星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

韓国旅行での注意と対策!ぼったくりタクシーの運賃料金をチェック

更新日:

日本からも比較的近い場所にあり、物価も安く、グルメやコスメなどの魅力が数多く、海外旅行先としてもおすすめされている韓国。

そんな韓国では、

『ぼったくりタクシー』

という、旅行客を狙った悪質なタクシーがあるのだとか。

ただ、ぶっつけ本番で、異国の地でタクシーを比較できるほど余裕のある人は少ないでしょう。

そこで、『ぼったくりタクシー』に引っかからないために、韓国でのタクシー運賃料金や引っかからないための対策などをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

韓国のぼったくりタクシーはどんな手口?

『ぼったくりタクシー』とは、まさに名の示す通り、

高額の運賃料金を乗客からせしめる悪徳タクシー業者

のことを指し、韓国では増加しているみたいですね。

それもタチの悪いことに、

警察の取り締まりが少ない金曜の深夜~月曜の明け方までの休日にかけて活動している

らしく、韓国に旅行目的で訪れている外国人をターゲットに言葉巧みにタクシーに誘いながら、法外な金額を請求しようと画策しているのです。

外国人旅行客をターゲットにしているだけあって、『ぼったくりタクシー』が出没するのは

  • 空港からホテルまでの区間
  • おすすめ観光スポットの一つである東大門周辺

このあたりが多く、基本的に出没する時間は

午前1時から4時が多い

とのこと。

実際にソウル市は、2016年5月~6月までの2ヶ月間で34件もの『ぼったくりタクシー』を摘発し、行政処分をしているそうです。

これらは、あくまで氷山の一角で、まだまだ『ぼったくりタクシー』はあとを絶えない模様。

そのため、何も警戒せずに外国人が空港などでタクシーを拾おうものなら、後でとんでもない目に遭う話を耳にします。

まず、手口としては、

先に韓国語を話せるかどうか確認し、話せないようなら外国人旅行客とみなして、勝手にメーターを上げたりして、ぼったくり対象に入る

と言われています。

これは韓国に限った話ではありませんが、日本国内を旅行するような感覚でいたら、海外では日本人をターゲットに金品を奪おうと画策してくることがあります。

くれぐれも、海外では、安易な考えで行動しないように注意しましょう。

とくに、女性の場合は1人での旅行は控えましょう。

韓国では、こういったぼったくりのみならず、性的暴行に遭う機会が多い国なので、自分の身を守りたければ、韓国には近づかないことをおすすめします。

 

韓国のぼったくりタクシーの運賃とは?

韓国の『ぼったくりタクシー』は、実際にはどれくらいの運賃を請求してくるのでしょうか?

