星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

AKB48映画『存在する理由』の内容の評判や感想レビューをチェック

更新日

2代目総監督に就任し、1年。

自分なりにたくさん考えてやってきたけれど、それは全部間違っていたのか?

また、そもそも総監督が自分に務まっているのか?

心の葛藤にずっと揺れ動いていたAKB48総監督・横山由依さん。

まさに今後のAKB48グループは、彼女が本当の意味で牽引するAKB48第2章と言えるでしょう。

そして、その第2章を想像させるAKB48のドキュメンタリー映画が、2016年7月8日から劇場公開されています。

その映画のタイトルは『存在する理由』

果たして、何をもって『存在する理由』と言っているのか。

また、実際の映画の観た方の評判や感想も気になりますので、本記事でその内容も合わせご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

AKB48ドキュメント映画『存在する理由』の内容は?

存在する理由

AKB48メンバーたちが何かの役柄に扮して出演している映画ではなく、完全にAKB48にスポットを当てて、その舞台裏を映し出すドキュメント映画は、これまで何本が劇場公開されてきましたよね。

そのたびに彼女たちの苦悩や葛藤が如実に描かれ、多くのファンを感動させてきたことと思います。

そして、2016年6月に開催された選抜総選挙の翌月、AKB48の新たなドキュメンタリー映画が公開されたことを皆さんご存知でしょうか?

その映画のタイトルは、『DOCUMENTARY of AKB48 存在する理由』。

サブタイトルに今回は『存在する理由』と明記されていますが、あくまで筆者の感想を言うと、

『今にもAKB48が解散して無くなってしまうのでは?』

と思ってしまうような、すごく意味深なタイトルという印象です。

一部では、高橋みなみさんが総監督を務めていた時代の第一章にスポットライトを当てて描いているからこそ『存在する理由』というサブタイトルが明記されているという話もあるようです。

ですが、はっきり言って、このAKB48の映画『存在する理由』は、高橋みなみさんに焦点を当ててはいません。

むしろ、これからのAKB48にスポットライトを当てているといった方が良いかもしれません。

では、具体的に、この映画『存在する理由』の内容に触れていきたいと思います。

AKB48は、この10年の間で色んな物が変わってきましたよね。

神セブンとして活躍してきた先輩たちが続々と卒業し、残り続けるのは1期生は峯岸みなみさんだけで、神セブンとして第1回選抜総選挙から活躍し続けているメンバーも、渡辺麻友さんのみとなってしまい、まさにAKB48はピンチを迎えているのだと思います。

実際に、HKT48に指原莉乃さんが移籍し、HKTはかなり台頭してきましたが、新潟に姉妹グループが結成され、その他にも海外にも姉妹グループが誕生するなど、AKB48グループの規模ばかりが拡大していて、濃度的には薄まってしまっている…

そんな印象も感じられています。

それこそ、渡辺麻友さんが選抜総選挙のスピーチで発言されていた

『数々の先輩が抜けて今のメンバーではカバー出来なくなってきた』

というフレーズに凝縮されているのではないかと思います。

そして、AKB48に待ち受ける試練はこれだけではなく、公式ライバルグループとして結成されている乃木坂46にも姉妹グループ欅坂46が誕生し、よりアイドル戦国時代が激化したことで、うかうかしていたらAKB48グループですら、生き残っていけなくなります。

それだけ厳しい状況に陥っているAKB48を取り巻く環境だからこそ、彼女らは、不器用ながらも一生懸命に、もがきあがこうとしているのです。

それは、AKB48が人気アイドルグループとなった根底にある魅力でもある元々スター性のない女の子たちの一生懸命さに相通じるなにかがあるのではないかと思います。

今回のAKB48の映画『存在する理由』は、そんなAKB48メンバーたちの苦悩や葛藤を多角的に捉えて描いた作品となっています。

高橋みなみさんが総監督というバトンをどんな心境で、横山由依さんに渡したのか、逆に横山さんはどのような気持ちでバトンを受け継いだのか…

その他にも、メンバーたちの本音が描かれていることはもちろんのこと、彼女たちだけでなく、モー娘。のプロデューサーであるつんく♂さんへのインタビュー動画や、期待されながらも、なかなか活躍できなかった卒業生・光宗薫さんや、内田眞由美さん達の声なども描いていきます。

きっと、多くのファンは、単純にAKB48の舞台裏と考えているかと思いますが、そんなちっぽけな箱庭で描いた作品ではなく、アイドル業界全ての視点で多角的に分析し、今AKB48が存在する理由をそれぞれの視点でリアルに描いている…

映画『存在する理由』は、AKB48に関わるあらゆる人達までとらえた、未来のAKB48が、それぞれにとって必要とされる理由までを指し示し、そのリアルな声を本作で描いていると言っていいでしょう。

また、この映画の一つの魅力として、これまで明かされてこなかった謎も、明かされていきます。

例えば、2014年8月18日に東京ドームで開催された

『AKB48グループ東京ドームコンサート~するなよ?するなよ?卒業発表するなよ?~』

の中で、チーム4の『桜の木になろう』のパフォーマンスで、岡田彩花がセンターに抜擢された理由も明らかにされます。

正直、あまり目立つことのなかった彼女が、何故、突如センターに起用されたのか、彼女のファン以外の人達にとっては、首をかしげるような話だったと思います。

当時のチーム4(峯岸チーム4)には、2016年の選抜総選挙で選抜入りを果たした岡田奈々さんや、元SKE48のメンバーだった木崎ゆりあさんも所属していましたし、とても岡田彩花さんがセンターに入り込む余地はなかったように思います。

