星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

マクドナルド

マクドナルドのバリューランチの値段はお得?評判をチェック!

更新日:

マクドナルドが、昼の時間限定で提供している『バリューランチ』。

昼マック終了後の新たなランチメニューということで、注目が集まっていましたが、そのスタート時には評判が悪く、批判されていたことを思い出します。

では、バリューランチが浸透し、約1年が経とうとしている現在では、評判はどのように変わっていったのでしょうか?

当記事では、マクドナルドの『バリューランチ』の価格も含め、現在の評判をお話していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マクドナルドのバリューランチの値段はいくら?

マクドナルド

マクドナルドの『バリューランチ』は、2016年9月2日に開始。

平日のランチタイム(10時30分~14時)限定

で販売されるメニューとなっていて、

  • 550円の『セット』
  • 400円の『コンビ』

の2種類の値段の『バリューランチ』があります。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

『バリューランチ』のセット

%e3%83%90%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

『バリューセット』は、

3種類のバーガーメニュー+サイドメニュー1種類+ドリンク(M)がセット

になっています。

対象となっているバーガーは

  • 『ダブルチーズバーガー』
  • 『てりやきマックバーガー』
  • 『フィレオフィッシュ』

の3種類のバーガー。

サイドメニューはというと、

  • マックフライポテトM(50円追加でLサイズ、50円減らすことででSサイズに変更可)
  • チキンマックナゲット5ピース
  • サイドサラダ
  • スイートコーン

の4種類。

選べるドリンクメニューはというと、

20円追加でサイズアップが可能なドリンク

  • コカコーラ
  • コカコーラ ゼロ
  • スプライト
  • ファンタ グレープ
  • ファンタ メロン ※店舗限定
  • Qoo すっきり白ブドウ
  • 爽健美茶
  • アイスティー
  • リプトンイエローラベル(ホットティー)※Lサイズなし
  • ミニッツメイド オレンジ
  • ミニッツメイド アップル ※Lサイズなし
  • 野菜生活100
  • ミルク ※Lサイズなし
  • マックシェイクS ※Lサイズなし
  • プレミアムローストコーヒー
  • カフェラテS
  • カプチーノS

料金追加で選べるもの

30円

  • 期間限定のマックフィズ

40円

  • カフェモカ(S)
  • キャラメルラテ(S)

60円

  • カフェモカ(M)
  • キャラメルラテ(M)
  • マックフロート コーク/ コーヒー
  • クリームソーダ ※店舗限定

90円

  • 期間限定のマックフロート

となっています。

ここまで見た感じ、みなさんはどう思いましたか?

「なんか割高な気がする…」

と思うかもしれません。

けれど、

バーガー単品に230円を足すことでセットにできる

と考えれば、かなりお得と考えることができるのではないでしょうか?

また、上記の3種類以外のバーガーの場合も、

単品に300円を追加することで、バリューセットとして同じようにサイドメニューとドリンクを追加可能!

これも考え方の問題ですね、

昼にマクドナルドをよく利用する人が、『ダブルチーズバーガー』、『てりやきマックバーガー』、『フィレオフィッシュ』を食べる場合は、バリューセットは利用する価値があるわけです。

逆に、期間限定メニューや、バーガー1個で十分の人にとっては、バリューセットはお得ではないわけですね。

『バリューランチ』のコンビ

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93

『コンビ』は、

『ビッグマック』か『チキンフィレオ』に、ドリンク(S)がついたセット

です。

これで400円ということで、お得感を出そうとしているみたいですね。

ちなみに、プラス50円で、ドリンクのサイズをMにすることも可能ですよ。

マクドナルドとしても、この『コンビ』が『バリューランチ』の目玉商品だそうです。

確かに、考え方としては、

『ビッグマック』にドリンクSが20円でついてくる

と考えたら、かなりお得なのではないでしょうか?

通常ならば、ドリンクのSは大半が100円、まれに150円以上のものがあるわけです。

しかし、『コンビ』ならば、

  • 『ビッグマック』の場合、ドリンクSが20円で買える
  • 『チキンフィレオ』の場合は、ドリンクSが50円で買える

と考えることができるのです。

ドリンクSを20円で飲めるのですから、これほどお得なことはないと思います。

では、そんなマクドナルドの『バリューランチ』ですが、現在の評判はどうなっているのでしょうか?

 

バリューランチの評判は?

マクドナルドの『バリューランチ』の評判を調べてみると、あまりいい意見が少ないというのが、残念ながら現状のようです。

「お得かもしれないけど、種類が少なすぎる」

「『コンビ』の方は、『ビッグマック』が大きすぎるから、食べられるのが実質『てりやき』だけだしなぁ…」

などのコメントが挙がっていました。

確かに、『バリューランチ』がお得と紹介してきた筆者としても、この意見には頷けます。

実際のところ、『バリューランチ』は、

ボリュームあるバーガーばかりがお得になっているので、お得感が伝わらない

という欠点があるのです。

また、マクドナルドの『バリューランチ』については、

「ちょっと高いなぁ」

「高く感じる…」

と、価格的には高すぎるというコメントも…。

その理由には、

「てりやきマックバーガーとポテトがセットで400円の時代を知ってるから、『バリューランチ』は高く感じる」

という背景があります。

筆者は思わず、

「ああ、これがマクドナルドのやってきたことが返ってきているんだな…」

と、頷くしかありませんでした。

昔、マクドナルドは他社の追随を許さないために、安かろう悪かろう精神で、

メニューの価格を徹底的に安く

しました。

消費者は皆、その時のイメージが残っているので、今のマクドナルドの商品がすべて割高に感じてしまうのです。

しかも、現在のマクドナルドは高いうえに質が低い評判が拭えていません。

最近、期間限定メニューなどで息を吹き返してきたマクドナルドですが…。

結局は、これまでマクドナルドが行ってきた(とは言ってもほぼ独走の)値下げ競争が、今になって自らの首を絞めてしまっている…。

と言えそうですね。

 

まとめ

マクドナルド『バリューランチ』は、バーガーメニューにプラス○○円という考え方をすれば、比較的お得な割引システムだと思います。

しかし、対象メニューが少ない欠点があります。

さらには、かつての徹底した低価格設定に大きな魅力を感じてマクドナルドを利用していた層からは、

「高い!」

と言われてしまっています。

過去の施策が、まさか自分の首を絞めることになるとは、マクドナルドも思っていなかったでしょうね。

少し息を吹き返してきたマクドナルドですが、まだ完全復活は遠いようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-マクドナルド

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.