星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

ジョジョ4部実写映画の評判(評価)や感想が酷い!キャストで炎上?

更新日:

『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部『ダイヤモンドは砕けない』が実写映画化。

そしてついに公開!ということになったのですが…

なんと、公開2週目にはすでに興行収入ランキングで圏外で10億円も怪しい、さらに初週に至っても、着席率は20%程度しかなく、

「ひどい映画になりそう…」

との評価が。

そこで『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写映画について、ネット上の感想や評判・評価を調べてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険4部実写映画が微妙…

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%b8%e3%83%a74%e9%83%a82

『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部『ダイヤモンドは砕けない』の実写化映画が公開されましたね。

後述するような見た目のビジュアルや、もともと実写化向きではない映画だっただけに、情報公開後すぐさま批判炎上したタイトルです。

しかも、あろうことか3部構成にして、続編の映画を既に作るつもりでいたようです。

…が、しかし、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は、まさに大コケとも言える微妙なスタートとなってしまったのです。

 

まず、週末映画興行成績では、初週の土日2日間で

動員11万7,000人、興収1億6,600万円の5位

というまずまずの位置にランクインしたのですが…。

2週目以降はもう既にトップ10落ち、ランキング圏外へと消えていきました。

興行収入も、当面は10億を目指すというレベルです。

そして、あまりにも実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が大コケしたという指標の1つに、初週の売上では5位だったものの、

着席率はたったの1桁台という、あまりにもガラガラな状況

が、その微妙さを表していると思います。

ここまで着席率が低いということは、

割り当てられた座席に、全く人が入っていないこと

になるわけです。

これはつまり、かけた予算や予想される興行収入の規模の映画として全く見合っていないという証拠。

実際、レビューでも、

「わざわざ見に行くほどのものではない」

という、微妙な映画扱いされてしまっています。

では、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の何がそこまでダメだったのでしょうか…?

 

実写映画版『ジョジョ4部』のキャスト一覧!

実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は、なぜコケてしまったのか。

その原因を調べるため、まずは、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』のキャストを紹介していきますね。

東方仗助:山崎賢人

主人公・東方仗助を演じるのは、山崎賢人さん。

こ、これは…

「誰だこいつ!?」

と言いたくなるひどいビジュアルその1です。

ただの古い時代のヤンキーじゃないですか。

仗助のビジュアルは元旦に公開されたのですが、年の初めからこんなものを見せられた『ジョジョ』ファンがかわいそうなレベルです。

山崎賢人さんには悪いですが、あまりに体格が違い過ぎて絶句しました。

仗助はモヤシではありません。

このキャスティングは、ギャグか何かのつもりなのでしょうか?

