星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

温泉マークのデザイン変更理由と批判炎上で継続となった経緯

更新日

今や日本人にとって、親しみ深いマークである温泉マーク。

『3本の湯気が立ち上る』

いかにも温泉というこのマークは、日本人の中では知らない人の方が少ないマークの1つでしょう。

あのマークを見るだけで、一目で温泉だとわかるので、改めて考えてみれば『実に偉大なマークだな』と思うところです。

さて、そんな温泉マークに今、危機が訪れようとしています。

その危機とは、なんと、

温泉マークが変更になってしまうおそれがある

とのこと。

それに対し、温泉発祥の地からは難色を示しているとの声もあり、今後、温泉マークのデザインがどうなってしまうのか非常に気になるところです。

そこで当記事では、温泉マーク変更問題について、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

あの"温泉マーク"のデザインが変更されるかも!?

%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

なにかの施設などを表すためのマークといえば、まず第一に地図記号が思い浮かびますよね。

小学校の頃、地図を見ては地図記号を覚え、そのマークを探すのを楽しんでいた記憶があります。

太陽に似た形の工場や、Yに尻尾がついたような桑畑、つばぜり合いをしているようなマークの古戦場など…。

実は、今挙げたこれらの地図記号は、すでに廃止になってしまったそうなのです。

あれだけ夢中になって覚えた地図記号が廃止になってしまうのは、少し寂しいところ…。

また、地図記号のほかにも、施設の案内をするための記号として、

ピクトグラム

があります。

ピクトグラムとは、ある注意を促すような絵記号のことで、基本的には明度差がある2色を使って作られています。

例えば、非常口やトイレのマークなどがそれですね。

このピクトグラムの1つに、今回の話題となっている『温泉マーク』が入っているのです。

ピクトグラムは、わかりやすさを追求したため、日本だけでなく世界でも使われているマークで、どの国の人でもわかるというのが売りです。

そして今回、経済産業省が『温泉マーク』を含めたピクトグラムの見直しを行っていることがわかりました。

何も温泉マークだけを対象にしているわけではなく、ピクトグラム全体での見直しが、温泉マーク変更騒動の真相だったみたいですね。

とはいえ、それでも結局は同じ疑問に行きつきます。

「なぜピクトグラムの見直しをするの?」

次に、その変更の理由についても調べてみました。

 

温泉マークのデザインが変更になる理由とは?

三本の湯気が立ち上る様子を描いた温泉マーク。

非常にシンプルでわかりやすいですよね。

しかし、なぜか温泉マーク変更の方向で調整が進められているとのこと。

一体、なぜ温泉マークのデザインが変更されてしまうのでしょうか?

ちなみに、温泉マークの新デザインはこちら。

%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af2

三本の湯気はそのままに、温泉に人が3人入っている部分が新たに追加されます。

正直、あまり変わらないので、

『あえてデザインを変更する必要はないのでは?』

と筆者的に思うのですが…。

では、なぜ温泉マークが変更されてしまうのか?

先ほども触れたように、ピクトグラム全体の見直し、その一環として温泉マークが変更されるとのことですが…。

どうやら、その変更の背景には、

2020年の東京五輪

が関係しているみたいです。

東京での五輪開催となれば、当然外国人が多く来日します。

中には、日本観光ツアーを組んで来日する観光客も多いことでしょう。

そこで、

外国人にも、一目で見てわかるマークにしたいから

というのが温泉マークデザイン変更の理由だそうです。

個人的に衝撃的なのですが、

外国人には温泉マークが温泉を表しているようには見えない

そうですよ。

外国人に聞いてみると、

「焼肉みたい」

「暖かい食べ物かな?」

「熱いコーヒー?」

と、皆揃って

『何か暖かい食べ物ではないか?』

と回答したのだそうです。

まさに驚きの回答です!

まさか温泉マークを焼肉と勘違いするなんて…。

温泉マークのどこが焼肉に見えるのでしょう?

これが、いわゆるカルチャーギャップということなのでしょうか?

