星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

0円カルピスの作り方を紹介!迷惑行為でネットの評判は大炎上!

更新日:

ファミレスのドリンクバーは比較的安い料金で誰でも利用でき便利ですよね。

それゆえに、いろいろなドリンクをミックスしたり、遊び要素を取り入れてしまう人も少なくはないでしょう。

しっかりと飲み干すならともかく、遊んだ挙句に残すとなれば大問題です。

ただ、現在の中高生の間では、それさえも凌駕する、超がつくほどの迷惑行為が流行っているそうです。

それが、『0円カルピス』

店のことも考えずに

自分たちだけが楽しければいい

として迷惑行為を平気で行うあたり、やはり中高生は思慮が浅いというか、だからいつまで経っても子供なんだなと思わされます。

それでは、迷惑行為となっている『0円カルピス』とは何なのか?

今回は、その真相をお話していきましょう。

くれぐれも、思慮分別のある皆さんは絶対真似しないようにしてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0円カルピスの作り方(レシピ)は…

中高生の間で流行っている『0円カルピス』とは、一体どんなカルピスなのでしょうか?

名前だけ聞くと、0円のカルピスなのでしょうが…。

 

調べてみると、実によろしくない迷惑行為だったことが判明しました。

なんと、ファミレスのドリンクバーを使ったものらしく、『0円カルピス』の作り方(レシピ)としては、

ドリンクバー付近に備えられている

  • ガムシロップ
  • スティックシュガー
  • レモン汁
  • コーヒーフレッシュ

といったものを使って、

『カルピスっぽい味を再現』

した飲み物を指すそうです。

味は、かなりカルピスに近くなる人もいれば、全く似ていなくて、ただただ不味い人もいて、人によって差が出るみたいです。

まぁ、要するに、

『ご自由にお取りください』

と設置されているものを使って、『0円カルピス』を作ることになるわけですが…。

良識のある人なら、この時点で、

「何してるんだこいつら…」

と思うかもしれません。

ここで、あまり迷惑行為の助長はしたくないので、分量など、具体的な作り方(レシピ)の紹介は控えておきましょう。

 

それにしても、普通に考えればわかる話ですが、店に迷惑がかかるほどの大問題です。

しかも、それを

中高生はドリンクバー代を払わずに利用している

というのです。

この『0円カルピス』などという行為を行う中高生がいかに思慮が浅はかで、やっていいことと悪いことの区別もつかない子供と再認識させられます。

誰も止めようと思わないのでしょうか…。

ともすると犯罪行為でもあるため、『0円カルピス』の何がダメなのかわからない思慮の浅い中高生のために、『0円カルピス』の問題点を挙げてみようと思います。

 

余談ですが、

コーヒーフレッシュの成分は食物油と乳化剤

です。

欧米では健康に悪影響があることから廃止されつつあるトランス脂肪酸も多く含まれています。

そもそもが食品添加物の塊なので、どう考えても健康によくありません。

そして、一番問題なのは太りやすいということ。

もしかしたら、迷惑だ犯罪だという前に、

「食品添加物の塊を大量に摂って、そんなに太りたいの?」

と言えば、中高生の中でも女子は『0円カルピス』をやめてくれるかもしれませんね。

また、ガムシロップは、高果糖コーンシロップでできていて、この高果糖コーンシロップというのは、

血糖値を激しく上昇させてしまい、肥満や糖尿病などの原因になることもある

ということもあり、間違いなく健康に悪影響を及ぼすでしょう。

太る、健康に悪い、迷惑行為…。

まさにいいことなど何一つないのが『0円カルピス』です。

 

0円カルピスは迷惑行為!犯罪の可能性も

では、この『0円カルピス』ですが、なぜこうも騒がれるようになったのでしょうか。

その理由は、いわゆる2015年辺りに流行した、Twitterで中高生が犯罪行為を自慢して投稿するという

『バカッター』行為の再来

だからです。

『バカッター』とは、2015年の夏あたりによく見られた、夏休みの中高生が迷惑行為や犯罪を自慢してTwitterに投稿。

それが警察沙汰になったり、学校を停学・退学になるなど人生を棒に振ったお粗末な行為のこと。

有名なのは、

  • コンビニのアイスケースの中や飲食店の冷蔵庫入って自撮り
  • 線路の中に入って記念撮影をした
  • 寿司屋の備え付けの醤油さしの口の部分を鼻の穴に突っ込んだ様子を投稿した

ことなどでしょうか。

また、犯罪予告ツイートをして逮捕された人もいました。

つまり、『0円カルピス』はこれらの『バカッター』と同様、迷惑行為として半ば炎上状態という意味で話題になっているわけです。

 

それでは、『0円カルピス』がなぜここまで批判されているのか説明していこうと思います。

まず、一番問題なのはドリンクバーを利用しているならともかく、

ドリンクバー代を払わずにガムシロップなどを利用している

ということ。

これは論外ですよね。

ドリンクも頼まずに、これらの付属品を利用するのは、常識的に考えてダメです。

もっと簡単に言ってしまえば、これは

無銭飲食

です。

というよりも、お金も払わずに勝手にお店の物を使っているですから、窃盗罪です!

