星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

狭山ダーヨがゴミ拾いをする理由とは?正体やメンバーを調査!

投稿日

タバコのポイ捨てや家庭ゴミの不法投棄など、かつてと比較して現在の日本はどこまでも汚れているような気がします。

そんな中、何故か細かすぎるリサイクルばかりが求められ、本気で街を綺麗にする気があるかどうかも疑わしいこの時代に、『狭山ダーヨ』というゴミ拾いを続ける集団が現れ始めました。

この『狭山ダーヨ』は、2016年3月、突如として狭山駅に現れ、ヨーダのマスクに全身タイツという姿で、毎週狭山駅周辺のゴミを拾い続けているそうですが、一体彼らは何故そのような行動をとり続けているのでしょうか?

そして、この狭山ダーヨの正体や、メンバーについても非常に気になりますので、本記事でその真相を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

突如現れた謎の集団『狭山ダーヨ』とは?

狭山ダーヨ

ふなっしーや、ねば~るくんをはじめとしたゆるキャラ達が躍進したゆるキャラブーム。

彼らが登場し始めた頃、その奇抜な姿に誰もが衝撃を受けたことでしょう。

筆者もふなっしーに対する第一印象は、ただの気味の悪いおかしなゆるキャラという印象でした。

『梨の妖精』と言いながらも、ときおり凶暴化して跳びはねる出で立ちは、とても梨の妖精には見えません。

ただ、それは当時の筆者が見たことも聞いたともない異質のキャラクターだったからで、世間でふなっしーの人気が定着し、多くの番組に出演されるようになると、1つのユニークなキャラとして見られるようになっていった次第です。

それは、ねば~るくんにも同じことが言えますし、その他のゆるキャラだって同じです。

さて、そんなゆるキャラブームが続く中、新たなゆるキャラというべきか、それとも全く別の異質なキャラというべきか分かりませんが、映画『スター・ウォーズ』の登場キャラクター・ヨーダの覆面を被り、『狭山』と文字の書かれた全身タイツを着こなすキャラが狭山市に登場。

それが狭山ダーヨです。

なぜか、狭山市のゴミを"ダークサイド"と称し、そのダークサイドを一掃するためにゴミを拾い続けているそうです。

確かに町おこしの1つといえば、すべての辻褄が合う話ではありますが、なぜヨーダの覆面を被っているのか実に不思議ですよね。

ヨーダの顔は、あの体型にこそ適しているわけで、普通の人間がマスクだけしていても、不気味にしか映りません。

当然、不気味なヨーダを怖がる人が増えるのは目に見えて分かった話ですし、町おこしどころか、

狭山市がおかしくなった

と変な誤解すら与えかねないと筆者は思ってしまいます。

さて、そんな謎の集団・狭山ダーヨですが、彼らは一体どこから現れたというのでしょうか?

彼らが登場したのは、2016年3月15日のようです。

Twitterで突如、『狭山ダーヨ』という謎のアカウントが現れ、同時に、埼玉県狭山駅周辺で、ヨーダのマスクに『狭山』と文字の入った黄色い全身タイツに軍手という奇抜なルックスで、ゴミ拾いする2人組の人物が登場したのがきっかけでした。

まぁ、あのルックスですから、当然、

『何者が現れた?』

となるでしょうし、すぐさまTwitterでも注目され、フォローされていくと、次第に全国で注目されるようになり、バラエティ番組『月曜から夜ふかし』でも取り上げられることとなりました。

何でも、2016年8月22日放送分で『狭山ダーヨ』が番組に登場するらしく、放送前からネットでも話題となっているようです。

さらに詳しく探っていくと、どうやらこの狭山ダーヨは、惑星ダゴバからやって来ているらしく、このダゴバという惑星は、スター・ウォーズに出てくるアウター・リム・テリトリーに存在する惑星の1つみたいですね。

実際に、『スター・ウォーズ』の登場人物ヨーダも、惑星ダゴバに住むエイリアンで、狭山ダーヨは、ヨーダのキャラクターを踏襲した別のキャラクターといった印象です。

つまり、狭山ダーヨは、仮想の惑星ダゴバからやって来た、ゆるキャラのような存在と言っていいのでしょうね。

そんな狭山ダーヨが狭山駅周辺をゴミ拾いしていくのは、実に不思議な光景なのですが、

ゴミ=ダークサイド

と称し、ライトセーバーの代わりにトングを手に持ち、ゴミを拾い、狭山駅周辺を散策しているわけです。

そこから意外とゴミ拾いが楽しいと、狭山ダーヨの同士となる人間も増え始め、気がつけば、「フォースが足りない」と言いながら人間の仲間を集めては、ほぼ毎朝7:00頃に、狭山駅周辺のゴミを集めています。

かなり異様な光景であり、奇抜なキャラクターであることには違いありませんが、狭山ダーヨの登場によって、狭山市の人々たちが、街を少しでも綺麗にしようと考えるきっかけにはなっているはずです。

ぜひ、この運動が大きく拡大し、他のエリアでもゴミ拾いの運動の輪が広がることを期待したいところですね。

 

狭山ダーヨがゴミ拾いをしている理由

驚く男性

ただただ奇抜そのものという印象を強く受ける狭山ダーヨのゴミ拾いですが、そもそも、なぜ狭山ダーヨは狭山駅周辺地域のゴミを拾いをしながら、街を散策しているのでしょうか?

