星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

SMAP

SMAP解散の本当の理由原因は?メンバーの今後の活動をチェック

投稿日

ジャニーズ事務所は、芸能事務所として破綻に向かっている…

と言っても過言ではなく、ここまでSMAPが大きな功績を残してくれたからこそ存続できた…

それは、大多数の人が知る事実で、嵐も関ジャニ∞も今があるのは、すべてSMAPが、ジャニーズ事務所を立てなおしてくれたおかげと言っていいでしょう。

はっきり言って足を向けて寝られないほど、命の恩人的な存在であるSMAPと、その育ての親である飯島三智さんがボロボロにされ、遂にSMAPそのものが解散となってしまいました。

果たしてその理由や原因は一体何だったのか?

そして、今後SMAPのメンバーはどうなっていくのか?

ジャニーズ事務所の今後の展望も含め、本記事で、その詳細をまとめていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

悲劇…SMAPが解散確定!

2016年1月、ジャニーズファンだけにとどまらず、多くの人達を震撼させたSMAP解散危機騒動…

当時、SMAPの育ての親でありチーフマネージャーだった飯島三智さんが、週刊文春の餌食となり、全く見に覚えのない会社乗っ取り計画を画策していた疑いを持たれ、事務所の副社長であるメリー喜多川氏と、その娘の藤島ジュリー景子氏に事務所を追い出されることに…

そして、その争いに巻き込まれた形として、飯島さんに恩義を感じているSMAPメンバーの中居正広さん、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんは、飯島さんと共に移籍先を模索しますが、突如、反旗を翻した木村拓哉さんだけが、ジャニーズに残ると宣言!

元々、木村拓哉さんも、ジャニーズ事務所からの移籍に向けて動くはずだったのに、妻である工藤静香さんがメリー喜多川氏に何かとお世話になっているために、

『裏切れない』

となって、結局SMAPの方を裏切ったのです。

この一件が火種となって、SMAPは解散危機に陥りました。

結果的に飯島さんが事務所を去り、木村さん以外のメンバーが事務所社長であるジャニー喜多川氏に謝罪することで、とりあえず解散危機は免れました。

しかし先日、ファンが心配していた通りの結果となり、SMAPは2016年いっぱいで解散すると、発表されてしまったのです。

本当にメリー喜多川・藤島ジュリー景子の両氏が、少しでも飯島さんにリスペクトする姿勢を示していれば、飯島さん自身、次期社長の座を狙っていたわけではなかったので、こんな悲劇は訪れなかったのに、本当にファンをも裏切る史上最低で最悪な結末ですね。

まぁ、はっきり言ってしまえば、SMAPがブレイクしたことがそもそも間違いで、SMAPが誕生する前に、ジャニーズ事務所そのものがなければ良かったのかもしれません。

筆者自身、ジャニーズアイドルはあまり好きではありませんが、SMAPはバラエティでアイドルが活躍する土台を作り、TOKIOはバンドとして、嵐はアーティストとして、それぞれが魅力を存分に発揮し続けてきているため、この3グループはずっと応援していたのですが…

その気持ちも冷めてしまい、もうジャニーズ系はどうでも良くなってきたというのが率直なところです。

嵐がどんなに素晴らしいヒットソングをリリースしたとしても、もう胸に何一つ響いてこない…

そんな気持ちになってしまったファンも少なくないと思います。

もちろん嵐をはじめ、他のジャニーズアイドルグループに何一つ責任はありませんし、彼らは完全なる被害者です。

それだけ、ジャニーズ事務所の闇が深く、上に立つものが最低だったということなのでしょう。

SMAP解散危機騒動以降、度々、今後について、SMAPメンバーと事務所の話し合いは行われていたそうです。

それでも話はまとまらず、結成25年のライブもSMAPメンバーの香取慎吾さんを生け贄にして、中止という報道を流し、さらには、シングルも2016年に入って、一つもリリースされていません。

何故に香取さんを生け贄にしたのか、その理由に関しては後ほど詳しくお話していきますが、いずれにしてもジャニー喜多川氏、メリー喜多川氏・藤島ジュリー景子氏、週刊文春、そして、木村拓哉さんの愚行によって、SMAPは滅茶苦茶に…

その一つの証として、SMAPの解散が発表されたのです。

 

SMAPの解散理由は最悪!改善なき身勝手行為?

