星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

韓国旅行での注意と対策!ぼったくりタクシーの運賃料金をチェック

投稿日

日本からも比較的近い場所にあり、物価も安く、グルメやコスメなど魅力的な部分が数多く、簡単な海外旅行先としてもおすすめされている韓国。

そんな韓国では、ひそかに『ぼったくりタクシー』なるものによって、旅行客が狙われているらしく、最近は、ニュースでも取り上げられ、何かと問題視されているそうですね。

本当に自分たちの利益にさえなれば、何をしても許されると思っているのか、本当に不届き千万で、こういうタクシーが増えれば、ますます韓国旅行から足が遠のいてしまうのではないでしょうか。

ただ、そんな中でも韓国に旅行したい方はいらっしゃるかと思いますので、ぼったくりタクシーに引っかからないために、韓国でのタクシー運賃料金や引っかからないための対策などをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

韓国のぼったくりタクシーの実態

みなさんは、ぼったくりタクシーという胡散臭いタクシーをご存知でしょうか?

なんでも韓国で高額の運賃料金を乗客からせしめる悪徳タクシー業者のことを指すそうで、近年増加し、何かと問題視されているそうです。

それもタチの悪いことに、警察の取り締まりが少ない金曜の深夜から土日を挟んで月曜の明け方までの休日に掛けて、韓国に旅行目的で訪れている外国人をターゲットに言葉巧みにタクシーに誘いながら、法外な金額を請求しようと画策しているというのです。

外国人旅行客をターゲットにしているだけあって、ぼったくりタクシーが出没するのは空港からホテルまでの区間や、おすすめ観光スポットの一つである東大門周辺が多く、基本的に出没する時間は午前1時から4時が多いとのこと…

東大門

東大門

実際にソウル市は、5月~6月までの2ヶ月間で、34件ものぼったくりタクシーを摘発し、行政処分をしているそうです。

これらは、あくまで氷山の一角で、まだまだぼったくりタクシーはあとを絶えない模様。

そのため、何も警戒せずに外国人が空港などでタクシーを拾おうものなら、後でとんでもない目に合うこともあるという話を耳にします。

まず、手口としては、先に韓国語を話せるかどうか確認し、話せないようなら外国人旅行客とみなして、勝手にメーターを上げたりして、ぼったくり対象に入ると言われています。

このように用意周到に準備をして詐欺を働くのが、韓国でのぼったくりタクシーの常套手段となっているようです。

一応、韓国国内では、ぼったくりタクシーについて、"韓国の恥"とされているそうです…。

まぁ、日本人のように外国人に優しくする国というのは、あまり存在しないわけで、日本人のような考え方は、むしろ特別と見ていた方が良いかもしれません。

もちろんすべての韓国人がそういう人とは思いたくはありませんが、日韓友好と言いながらも何かと日本人を敵視しているところもありますし、またこうやってぼったくりのタクシー業者が出てくる…

ぼったくりタクシーとは、自分たちの生活のために、現地における弱者である外国人旅行客の足元を見て、法外な運賃のタクシー料金を請求し、事と次第によっては社内に監禁・拉致することも行う人たちのことを言うのです。

これは韓国に限った話ではありませんが、日本国内を旅行するような感覚でいたら、外国人たちは日本人をターゲットに金品を奪おうと画策してくることがあるので、くれぐれも安易な考えで行動しないように注意しましょう。

日本では、考えもしないこと、ありえないことが実際に海外では起きているのです。

 

ぼったくりタクシーが請求する法外な運賃とは?

韓国だけにとどまらず、日本国内でもネットニュースで話題になるほど、世界に知れ渡っている韓国のぼったくりタクシー。

タチの悪いタクシー業者の実態であると言えますが、実際にはどれくらい法外なぼったくり料金を請求しているというのでしょうか?

どうやら行き先によって、その運賃料金はピンきりで一概にどれくらいの金額とは言い切れませんが、多くで通常の20倍前後の料金を請求されると考えた方が良いようです。

例えば、東大門からソウル駅までぼったくりタクシーに乗車した場合、通常料金で4400ウォン(約404円)のところを10万ウォン(約9183円)請求されたというケースがあったそうですよ。

もちろん、運賃としての請求額は、その距離に見合った金額ではなく、乗車させる人の母国・身なり・持ち物を見た上で、『これくらいなら請求できる』と判断して、タクシー運転手が法外な金額を請求してくるのです。

単純に2倍の運賃料金を要求されることもあれば、先ほどのように22倍もする運賃料金を要求されるケースもあるとのこと。

とくに日本人は、お金を持っていると思われがちで、相手を見ては、1万円前後の運賃料金を平気で奪おうとします。

ぼったくりタクシーの話の中でも驚いたのは、ロッテワールドから明洞まで、通常なら13,000ウォンのところを、勝手にメーターを操作して200,000ウォンと表示させ、モメて警察が出てきても、埒が明かず、結局1人あたり3万ウォン支払わされたとか。

この時にタクシーに乗車していたのが何名だったのかまでは分かりませんでしたが、6人乗っていたら、ぼったくり運賃料金とさほど変わりませんし、それだけの金額を平気で請求するのが韓国人ぼったくりタクシーの手口なのです。

ここまで法外な運賃料金を請求している輩がいて、一部で『恥ずかしい』と言いながらも、社会全体がその行為を止めようとする動きがあまり強く見られないのは、やはり韓国人気質の問題だと言わざるを得ません。

