星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

重信房子は現在どこに?偽装結婚の旦那と娘・メイの父親は誰?

更新日:


政治的な破壊活動と聞かされると、どうしても、『パリ同時多発事件』『アメリカ同時多発事件』のように、

中東(イラクやイスラム国など)が引き起こすもの

という印象がどうしても強いと思います。

しかし、決して日本が関係ないというわけではありません。

かつて『ハーグ事件』という大きな事件を引き起こした、日本人女性の共謀共同正犯がいたのです。

その人物の名は重信房子。

いろいろ情報を探っていくと、何やら重信房子受刑者は結婚しているらしく、旦那や娘がいるという話も耳にします。

そこで、本記事では、重信房子受刑者の現在や、娘・メイの存在、そして娘の父親(房子の旦那)の存在を探っていきます!

スポンサーリンク

ハーグ事件の共謀共同正犯・重信房子とは?

みなさんは、ハーグ事件というオランダ(ハーグ)で発生した、日本赤軍によるフランス大使館占拠事件を知っているでしょうか?

もしかしたら、その前に、

「そもそも日本赤軍って何者?」

と思う人もいるのではないでしょうか。

筆者の生まれる前に結成されたグループなので、リアルで彼らの存在を知っているわけではなく、資料などで把握しているに過ぎません。

その資料などによると、日本赤軍は、1970年代から80年代に掛けて、日本の

新左翼系団体

として活動していた、極左暴力主義の組織です。

この日本赤軍は、一時左派社会党(現・社民党)との連係を模索していた噂もありました。

ただし、この噂の真偽は不明です。

1977年9月28日に引き起こされた

『ダッカ日航機ハイジャック事件』

や、1974年9月13日に引き起こされた

『ハーグ事件』

等、様々な無差別事件を引き起こしたとんでもないグループです。

今で言うところのイスラム国のような連中と言っていいでしょう。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.