2016年1月のSMAP解散危機騒動を受けて、世間が震撼し、多くのファンが、まるで署名活動するかのように、SMAPのCDを購入して、グループの存続を訴えたことは、大々的なニュースにもなりましたよね。

SMAPの解散は、一部関係者を除いて、誰も望んでいない事柄なのは明確…

そして、なんとかその事実を受け止めてくれて、飯島三智さんがジャニーズを去り、中居正広さん、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが謝罪会見をすることでようやく、SMAP解散危機は免れました。

ただ、ここで一つ大問題が発生します。

それは木村拓哉さんの裏切り行為です。

SMAP解散危機は、木村さんの働きによって、謝罪の場が設けられ回避されたという話ですが、事実は全く異なるといわれています。

実は、木村さんは、まだ嵐や関ジャニ∞などがブレイクする前に、月9ドラマなどでブレイクしていたことを理由に、給料のことなどでジャニーズ事務所とモメたことがありました。

しかも、大手プロダクションに移籍するという話もほぼまとまりかけていて、木村拓哉さんが抜けるとジャニーズ事務所存続の危機とも言われていた時代なだけに、かなり譲歩させられた上で、移籍を食い止めたという話もあるそうです。

あのジャニーズ事務所を譲歩させた、というのですから、相当なことですよね。

結果、厚遇を条件に、木村拓哉さんはジャニーズ事務所のやることに文句を言わなくなり、完全に裏で繋がってしまうことに…

そして、工藤静香さんとの恋愛・結婚も認めてもらい、さらに事務所との繋がりが深くなってしまった模様。

ただ、そのことは当然、SMAPの他のメンバーには告げられていませんでした。

1月の解散危機では、中居さんたちは、一度、飯島さんたちとともにジャニーズ事務所を追い出され、移籍先を模索することになり、タモリさんが所属する田辺エージェンシーに移籍することが、まとまりかけたことを木村拓哉さんに話してしまいます。

それを木村拓哉さんはスパイとして、その事をメリー喜多川氏に密告…

するとメリー喜多川氏は、田辺エージェンシーに圧力をかけ、SMAPメンバーの移籍話をご破算にしてしまうのです。

大手芸能プロダクションである田辺エージェンシーに断られたとなると、他の芸能事務所も萎縮してしまいますし、中居さんたちは行き場を見失ってしまいました。

そこで、飯島さん一人が身を引く形で、SMAPを戻して欲しいと嘆願することになり、あの謝罪会見となったと言われているのです。

あくまで、関係者の話をまとめた背景でしかなく、この話がどこまで真実なのかは定かではありません。

ただ、仮にこの話の半分でも本当だとしたら、SMAPをここまで追い込んだ身勝手な面々には強い憤りを感じます。

また、木村拓哉さんが世間から嫌われているのも納得できますし、一部で噂されているように、木村さんが他の4名のメンバーと軋轢ができているという話にも頷けます。

1月のSMAPの解散危機騒動時には、こういった背景があり、

『この状況では、(SMAPの)活動もままならない』

と、SMAP解散を提示したメンバーが出はじめたようです。

そのメンバーが香取慎吾さんと草なぎ剛さんと言われています。

ただ、彼らは、いつまでもSMAPでの実質的な活動を休止しているのはファンに申し訳ないという気持ちもあり、

『存続して活動出来ないのであれば、(SMAPは)解散した方が良い』

と意見を言ったに過ぎないのでしょう。

その事を良いことに、またひどい仕打ちが彼らにはじまりました。

なんと、SMAP25周年ライブ中止の理由として、香取慎吾さんが今の状況ではSMAP25周年ライブはしたくないと拒絶し、それに伴い、草なぎ剛さんも反旗を翻したと、さも彼らが原因で、SMAP25周年ライブが出来なくなったと言い切ってしまうのです。