だとしても笑えないですね。

広瀬康一:神木隆之介

「え?誰?」

となった誰だこいつ枠その2です。

広瀬康一役は神木隆之介さんに決定。

しかし、見ればわかる通り、もはや康一の原型すら留めていないですよね。

そもそも、原作の設定上は身長が157センチです。

原作では回を追うごとに、どんどんデフォルメされて小さくなっていった康一を、神木隆之介さんが演じられるわけがありません。

そもそも、この2人の時点でどうして実写化は無理だと思わなかったのでしょう。

神木隆之介さんには悪いですが、これも康一を冒涜しているとしか思えないビジュアルで、失望しました。

また、後述しますが、康一は設定も原作崩壊を起こしていて、これまた批判の原因になってしまっています。

山岸由花子:小松菜奈

山岸由花子役は、小松菜奈さんです。

見た目に関しては、今まで見てきた中では、それほど悪くはないとは思います。

しかし、康一同様、由花子も設定が崩壊してしまっていて、これも批判の一因になってしまっています。

虹村形兆:岡田将生

虹村兄弟の兄である形兆を演じるのは、岡田将生さんです。

この形兆に関して言えば、見た目はそれほど悪くなく、一番普通に見ていられる仕上がりになっていると思いますね。

ネット上でも、

「形兆はマシだな」

「岡田将生の完成度高くてこれはいいね」

と、比較的高評価を受けていました。

ただ、ちょっと美形すぎるかなという印象も受けました。

虹村億泰:真剣佑

虹村億泰を演じるのは、真剣佑さん。

これも正直なところ、

「誰?」

と言わざるをえない見た目です。

これで億泰だと言われても、単にお金をかけたコスプレにしか見えません。

億泰に関して言えば、見るからにバカっぽい見た目になるでしょうし、もう少しチンピラ感もほしいところ…。

コミケなどで見かけるコスプレならばともかく、これを億泰ですと言われても、まず納得はできませんね。

片桐安十郎:山田孝之

通称・アンジェロの名で恐れられる凶悪犯罪者の片桐安十郎。

その安十郎を演じるのは、山田孝之さんです。

見た目的には、このビジュアルだけを見ると、

「アル中の浮浪者か何か?」

としか言えず、そもそも漫画のキャラクターだということすらわからないと思います。

ただ悪そうな雰囲気が出ているというだけですね。

正直なところ、似てる似てないで言えば、一番似ていないのはこの片桐安十郎だと思います。

「誰こいつ?」

の筆頭と言えるくらい似てません。

空条承太郎:伊勢谷友介

空条承太郎役は、伊勢谷友介さんが演じます。

筆者はこれを見た時、絶句しました。

「誰だこれ!?」

の声すら出せないほどのショックを受けましたね。

何ですかこのヒョロヒョロのモヤシは。

しかも老けすぎていて、6部の承太郎(41歳)より老けているんじゃないかと思わされましたね。

4部の承太郎は28歳のはずなんですが…。

とくに老けすぎだと感じさせられるのは、この画像です。

あまりにもひどい、ひどすぎます。

これはネットでも多くの批判が出ても仕方がないでしょう…。

とくに承太郎は3部の主人公、5部でも少し登場しますし、4部と6部では重要な登場人物の1人として存在感を見せる人気キャラ。

その承太郎がこのひどいクオリティでは、どう考えても批判されるに決まっています。

 

以上が、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』のメインキャストのビジュアルでした。

とまぁ、見ての通り、

見た目の時点で相当キツイというか、ただのコスプレ大会になってしまっている

というのが、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の低評価の理由でしょう。

しかし、低評価の理由はこれだけではありません。

実は、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は、原作破壊までしていて、さらに低評価の嵐となってしまったのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

実写版ジョジョの奇妙な冒険第4部のキャラ設定で炎上!

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%b8%e3%83%a74%e9%83%a83

漫画やアニメ等の実写化において、ファンが最も嫌うのが、

原作設定を破壊(変更)する

ということです。

そして、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写版は、いくつかの原作破壊がされていることが判明してしまい、炎上状態に…。

まず、

ロケをスペインで行っている

ということで、早速ジョジョファンからは疑問の声が。

第4部となる『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の舞台は『杜王町』で、そのモデルは宮城県仙台市

それなのに、

「なぜスペイン?」

という声が挙がっているみたいですね。

ただ、スペインロケについては、『ジョジョ4部』の実写化に大反対の筆者も納得はできます。

正直なところ、

現在の仙台市には、『ジョジョ4部』の中の杜王町らしい場所は少なく、スペインの街並みの方が、杜王町を再現するにあたっては雰囲気がマッチしているのではないか

と思うからです。

そのため、何とかしてジョジョ4部原作の杜王町に近づけようとしているスタッフの努力なのでしょう。

と、ここまでならスタッフの努力が認められるいい話で終わっていたのですが…。

 

続いては、こちらが本当の原作破壊(変更)となります。

実は、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』には、キャラクターの設定にひどい改変があったのです。

改変されてしまったのは、山岸由花子と広瀬康一。

なんと、広瀬康一は、

「杜王町に引っ越してきたばかりの高校生」

と、なぜか勝手に

転校生

扱いになってしまっているのです。

広瀬康一は、杜王町に対して愛着を持っているのが特徴的なキャラクター。

杜王町、そして杜王町に住む大切な人たちのために勇気を振り絞るというシーンもあります。

それを台無しにする原作破壊(変更)は、決して許されることではありません。

転校生になるくらいならば、まだ広瀬康一ではなく、謎のオリジナルキャラクターのほうがマシなくらいです。

また、山岸由花子の設定も、

「転校してきた康一の世話係を命じられ、強い使命感を抱いている」

という、『ジョジョ』4部原作の山岸由花子とはかけ離れた、もはや別人としか言いようのない原作破壊(変更)が行われているのです。

山岸由花子と言えば、広瀬康一のことを運命の相手だと思い込み、一方的な好意を抱き、いわば『ヤンデレ』を先取りしたとも言われるキャラクター。

その愛ゆえに康一を自宅に閉じ込めてしまうほどの愛を見せ、その後、康一とのスタンドバトルに敗北し、命を救ってもらい、康一に相手にされなくとも愛し続ける….

