星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

天体観測

オリオン座流星群2016の日程や時間をチェック!極大はいつ?

投稿日

天体ショーの中でも、特別な機材がいらないことから、観測する人の多い流星群。

中でも人気なのが三大流星群と言われる『しぶんぎ座流星群』、『ペルセウス座流星群』、『ふたご座流星群』ですが、流星群はそれ以外にもたくさん存在します。

毎年10月は、流星群の中でもかなり速度の速い『オリオン座流星群』を観測することができます。

それでは、『オリオン座流星群』の2016年の極大時間はいつ頃になるのでしょうか?

当記事で、2016年の『オリオン座流星群』の極大時期などについてお届けします!

スポンサーリンク

アドセンス

10月のオリオン座流星群とは?

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%b3%e5%ba%a7%e6%b5%81%e6%98%9f%e7%be%a4

『オリオン座流星群』は、流星群の中でも非常に観測しやすい性質を持っています。

まず、速度が速いという点。

そして、全流星群の中で2番目に速いそうで、そのため明るい流星が多く、有痕率も高く、一般に思い浮かべる流星そのものというような、いわば王道の流星を見ることができます。

夜空に痕が残るので、それがまた綺麗だとして流星群の中でも人気が高い流星群となっているんですよ。

明るく、痕が残るという点、さらに突発性がなく、安定して流れるという特徴もあり、これらは観測しやすさにも大きく影響。

比較的、初心者向けの流星群とも言えます。

そんな『オリオン座流星群』は、オリオン座の右腕あたりに放射点がある流星群で、母天体はかの有名な

ハレー彗星

です。

歴史的にみると、中規模の流星群だったのですが、2006年辺りに急に活動が活発化。

2010年頃までは、1時間に流星が50個以上観測することができました。

次に活発化するのは2080年頃らしく、今の20代の人たちが、かろうじて生きているかどうかという未来の話になってしまうみたいです。

現在でも、条件が良ければ、

1時間に20個

ほどは観測できるみたいですよ。

では、2016年10月の『オリオン座流星群』の極大時間や観測条件はどうなのか、早速こちらもチェックしてみましょう。

 

オリオン座流星群2016の極大時間はいつ?

考える男性

活動期間そのものは、

毎年10月2日~11月7日

と比較的長い『オリオン座流星群』ですが、10月2日に見ようと思っても、せいぜい1日数個というレベルです。

流星群には、活動がピークを迎える極大時刻があり、その前後数日になると、多くの流星が見られるようになります。

では、『オリオン座流星群』の2016年の極大時間は具体的にいつ頃かというと…

10月21日14時頃

になります。

14時、つまり真昼間ですね。

というわけなので、極大時刻に流星群を観察しようというのは至難の業。

うーん、残念。

ただし、これはあくまでもピークの時間ということなので、極大日であれば同じような数の流星を観測可能です。

そのため、2016年の『オリオン座流星群』を観測するのにおすすめな時間は、以下の2点。

10月21日0:00~夜明けまで

10月22日0:00~夜明けまで

前後1日あたりは基本的に流星が多く流れるので、この2つの候補が観測に最も適している時間という事になります。

時間という事であれば、10月31日に月が新月となるので、その前後数日だと非常に観測しやすいと言えそうです。

(流星の数は減ってしまうので観測に向いているかは微妙ですが)

ただ、月が沈んだ真夜中であれば問題なく観察できるので、そこまで新月にこだわらなくても大丈夫だと思いますよ。

 

オリオン座流星群2016の観測条件は?

2016年の『オリオン座流星群』の観測条件を調べてみました。

すると、どうやら残念なことに、2016年の観測条件はあまりよくないみたいです。

何故かというと、まず1つに先ほども触れましたが極大が昼間であるということ。

そして、月齢が満月から半月になる間付近のため、夜も月明かりに邪魔されてしまうからです。

そのため、月が沈んだ後となる真夜中に観測することがおすすめとなります。

夜更かししないといけないので、良い環境で観測するためには、少々の苦労が必要になり、大変ですね。

 

オリオン座流星群2016の方角は?

