星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

青空エールの映画あらすじと原作漫画の結末(ネタバレ)をチェック

更新日

高校球児たちが白球を追いかけ熱い戦いを繰り広げていく甲子園…

そのひたむきな姿は、毎年数々のドラマを紡ぎ上げ、今年も多くの奇跡が生まれているようですね。

当然その裏では、勝利に手が届かず悔しい思いをしている選手はもちろん、怪我などのアクシデントに見舞われ、せっかくの出場チャンスをも失う高校球児もいます。

そんな高校球児達の甲子園にかけた想いや、彼らを応援している女生徒との、ほのかな愛を描いた映画『青空エール』が2016年8月20日に劇場公開となるそうです。

果たしてこの映画『青空エール』では、どんな青春が描かれていくのか…

本記事では、映画『青空エール』のストーリーあらすじや原作ネタバレ、果ては結末までをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

映画『青空エール』のストーリーは甲子園!

青空エール

多くの大人たちは、中学・高校時代に何かしらの夢を追いかけ、時に心が折れそうな挫折も経験しながら、友人同士で励まし合い、諦めずに前を進んでいたことがあると思います。

それは、漠然としたものかもしれませんし、幼い頃から明確に目標を描き、そこに向かってひたむきに進んでいたことなのかもしれません。

映画『青空エール』に登場する主人公たちも、励まし合いながらも夢に向かって突き進んでいます。

一人は、

『甲子園でトランペットを吹いて応援したい!! 』

と、少々不純な動機で吹奏楽をはじめた全くのトランペット素人の女子生徒・小野つばさ。

彼女は、高校球児をスタンドから応援する吹奏楽部の演奏をテレビで見て、それに憧れ、吹奏楽の名門・白翔高校吹奏楽部に入部します。

そして、夏の吹奏楽コンクール全国大会で1位に当たるゴールド金賞を目指すことに…

もう一人は、中学時代からキャッチャーとして名を馳せ、高校では甲子園で活躍することを期待され、自身も甲子園を夢見て白球を追いかけ続けていた高校球児・山田大介。

2人は高校のクラスメイトとして出会い、友達として寄り添い、励まし合いながら時を過ごしていきますが、やがてその想いは恋心へと変化していきます。

そんな夢と愛の詰まった素敵な青春映画が『青空エール』なのです。

この映画の予告編を筆者も観させていただきましたが、漠然ながらも音楽の夢を抱き、時に挫折し、心が挫けそうになりながらも目を輝かせていたあの頃が懐かしく、ふと脳裏に思い出されます。

きっとみなさんも、純粋無垢で一つの夢や愛を追いかけていた青春時代があったはず…

この映画『青空エール』は、そんなみなさんの懐かしい思い出を蘇らせてくれるような素敵な映画だと筆者は考えています。

そして、今現在、中学生や高校生として夢や愛を抱きながら、青春時代を謳歌している学生たちには、どこか共感できるような映画になっています。

この映画『青空エール』の根幹にあるテーマは、夢や愛を抱き青春時代謳歌する学生たちをバックに描いた『応援(エール)』であり、その一つの舞台として用意されたのが甲子園…

今まさに、甲子園では、高校生たちの熱い夏の闘いが繰り広げられています。

その中には、甲子園の舞台に出られず悔しい想いをしながらテレビ越しに高校野球を見ている生徒もいるかもしれません。

甲子園に出場し、優勝候補と言われながらもベスト16に入ることすら出来ずに波乱を起こされ、敗れ去ったものもいるでしょう。

とくに2016年は大波乱の年で、早稲田実業(西東京)の清宮幸太郎くんも、甲子園に足を踏み入れることが出来なかったくらいですから、甲子園に出ることがいかに大変なことなのか、改めて痛感させられました。

また、仮に出場したとしても信じられないドラマが待ち受けているということを、ここ数日、高校球児たちの熱闘を観て、筆者自身、改めて感じさせられ胸が熱くなりましたね。

そんな甲子園での熱闘も、予定では8月20日に準決勝、翌日の21日には決勝が行われます。

映画『青空エール』も、甲子園のクライマックスに合わせているのか、2016年8月20日に公開予定となっています。

2016年は、リオ五輪も開催され、まさに映画と現実世界がリンクするようなタイミングで映画公開されるので、いろんな意味で共感できるのではないかと思います。

なお、主人公(ヒロイン)の小野つばさを演じるのは、NHK朝ドラ『まれ』、映画『orange』でもヒロインを演じていた女優・土屋太鳳さん。

一方、つばさがほのかに恋心を抱く高校球児・山田大介をドラマ『下町ロケット』への出演などで注目され、ただいま人気絶頂のイケメン俳優として活躍されている、竹内涼真さんが演じます。

奇しくも2人は、TBSドラマ『下町ロケット』で共演し、土屋太鳳さんは阿部寛さんが演じた主人公・佃航平の娘・佃利菜(ヒロイン)を演じ、竹内涼真さんは航平の経営する佃製作所の技術開発部の社員で、第二部(ガウディ計画篇)の中心人物・立花洋介を演じています。

お互いにドラマの根幹を支える重要な役を演じ、共演された間柄の2人ですから、今回の映画『青空エール』でも素晴らしいハーモニーを響かせてくれることと期待に胸が膨らみますね。

果たして、土屋さん・竹内さんを中心に、『青空エール』で、どんな素晴らしい青春映画を描いてくれるのか楽しみにしたいものです。

 

『青空エール』の映画原作は漫画作品!

