星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

WiiUの販売台数は?生産終了と人気なく売れなかった理由を考察!

更新日:

2017年1月31日をもって、国内向けの生産終了となった任天堂の据え置きハード・WiiU。

10年間粘りに粘って、なんとか右肩上がりになったPS3に比べると、5年間という短い間で、全く振るわなかったハードと言えます。

WiiUは、今思えば発売初期の頃から全く売れず、晩年に『スプラトゥーン』が登場したおかげで、ようやく売れるようになったものの、時すでに遅し、といった状態でしたね。

それにしても、WiiUはなぜここまで人気低迷となってしまったのでしょうか?

当記事では、WiiUがなぜ売れなかったのかその理由について、販売台数で比較しながら考察してみます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

任天堂WiiUの販売台数は?

みなさんは、WiiUを知っていますか?

任天堂の据え置きハード(ゲーム機のこと)だったWiiUは、2012年12月8日に発売しました。

しかし、全く売れず、2017年1月31日をもって国内向けの生産が終了。

時代はニンテンドースイッチへと移っていきましたね。

ついにWiiUは、不遇のまま幕を閉じたのです。

これまでPSシリーズとともに人気を博してきたWiiであり、その後継として登場したのがWiiUでした。

それが、まさかここまで明暗を分けているとは思いもしませんでしたね…。

 

では、具体的に、WiiUはどれくらい販売されたのでしょうか?

この販売台数の数字を見ると、いかにWiiUが、大コケというほどの大失敗だったかがよくわかります。

WiiUの販売台数は、なんと

1,356万台

この販売台数が多いのか、よくわからない人に説明すると、大ヒットしたWiiは、

1億163万台

を販売しました。

ざっと計算して、Wiiの約8分の1しか売れなかったのです。

いくらWiiの方が販売期間が長いとはいえ、Wii向けソフトはとっくの昔に生産終了。

WiiUに移行していたのに、ここまで販売台数が低いとなると、もはやどうしようもない大コケと言っていいでしょう。

PSシリーズで言えば、ソニー最大に失敗と言えるPSVita、とどっこいどっこいの販売台数の数字です。

では、なぜWiiUは、これほどの大失敗に終わってしまったのでしょうか?

その理由を、続いては考察していきたいと思います。

 

WiiUが売れなかった理由・原因を考察

WiiUは、Wiiの8分の1以下という販売台数で、史上稀にみる大失敗に終わりました。

では、なぜWiiUは大コケといえる大失敗をしてしまったのでしょうか?

 

その原因・理由を考察してみると、やはり、まず一番に考えられるのが、

ゲームパッドの存在

これに尽きると言えます。

任天堂が自信を持って送り出したゲームパッドでした。

しかし、このゲームパッドが、ソフト開発会社が敬遠したくなるようなシステムとなっていたのです。

ゲームパッドは、これまでのハードになかった、かなり変わったシステムです。

また、それでなくとも、従来から任天堂のハードは

1世代前のゲーム機の性能に近い状態

に仕上がっているのです。

ただでさえ、性能が低いハードは敬遠したいのに、さらにゲームパッドという、ソフトを作るために余計な手間や費用がかかる要素があっては、ゲーム開発会社としては、積極的になれません。

そのために、サードパーティー、とくにAAAタイトルを有する海外企業が、WiiUに全く手をつけようとしなかったのです。

任天堂ハードというのは、基本的にファーストパーティー(自社タイトル)が、独特のギミックを活かして遊べればいいというのが多いですし、仕方ないといえばそうなのですが…。

古くはバーチャルボーイ、そして2画面という特殊なギミックだったニンテンドーDSにしても、リモコンが存在していたWiiにしてもそうです。

まぁ、性能で勝負した結果、ニンテンドー64、ゲームキューブがPSシリーズに対して振るわなかったことも原因と言えばそうなのですが…

これが影響してWii以降は、スペックよりギミックを重視する路線になってしまったので、サードパーティーが寄り付かなくなってしまったように思います。

また、そもそも、ゲームユーザーがゲームパッドよりも、普通のコントローラーでゲームをしたいと思っていた可能性があります。

ゲームパッドを使った斬新な操作も悪くはないのですが、筆者としても、やはりゲームは従来のスタンダードなものを好みます。

ユーザーが求めているものとの乖離もWiiUが売れなかった原因の1つかもしれません。

 

そして、WiiUが売れなかった2つ目の理由が、

WiiU初期の圧倒的なタイトル不足

でした。

このように、特殊なゲームパッドがある時点でサードパーティーが寄り付かなくなっていたWiiU。

ならば、任天堂の自社タイトルで、少しでも売上を伸ばす方策をとるべきでした。

据え置き・携帯機に関わらず、ゲームハードの初動というのは、

発売初期に人気のあるビッグタイトルが出るかどうか

が焦点となります。

発売は半年ほどあとにしても、ハードの紹介とともに、

「○○の新作が発売予定!」

とマーケティングしておくだけでも、売上に大きく差が出ますよね。

WiiUの反省を生かしたニンテンドースイッチはその典型です。

発売自体は半年~半年以上後だったにしても、

  • 『スプラトゥーン2』
  • 『スーパーマリオオデッセイ』

といったタイトルを発表。

さらには、ローンチタイトルとして『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』を発売するなど、WiiUの反省を生かし、初動に全力を尽くしていますよね。

では、WiiUはどうだったのでしょうか。

ローンチタイトルで目立ったのは『NewスーパーマリオブラザーズU』くらい。

そして、先ほども触れたようなサードパーティーサイドが、独特のギミックを扱うには費用がかかるとして、WiiUを様子見し始めます。

すると、WiiUは自社タイトルを出すしかないわけですが、今述べた通り、『NewスーパーマリオブラザーズU』くらいしかありませんでした。

こうして、WiiUは、

初期に魅力のあるソフトがないのでハードが売れない

ゲームパッドのせいで手間がかかるのに、そもそもWiiUが売れてないときた。

そんなハードでサードパーティーはソフトは作りたくないと思い始める

結果としてWiiUは、ファーストパーティー(自社タイトル)しか発売できない

という負のスパイラルに陥ってしまい、WiiUは長らく低迷を続けてしまったのです。

奇しくも、低迷を続けていたWiiUのキラータイトルとなったのは、新規IPの『スプラトゥーン』でした。

しかし、いくら『スプラトゥーン』が好調だったといっても、逆に言えばWiiUには『スプラトゥーン』以外が何もありません。

10年持ちこたえたライバル・PS3の半分である5年で、その生涯を終えたのです。

ゲームパッドによってサードパーティーが離れたこと、そしてタイトル不足に陥ったことで、WiiUは売れなかった…。

筆者としては、これがWiiU失敗の原因だと思います。

 

まとめ

任天堂のWiiUは、当初の予想通り、売れないハードとして、史上稀に見る低迷ぶりで5年の歴史に幕を閉じました。

大成功と言われたWiiに比べると、あまりにも初期タイトルが弱すぎたこと、そして任天堂のギミック路線が災いし、サードパーティーが寄り付かなくなってしまったこと…

これらが重なり、ソフトがないのでハードも売れない大惨事になってしまったのです。

ニンテンドースイッチは、今のところ好調ですが、その要因は全て自社タイトルです。

このままだと、2019年下半期くらいに息切れをしてしまいそうですよね。

果たして、ニンテンドースイッチは、WiiUの仇をとれるのか?

今後のニンテンドースイッチに期待です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.