それは、狭山ダーヨ曰く、狭山銀河(狭山市のこと)をこよなく愛していて、ゴミ=ダークサイドを一掃するためにゴミ拾いを続けているそうです。

ただ、何故狭山ダーヨが狭山銀河を愛するようになったのか、その理由は正直わかりません。

そもそも、狭山ダーヨの話によると、

『狭山銀河を愛するのに理由が必要なのか?』

とのことらしいです。

確かに、何かを愛する(好きになる)のに、いちいち理由なんて必要はありませんよね。

純粋に狭山銀河を訪れて好きになった狭山ダーヨが、街を綺麗にするために人間の同士を集いながらゴミ拾いを続け、その模様をTwitterに投稿し続けているというのが、リアルな彼らの姿なのかもしれません。

それにしても、日本全国あらゆるところで空気や街並みが、排気ガスやタバコの煙、粗大ごみの不法投棄などで汚れ続けているというのに、街のゴミを拾い続ける者が現れるのは素晴らしい話で、実に頭の下がる想いです。

ここからは、筆者の意見にはなりますが、どんなにリサイクルのためにと分別を進めたところで、一部で平気でゴミのポイ捨てする輩がいれば、その時点で街が一気に汚れてしまいます。

とくにポイ捨てが顕著に見られているのがタバコの吸殻。

もちろん中にはマナーよく吸っている方もいらっしゃいますが、どこを出歩いても煙草の吸殻が捨てられていない街の道路はなかなか見当たりません。

恐ろしい話では、車中から平気でタバコの吸い殻をポイ捨てする愚か者までいるのです。

まずはこういう愚か者を徹底的に断罪し、ゴミのポイ捨てを激減させることから始めないと、一向に街は綺麗にならないでしょう。

その上で、リサイクルや、狭山ダーヨのようなゴミ拾いの運動が増えて、初めて街が綺麗になっていくというのが、本来のあるべき姿だと思いますね。

 

狭山ダーヨのメンバーは?

パソコンを見る男性

狭山ダーヨの正体は、いまだ分かっておらず、覆面の中にどんな顔を持っているのかは、いくら探っても不明でした。

あくまで

惑星ダゴバに住む宇宙人

としか言いようがありません。

そして、狭山ダーヨの仲間は、地球上では4名だけ存在しているらしく、今後さらなる仲間を増やし勢力を拡大させていく予定なのだそうです。

ただ、狭山ダーヨとしては、現状十分に仲間の数は足りているみたいで、ゆくゆくは人間たちのフォースも借りて、新狭山駅や入曽駅を中心に新たなダーヨを展開させていく予定でいるとか。

その他にも所沢、川越、入間などでもダークサイドを収集したいと意欲的で、まだまだフォースが足りないと言っているみたいです。

つまり、ゴミ拾いを行う人材(宇宙人のともいうべきか…)の力を集め、最終目標として、あらゆる地域の街並みを綺麗にしていきたいということなのです。

ただ、残念ながら狭山ダーヨにも1つ悩みがあるらしく、狭山ダーヨが狭山銀河を愛しているにも関わらず、多くの人達から怖がられてしまっているのだとか。

狭山銀河の人たちと交流を図りたいと思っているのに、それがままならず、ゴミを拾って狭山銀河のために行動している狭山ダーヨが、一方的にルックスだけで気味悪がられてしまっているのは、少し可哀想な話ではありますね。

狭山ダーヨは、私達人間が見たこともない異質な存在なので、致し方ない部分はあるのかもしれませんが、根気強く交流を図り、慣れていけば、ふなっしーの時のように、仲良くなれるかもしれません。

そして、ゆくゆくは埼玉だけでなく、神奈川・東京など、県外を飛び越え日本全国で◯◯ダーヨという謎の集団が登場し、ゴミが溢れない綺麗な街に生まれ変わっていく時がやってくることを願いたいものです。

ただ、いずれにしても私達人間が、いち早くポイ捨てしてしまうことを悔い改めることが大前提にあるわけで、それを直さない限り、いつまでたっても◯◯ダーヨによるダークサイド一掃作戦は完結しません。

くだらないポイ捨てが、狭山ダーヨを筆頭とする◯◯ダーヨによって一掃され、より綺麗な日本になっていくことを切に願いたいですね。

 

まとめ

2016年3月、突如として埼玉県狭山市に現れた狭山ダーヨは私達人間から怖がられている異質な生物です。

しかし、見た目は異質でも、人間と交流を図り、街を綺麗にしたいと日々ゴミ拾いに没頭されているのが、狭山ダーヨ。

ゆくゆくは他のエリアでもゴミ拾いを展開する仲間を増やしていきたいと計画中で、狭山ダーヨだけにとどまらず、街の美化計画は突き進んでいくことでしょう。

ただ、何度も言うように、私達人間がポイ捨てや、ゴミの不法投棄をなくすことが大前提で、まずはその愚かな行為に厳しい刑罰を設けるなど、何らかの手段を講じる必要があるかと思います。

その上で、狭山ダーヨなどが活躍し、少しずつでも街が綺麗になっていくといいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事