それだけ岡田彩花さんが目立っていなかったことは紛れもない事実ですし、確かに首をかしげたくなるような彼女のセンター起用ではありました。

しかし、これにはある理由が存在し、その事をリアルに描き、映画『存在する理由』の締めとしているので、多くのファンが泣けたと言っているそうです。

その理由と最後に岡田彩花さんが電話で母親につぶやいた言葉は、ぜひ、劇場で確認していただきたいと思います。

この映画『存在する理由』は、メンバー、プロデューサー、週刊誌の記者など、ありたらゆる人たちの目から見た、AKB48が存在する理由が凝縮された映画となっている…

ふとそんな印象をこの映画から受けたような気がします。

これまでの10年と言うよりも、これからのAKB48をそれぞれがどのように捉えているのか。

壮大なスケールで映しだされていますので、ぜひ、気になる方は一度ご覧になってみてくださいね。

 

AKB48映画『存在する理由』の内容の評判は?

今まで以上に多方面からAKB48の未来を描いていくドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 存在する理由』ですが、既に劇場公開されてから1ヶ月ちょっと経過しようとしていますが、この映画の評判としては、どんな感じでしょうか?

そこで、ネット上での映画『存在する理由』の評判を調べてみることにしたところ、絶賛している人も確かにいましたが、全く感動すること無く酷評されている方もいて、まさに賛否両論であることがよく分かりました。

まぁ、どんなに素晴らしい映画だったとしても、観る人によっては賛否が分かれるのは当たり前ですし、全員が絶賛しているという方が逆に気持ち悪く、ある意味、妥当な評判と言えるでしょう。

ではもう少し具体的に、この映画の評価・評判を見ていきましょう。

やはり、絶賛されている方の多くは、AKB48メンバーだけでなく、これまであまりスポットライトに当たることのなかった元メンバーにもスポットが当てられていることや、最後の締めくくり方を高く評価されているようですね。

また、外部にもスポットが当てられているのが面白いという意見もありました。

確かにつんく♂さんやももクロのマネージャーである川上マネージャーは、商売敵という存在ですし、そんな人達へのインタビューを流しているというのは、AKB48のドキュメントとして斬新ですよね。

それだけ、アイドル戦国時代の現状を、多方面からわかりやすく描いているからこそ、映画に共感する人も多かったのではないかと思います。

一方、酷評した意見としては、ただ監督がいろんなところで取材したインタビューをつなぎあわせただけの継ぎ接ぎのような作品と感じていた方もいらっしゃったようです。

確かにドキュメンタリー映画ですし、ドラマのようなストーリー性は重視されていない映画ですから、『存在する理由』が映画作品として面白みに欠けるという意見もよく分かる話でしょう。

ただ、それは裏返せば、目的のために作りものではないリアルな姿を映し出している証とも言えます。

AKB48の存在する意味が、人の立場によってどのように変化していくのか…

その辺のリアルな姿を映し出す本作品に対して、評価するのか、つまらないと酷評するのかで意見が分かれている…

それが、『存在する理由』に対する素直な評価といったところのようですね。

 

AKB48映画『存在する理由』に対する感想

存在する理由

映画『DOCUMENTARY of AKB48 存在する理由』には、つんく♂さんや、ももクロの川上マネージャー、そして元AKB48メンバーである光宗薫さんや内田眞由美さんなど、AKB48以外のキャストもたくさん出演されています。

しかし、あくまで本作の根幹はAKB48のドキュメンタリーであり、ドラマや設定のあるストーリーものとは全く装いが異なります。

だからこそ、いろんな人達のインタビューを元に、AKB48のリアルな姿や舞台裏を観てみたいと思う人には最高の映画となるでしょう。

逆に映画にストーリー性を期待している人には不評となるのだと思います。

ただ、その感じ方・捉え方に違いはありますが、筆者としては、やはりAKB48を通じて、不器用でも一生懸命努力していく姿に感銘を受けますし、弱い部分も強い部分も見せながら、その中で本音が綴られている姿は、素直に感動します。

そして、今回は、AKB48の姿を多方面から描いているので、アイドル戦国時代においてのAKB48の立ち位置も見えてきて、ある意味面白い趣向となっているように思いました。

じゃんけん選抜初代センターの内田眞由美さんが、焼肉屋を経営していたという事実も改めて分かり、AKB48を卒業していったメンバーたちの現在も少し見え、色んな角度から楽しめる点も好感が持てましたね。

まぁ、アイドルを辞めた元メンバーの現在なんてどうでもいい!と言われたら、それ以上何も言いようが無いのですが…。

きっと観る人が見たら色んな角度で楽しめるというのが、本作品『存在する理由』の魅力ではないかと感じた次第です。

ぜひ、みなさんもAKB48のリアルな姿を映画で確認してみてくださいね。

 

まとめ

AKB48選抜総選挙の翌月、2016年7月8日に公開されたAKB48のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 存在する理由』は、これまでのAKB48の歴史を振り返るというよりは、未来のAKB48の姿を映しだした映画となっています。

それも、メンバーたちだけの裏側を映し出しているわけではなく、週刊文春や、つんく♂さん、グループの卒業生など、AKB48から離れている人たちのインタビューも交えながら、多方面からAKB48の姿が映しだされています。

映画の内容についての評判として、賛否は大きく分かれていますが、AKB48のリアルな姿を見たい方にはおすすめです!

ぜひラストに訪れる涙のわけを体感しながら本作品を観てみてください

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画