星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

種田梨沙が病気療養から声優活動復帰!詳しい病名や症状は?

更新日:


大沢事務所の発表によると、

「以前から治療を続けておりましたが、回復の兆しが見えないため治療に専念することと致しました」

とのことで、病気療養のためだということも判明。

こうして、約1年ちょっとの間、種田梨沙さんは活動休止となっていたわけです。

はたして、この種田梨沙さんの病気、病名は何だったのでしょうか?

 

種田梨沙の病気の病名は?

種田梨沙さんが病気療養のため活動休止を発表していましたが、そもそも、種田梨沙さんの病名が何だったのか気になると思います。

なぜなら、療養の発表はあったものの、

具体的な病名が公開されていないから

です。

声優の病気療養については病名を公表しないケースが多いですよね。

藤原啓治さんもそうですし、過去には大谷育江さんや、くまいもとこさんも病気療養したことがありましたが、病名は非公表でした。

おそらく、病名を明かしてしまうと病院が特定されてしまい、ファンが押し寄せる…との判断なのでしょう。

最近は、ファンの皮をかぶって声優のあらゆる個人情報を調べあげ、特定する悪質なストーカーが多いので…。

一部では、職業性ジストニアや局所性ジストニアではないか?などの噂も飛び交っていましたが、確たる証拠はありません。

 

では、具体的な病名は何か予想してみましょう。

種田梨沙さんが復帰した時の大沢事務所のコメントから察するに、どうやら、種田梨沙さんは

喉に関する病気だった

ということになりますね。

後に詳しく触れますが、大沢事務所のコメントに

「喉の治療の為お休みさせて頂いておりましたが」

という部分があったのです。

つまり、喉に関する病気のどれかで、治療に約1年ほどを要する病気ということになります。

まだ種田梨沙さんは体調を考慮しながらの仕事…ということなので、実際には完治とは言い切れないのかもしれません。

となると、治療期間としては1年以上かかる喉の病気となりますね。

そうなると、憶測程度でしかなかった難病のジストニアという可能性も否定はしきれません。

コブクロの小渕健太郎さんも、発声時頸部ジストニアにかかってしまい、自宅で投薬を続けながらの療養をし、復帰までに8か月ほどかかっています。

とはいえ、事務所が公開していない以上、何の病気かはわからないのが現状です。

ひとまず、

喉に影響を及ぼす病気だった

としか言えず、このまま病名も明かされることなく終わりそうです。

 

種田梨沙が声優の仕事復帰!

種田梨沙さんが病気療養のために活動を休止していましたが…

2017年8月4日に、仕事復帰を発表!

大沢事務所によれば、

弊社所属俳優の種田梨沙ですが、かねてより喉の治療の為お休みさせて頂いておりましたがこの度体調を考慮しながらではありますが、少しずつお仕事を再開させて頂く予定です。

ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しました事を心よりお詫び申し上げます。

今後とも変わらぬご声援、ご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

とコメントを出し、藤原啓治さんの時と同様、

体調を考慮しながら、少しずつ活動を再開させていく

とのこと。

しかし、事務所発表自体は、2017年8月4日ですが、既に何らかの収録は済ませている可能性がありますね。


次のページへ >

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.