星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

メタルギアサバイブの設定にパクリ疑惑?低評価で批判炎上の理由

更新日:


これぞ、小島秀夫さんに言ってほしかったコメントだったので、会場内からも拍手が巻き起こったというわけですね。

今回は、コナミの完全なるミスと言っていいでしょう。

普通に売っていれば売れたかもしれないのに、強引に『メタルギア』ブランドにしたことで大炎上…。

「これを『メタルギア』というブランドにするつもりなら買わない」

と決意するユーザーも現れてしまったほどです。

別ゲームとしてならば高評価を得られたかもしれないだけに、売りたいがために有名ブランドの名をつけさせる…。

筆者は、この一連の流れに、ゲーム自体はそこそこ評価されているものの、有名ブランドの名をつけたことで炎上、売上も低迷した『メトロイドプライム フェデレーションフォース』を思い出しました。

この『メトロイドプライム フェデレーションフォース』がたどった末路を考えると…。

おそらく、『メタルギアサバイブ』も、売上低迷で終わりそうですね。

フェデレーションフォース
メトロイドプライムフェデレーションフォースの評価が悪い理由

任天堂の人気シリーズのひとつである『メトロイド』。 新作として2016年に発売された『メトロイドプライム フェデレーショ ...

続きを見る

 

まとめ

『メタルギア』シリーズ最新作として、コナミが『メタルギアサバイブ』を発表しました。

しかし、内容は『メタルギア』の名がつく理由の見当たらない、『バイオハザード』のようなゾンビゲーム。

しかも、オンライン専用で対戦要素はなく、基本的には協力プレイのゲームみたいです。

これには日本、いや世界中の『メタルギア』ファンが怒りを爆発させ、現在Youtubeで公開されているトレーラーは低評価の嵐…。

またもやコナミは自滅し、評判を落としているのです。

名前が『メタルギアサバイブ』なんて名前でなければ、もう少し評価は変わっていたのでしょうが…。

なんとも、残念ですね。


-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.