星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

ジョジョ4部の実写映画がキャストと原作設定変更で評判が炎上中!

投稿日

悲劇とも言える出来事が発表されてしまいました。

なんと、『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部『ダイヤモンドは砕けない』が実写映画化決定のニュースが飛び込んできたのです。

原作破壊は当たり前、しょぼいCGで繰り広げられるスタンドバトル…。

そんな光景を想像するだけで、筆者的には涙が出てきそうです。

あまりにも残念と言える『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写化は、一体どんなキャスト陣になっているのでしょうか?

また、早くも『ジョジョ4部』の原作設定を破壊したことが判明し、評価が炎上しているとのことですので、ネット上の反応もまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ジョジョの奇妙な冒険第4部が実写映画化…

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%b8%e3%83%a74%e9%83%a82

全国の『ジョジョの奇妙な冒険』ファンの7割ほどが絶望したと思われる発表がされてしまいましたね。

それが、

『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部『ダイヤモンドは砕けない』が実写映画化

してしまうというニュースでした。

漫画やアニメファンとしては、最近、『鋼の錬金術師』の実写映画化、『銀魂』の実写映画化、そして今回の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写化と、暗いニュースばかりで気が滅入ってしまいそうですね。

原作へのリスペクトがあるならともかく、リスペクトの欠片もない、ただ売り出したい人物をゴリ押しするだけのキャスティング、そして原作設定の破壊…。

実写化される漫画やアニメの8割は失敗作というか、某国によくある出来の悪い、本家とは似ても似つかないパチモノでしかありません。

そして、今回実写化される『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』。

現在テレビアニメも放送されていて、部としては第4部に当たるストーリーです。

確かに、ジョジョ第4部であれば舞台が日本の仙台ですし、登場人物も大半が日本人なので、比較的受け入れられやすいかと思います。

しかし漫画ファンの中でも、かなりコアな人たちがそろっている『ジョジョの奇妙な冒険』ですから、そう簡単に受け入れられるはずはないでしょう。

ただでさえ、あの劇画タッチが似合う人物は、役者の中には北村一輝さんしかいないと言われている状態ですし、体格も日本人離れしている人物が多く存在。

さらに、日本の低予算のしょぼいCGで、ジョジョ特有のスタンド表現ができるのかという問題もあります。

しかもなんと、実写映画のメガホンをとる監督があの三池崇史監督だというのです。

三池崇史監督といえば、筆者的には、B級映画や極道モノなどの過激なバイオレンス要素を多く含んだ映画が得意な監督というイメージがあります。

一般的には、数多くの実写化映画で監督を務めている人物という認識が強いかもしれません。

『着信アリ』や『クローズZERO』などで高評価を得ている一方、実写での再現が非常に難しいと言われた『テラフォーマーズ』では、見事に大コケし、

「実写史上1、2を争うクソ映画」

を生み出してしまった方でもあります。

この他にも『逆転裁判』、『神様の言うとおり』でも低評価を受けている大外れも多いという結果が…。

そのため、同じく実写化が非常に困難と言われている『ジョジョの奇妙な冒険』も、『テラフォーマーズ』と同じく大コケの予感しかしない、と早くも評判になっているわけです。

三池崇史監督もモノによっては、評判の良い実写映画を作ることができる方なので、もう少し実写化が現実的な作品であれば、何とかなったのかもしれませんが…。

また、話によると、タイトルは『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 1章』となっているらしく、

3章構成

にして、ジョジョ4部のすべての内容を映画にしていきたいと考えているそうですよ。

筆者からしたら、第1章でコケて、第2章以降の話は出てこなくなって、いつのまにか消えていたというオチになりそうな気がしていますが…。

さて、そんな『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写化ですが、先日メインキャストが発表されました。

しかし、こちらも

「今売り出し中の人を集めただけで全くジョジョらしさを感じない」

と批判が続出。

果たして一体誰が、どの役となったのか、こちらもご紹介していきますね。

 

実写版ジョジョの奇妙な冒険第4部のキャスト一覧!

では、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 1章』と称して作られる実写映画のキャストをご紹介します。

東方仗助:山崎賢人

広瀬康一:神木隆之介

山岸由花子:小松菜奈

虹村形兆:岡田将生

虹村億泰:真剣佑

片桐安十郎:山田孝之

空条承太郎:伊勢谷友介

東方朋子:観月ありさ

東方良平:國村隼

筆者が第一に受けた印象は、

「ないな」

でした。

まず仗助役の山崎賢人さんはありえませんね。

%e5%b1%b1%e5%b4%8e%e8%b3%a2%e4%ba%ba

身長は仗助が185cm(後に180cmと書かれたことがある)ため、のちに書かれた180cmであれば近く、身長的にはクリアしているのですが…。

問題は体格です。

山崎賢人さんみたいな、こんなヒョロヒョロの方が仗助を演じられると思ったら大間違いです。

仗助に限らず、承太郎役の伊勢谷友介さんも、本人には申し訳ないのですが、ギャグか何かかとしか思えませんね。

%e4%bc%8a%e5%8b%a2%e8%b0%b7%e5%8f%8b%e4%bb%8b

承太郎に比べるとヒョロヒョロのガリガリにしか見えず、

「これで承太郎はふざけてる」

としか考えられません。

せめてプロレスラーを連れてきて演じてもらわない限り、まず『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物を演じるのは不可能でしょう。

また、神木隆之介さんの広瀬康一も身長的に無理がありますね。

と、この時点で既に多くの無理難題があるのにも関わらず、何を考えて実写化したいと思ったのか…。

まぁ、何も考えていないのでしょう。

理解に苦しみます。

この時点で筆者と似たような感想を抱く反応が続出していたのですが、映画のパンフレットの内容によって、さらに実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は、炎上状態になってしまうのです。

 

実写版ジョジョの奇妙な冒険第4部のキャラ設定で炎上!

