星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

デコピン浜ちゃんのwiki風プロフ!年齢からものまねの評価まで

更新日

何かとものまねの対象となる芸能人の中で、ものまねされにくい芸能人もいらっしゃいますよね。

お笑い界の大御所であるタモリさんのものまねをしているのはコージー冨田さん、ダウンタウン浜田雅功さんのものまねをしているのも山本高広くらいしか、有名どころではあまり知られていないものと思われます。

ところが、一部のファンにしか知られていないながらも長年、浜田雅功さんのものまねをされている、ものまねタレントがもう一人いたようです。

その名は、デコピン浜ちゃん。

彼は、一体どんな人物なのか。

本記事でwiki風プロフとして年齢から、浜田雅功さんのものまねのクオリティーなどを探ってきます!

スポンサーリンク

アドセンス

浜田雅功のものまね芸人・デコピン浜ちゃんとは?

コロッケさん、ミラクルひかるさん、福田彩乃さん、ビューティーこくぶさんなど、新旧問わず、ものまねタレントはたくさんいらっしゃいますよね。

コロッケさんのように、完全にパロディなものまねをされている方や、ミラクルひかるさんのように思わず、本人かと思うほどそっくりに似せてくる完全追求型のものまねタレントと、大きく2系統に分かれながらも、その完成度は誰もが高い印象を持ちます。

そんなものまねタレントでも、これまであまりものまねされていない芸能人もたくさんいらっしゃいます。

もちろん全くの無名芸能人のものまねはされていなくて当たり前だと思いますが、お笑いビッグ3の一人であるタモリさんや、ダウンタウンとしても活躍されている浜田雅功さんなど、大物芸能人のものまねをしている人が、意外と少ないという現象もあります。

(相手が大物ゆえにものまねが失礼にあたるとか考え、ハードルが高いのかも…)

とくに、ダウンタウンの浜田雅功さんの場合、あの独特の笑い方などの特徴があるわけですし、ものまねタレント・山本高広さんも、かなり近いものまねをされています。

ただし、あの浜田雅功さんの笑い方をものまねするのは、実は難しいものまねになるらしく、それで大物芸人としても名を馳せている浜田雅功さんが、ものまね対象にならないという現象が起こっているそうです。

そういう話も耳にしていたので、筆者としては、山本高広さん以外に浜田雅功さんのものまねをされるタレントは現れないかもと思っていました。

ところが、筆者の知らないところでは、無名ながらも浜田雅功さんのものまねをして、時折テレビ番組に出演されているものまね芸人がいることがわかりました。

その名は、

デコピン浜ちゃん

という無名芸人。

デコピン浜ちゃん

デコピン浜ちゃん

本記事を執筆するに当たり、筆者は初めてこの名前(デコピン浜ちゃん)を聞きました。

おそらく、一部の人以外、デコピン浜ちゃんの名前を聞いたことのない人がほとんどでしょう。

それくらいマニアックというべきか、ほとんど知られていないものまね芸人なんです。

ただ、その知らない向こう側では、浜田雅功さんの相方である松本人志さんのものまねをされている、また別のものまね芸人と共にコンビを組んで

ダウソタウソ

として、ものまね芸を披露し、コアなファンを楽しませているそうです。

浜田雅功さんのものまねをされている方が別にいたという事実だけでも驚きなのに、まさか相方の松本さんまでものまねする方いたとは…

今回の執筆にあたって、いろんな意味で衝撃を受けた次第です。

 

ダウンタウンとして、『水曜日のダウンタウン』や『ダウンタウンDX』など、冠番組は多数ありますが、どうせならデコピン浜ちゃんがパロディものまねでもやらないかな…と考えていたところ、なんと2016年9月21日(水)に『水曜日のダウソタウソ』として放送が決定したとのこと…

もちろん完全パロディとして、デコピン浜ちゃんが番組MC、松本人志さんのそっくりさんがパネリストとして出演するのはもちろんの事、他にもものまね芸人たちがゲストとして登場するそうです。

あくまで、この番組は一回限りの実験的放送でしかありませんが、どのように番組が繰り広げられていくのか非常に楽しみですよね。

果たして、どのような放送となっていくのか、ぜひ9月21日の放送を楽しみに拝見させていただきたいものです。

ちなみにデコピン浜ちゃんの好きな女性タレントは

小川菜摘さん

なんだそうです。

このあたりの設定も、かなり浜田雅功さんを意識されているのでしょう。

 

さて、そんな話題性の高い浜田雅功さんのものまね芸人デコピン浜ちゃんですが、実は元々素人のものまね芸人でした。

そのため、詳しいwikiなどは存在しておらず、あるのはダウソタウソとしてのwikiのみ。

それも、デコピン浜ちゃんの芸歴が何年なのかすら掲載されておらず、それは所属事務所の公式ページにも掲載されていませんでした。

ある種、謎に包まれた人物という印象も拭えませんが、デコピン浜ちゃんが、かつては素人としてものまね番組に出演されていたこともあり、色々彼のことを探っていくと、どうやら

ビニールボール製造会社の社長

をされているという話も見えてきました。

まだデコピン浜ちゃんが、どのようなものまねタレントとして活躍していくのかは、見えていない部分もたくさんあります。

しかし、『水曜日のダウソタウソ』を一つのきっかけに色々見えてくるものもあるかとおもいますので、今後の活躍を期待したいものですね。

⇒お笑いDVDを無料でレンタルするならコチラ

デコピン浜ちゃんのwiki風プロフ!年齢やプライベートは?

