星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

マイ電柱の価格(費用)や工事費はいくら?音の違いをチェック!

投稿日

音楽好きな人の中には、極限まで音質にこだわる人がいます。

また、音質にこだわるだけでなく、音響機器そのものを収集するという人もいるらしく、これらの人たちをオーディオマニアと呼ぶそうです。

そんなオーディオマニアをこじらせ、相当な深い領域に入ってしまうと、『マイ電柱』まで購入する猛者になってしまうこともあるのだとか。

はたして、『マイ電柱』とは一体何なのでしょう?

マイ電柱なだけに

『自分だけの電柱』

ということはわかるんですが、そうする理由や仕組みがいまいちわからない謎として残ります。

そこで、当記事では、マイ電柱の意味や、購入費用など、オーディオマニアの極め付けといえる領域・マイ電柱について調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

マイ電柱とは?オーディオマニアの極み!

電柱

音楽が好きな人の中には、

『音質に徹底的にこだわる』

という人がいたりしますよね。

たとえば、いいヘッドフォンを使ったり、良いスピーカーを用意したり…。

音に対して、それなりのこだわりを持っていると思われるのですが、いいヘッドフォンやスピーカーを用意する程度では、真のオーディオマニアからは

「その程度じゃ甘ったるい!」

と鼻で笑われてしまうレベルみたいです。

確かに、オーディオにこだわるのなら、機器よりもまず部屋の構造に力を入れるべきだという人も多いような気がします。

では、そんなオーディオマニアが極限まで音質にこだわった場合、何をどうするのか?

それが、電源からこだわることです。

『電源&アクセサリー大全』という本が発売されているくらいですし、電源メーカーに勤めている人の経験談として、時々電源の発注をしてくる客がいるといいます。

いいスピーカーがあっても、電源がイマイチであれば、濁ったものをそのまま再生してしまうということなのでしょう。

これでは、イマイチよくわかりませんが、簡単な例えにしてみると、ホースから出てくる水が濁っているか、綺麗に澄んでいるかの違いになるのでしょうか。

そして、そんな音源からこだわる人たちは、なんとマイ電柱の購入までもするのだそうです。

オーディオマニアが、マイ電柱の購入する理由も同じです。

要するに、先ほどと同じく、いくら良質の機器を使って音を聞いたとしても、電源がピュアでなければ、意味がないという理論からくるのでしょう。

一般的な電柱は、当たり前ですが、周囲の家と電源を共用することになります。

オーディオマニアによれば、これらの電柱だと、どうしてもノイズが入ったりしてしまうため、不満なのだそうですよ。

ノイズが入ってしまうと、音に奥行きがなくなったり、微妙に聞こえない音が出てくるのだとか。

『まさか、そんなはずないだろう…』

と思ったりもしましたが、引っ越しをしたら急に再生音が良くなった、というような話も実際にあるみたいです。

とくにオーディオのためだけに引っ越しをするという人もいるくらいなので、おそらくオーディオマニアの語る電柱理論は間違いないのでしょう。

とはいえ、わざわざ自分が聴く音のためだけに電柱を建てるなんて、とんでもない話ですよね。

電柱そのものの価格や、設置するまでにかかる費用などが、一体いくらかなども気になってしまいます。

当記事を読んで、マイ電柱を設置する人が出てくるのかどうかはわかりませんが、次にマイ電柱の価格や費用についても調べてみることにします。

 

マイ電柱の価格・費用はいくら?

オーディオのためとまで言わなくても、自宅の敷地にある離れの小屋を取り壊したり、家を建てる場所の関係上、どうしてもマイ電柱を建てなければならない、といったケースも存在します。

また、交通事故などを起こして電柱を折ってしまい、運悪く保険に入っておらず、電柱の費用を全額負担をする羽目になってしまったという場合もあります。

以上の状況に陥った時のためにも、マイ電柱が果たしていくらくらいするのか知っておきたいところですよね。

さっそく、電柱が1本いくらくらいするのか調べてみたのですが、価格はマチマチで複雑みたいです。

どうやら電柱そのものは、長さやブランド、中古か新品かで変動していくそうで、おおよそ一本2万~10万円程度らしいです。

中古の電柱だと、場合によっては無料で譲ってくれるケースもあるそうですが、そういった場合の電柱は、基本的にアマチュア無線を趣味にしている方が建てるような電柱になるでしょう。