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%b9

『オリオン座流星群』は、オリオン座を放射点にしているので、オリオン座の方向から四方八方へ流れていきます。

そして、『オリオン座流星群』が極大になる頃のオリオン座は、

東の空

にあるみたいです。

が、しかし、基本的に流星群は開けた場所で寝転がって見るもので、一点を見ていればいいというわけではありません。

そのため、方角としてはどこでもOKということになります。

2016年の『オリオン座流星群』に至っては、あえて言うならば、月明かりの少ない方角を中心にして観測するのがおすすめです!

月明かりの影響の少ないポイントであれば、より多くの流星を見ることができますよ。

 

オリオン座流星群観測の注意点!

黒板を指差す男性

最後に、『オリオン座流星群』を観測するうえでの注意点をいくつかご紹介します。

他の流星群にも共通して言えることなので、是非覚えておいてください!

1.開けた場所で観測する

これはとても重要です。

方角の時にも触れましたが、基本的に、流星群観測は開けた場所で行うものです。

一定の方向しか見られない家のベランダで…とかではなく、空き地で寝そべってというような方法がベストと言われています。

そうでないと、四方八方へ流れる流星を見られず、下手したら1つも流星が見られずに終わってしまったということもありえます。

そのため、事前に観測スポットを探しておくことが大切でしょうね。

2.明るい場所を選ぶ

これも流星群をしっかり観測するうえで、必要になるポイントです。

いくら『オリオン座流星群』が流星群の中では明るいと言っても、所詮は宇宙というはるか遠くにあるため、月明かりや地上の街灯と行った人口の光よりは明るくありません。

街灯の多い場所で観測してしまうと、その明かりに阻まれ、流星があまり見られなくなってしまいます。

そのため、観測スポットは街灯の少ない場所を選びましょう!

開けた場所、そして街灯の少ない場所で観測するのがベストなわけですが、そうなると女性は特に注意が必要です。

黒帯の柔道女子や、護身術に長けているというような方でない限りは、なるべく複数人での行動を心がけましょう

身の危険が考えられます。

3.最低でも30分以上は観測を続ける

暗い場所で観測することになるため、目が暗闇に慣れるまでに時間がかかります。

人によって差があるそうですが、大体は15~30分とのこと。

そのため、最低でも30分は観測を続けましょう。

そもそも、流星も1時間に20個あれば多いほうという個数なので、流星群の天体観測は基本的に1~2時間という長時間の持久戦!

これが流星群観測のセオリーになります。

4.防寒対策を忘れず!

春・夏にあった他の流星群とは違い、こちらは『オリオン座流星群』以降で重要となる注意点です。

当たり前ですが『オリオン座流星群』は10月の流星群。

そして10月と言えば、夜はもうかなり冷え込んでくる時期ですよね。

そのため、長時間の流星群観測を行う場合、防寒対策が必要になってきます。

夏であれば特に必要ありませんでしたが、この時期になると、さすがに半袖一枚などでは風邪を引きかねません。

そこで、防寒具を用意したり、

寝袋にくるまりながら観測したり、水筒に暖かい飲み物を入れて持参するなど

の対策を心がけておきましょう。

せっかく流星群観測を楽しんでいたのに、風邪を引いてしまったら一気に気分がダダ下がりです。

かならず防寒対策は忘れずに行ってくださいね!

 

以上が、流星群観察における注意点となります。

時期が時期なため、防寒対策は必要になってきますから、健康には気を付けてくださいね!

 

まとめ

『オリオン座流星群』は、流星群の中で2番目に速いため、明るく痕が残りやすい、初心者にうってつけの流星群です。

そのため、

「流星群、見てみたいな」

という方も、ぜひ観測にチャレンジしてみてください。

流星群は月や火星と行った天体の観測とは違い、特別な機材は必要ありませんし、場所さえ気をつければ簡単に観測できます。

この時期は寒さだけが大敵なので、防寒対策をしっかり行って観測しましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-天体観測