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%b8%e3%83%a74%e9%83%a83

漫画やアニメ等の実写化において、ファンが最も嫌うのが、原作設定を破壊(変更)するということです。

それが、なんと『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写版は、発表と同時にいくつかの原作破壊されていることが判明してしまい、炎上状態になっているのです。

まず、

ロケをスペインで行っている

ということで、早速ジョジョファンからは疑問の声が。

第4部となる『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の舞台は『杜王町』で、そのモデルは宮城県仙台市

それなのに、

「なぜスペイン?」

という声が上がっているみたいですね。

ただ、スペインロケについては、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写化に大反対の筆者も納得はできます。

正直なところ、今の仙台市には、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の中の杜王町らしい場所は少なく、スペインの街並みの方が、杜王町を再現するにあたっては雰囲気がマッチしているのではないかと思うからです。

そのため、何とかしてジョジョ4部原作内の杜王町に近づけようとしているのだなというスタッフの努力なのでしょう。

と、ここまでならスタッフの努力が認められるいい話で終わっていたのですが…。

映画のパンフレットのキャラクター紹介の欄に、非常に残念な記述がありました。

それは、『山岸由花子の紹介欄』です。

なんと、山岸由花子の設定が、

「転校してきた康一の世話係を命じられ、強い使命感を抱いている」

という、ジョジョ4部原作の山岸由花子とはかけ離れた、もはや別人としか言いようのない劣悪な原作破壊(変更)が行われているのです。

山岸由花子と言えば、広瀬康一のことを運命の相手だと思い込み、一方的な好意を抱き、いわば『ヤンデレ』を先取りしたとも言われるキャラクター。

その愛ゆえに康一を自宅に閉じ込めてしまうほどの愛を見せ、その後、康一とのスタンドバトルに敗北し、命を救ってもらい、康一に相手にされなくとも愛し続けるという一途な愛を抱いているキャラクターなのです。

その愛を、転校生の世話係に命じられて使命感を抱いているなどという、まるで嫌々、半ば強制的に康一と関わらせるという扱い。

これはジョジョファンからしたら、断じて許されません。

あの狂気を含んだ一面があるからこその山岸由花子なのに、そこを取り除いてしまったらただの人になってしまうのです。

残念でなりません。

⇒ジョジョ4部の原作を格安で読むならコチラ!

ジョジョの奇妙な冒険第4部実写化の評判は?

怒る男性

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写化についての反応を調べてみると、案の定という結果が待っていました。

『ジョジョの奇妙な冒険』を知らない、キャストのファンの人たちは、

「頑張って!」

などのキャストへのエールを送っていたのですが、『ジョジョの奇妙な冒険』をよく知るファンや、アニメ・漫画ファンなどからは批判続出。

「三池の時点で無理だな、駄作確定」

「実写のテラフォーマーズ好きなら楽しめそうだね」

「キャストは誰も合ってない、ここまでどうしようもないキャスティングも珍しい」

と散々な言われようです。

さらに、康一、由花子の設定改変が判明すると、

「オリジナル設定はクソ映画確定の瞬間」

「康一が転校生だったら杜王町への愛着はどうなるんだ」

「する必要のない改変を行うのは原作を馬鹿にしてるとしか言えない」

と、火に油を注ぐ形で大火事レベルの大炎上になってしまいました。

それでも客足は伸びるだろうと言われたりはするものの、あれだけ実力派キャストを揃えた『テラフォーマーズ』が史上稀に見る大コケをしました。

今回の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が大コケするのも十分に考えられるでしょう。

筆者としては、何度も言いますが、そのまま大コケして第2章の話も立ち消えになってほしいと願うばかりです。

 

まとめ

第4部である『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が実写化されることが決まり、ネット上では落胆、怒りなど、多くの批判が飛び交っています。

実写化の再現が不可能に近いこの『ジョジョ』という作品を、どう実写化しようというのでしょう?

また、康一と由花子の設定変更により、最終的に陳腐な恋愛シーンが入れられてしまうのではないかという不安も…。

いずれにしても、『ジョジョ』4部の実写映画化の発表段階から評判は最悪です。

今後さらに原作ファンからの評判は下がっていく一方な予感がするだけに、3章構成にしたいなどという願望も、泡となって消えていくのだと思います。

筆者的にも、このまま最悪の評判で大コケして、無理なものは無理と、2章以降の製作を諦める結果になってほしいとすら思ってしまいますね。

⇒ジョジョ4部の原作を格安で読むならコチラ!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画