近年の映画は、賛否は分かれていますが、漫画作品が原作となっているものが多いですよね。

広瀬すずさんが主演を務めた『ちはやふる』、土屋太鳳さんが主演を務めた『orange』、そして、実写映像化するには無理があったと酷評され、変な意味でも話題になってしまった『進撃の巨人』など、漫画原作の作品を挙げ出したらキリがありません。

実は、映画『青空エール』も漫画が原作となっています。

その原作漫画とは、漫画家・河原和音先生が描いた同名漫画作品。

河原和音先生は、北海道滝川市出身の漫画家で、別冊マーガレットを中心に連載し続けている有名な女性漫画家です。

代表作となる『先生!』は、1996年から2003年まで別冊マーガレットで連載され、きら先生の『まっすぐにいこう。』、永田正実先生の『恋愛カタログ』と共に、当時の別冊マーガレットの大人気作品として連載されていました。

ちなみに『まっすぐにいこう。』は、若月家で飼われている愛犬『マメタロウ』を主人公に犬目線で物語が進んでいくほんわかしたストーリーの漫画作品で、過去にアニメ化もされ、その主題歌をaikoさんが手がけていたことでもおなじみです。

そんな人気作品と共に、別冊マーガレットの代表作として名を連ねた漫画作品『先生!』を手がけていたのが、河原先生なのです。

また、河原先生は、俳優・鈴木亮平さんが役作りのために30kgも激太りしたことで話題になった映画作品『俺物語!』の原作となる、同名漫画作品の原作も手がけています。

少女漫画ファンでなくても、意外と私達と接点の多い漫画家と言えるでしょうね。

そんな河原先生が、『青空エール』で高校生たちの青春物語をどのように描いてくれているのか…

既に『青空エール』の連載は終了していますので、後ほど、結末までのネタバレもしていきますが、気になる方は、ぜひコミックスを読んでみてくださいね!

⇒スマホで漫画を100円で読むならこちらをチェック!

映画『青空エール』の原作ネタバレ!結末は?

さて、ここからは、『青空エール』劇場公開を前に、原作上で描かれているストーリー内容(あらすじ)や、結末をネタバレとしてご紹介していきます。

ネタバレが嫌という方は、ここから先は読まないでください。

逆に、先に『青空エール』のストーリーや結末が知りたいという方は、ぜひ予備知識としてご覧下さいね。

青空エールのストーリー(あらすじ)

甲子園で鳴り響く楽器の音色は、白球を追いかける高校球児たちのエールとなって、球場全体に響き渡る素敵なハーモニーを奏でてくれる…

そんな素敵な光景を小学生の頃にテレビで見た、小野つばさ(この映画のヒロイン)は、楽器演奏をしたことのない全くの初心者ながらも、いつしか、

『甲子園で楽器を演奏して応援したい!! 』

と思うようになります。

動機は不純でしたが、甲子園で楽器を演奏し応援している吹奏楽部員達の光景に憧れていたつばさは、その想いを実らせるため、吹奏楽の名門・白翔高校に入学し吹奏楽部に入部。

しかし、不純な動機だけでは、吹奏楽部の厳しい練習についていけず、入部早々、何度も挫折しそうになってしまうのです。

一部の吹奏楽部員達からは、

『そんな軽い気持ちで入部されても困るし辞めてくれる?』

と冷たい態度を取られ、つばさ自身、音楽を楽しむことすら出来なくなり、吹奏楽部が甲子園で演奏していたのをテレビで観ていた小学生時代の瞳の輝きは、既に消えかけていました。