この価格は、あくまでも何もない、ただの長いコンクリート棒として見た場合の電柱の価格です。

電柱に何をつけるかで、工事費、つまり電柱の費用は跳ね上がることもあり、ここが電柱の費用がピンキリになっている所以です。

電柱にかかる工事費の中でも、さまざまな種類があり、たとえば運搬費。

これは電柱設置をお願いする会社、または電柱の保管場所がどこにあるかで変わってきます。

基本的には設置する自宅までの距離で算出されるみたいですね。

そして電柱を埋める工事には、どんな重機を使うか、重機を何回呼ぶかでも費用に大きく関わってきます。

とうぜん重機の数が増えたり、呼ぶ回数が増える度に費用は増大していきますので、ここはできるだけ1回だけで済ませたいところでしょう。

また、アンテナなど、電柱に設置するものでも工事費は変動するため、本当に何とも言えないのが実情なのです。

調べていた中で、聞いた話などを考慮してあえて言うならば、電柱の価格そのものは2~10万円程度ですが、工事の費用が少なくても20万円以上となるので、最終的に約30万~数百万もの費用が必要ではないかと思います。

「30万から100万以上なんて、ちょっと差がありすぎて適正価格がわからない!」

と言われてしまうと、なんとも言えず非常に申し訳ないのですが、ケースによりけりなのです。

『マイ電柱の設置』ということを今回の話題にしていますが、オーディオ目的でマイ電柱を購入された弁護士・森田武男さんは、音質にこだわった結果、約100万円をかけて、マイ電柱を設置しています。

森田武男

森田武男さんは82歳という高齢なので、おそらくアンテナなどの設置はおろか、マイ電柱設置のおける全作業を業者に任せたため、高額な費用になったのでしょう。

そのため、基本的に最高の音質を求めたオーディオ目的のマイ電柱を建てる場合でもなければ、マイ電柱にかかる費用が100万円は滅多に超えないかと思います。

やむを得ず、マイ電柱を立てなければならない場合などは、せいぜい20~30万で収まるでしょう。

ちなみに、電柱はその長さによっては自治体への申請が必要になるため、立てる際には注意しておきたいですね。

では電柱の工事費が、100万円を超えてしまうケースはどういった時か?

それは、事故で電柱を折ってしまった場合です。

ここで問題になるのは、折った電柱が供給していた電気の使いみちです。

田舎の街灯のあかり数本程度にしか、電気が供給されていない電柱の賠償であれば、とくに大したことなく、20~30万程度で済みます。

しかし、これが電力会社が所有していて、電力線が引かれていたり、公衆電話の電話線が引かれているようなものだと悲惨なことになるのです。

電力会社による工事費用などの負担も必要となってしまい、軽々と100万円を超えてしまうでしょう。

さらに、停電した時間分の損害賠償請求をされてしまったとなったら、たまったものじゃありません。

ここまで考えると、交通事故は絶対に起こしたくないものですね。

万が一を考えて、保険に入っておくのも重要なことだなと感じた次第です。

まぁ、筆者は車を所有していないので、車で電柱を破壊してしまうというようなことはありえないわけですが…。

 

 

まとめ

スピーカーやヘッドフォンはもちろんのこと、徹底したオーディオマニアともなれば、電源にまでこだわるそうです。

また、部屋の構造にも力を入れたり、しまいにはマイ電柱までも建てる人がいるというのですから、その道を極めるというのはまさに飽くなき探求なのでしょうね。

筆者も1つくらいは、何かこだわりを持ちたいと思ってはいるのですが、結局のところ最低限で楽しめればいいやという思考になってしまうので、マイ電柱を立てる人々の真似は到底できなさそうですね。

また、電柱の価格自体は安いものの、どういった目的で建てるのか、何を設置するのかなどによって、マイ電柱の工事費も大きく幅があることを知り、勉強になりました。

それと、車を運転される方は、電柱に激突することも考え、ちゃんと保険に入っておくことをおすすめします!。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学