星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

マクドナルド

テキサスバーガー&ベーコンポテトパイ2016の販売期間とカロリー!

投稿日

2016年は、日本上陸45周年を迎えるメモリアルイヤーであるマクドナルド。

ここ数年は、今までの安かろう悪かろう精神が時流に反し、マクドナルドが苦戦を強いられていますが、『ロコモコバーガー』、『月見バーガー』などの期間限定商品は、いまだ根強い人気があります。

そして、マクドナルドは2016年10月から、日本上陸45周年記念として、4弾に渡り、過去の人気メニュー4品を復刻するとのこと!

その中には、第2弾に『ベーコンポテトパイ』、そして第1弾には、マクドナルド史上1、2を争う大人気メニュー『テキサスバーガー』の名も!

販売の度にすぐ売り切れたあの『テキサスバーガー』が復活するということで、ファンは目が離せませんね!

スポンサーリンク

アドセンス

マクドナルド日本上陸45周年記念キャンペーンが開催!

マクドナルド

2016年は、マクドナルドが日本に上陸して45年目というメモリアルイヤーのようです。

マクドナルドが日本に上陸したのは1971年のこと。

藤田田氏がマクドナルドのフランチャイズ権を得て、日本マクドナルド株式会社を設立したことから始まります。

設立当時は、アメリカからアメリカのマクドナルドと同じように、

『郊外に店舗を置け』

という指示が出ていたそうですが、藤田田氏はあえてマクドナルド1号店を銀座に構えます。

これは、

「日本は銀座が流行発信地。銀座で話題になれば必ず成功する」

という藤田田氏の考えがあったみたいです。

こうした日本の中心的な都市に店舗を増やしていくという藤田田氏の思惑は見事に的中。

日本におけるマクドナルドは、その後、価格破壊を行い、他の追随を許さない商売を展開したことで、

『デフレの勝ち組』

と言われるまでに業績を拡大するのです。

しかし、藤田田氏の価格破壊路線は、ハンバーガーのブランドイメージを損なわせてしまい、さらに期限切れチキンナゲット問題、異物混入問題などで、マクドナルド人気は大きく衰退、本国・アメリカでも健康志向の高まりなどから、サブウェイにトップの座を明け渡すなど苦戦続きとなってしまいました。

しかし、かつて人気だったメニューの期間限定復活などで、一時的ではありますが、息を吹き返してきているマクドナルド。

そんな中、『マクドナルド日本上陸45周年記念キャンペーン』と称し4弾に渡る復刻キャンぺーンを開催!

その第1弾に『テキサスバーガー』、第2弾に『ベーコンポテトパイ』が期間限定復活するとのこと!

あの『テキサスバーガー』が復活するのは、やはり待ち望んでいただけにとてもうれしいですね。

早速、価格やカロリーなどを調べてみることにしました。

 

テキサスバーガー2016の価格とカロリーは?

%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%bc

それでは、『テキサスバーガー』の情報です。

『テキサスバーガー』は、2010年の登場以来、何度か復刻したことはありましたが、その度にすぐ売り切れてしまうほどの人気商品でした。

ここ数年は復刻されていなかったので、『テキサスバーガー』ファンにとっては待望の復活となります。

『テキサスバーガー』最大の特徴は、何といってもそのボリューム!

通常の2.5倍

のビーフパティと、サクッと揚げた歯ざわりの良いフライドオニオン、チーズ、旨みたっぷりのベーコンがサンドされています。

そして、本場のケイジャンソースを参考にしたというスパイシーなバーベキューソースに、ピリッとする粒マスタードレリッシュという2種類のトッピング。

通常のマクドナルドのバーガーとは異なる味、本場アメリカらしさを感じるバーガーとなっています。

そんな『テキサスバーガー』ですが、ボリューム感満載なだけに、カロリーもやはり膨大なカロリー数値となっているようです。

『テキサスバーガー』のカロリーは、

670キロカロリー

バーガー一つで、丼物と同じくらいのカロリーなので、膨大です。

そして、『テキサスバーガー』の価格はというと、

単品が税込み490円

セットが税込み790円

となっています。

カロリーに比例するのか、やはり高いですね。

これだけ価格が高いと、少し購入は躊躇ってしまいそう…。

ただ、せっかくの『テキサスバーガー』復活ですし、筆者も一度くらいは食べておきたいところです。

 

ベーコンポテトパイ2016の価格・カロリー!

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%86%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%a4

1990年に登場し、パイメニューとして親しまれていた『ベーコンポテトパイ』が、第2弾として復活!

マクドナルドのパイといえば、『ホットアップルパイ』が一番有名ですが、『ベーコンポテトパイ』も人気でした。

サクサクっとしたパイ生地の中には、ジューシーでスモーキーなベーコンに、ホクホクのポテト、そしてオニオンといった具材が詰まっています。

牛乳で煮込み、とろりとしたクリーミーに仕上がったソースも忘れてはいけません。

発売されなくなって以降も根強い人気があり、マクドナルドのQ&Aには、

「『ベーコンポテトパイ』は復活しますか?」

という質問が寄せられていたほど。

筆者的には、『ベーコンポテトパイ』や『チキンタツタ』といったメニューが、レギュラーから消えてしまったのは本当に愚策だと思います。

不振である今だからこそ、レギュラーに復活させるべきメニューなのではないでしょうか?

そんな『ベーコンポテトパイ』のカロリーですが、

239キロカロリー

マクドナルドの中では、やや低めのカロリーですね。

価格も税込み150円と、比較的お手頃な価格なので、この機会にぜひ、『ベーコンポテトパイ』を購入してみてはいかがでしょうか。

 

テキサスバーガーとベーコンポテトパイの販売期間はいつまで?

黒板を指差す男性

では、『テキサスバーガー』と『ベーコンポテトパイ』は、いつまでマクドナルドで販売されているのでしょうか?

まず、『マクドナルド日本上陸45周年記念キャンペーン』第1弾で登場する『テキサスバーガー』は、

2016年10月5日(水)~11月上旬

を予定しているとのこと。

第3弾の開始が、11月2日~らしいので、11月1日辺りまででしょうか。

ただし、在庫がなくなれば、その時点で販売終了ですし、なおかつ復刻の度にすぐ売り切れてしまう『テキサスバーガー』です。

できるだけ早めの購入を心がけましょう。

そして、第2弾となる『ベーコンポテトパイ』の方は、

2016年10月12日(水)~11月上旬

を予定しているそうですよ。

また、第4弾は11月22日からスタートのようです。

 

まとめ

マクドナルドが日本上陸から45年を迎えるという事で、キャンペーンを開催。

その第1弾であの人気バーガー『テキサスバーガー』と、人気パイの『ベーコンポテトパイ』が復刻されます。

待ち望んでいたこの機会を逃すわけにはいきませんね!

とくに『テキサスバーガー』は、ここ数年復刻がなかったので、待ち望んでいた方も多そうですし、売り切れになる前に、早めに購入しましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-マクドナルド