何故、そのようなことになったのかというと、全ては木村拓哉さんの裏切りが発端でした。

彼の裏切りによって、世間は、ジャニーズ事務所と共に木村拓哉さんを拒絶する動きが出始めます。

誰だって、権力で相手をねじ伏せる人間を好きになれないと思いますし、ただですら、ここ数年何かと好感度の悪かった木村拓哉さんなのに、さもドヤ顔で、謝罪会見にも登場し、大きな態度を取り続けてきたわけですから、心象が悪くなるのは当たり前です。

SMAP解散危機騒動で、飯島さんを悪者にした時と同じように、今度は香取慎吾さんを生け贄にして、そのかわりに悪いイメージを払拭させようと、メリー喜多川・藤島ジュリー景子の両氏が画策したのです。

そんなことされて、生きることに絶望しない人間がいたら、是非会ってみたい…

ふと、香取慎吾さんの自らの命を絶つようなことをほのめかした発言が脳裏に浮かび、筆者もそんなことを思ってしまいました。

本当に、ジャニー喜多川氏の、所属アイドルたちは、子供と同じくらい大切な存在というのは真っ赤な嘘と言うより世間体を気にした発言以外の何物でもないことが、これではっきりしましたよね。

ジャニー喜多川氏、メリー喜多川氏、藤島ジュリー景子氏、週刊文春、そして、木村拓哉さんが如何にとんでもない食わせ者だったのか…

そして、木村拓哉さんのスパイ行為、及び裏切り行為が、いかに他のSMAPメンバーを傷つける、独りよがりな行動で、SMAPの中に破綻をきたすことになったのか…

その深刻な問題は、子供でも想像できるほど大きなものであり、SMAP存続を願っていたファンを大きく裏切ったといえる、とんでもない不祥事なのです。

正直、もうここまで来ると、木村拓哉さんを含め、ジャニーズ事務所の権力者や、週刊文春の意味不明な記者達が、この世にいる限り、第2第3の被害者が現れるかもしれません。

香取慎吾さんも今回の件で、本当に命を捨てるかもしれないと、不安ばかりが脳裏によぎります。

せめて、もうこの4人を自由にしてあげて欲しいというのが、切なる希望ですが、おそらく、ジャニーズ事務所は、SMAPの4名を奴隷のように囲いたいのでしょう。

また、週刊文春は『表現の自由』ということを武器に、SMAPがいなくなるまで面白がって徹底的に記事を書いていくことでしょう。

そもそも飯島さんの件にしても、彼女のアイディアでアイドルたちを売り込もうとした際に、いちいち事務所の許可を取っていたのでは、ブレイクさせるためのタイミングを逃してしまうと異議申し立てをしたに過ぎない話だったのです。

それを、独立を示唆している、という全くのデタラメで、週刊文春が面白おかしく取り上げ、メリー喜多川氏に直接取材し、彼女がちょうど良い機会と追い出しに掛かった…

飯島さんはただ、ジャニーズ事務所での居場所を失い、SMAPが存続する道を考え、移籍先を探していただけです。

事務所が、ここまでやるかというくらい潰し行為を繰り返し、さらに木村拓哉というスパイも雇っていたとなると、本当に最悪としか言葉が出ません…

SMAPの解散は、きっかけは週刊文春の捏造が発端にありますが、全てはジャニーズ事務所と木村拓哉さんの身勝手極まりない行動が最大の原因です。

思い通りにならないと苛立ったジャニーズ事務所が、SMAPの4名を奴隷として囲いたいために、不義理として猛烈なバッシングや誹謗中傷を繰り返し、時には犠牲として扱ったことで、そのことに対してメンバーたちが耐え切れなくなった…

中居さんをはじめとするメンバーたちは、本当にSMAPを愛し、活動しようとしていたのに、その心をも土足で踏みにじられ叩き潰され、もう解散するしか道が無くなってしまった、というのが最大の理由なのだと、多くの情報をまとめ、感じました。

もちろん、こんな裏事情は、一般のメディアでは絶対にタブーにするでしょうし、本当の事情を知っているのは当の本人だけなので、どこまでが本当のことかは定かではありません。