お店の持ち物を勝手に持ち出し、利用したわけですから、おそらく窃盗罪は適用されるはず。

店側が被害届を出そうものなら、それが受理されることもありえるわけです。

ファミレス側が、それをしていないからこそ許されているだけであって、本来なら、いつお縄にかかってもおかしくない状態にあるわけで…。

その自覚を、中高生は持っているでしょうか?

まぁ持っていないからこそ、このような軽率な行為を行えるのでしょう。

しかも、

「0円カルピスやってみた!」

などと、顔出しで写真を撮ってSNSに投稿するという犯罪自慢…。

これには呆れてしまいます…。

そして、ドリンクバー代を払っていたとしても、当たり前ですが問題になります。

『ご自由にどうぞ!』

というのはセルフサービスではありません。

あくまでもドリンク類の味付けに使うものです。

ファミレス側もそのうち、張り紙をして

「備え付けの物を利用した場合、ドリンクバーを利用したとして代金を上乗せします」

と書くようになるかもしれません。

そうなれば、ドリンクバー代を請求されても文句は言えませんし、現在の状態でも最悪警察を呼ばれることがあるかもしれない…。

そういう自覚を持ってほしいですね。

どうしても『0円カルピス』がやりたいのであれば、店員に聞いてみて、それで許可がもらえたら行うようにしてください。

何も言わずに、お金も払わずにやれば、それは無銭飲食、窃盗行為で迷惑を通り越して犯罪です。

くれぐれもそれを忘れないように!

 

0円カルピスに対するネット上の評判は?

話し合う3人

中高生の間で流行っている『0円カルピス』の評判を調べてみたところ…

「ドリンクバー代払わずにやるとか、最低なゴミクズだな」

「お金ないならファミレス入るな」

「普通に窃盗。通報してやるわ」

「こういうバカのせいで今後サービスが減っていくことになるんだよ」

など、非難轟々の炎上といった状態。

また、店員が見かけて店長に報告した例もあったそうで、それによると、店長曰く、

「ガムシロップやミルクなどの使用があった場合はドリンクバーを注文したのと同じ扱いになる」

との見解を示したとか。

つまり、事と次第によってはドリンクバー代を払わなければならなくなるでしょう。

まぁ、それ以前に、

「お金もないのに何しにファミレスに来ているの?」

という話にもなります。

そもそも先ほども触れましたが、確実に健康に悪いです。

また、ファミレスで働いた経験のある人からは、

「ガムシロップなどの発注や在庫は、その日その日で限られているので、もし0円カルピスが原因でガムシロップ等の在庫が切れたら、コーヒーや紅茶の味付けに使いたい人が使えなくなる」

と、0円カルピスなどという、ふざけた中高生のおバカな遊びのせいで、本来使いたい人が使えなくなると注意の声が挙がっています。

いずれにしても、やっていることは迷惑行為。

一時期、悪い意味で話題になった『バカッター』と同じレベル、つまり下手をしたら逮捕の可能性もあるのです。

なので、もし0円カルピスを試そうとして、店側から料金を取られても、警察を呼ばれても、決して文句を言うことはできません。

そうなっても、全ては自業自得なのですから、誰も擁護はしてくれませんよ。

 

まとめ

現在、『0円カルピス』なるものが中高生の間で流行っています。

健康に悪いことはともかく、ドリンクバー代を払いもせずにコーヒーフレッシュやミルクを勝手に使っているとして、ネットで炎上状態となっています。

当然ですがこれは窃盗です。

最悪の場合、警察を呼ばれても仕方ない行為だと自覚して行動してほしいものですね。

全ての中高生がこうだとは言いませんが、こういった中高生が目立つたび、

「だから幼稚なんだよね、中高生って」

と見下されてしまうわけです。

迷惑行為を迷惑行為と認識できないお花畑な中高生には、一度厳しい目に遭わなければ自覚しないのでしょうか?

少し前に炎上した中高生専用SNS『ゴルスタ』の

「○○罪で訴えるぞ!」

という法律をかざした行き過ぎた対応は、あながち間違いではないのかもしれませんね…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.