星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

広瀬すずの食事マナー(食べ方)が悪い?好きな食べ物もチェック!

更新日

最近の女優は、グルメ番組などにもドラマ・映画の番宣で出演することもありますよね。

そのたびに何かと

『食事のマナーがなっていない』

とネットで叩かれるらしく、一般人よりもかなり厳しい目で見られてしまっているところがあるようです。

北川景子さんは『食わず嫌い王』にて、リスのように頬を膨らませて食べている、と指摘され、高畑充希さんは箸の持ち方が酷い、という指摘もあったと言われています。

そして、清純派女優としてブレイク中の広瀬すずさんも先日出演したバラエティ番組を通じて食事のマナーが悪いとネットで指摘された模様…

果たして、どの部分が悪いと指摘されたのか、また、広瀬すずさんの好きな食べ物についても本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

食事のマナー1つで叩かれる広瀬すず

芸能人はイメージを大切にしている職種で、少しのことでアンチなどに徹底的に叩かれる辛い日々を過ごされているところがあるようですね。

まぁ、所詮アンチのいうことなのですから、放置しておけば良いのですが、中にはアンチだけでなく写真週刊誌やネットニュース、芸能ニュースなどでも、あれこれ憶測やイメージで叩いている方がたくさんいらっしゃるように思います。

それはグルメ番組などで芸能人たちが食事をするシーンにおいても言えることで、箸の使い方が悪いとか、食べる姿勢が悪いとか、とにかく、

『マナーがなっていない…』

と、あれこれ叩かれていらっしゃいます。

しかし、そういう人に限って24時間365日100%のマナーを守れているかというと疑わしい話です。

 

ネット上、匿名だからといって好き勝手に発言されていらっしゃいますが、言葉一つで人は傷ついていくということをちゃんと理解して欲しいと思うばかりです。

例えば、北川景子さんが、かつて『食わず嫌い王』に出演されていた時も食べ物を頬張りすぎて、ハムスターのような食べ方をしていると指摘し、食事のマナーがなっていないと一刀両断された方がいらっしゃいました。

確かに食事のマナーがなっていないのはその通りだとは思いますが、それで誰かに怪我を負わせたり犯罪となったわけでもないのに、一刀両断されるほど批判されなければいけないのでしょうか?

正直、筆者としては、どちらかと言うと、しっかり者でクールビューティーな印象もある北川景子さんが食事のマナーが少し乱れている姿を見せてくれて、逆に親近感を抱いたくらいです。

そして、先日放送されたバラエティ番組『人気者から学べ そこホメ!?(フジテレビ系)』に出演していた女優・広瀬すずさんも、この番組で見せた食事マナーがなっていないと一刀両断されているのです。

何でも、この番組内で、『芸能人の異常な拘り』ということで、広瀬すずさんが大好きなさつまいも料理をスタジオ裏のケータリングゾーンに大量に用意し、彼女がどのような行動をとるのか。

その時の広瀬すずさん模様を隠し撮りし、実態調査を行うという趣旨の企画として放送されたそうです。

すると、広瀬すずさんは隠し撮りされたことに気が付かず、大好きなサツマイモ料理をお皿に移し取り、楽屋に持ち運ぶとテーブルに置いて、椅子に腰掛け早速舌鼓…

ここまでは一切問題なく多くの視聴者が様子を見続けていました。

その後、何と椅子の肘掛けに肘を付き、さらには足を組んでサツマイモ料理を食べていたのです。

広瀬すず

広瀬すず

まぁ確かに、足を組んで食べるという発想は筆者にはありませんが、映画館でポップコーンを食べたりするときに肘掛けに肘を付くことはありますし、楽屋の写真を見る限り、テーブルが低かったので、楽な体制で食べるために肘を付いただけだと思います。

そもそも公共の場でもないプライベートの食事時に、どんな姿勢で食べようが、人の勝手でマナーも何もないはず…

これが冠婚葬祭などの社交場というのであれば、まだマナーが有るのは分かりますが、マナーによって24時間365日ずっとマナーを意識しなければならないのであれば、おそらく多くの人々がストレスを抱えて倒れてしまいます。

マナーを守ることは、確かに大切かもしれませんが、それで息苦しくなってしまったら意味がありません。

広瀬すずさんは女優ですが、その前に一人の人間です。

しかも、まだ10代の女性ですし、多少リラックスして変な姿勢で食事したって良いのではないでしょうか。

これが、食べ物で遊んだりするような態度をとった、とか言うのならまだ分かる話です。

かつて広瀬すずさん自身が『食わず嫌い王』で音声さんに対して暴言をはいたと思われるような言動を取ったことに対して、あれこれ言うのであれば、批判として納得もいきます。

広瀬すずのテレビでの発言が批判炎上騒ぎ!理由は天然な性格?

しかし、プライベートの食事のマナーまでも叩いて得意顔している輩は、人として絶対に許せない行為です。

そもそも食事のマナーは、食べ物を粗末にすることなく、楽しくおいしく食べること以外、他にないと思います。

批判するのであれば、ちゃんと考えた上で発言して欲しいと思うばかりです。

おまけ

食物繊維たっぷりのさつまいも。

最近は、『朝さつまいもダイエット』なるものもあるそうで、ダイエット効果が期待できるとか。

広瀬すずさん同様、さつまいもが好きなら、絶対におすすめします!

スムージーに使用しているさつまいもも、九州産アヤムラサキ利用で、素材にもこだわった一品です。

広瀬すずの好きな食べ物をチェック!