しかし、全くのデタラメで、ここまでのことが明るみなっていたのだとしたら、普通、ジャニーズ事務所も黙ってはいないでしょうし、SMAPメンバーの復帰も認めず、既に法廷闘争を起こしているはずです。

それすら起こしていないのは、彼らにやましいことがあるから以外に考えられません。

つまり、本記事でも述べていることは、おおむね間違っておらず、相当に卑劣な行為を繰り返していたということだと思いますよ。

本当に、こういうアイドル事務所は、一刻も早くなくなって欲しいと強く感じた次第です。

 

SMAP解散!今後は個々の活動へ!他グループへの余波は?

SMAPというアイドルグループがこの世から消える…

いまの時代の流れの象徴といわれれば、それまでのことなのかもしれません。

さきほども触れた通り、SMAP解散の背景には、大きな闇が隠れていただけに、ただの時代の流れで済まされるとは、とても思えない大惨事となっているように筆者は感じます。

おそらくジャニーズ全体が、終焉に向かってカウントダウンが始まり、グループ単独での際立った個性を持たないV6、KinKi Kids、Kis-My-Ft2、関ジャニ∞、Sexy Zone、HeySayJUMP、ABC-Zは、早急に手を打たないと、この先も危ない…

そんな気がしてなりません。

はっきり言って、この先も単独でも残れるのは嵐、TOKIOくらいしか思い当たりません。

もちろん、V6、KinKi Kids、関ジャニ∞に関しては、メンバーが個別に活動出来ているので、関ジャニ∞の一部のメンバーを除いては、たとえ解散危機が訪れたとしても、さほど問題はないでしょう。

問題は、SMAPと同じ派閥だったKis-My-Ft2、Sexy Zone、ABC-Z、そして、最近ブレイクし始めているジャニーズWESTと、未だにどこに向かっているのかよく分からないHeySayJUMPの面々です。

Kis-My-Ft2も一部のメンバーは、俳優としても生き残れるかもしれませんが、派閥問題に巻き込まれて淘汰されれば、同時に、舞祭組の4名が消えてしまうかもしれません。

さらに、Sexy Zone以降の若いグループは、ことごとく芸能界から消えて行く、なんてことも十分ありえるでしょう。

もちろん、最悪のことを想定した可能性の話をしているわけで、彼らがSMAP解散騒動に巻き込まれ、終焉を迎えてしまうとは限りません。

しかし、少なくとも他のグループのファンの一部は、SMAPの解散によって、どんな影響をおよぼすのかと戦々恐々としているわけです。

関ジャニ∞であれ、Kis-My-Ft2であれ、その他のグループも含めて、すべてのジャニーズアイドルグループは、ジャニーズ事務所の方針に従い、アイドルグループとして成功していこう、と本当に頑張ってきたのだと思います。

しかし、その根幹が闇だらけだったことが致命傷となれば、一緒に巻き込まれて淘汰されても何らおかしな話ではありません。

それだけSMAPの今後は、誰もが不安を抱えていた事案だったというわけです。

SMAP

さて、そんなSMAPの個々の今後の活動に関してですが、とりあえず現時点ではSMAPが解散はするものの、メンバー全員がジャニーズ事務所に残り、ソロとして活動していくそうです。

おそらく、中居正広さんはバラエティを中心にMC業で、稲垣吾郎さんは俳優業で、草なぎ剛さんと香取慎吾さんは俳優・バラエティを中心に、それぞれのフィールドで活動されていくことになると思われます。

ただ、そうなってくると、飯島三智さんの一件で因縁を抱えている香取慎吾さんをはじめ、いろんな悪影響が出てくることも十分考えられます。

とくに香取慎吾さんの場合、先程お話したとおり、SMAP25周年記念ライブ中止の主犯格とされ、ある種、木村拓哉さんのイメージ回復のための生け贄にまでされていますし、一歩間違えば、本当に命を捨ててしまうかもしれません。

実際に、SMAP解散騒動の渦中にいた香取慎吾さんは、自身が主演を務めたTBSドラマ『家族ノカタチ』の打ち上げの席で、意味深な発言をされていますし、深刻な精神的ダメージを受け続けていたと聞きます。