という一途な愛を抱いているキャラクターなのです。

その愛を、転校生の世話係に命じられて使命感を抱いているなどという、まるで嫌々、半ば強制的に康一と関わらせるという扱い。

これはジョジョファンからしたら、断じて許されません。

あの狂気を含んだ一面があるからこその山岸由花子なのに、そこを取り除いてしまったらただの女子生徒になってしまうのです。

残念でなりません。

 

そしてさらに、ここからは

実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』のネタバレ部分

にもなってしまうので、見る人は注意してくださいね。

第2の原作破壊は、吉良吉影の扱いです

なんと、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は、吉良吉影が早々と登場し、

虹村形兆を、なぜか吉良吉影が始末する

という謎の展開になっているのです。

吉良吉影と言えば、平穏に暮らしたいという思いを持つ人物であり、自ら他人に危害を与えるときは、

  • 女性の腕を手に入れる時
  • 自分が平穏な暮らしを送れなくなる障害が現れた時

くらいなものです。

それなのに、なぜか吉良吉影が自分から向かってくる…。

これには疑問しか浮かんできませんね。

吉良吉影の人生は、1位を狙わず、3位ばかりを取って目立たないようやり過ごし、争いを避けて生きてきたと言っても過言ではありません。

この世で最も嫌いなものが『争い』であり、波のない植物の心のような人生を送りたいと考えている吉良吉影が、わざわざ火種を撒きに現れる理由がないのです。

この吉良吉影の改悪には、映画を見に行った原作ファンの多くが疑問を抱いています。

 

ちなみに、これで察した人が多いかと思いますが、吉良吉影が虹村形兆を始末するため、

音石明はまさかの登場なし!

でカットされてしまうのです。

まぁどうせ原作を適当に流し見して、何が大事かも理解せずに適当に継ぎ接ぎしたのでしょう。

そしてこの原作破壊を引き起こしているわけですから、これならば実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が大コケしても当然だったわけですね。

 

ジョジョの奇妙な冒険第4部実写化の感想・評判は?

実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』ですが、公開後の感想や評判を見ると…。

ジョジョ4部の原作を見ていない人としては、

「面白かった!」

という声が多かったみたいです。

しかし、原作ファンの声を見ると…

「思ったよりよかった」

「『テラフォーマーズ』みたいなゴミかと思ってたけど、悪くはなかった」

「ハードルを低めにしてたから、普通に映画としては成り立ってて驚いた」

など。

  • 悪くはない
  • 思ったよりひどくはなかった

という評価になっているようです。

実際、最初に危惧されていたスタンドのCG表現も、比較的しっかりしているという意見があります。

スタンドバトルの表現は、前評判のようなしょぼいものではありません。

 

しかし一方で、酷評している意見ももちろん存在します。

その酷評部分というのが、

無駄な原作破壊をする一方、原作再現をしようとして失敗している

という、もはやどうしようもない問題だったのです。

まず、先述したようなキャラ設定の破壊。

これが酷評の部分の1つ。

3部構成にして続編ありきの内容にしたためか、第1作だけでは、この設定破壊をした意味がとくになく、

「この原作破壊いらなかったよね?」

と、原作ファンを怒らせる結果となってしまったのです。

そして、あのキャスト陣によるコスプレ大会ですからね。

低評価なのも頷けます。

 

続いては2つ目、原作再現をしようとして失敗したという点です。

無駄に意味のない原作破壊をしているくせに、ジョジョ特有の流れである戦闘中の解説などをしっかりと盛り込んでしまったため、

バトルシーンのテンポが非常に悪い

という、映画としては一番やってはいけない、見ている人がだるくなってしまう要素を生んでしまいました。

また、第4部は第3部と違って、スタンドをほとんどの読者が知っている前提で作られていますから、第3部ほど詳しくスタンドについて解説しているシーンがありません。

それもしっかりと受け継いでしまい、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は、

スタンドについての解説がほとんどありません

でした。

まぁ、これについては原作ファンとしては問題ないかと思いますが、原作を知らない人が見ると、

「スタンドって何?」

と、疑問のまま話が進んでしまいます。

そしてバトルシーンでのテンポの悪さとくるわけですから…。

スタンドバトルも、CGでの表現こそ悪くなかったものの、

  • 戦闘中の解説が入ってテンポが悪い
  • しかしスタンドについての解説は少ない

というせいで、原作未読の人に優しくない作りとなってしまっているのです。

原作ファンを対象にした映画であれば、それでも構わないかもしれませんが、何度も言うように、原作設定を破壊しています。

つまり、

原作ファンには疑問を抱かせるような設定、原作を知らない人には優しくない構成

となっていて、

どんな層をターゲットにしてこの映画を作ろうとしたのか全く見えてこない

と言うこともできるのです。

その結果、想像以上に集客率が低くなってしまった…

と言えそうですね。

 

まとめ

原作の第4部となる『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写映画は、

クソ映画ほどではないものの、わざわざ映画で見る必要もないレベル

という、何とも微妙な評判になってしまっています。

また、原作破壊、とくに吉良吉影の人物像そのものを根本的にぶち壊しにする改変などには、憤るファンも…。

この様子では、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の続編は打ち切り…。

ということになってしまいそうですね。

スポンサーリンク

-映画

スポンサーリンク

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.