先日のバラエティ番組で、『食事のマナーが悪い!』と叩かれ、何かとイメージが悪くなってしまっている女優・広瀬すずさんですが、実はさつまいもの他にも好物というべき好きな食べ物があるそうです。

それは、

ニラ枝豆

らしく、とくにニラに関しては、約2年前のロッテ『Fit’s』のCM発表会で、広瀬すずさん自身が、週4回も彼女の母が作るニラ鍋を食べると語っていたほどですから、ニラは、さつまいもに匹敵するくらい大好物なのだと思います。

なお、この発表会の席で、ニラや枝豆が好きと語りながら、他の16歳とは異なり『渋い!』と言われると、どこか困惑した様子だったとか…

確かに枝豆はビールのおつまみという印象ですし、一般的な10代の女の子としては、ニラはにんにくと同じく、臭いが強いので敬遠されがちな食べ物とも言えるでしょう。

広瀬すずさんが、古いとか渋いとか言われてしまうのも分かるような気はしますね。

でも、人によって価値観や好みが異なるのは当たり前の話ですし、枝豆もニラも栄養があり、美味しい食べ物ですから、好物にしている人がいたっておかしい話ではありません。

あくまで広瀬すずさんが、偶然にもさつまいもと同じくらいに枝豆とニラを愛していたというだけの話です。

これで古臭いと思う人はいるのかもしれませんが、それ自体は、広瀬すずさんの一つの個性という印象しか無く、ある種、彼女の魅力が垣間見られたような気すら伺えます。

今後、ますますプライベートな部分も垣間見られ、魅力的な女優へと飛躍していくと思いますので、広瀬すずさんなりの活躍を期待したいものですね。

 

食事マナーの是非

最後に、先程お話したことと被るかもしれませんが、食事マナーの是非について、筆者なりの考えをお話しておきたいと思います。

まず、食事にマナーが必要か必要でないかと言われたら、確かにある程度は食事のマナーが必要だと筆者も考えています。

食べ物を提供してくれる料理人、食物や家畜を育ててくれた農家、そして、大地の恵みと様々なことに感謝し、大切に食べ物をいただくのが本来あるべき食事の姿です。

食育でも教えてもらえるように必ず『いただきます』と手を合わせ食事する…

この『いただきますの精神』を持って、おいしく楽しく食事をすることが、本来あるべき食事のマナーではないでしょうか。

しかし、人は見た目のことに囚われすぎてしまい、箸の使い方だとか、姿勢だとかを気にしすぎて、肝心要の食の大切さすら忘れてしまっているような気がしてなりません。

大体、地球には195カ国もの国がありますし、当然国によって文化や価値観は大きく異なります。

手掴みで食べる文化の国もあれば、ナイフとフォークで食べる国もあり、一方、日本のようにお箸で食べる国もあります。

 

文化・価値観・人種が違えど、全ては同じ人間であることに違いありません。

それなのに、食べ方が少し汚いからといって、それを指摘して批判し、自分のマナーが絶対と考え方を押し付けるのは、あまりにも身勝手な押しつけ的発想ですよね。

そもそも、日本人が箸の使い方にうるさいのは、箸が上手く使えずご飯などをこぼしし、食べ物を粗末にしてしまわないように、うるさく指摘しているに過ぎないものと筆者は考えています。

極端な話、箸に慣れない外国人なら、スプーンで食べても、それ自体問題では無いはずです。

もちろん郷に入っては郷に従えという教えもありますし、その国々の食事の作法は必要なのだとも思います。

ただ、明らかに人を傷つけ不快にするような態度でない限り、一般的な食事の席(フォーマルな席以外)では、少々違っていてもマナー違反ではないというのが筆者の考えです。

つまり、広瀬すずさんのように、椅子の肘掛けに肘を付いて、足を組んでサツマイモ料理を食べたとしても、マナー違反ではないと思うのです。

とは言え、これは筆者の考えでしかありません。

価値観の違いによって

『何を言っているんだ!』

と反感を持つ方もいらっしゃるでしょう。

ただ、そのように考えるのは自由ですが、はっきり言ってかなり窮屈な考えですし、それでも構わないのであれば、自身にもマナーを課せた上で発言して欲しいというのが本音です。

人には厳しく、自分に甘いというのは言語道断で、それこそ人間失格の烙印を押したくなる言動で、人としてのマナー違反です。

人に厳しいなら自分にも厳しくし、ほんの些細の食事マナー違反も徹底的に許すことなく食事してください。

その覚悟すら持てないのであれば、公共の場でもないプライベートの人の食事の姿勢にいちいち口を出さないで欲しい、というのが正直なところです。

そして、こういう細かいことにいちいち御託を抜かすこと無く、誰もがおいしく楽しく食事してほしいものだと切に願う次第です。

 

まとめ

先日放送されたバラエティ番組で、広瀬すずさんの食事のマナーが悪いとネット上で批判が続出されています。

しかし、批判をする人こそマナーを守れていないケースも多く、ただの広瀬すずさんへの誹謗中傷でしかないものと思えて仕方ありません。

これが広瀬すずさんだから批判するわけで、マナー違反している相手が、天皇や警察などの権力者であった場合、果たして広瀬すずさんを批判している人たちが、同じように批判するかというとかなり疑問が生じます。

それだけに、この広瀬すずさんへの叩き方は卑怯な批判でしかありませんし、人としてやってはいけないことです。

ものの感じ方が違うことは分かりますが、いちいち細かい部分に目くじらを立てず、大きな心で見てあげて欲しいと願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人