少し話が変わりますが、韓国人による暴力事件が他国で起こっているらしく、韓国人お断りという施設や、店舗が世界各国で出没しているという話もあるほど、今、韓国人の信用はガタ落ちとなっています。

もちろん、韓国のすべてが信用出来ないわけではないのだと思います。

ただ、あまりにもこういう類のふざけた話が多すぎるのも事実ですので、韓国でタクシーを乗るときには、ぼったくり覚悟で乗ったほうが良いと考えておいたほうが良いかもしれませんね。

 

韓国旅行でぼったくりタクシーに遭わない対策

さて、何かと問題になっている韓国のぼったくりタクシーですが、このぼったくり被害に遭わないために一番の対策は、やはり韓国旅行に行かないことにつきます。

そもそも韓国の魅力は、グルメ・コスメ・エステ・歴史的文化を持つ施設(観光スポット)の4つが中心です。

そのうち、グルメに関しては、日本にいても、チヂミやキムチ、プルコギなどは食べられますし、韓国旅行でぼったくられるのを覚悟してまで、食べる価値があるかと言われると、ちょっと微妙です。

確かに韓国で食べるグルメには、格別な物もありますが、身の危険と引き換えに手に入れるようなものではありません。

また、コスメ・エステに関しても、日本の技術は大分上がりましたし、これも韓国で行くリスクを背負う必要はあまりありません。

残るのは歴史的文化を持つ施設ですが、世界遺産だけを見たら、日本のほうが多いと思いますし、韓国の歴史は直接韓国に行った方が実感できるのは間違いないでしょう。

ただ、最悪ネットもあるわけですし、映像・画像で擬似的に体感しても満足できるかもしれません。

そうは言っても、韓国旅行したい人に、「韓国旅行するな」というのは身も蓋もない話なので、この先は、韓国旅行することを大前提に、ぼったくりに合わないための対策をご紹介します。

ボッタクリタクシー対策1 タクシーに乗らない

深夜に行動する際にはタクシーも活用せざるを得ない場合もありますが、日中なら、公共交通機関も活用できますし深夜0時くらいまで)、よほどの辺鄙なところでない限りタクシーを使う必要は一切ありません。

日本人をはじめとする外国人が安易にタクシーを使おうとするから、ぼったくりタクシーによって、法外な運賃料金を請求されるのです。

どんな法外な運賃料金を設定したとしても、そもそも乗客がいなければ、これほど流行らないでしょう。

そもそもタクシーに乗らない選択肢をとれば、ぼったくりタクシーにおいては何一つ問題は起こらないわけです。

韓国旅行では、タクシーがなければ移動できない場所に行かず、かつ、その夜の時間帯は動かないことが、ぼったくりタクシーに対するベストな対策と言えるでしょう。

とくに夜に東大門南大門南山Nソウルタワーからタクシーに乗ると、大抵ぼったくられてしまうと言われているくらいなので、その時間・場所でタクシーに乗るのは避けましょう。

ボッタクリタクシー対策2 バン型や日本語OKのワードに注意

ぼったくりタクシーの被害に遭わないためには、タクシーに乗らないことが良策であることは火を見るより明らかですが、どうしてもタクシーに乗らなければならない場合もあるでしょう。

その時の対策としては、

  • バン型の大型タクシー
  • 日本語OKというワード

には注意し、乗らないようにしてください。

これらのタクシーは、ぼったくりの可能性が非常に高いと言われています。

とくに『日本語OK』というワードは、日本人観光客を安心させて、法外な運賃料金をぼったくろうとしていることが大いにあるそうです。

ボッタクリタクシー対策3 乗車前に値段交渉するタクシー

日本でタクシーを乗ったことのある人なら知っていることだと思いますが、タクシー料金は、メーターによって算出されるのが基本です。

乗車前から値段交渉するなんてことは絶対に有り得ません。

そのようなタクシーは、100%ぼったくりタクシーと言っても過言ではないので、絶対に乗らないようにしましょう。

また、タクシーの運賃料金に関して、補足解説するならば、通常、ソウル市内でどんだけ遠い場所に移動したとしても、大抵は、2万ウォン以内で移動できます。

それ以上、メーターが進んでいるタクシーは、どう考えてもかなり遠回りしているか、一度行った道をぐるぐる回って、わざとメーターを回させている可能性もあります。

ましてや、最初からメーターが上がっているということは絶対NGなので、そういうタクシーに乗り合わせてしまった場合は、自分で解決せず、警察に通報するなり対処して、被害を最小限に留めるようにしてください。

 

以上が、簡単ながらぼったくりタクシーの被害に遭わないための対策です。

先程もお話したとおり、一番の対策は韓国に行かないことですが、それでもどうしても韓国に行きたい方は、危険なことがあることをしっかり予備知識として頭に叩き込み、対策を立てた上で、韓国旅行するようにしてください。

そして、少しでも気持よく楽しい旅行をしていただくことを心から願っています。

 

まとめ

韓国のぼったくりタクシーはかなり悪質で、あからさまに現地での立場の弱い外国人旅行客(特に日本人)をターゲットにして法外な運賃料金を請求してきます。

その金額も、最悪、通常運賃料金の20倍前後の金額というのですから、いくら物価の安い韓国だからといって、とても許容できる話ではありません。

身も蓋もない対策としては韓国には旅行しないことが一番の対策になります。

ただ、そうもいかない方や、やっぱり韓国に旅行に行きたいという方は、公共交通機関を極力利用するようにし、どうしてもタクシーに乗る場合は、大型バンや日本語OKというワードに騙されないようにしましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事