星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

年賀状を住所不明の相手に届ける方法!サービスのデメリットとは?

更新日

インターネットの普及によって、掲示板やSNSといったサービスが活性化、今ではネット上の親しい友人がいるという人が増えているのではないでしょうか。

筆者もその1人です。

そして、ネット上の親しい友人が増えていくにつれ、こんなことを思ったことはありませんか?

「○○さんに年賀状送ってみたいけど、住所知らないし、聞くのもプライバシー的に…」

と。

こういった時代の変化に合わせたのか、日本郵政が2016年11月1日から、住所がわからない相手に年賀状が送れるようになるサービスを開始するとのこと。

一体どういう仕組みになっているのか?

トラブルなどは起きないのか?

当記事で、日本郵政が行う、住所がわからない相手に年賀状を贈れるようになるという新サービスについて調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

ネット上の友達に年賀状が送れる新サービス!

%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88

最近はSNSなどが活発なので、ネット上の友達がいる方も多いのではないでしょうか?

筆者も、ネット上での友達というのはそれなりにいます。

また、年末が近くなると、SNSなどで、

「年賀状のやり取りをしたいから送っていいよって人はメッセージで住所よろしく!」

というやり取りを目にすることもあります。

まぁ、普通に

「明けましておめでとう、今年もよろしく!」

という程度であれば、SNS上でやり取りすればいいだけの話ではあるのですが、特に絵を趣味にしていたり、同人誌を描いていたりするような絵描きだと、

「自分の書いた絵を年賀状として送りたい!」

と、仲のいい人や絵描き同士で送り合ったりもするらしく、その年賀状ために住所のやり取りをするそうです。

しかし、やはりSNSで住所のやり取りをするというのは、万が一情報が流出したら、という不安もありますし、相手がその住所を控えてしまうことも可能ですよね。

その後にどんなトラブルが起こるかわからないため、今まで、

「○○さんの年賀状ほしいけど、もし何かあったら…」

と、年賀状のやり取りを躊躇っている方も少なからずいるはず。

そんな人たちに待望の新サービスを、日本郵政が

2016年11月1日(火)

から開始します!

このサービスは、相手の

住所がわからなくても年賀状が送れる

という画期的なサービス。

これで、ネット上の友達にも年賀状が送ることが可能になるというわけですね。

しかし、あくまでも『郵便年賀.jp』のサービスであるため、年賀状のみしか対応していません。

では、具体的にこの年賀状新サービスはどう利用するのか?

次に使い方もご紹介します。

 

住所がわからなくても送れる年賀状の送り方!

黒板を指差す男性

では、住所のわからない相手に年賀状を送れるという夢のような日本郵政の新サービスの使い方を早速ご紹介します。

とは言っても、難しいことは一切なく、手順はたったの3つです。

1.SNSの友達やスマホのアドレスから送りたい相手を選択

こちらは送る側が行う手順です。

2.相手に事務局からのメッセージが届き、受け取りOKで年賀状配送

こちらは受け取る側が行う手順。

ここで、事務局からのメッセージを拒否した場合は、年賀状が届かない仕組みとなっています。

そのため、見知らぬ相手だったり、受け取りたくない相手からの年賀状は拒否できるため、ストーカー被害防止などにもなっており、ありがたい仕組みですね。

年賀状を受け取る相手は、ここで受け取りを許諾した後に、住所を入力するようです。

3.相手に年賀状が届く!

一連の手続き後、年賀状が相手に届き、無事完了となります。

これならば簡単で、かつ知らない人から年賀状が送られてくることを防げるので、良い仕組みだと言えそうですね。

ただし、この年賀状サービスにデメリットが全くないわけではありません。

というよりも、送る側にデメリットはほぼありませんが、届く側にはデメリットの方が多いという問題点もあるのです。

ネット通販最大級の年賀状販売サイト【24年賀状】

住所がわからなくても送れる年賀状のデメリットとは?

%e3%83%8b%e3%83%a4%e3%83%aa%e3%81%a8%e7%ac%91%e3%81%86%e7%94%b7%e6%80%a7

送る側としてはありがたい、住所がわからない相手への年賀状配送サービス。

しかし、年賀状が届く側には

重大なデメリット

が1つ存在していることを忘れてはいけません。

過去にmixiやLINEが今回の日本郵政と似たようなサービスを行い、いずれもサービス終了してしまっていることを考えれば、そんな簡単に上手くいかないサービスだということがお分かりいただけるかと思います。

では、その重大なデメリットとは何か?

それは、ずばり!

返還された場合の住所流出

です。

今のところ、日本郵政の郵便年賀ページには、新サービスの説明が簡単に記されているものの、返還についての事項が記載されていません。

返還とは、業界内で昔は還付と言われていた言葉で、記載ミスなどで届けられなかった物が戻ってきてしまうことを指します。

よくあるのは、『尋ね当たらず』ですね。

以前、mixiやLINEであったこの新サービスと似た、住所の分からない相手へ年賀状が送れるサービスで、この返還についてのトラブルがありました。

相手が記載した住所が不完全だったために、送り主の元にその年賀状が戻ってきてしまったのです。

送り主が住所などを記載してしまえば、相手の記載に不手際があった場合、送り主の手に戻ってきてしまうため、住所誤りではありますが、それで相手の住所がある程度把握することができてしまいます

そのため、受け取る側は入念に誤字脱字などのチェックをして、不備で返還されないように細心の注意を払わなければなりません。

日本郵政が対象の年賀状に何らかの判を押し、その判がある年賀状は返還されないというような仕組みを作らない限りは、おそらく返還されてしまうでしょう。

そして現在、日本郵政はこの新サービスに対する返還に関しての記載をしていないため、ここだけは非常に気がかりなポイントです。

こうした送る側が悪意を持って接近し、受け取る側の住所がある程度把握できてしまうなどのトラブルもないわけではありませんし、気軽に利用してしまうのではなく、リスクもしっかり把握しておいてくださいね。

 

まとめ

日本郵政が新サービスとして、住所のわからない相手にも年賀状が送れるというサービスを2016年11月1日(火)から開始します。

これによって、ネット上の友達にも年賀状が送れるようになり、

「これなら送れる!」

と待ち望んでいた方の喜びの声も多く聞かれるようになりました。

しかしその一方、過去に似たサービスがいくつか終了していますし、いわゆる返還による個人情報の悪用がないわけではありません。

利用する場合は、くれぐれもリスクに見合った相手かどうかを見定めてから、許諾するようにしましょう!

ネット通販最大級の年賀状販売サイト【24年賀状】

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事