先程もお話したとおり、ダウンタウンの浜田雅功さんのものまねタレント(芸人)で、なおかつ、素人時代に会社社長をされていたデコピン浜ちゃん。

さらにデコピン浜ちゃんについて調べてみると、かなり年齢はいっているらしく、来年還暦を迎える

59歳

なんだそうです。

浜田雅功さんが、53歳ですから、年齢的にはデコピン浜ちゃんの方が6歳年上…

ただし、芸歴そのものはわからないものの、ブレイクし始めているのは、圧倒的に浜田雅功さんの方が先ですから、ある種、年配者だけど目下の芸人という、ややこしい関係とも言えるでしょうね。

それにしても、60歳を迎えて芸人になったり、還暦手前で芸人としてブレイクしたりと、近年の芸人たちを見ると、色々不思議な現象も見えます。

普通なら完全に定年退職を迎えるような年齢なのに、第2の人生とばかりに芸能界で活躍し始めていくわけですからね。

大変だなぁと思いつつ、第2の人生を謳歌していくという風に見れば、実に羨ましい限りです。

ちなみに、先日『アウト×デラックス』に出演されていたアケミシャイニングさんは、その後、どのような反響があったのでしょうか?

『アウト×デラックス』という番組自体、好き嫌いはっきり分かれやすい番組でもあるので、反響がずば抜けてよかったという話も聞かれませんが、アケミシャイニングさんにとっては間違いなく今後に繋がるような気はします。

※アケミシャイニングさんの記事は別途執筆しておりますので、気になる方は、そちらの記事を御覧ください。

アケミシャイニングの年齢はいくつ?夫の会社倒産と先輩芸人の息子

本当に凄いところから高齢の若手芸人が登場し、いろんな意味で楽しませてくれる芸能界。

彼らが、ますます発展していきそうな印象もあり、非常に面白い現象となっていきそうな予感がしています。

さて、話を元に戻しますが、デコピン浜ちゃんの本名は、

石井勝明さん

というらしく、

1957年4月22日東京都生まれ

とのこと…

てっきり関西出身なのかと思ったら、そこはそっくりではなく大阪から離れた東京なんですね。

まぁ何から何までそっくりでは気持ちが悪いですし、出身地くらい違う部分があって、どこかホッとしたような気もした次第です。

 

デコピン浜ちゃんのものまねの評判

何かと話題性の高いデコピン浜ちゃんのものまね芸ですが、評判としてはすこぶる浜田雅功さんと似ているという評価を受けている一方、雰囲気だけ似ていて、あとは、パロディとしてだけ笑いを追求されている、という意見が多いような印象を受けます。

正直、筆者も後者側の意見で、ものまねとしてのクオリティーだけを見ていくと、山本高広さんの方が、そっくり率は高いような気がします。

ただ、そこは素人さんのものまね芸ですからね。

これをきっかけにデコピン浜ちゃんが芸能界進出していくという流れなのでしょう。

かつてのコロッケさんも素人ながら面白いと注目されていったわけで、コロッケさんのようなタイプのものまね芸人はたくさんいますし、デコピン浜ちゃんのものまね芸が悪いというわけではありません。

しかし、筆者のように面白さよりも、如何に似ているかという点に、ものまねのクオリティーを求めているファンとしては、やはりデコピン浜ちゃんのものまねが似ているとは正直あまり思えないのです。

あくまで外見上のそっくりであり、あとは喋り方や動作の面白さで勝負しているのではないでしょうか。

そして、デコピン浜ちゃんへの評価の意見が分かれているというのも、ものまねに対する考え方が分かれているように、単純にそっくり度を求めているファンと、面白ければそれで良いというファンの差が明確に出ているだけの話なのだと思います。

まぁものまねの在り方としては、とくに間違っているわけではありませんし、なかなかものまねするタレントがいない中、浜田雅功さんのものまねをされているわけですから、その事をまず評価すべきだと思います。

ものまねのクオリティーとは別に、今後のデコピン浜ちゃんが活躍されていくことが楽しみです。

それだけに、今はデコピン浜ちゃんの動向を見守っていきたいですね。

皆さんにとって、デコピン浜ちゃんのものまね芸はどのように映りましたか?

どのような芸として映ったかは、まさに人それぞれの価値観に委ねられるところだと思いますが、いずれにしても、デコピン浜ちゃんは、ものまねを一つの武器としてブレイクしようとしている一人のものまね芸人であることに違いはありません。

実際にデコピン浜ちゃんの声や喋り方・仕草がとても良く似ていると評価されているファンもたくさんいらっしゃるわけですし、レパートリーとしても浜田雅功さん以外に、林家ペー・パー子夫妻、アントニオ猪木・大仁田厚、KinKi Kids、などを持っているそうです。

それだけに、あらゆるものまね芸を追求し、一人の芸人としても心から応援したくなるように活躍し続けてほしいものです。

 

まとめ

浜田雅功さんのものまね芸人として、ネット上でも何かと注目されているものまね芸人のデコピン浜ちゃんさんですが、元々はビニールボール製造会社社長をされていた一般素人さんであることがよく分かりました。

年齢も浜田雅功さんの6つ上ですが、ものまね芸人としては、まだまだこれからの逸材です。

浜田雅功さんのものまね芸だけでなく、他の芸能人たちのものまねも極めていきながら、一人のものまね芸人としてブレイクしていってほしいですね。

そして、他のものまね芸人同様、様々なバラエティ番組にデコピン浜ちゃんの姿が映し出されていくことを願っています!

⇒お笑いDVDを無料でレンタルするならコチラ

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人