どうやら行き先によって、その運賃料金はピンきりで一概にどれくらいの金額とは言い切れません。

ただ、1,000円程度のところを5,000円で請求したりすることもあれば、多い場合では、通常の

20倍前後

の料金を請求されるとの情報も…。

もちろん、運賃としての請求額は、その距離に見合った金額ではなく、乗車させる人の母国・身なり・持ち物を見た上で、

「これくらいなら請求できるな」

と判断して、タクシー運転手が法外な金額を請求してくるのです。

単純に2倍の運賃料金を要求されることもあれば、先ほどのように20倍もする運賃料金を要求されるケースもあるとのこと。

中には、ロッテワールドから明洞まで、通常なら13,000ウォンのところを、勝手にメーターを操作して200,000ウォンと表示

当然もめて、警察が出てきても埒が明かず、結局1人あたり30,000ウォン支払わされた例もあるそうです。

では、こうした『ぼったくりタクシー』に遭わないためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

韓国旅行でぼったくりタクシーに遭わない対策

韓国の『ぼったくりタクシー』に遭わない対策を考えてみましょう。

まず、一番安全なのは、

  • 模範タクシーを利用する
  • インターナショナルタクシーを利用する

この2点でしょう。

この2つのタクシーは、いずれも通常のタクシーより20%増しの料金となっていて高額ではあります。

しかし、確実にぼったくりに遭うことはない、安全なタクシーです。

まず、模範タクシーというのは、

国の規定をクリアした運転手のみが運転できる黒いタクシー

となっていて、黄色いランプ部分に

모범(模範という意味)の2文字が書かれている

ことが特徴です。

続いては、インターナショナルタクシーについて。

このインターナショナルタクシーというのは、車体がオレンジ色をしていて、

『INTERNATIONAL TAXI』

英語で書かれていることが特徴。

このインターナショナルタクシーは、予約も可能なので、ぜひ利用してみてください。

 

さて、とはいえ上記のタクシーは通常のタクシーに比べると割高です。

この他に、『ぼったくりタクシー』の対策はないのでしょうか?

『ぼったくりタクシー』は、違法タクシーというだけあって、必ず何らかの特徴がみられます。

その特徴を知っておくだけでも、

「あ、このタクシーは怪しいな」

と、『ぼったくりタクシー』の疑いを持つことができ、乗車回避に繋がります。

次に、『ぼったくりタクシー』の見分け方を3つ紹介していきます。

ぼったくりタクシー対策1 タクシーのナンバーをチェック

韓国のタクシーは、実は、ナンバーで違法タクシーか認可タクシーかを確認することができます。

韓国の車のナンバープレートは、左から順に、

『地域/2桁の数字/ハングル1文字/4桁の数字』

というパターンとなっています。

そして韓国の認可タクシーというのは、ナンバーが決まっていて、

ナンバープレートの2桁の数字が30番台(30~39)

となっているのです。

さらに、韓国の認可タクシーは、ハングル1文字の部分が、

『아』『바』『사』『자』のどれかと決まっている

という特徴もあります。

もし、

ナンバープレートの左側の2桁の数字が30~39以外、もしくはハングル1文字の部分が『아』『바』『사』『자』以外

であれば、それは違法タクシーです。

見つけたら、韓国の犯罪申告番号である『112』に通報してしまうのもいいかもしれません。

ぼったくりタクシー対策2 バン型や日本語OKのワードに注意

『ぼったくりタクシー』の見分け方として、まず、違法なタクシーに多いタイプを知っておくことが大切です。

そこで、

  • バン型の大型タクシー
  • 日本語OKというワード

には注意し、乗らないようにしてください。

とくに、黒塗りのコールバンタクシーは絶対NGです。

これは韓国で『ぼったくりタクシー』に遭った人が、口をそろえて

「これだけは乗るな!」

と注意しているため、バンタイプのタクシーはまず近づかないようにしましょう。

ぼったくりタクシー対策3 乗車前に値段交渉するタクシーを避ける

日本でタクシーを乗ったことのある人なら知っていると思いますが、タクシー料金は、メーターによって算出されるのが基本です。

乗車前から値段交渉することは、絶対にありえません。

そのようなタクシーは、100%『ぼったくりタクシー』と言っても過言ではないので、絶対に乗らないようにしましょう。

ただ、この方法はあまりおすすめできません。

なぜなら、

「道に迷った」

などと言って、ぐるぐると同じところを回り、メーターを引き上げようと企む悪質な運転手もいるからです。

なので、この対策は、あまり有効ではないとも言えます。

 

以上が、簡単な『ぼったくりタクシー』の被害に遭わないための対策です。

これらの予備知識を頭に叩き込み、対策を立てた上で、韓国旅行するようにしてくださいね。

 

まとめ

韓国の『ぼったくりタクシー』はかなり悪質。

あからさまに現地での立場の弱い外国人旅行客をターゲットにして法外な運賃料金を請求してきます。

その金額も、最悪の場合、通常運賃料金の20倍前後の金額というのです。

いくら物価の安い韓国だからといって、とても許容できる話ではありません。

こうした『ぼったくりタクシー』の被害に遭わないよう、当記事でも紹介したような対策で、『ぼったくりタクシー』を見分けましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.