この一件を見ても明らかですが、何度も言うように、『ジャニーズアイドルはわが子同然』と言っていたジャニー喜多川氏の話は全くのデタラメだったということがいやというほど伝わってきます。

そんな、人の心すら持てない非道のジャニーズ事務所ですから、私利私欲に走り、SMAPを崩壊させただけでは満足できず、何かと気に入らないと難癖つけて、彼らを権力でねじ伏せ、まともにソロとして活動出来なくしてしまうことも十分考えられます。

まぁ、ジャニーズ事務所に寝返った木村拓哉さんは、かわいがられると思いますが、そんなことがあれば、ますますファンを裏切ることになりかねません。

誰もがSMAPの解散を望んでいなかったのに、平気な顔をして解散に追い込んだ鬼のようなジャニーズ事務所ですから、何をしでかすか分かりませんし、中居さん、稲垣さん、草なぎさん、香取さんの活躍の場を叩き潰すことも…。

そして、仮に彼らがジャニーズ事務所に見切りを付けて、個人で活動したとしても、テレビ局側に事務所の圧力がかかれば、その時点でジ・エンドです。

実際に、ジャニーズ事務所を完全に敵に回してしまえば、何かと面倒なことになるでしょうし、あらゆる番組に支障が出てしまうことを恐れて、SMAPメンバー達を干すということも考えられます。

もちろん、そんなことがないと信じたいですが、利権争いに平気でSMAPを巻き込み、ボロボロにしたくらいですからね。

この一件を機にジャニーズアイドルに対して、冷めたというファンが続出することも考えられます。

その悪影響をSMAPのトカゲの尻尾きりでごまかし、他への影響を軽減させようと考えるのは、彼らからしてみれば自然の流れです。

『光GENJI』解散後、諸星和己さんに、ジャニーズ事務所を辞めて、しばらくニューヨークに行くようにアドバイスしながら何かと面倒も見てきたビートたけしさんの様な後ろ盾があればまだしも、SMAPのメンバーには、タモリさんくらいしか見当たらない…

しかも既に事務所から圧力がかかり、タモリさんが所属する田辺エージェンシーへの移籍も潰されてしまっています。

そうなると最悪、テレビの世界から、中居正広さん、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが消えるということもありえるかもしれない…

そして、事務所に可愛がられている木村拓哉さんにしても、ゴリ押しという形で生き残れるとは思いますが、より一層アイドルファンたちから見放され、嫌われ続けていくことと思います。

以上のことから、SMAPはソロになってもどうにもならずに、完全に姿を消すのではないかと筆者は考えています。

はっきり言って、ジャニーズ事務所の今があるのは、バラエティ路線を切り開いたSMAPと、SMAPの元マネージャーである飯島三智さんがいたからこそで、そんな貢献者を次々と消していこうと言うのですから、本当に信じられない話です。

ただ、これが現実で、ジャニーズ事務所はその大きな財産をも平気で手放し、目先の利益ばかりにこだわり続けていくことしかできないようなのです。

そして、事務所の方針として、抑え続けてきた他のアイドルグループも、いずれ淘汰され、ジャニーズ事務所崩壊までのカウントダウンが進んで行くというのが、今後の彼らの未来なのだと強く感じた次第です。

 

まとめ

ジャニーズファンの枠を飛び越え、多くの人たちが、SMAPの解散だけは避けて欲しいと熱望していましたが、その期待を裏切り、ジャニー喜多川氏をはじめとする一部の人間のために、SMAPは解散することになりました。

その中には木村拓哉の名前もあり、彼の裏切り行為やスパイ活動は、許されないレベルの話…

自身のイメージ回復のために香取慎吾さんをも生け贄にしてしまっているのは、いくら自身が手を下していないとはいえ許せません。

今後、SMAPメンバーは、ソロで活動するみたいですが、それも終焉を迎えるでしょう。

事務所上層部や、木村拓哉さんを含めるものたちの行為は、ジャニーズ事務所がなくなってもおかしくないような危惧する愚行と言えるでしょうね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-SMAP