そんなつばさを励まし応援し続けてくれたのが、高校球児として甲子園を目指す野球部員でつばさのクラスメイトの山田大介。

彼は中学時代から有名なキャッチャーで、甲子園で活躍することを期待されていましたし、彼自身、甲子園に出ることを夢に抱いていました。

そんな2人は、ある約束を交わします。

その約束とは、

『必ず甲子園に行くから、その時スタンドで応援して欲しい』

といった約束でした。

つばさは、何度も挫けそうになりながらも、必死に厳しい練習についていき、やがて大介に対して、ほのかな恋心を抱くようになります。

一方、大介もつばさを励ましながらも自身の夢に向かって突き進みます。

しかし、そんな2人をあるハプニング襲いかかります。

地方大会決勝戦で、大介に出場のチャンスが巡ってくるのですが、その大事な場面でミスをしてしまい甲子園の切符を逃してしまうのです。

さらに自責の念で自身を責めた大介を励まそうと、勝手にトランペット演奏をして謹慎処分を受けてしまうつばさ…

その後、つばさは、大介に愛の告白をしますがフラレてしまい、同じ頃、吹奏楽部も野球部同様、全国の大会に行くことが出来ませんでした。

月日が流れ、2人が2年生になってからも試練は続き、この年も、ある事情が重なり甲子園へ行くことが出来ず、吹奏楽部も実力が足らずに全国へはいけずじまい…

そして3年生となり、2人にとってラストチャンスとなる年にようやく夢が叶い、1年生の時に交わした約束が実現され、友達以上恋人未満だった2人は恋仲へと発展していくことになるのですが…

 

以上が、『青空エール』の大まかなストーリーあらすじとなっています。

一応、事細かくご紹介してしまうと、映画『青空エール』を観る楽しみが半減してしまうので、ざっくりとご紹介させて頂きましたが、その分、簡単にあらすじをつかめるようにわかりやすく説明してあるつもりです。

あとは、ぜひ劇場に足を運び、『青空エール』をみなさんの目で確かめてみてください。

青空エールの結末(ネタバレ)

さて、最後に『青空エール』の結末についてもネタバレします。

ストーリーあらすじの解説では一切触れませんでしたが、実は、大介は3年時に甲子園出場を果たしますが、1回戦で、千葉県代表の楡岡学園と延長14回の闘いを繰り広げながらも敗れてしまいます。

そして、高校球児として野球に情熱をかけた時代が幕を閉じることとなりますが、

『推薦入学で大学に入りまた野球を続けていくつもり』

と、つばさに告げます。

つばさは、

『(野球に)頑張っている大介君を見続けていたい』

と、言葉を返しますが、大介から、

『観るんじゃなくて、一緒の大学に入って応援して欲しい!!大学でも吹奏楽部があって応援できるよ』

と言われてしまいます。

そんな大介の言葉にハッとさせられたつばさは、自身もまだ吹奏楽を続けたいとい気持ちに気が付き、

『応援したい!!』

と返答し、2人は一緒の大学への進学を目指すことになるのです。

高校3年間で、両思いとなり交際することになった2人は、高校生としての夢は終わってしまったけど、2人の道はまだまだ続いていくわけです。

そして、2月を迎え、吹奏楽部の引退式(お別れ会)が行われ、その席で最後のスピーチとして、つばさは、みんなが『頑張れ!』って言ってくれて、ここまで来られたことを、後輩たちに語りかけます。

今後も、誰かが辛そうにしていたら、

『大丈夫信じているから…頑張れ!!』

と声を掛けてあげて欲しい、また、声を掛けられた人は、

『その言葉を胸に頑張りぬいて欲しい』

と語り、最後は合奏で会を締めくくります。

学校を出ようとすると、大介が校門でつばさのことを待ってくれていて、ふたりは一緒に雪道の中を仲良く帰っていくのでした。

 

以上が、『青空エール』の(原作上での最終回を中心とした)結末となっています。

さすがに甲子園優勝というハッピーな展開は待っていませんでしたが、つばさ、大介の2人が高校で出会い、友人として励まし合いながら想いを通わせていく姿や、両思いとなり今後の長い人生を共に歩んでいこうとする姿に、少しの幸せを感じさせられます。

きっと彼らのことですから、ゆくゆくは結婚し、幸せな家庭を育み、子供にも恵まれ、お互い夫婦として成長しあっていくのではないかと思います。

ストーリーとしては2人の将来は描かれていませんが、その事を想像させるような、思わず胸キュンしてしまう2人の淡い青春ストーリーに心を癒やされます。

何かと殺伐なニュースが流れてくるこの時代、きっとみなさんの心もどこか疲弊してしまっているのではないでしょうか。

そういう時代だからこそ、少しでも多くの人達が、『青空エール』のような青春映画を観て、心をときめかせてどこかしら明るくなってもらえたらと願っています。

まとめ

2016年8月20日から公開される映画『青空エール』は、甲子園を一つの舞台に、甲子園に出場したいと夢見る高校球児を応援する女性吹奏楽部員との淡い青春物語を綴った作品となっています。

『必ず甲子園に出場するから、その時スタンドで応援して欲しい』

と約束を交わし、お互い励まし合いながら成長していきつつ、次第に恋心を募らせていく…

そんなどこか懐かしい、高校生だからこそ描ける胸キュン青春ストーリーとして描かれているのです。

漫画原作として映画化される『青空エール』には、きっと共感できる部分がたくさんあると思いますので、ぜひ、みなさんも一度、その世界観を体感してみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画