか子さんに代表とされるような活動の仕方だと言えますが、彼女らですら、両方で絶賛されているということは無く、一部で酷評されていることもありました。

きっとすべての人から絶賛されるということはまずありえない話で、後にも先にも山口百恵さんくらいだと思います。

それくらいレアなことで、その上、ICONIQさんには実績そのものが少ないのですから、どちらかに専念するのが彼女としてはベストな選択だと思います。

そして、彼女自身、『アーティスト・ICONIQ』よりも『女優・伊藤ゆみ』としての将来を選択した…

その気持ちの表れが改名として、映しだされているのだと思います。

ファンとしては『ICONIQ』としての将来を見てみたかったという気持ちもなくはないでしょう。

しかし、どちらも選べずに中途半端になるくらいなら、『女優・伊藤ゆみ』として活躍していく彼女の姿を見てみたいのも率直なところです。

ただし改名をしたことは、あくまで方向的なことを言っているだけに過ぎず、本当に女優として、様々な作品に出演できるかどうかは今のところ不明…

『ICONIQ』としての活動を捨てて、女優一本で活動しても、活躍の場がなければ全く意味が無いだけに、まずは、女優として、ドラマ・映画・舞台に出演し、その演技力でいかに多くの視聴者を魅了できるのか。

今後の彼女の奮起に期待したいものですね。

その奮起によっては、ゆくゆくは中山美穂さんなどのように、かつて歌手として活躍した過去を持ちながらも、女優として多くのファンから支持されるような大女優として活躍していくかもしれませんね。

 

まとめ

突如丸坊主姿を披露し、爆発的なブレイクの仕方をした歌手・女優のICONIQさんが、以前に付けていた芸名・伊藤ゆみに改名し、女優として活動していくことが発表されました。

その理由までは公表されていませんでしたが、ICONIQさん自身、今後、女優として本格的に活動していくらしく、おそらく女優として少しでも馴染みやすいように、ICONIQから伊藤ゆみ名義に改名するみたいですよ。

まぁ、改名したから必ずしもブレイク出来るとは限りませんし、いずれにしても今後の伊藤ゆみさんの動向次第なので、まずは女優一本に専念し、いろんな作品に出演できるように活躍していってもらえればと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人