経済産業省は、こうした外国人の反応から、

「温泉マークを外国人が一目見てもわかるというマークに変えたい!」

ということで、ピクトグラムの見直しが検討されているのです。

ちなみに、他のピクトグラムの新たな変更案もいくつか示されており、例えば病院ならば、こうなります。

%e7%97%85%e9%99%a2

筆者はこの新病院マークを見た時、

病院というよりは安置所

ではないかと思ってしまい、

「それもはや手遅れな状態だから!」

と突っ込みたくなりました。

横たわっている人の上に十字架って、完全にご臨終じゃないですか…。

これは不謹慎極まりないデザインですよ。

どう考えても今の病院のマークの方が世界的にも認知されやすいでしょう。

たとえ新マークを世界基準で考えたとしても、その結果、日本人がわからなくなってしまったら本末転倒です。

より良くするために新マークにしようという試みはいいのですが、そのデザイン案がセンスの欠片もないマークになってしまうことは大問題です。

携帯電話の絵文字は『EMOJI』と呼ばれ、世界的に親しまれているというのに、このセンスをどうして生かせないのか…。

企業レベルだと、とてもセンスのいいデザインが生まれるのに、国レベルに発展すると、なぜこうもセンスのひどいデザインになってしまうのでしょうね。

 

温泉マークデザイン変更に対するネットの反応!

疑問を抱く女性

温泉マークなどのピクトグラムの変更に関しては、ネット上でも多くの疑問を抱かれているようです。

温泉マークに関しては、

「ダサいなぁ…もっとマシなデザインにはできんのか」

「熱湯風呂の罰ゲーム?」

と、変更案に対するセンスのなさを疑問に感じている方が多いようで、やはり簡単に受け入れがたいのだろうなと思いました。

「自分が外国行った時、独自のマークがあればそれを調べるけどなぁ」

「その国独特の文化が見られるから観光するのに…」

と、日本独特のものだからこそ残すべきだとの声もありました。

これには筆者も全面的に賛成です。

その国特有のデザインであって、その意味を理解してこそ、外国旅行をしているなと思わされるわけであり、一種の醍醐味ともいえる要素。

むしろ、

「そのくらい自分で調べろ!」

と言いたくなります。

また、日本最古の温泉記号発祥の地と言われている群馬県安中市の磯部温泉からも、

「マーク変更の場合、知名度やイメージの低下が懸念される」

と、経済産業省に対して反対の要望書を送ることを決定したそうです。

このように本格的に温泉マーク変更に対する反発の動きが強まりはじめていもいます。

磯部温泉には、

350年以上前に、農民の土地争いに決着をつけるため、評定所の出した評決文に、温泉マークが描かれていた

とか。

そんなに古い歴史を持っているマークを変更してしまうのは、確かになにか冒涜のような気持ちにさせられます。

さらに、大分県別府市や由布市といった温泉の名所からも、

「現行マークは幅広く定着していて、変更はやめてほしい」

と反対意見が挙がりました。

先ほども述べましたが、様々なマークを世界基準に合わせるのは良いとしても、肝心の日本人から理解されない、納得してもらえないということになれば、本末転倒です。

病院の変更に至っては、

「不謹慎すぎる…」

とも言われても仕方がないデザインです。

せめて、もう少しセンスのある、まともなマークを考案してほしいものです。

それができないのなら、マークのデザイン変更は断念した方がいいのではないでしょうか?

 

温泉マーク変更から一転して継続の方針へ

温泉マークの変更について、国際的にわかりやすいように、と変更したい意図がありましたが、やはりというべきか、批判が続出し、一種の炎上状態となってしまいました。

これらの反対意見をふまえ、2016年12月6日に行った経済産業省の会議では、これまでの方向から一転して、

「温泉マークを従来のまま継続させる」

という方針にしていこう、という方向で話がまとまったそうです。

やはり、温泉マーク変更の話が発表された後、批判が予想以上に殺到したことがかなり影響したらしく、

「温泉マークを国際規格に変えるべきだ」

という意見はこの会議で出なかったそうです。

そのため、今後の方針としては

・従来のままで使っていく

・従来の物も使い、新しい変更案も併用していく

この2つのどちらかになるみたいですよ。

まぁ、今のままの方がわかりやすいと答える日本人が6割いましたし、外国人からも、

「変更案の方がわかりやすい」

という人が、7割ほどまでしか伸びませんでしたから、変更は不要でしょう。

さらに言えば、仮に変更をした場合、長野県などの温泉の名所では、各地で現在の温泉マークが使われています。

温泉マークが変更となってしまうと、これを全て入れ替えないといけなくなり、費用も膨大に膨れ上がってしまうのです。

そうなれば、

「デザインの変更費用を国が負担してくれるのか?」

という話にもなります。

予算や伝統を守るといった概念から、従来の温泉マークを守っていく方向へ経済産業省も動いたことは、これで良かったなと思いますね。

 

まとめ

湯気が3本立っていることでおなじみの温泉マーク。

デザインの見直し危機に立たされていましたが、最新の会議の結果では一転、

「現状の物を変更するのはやめよう」

という、温泉マーク存続の方向に意見が変わってきているみたいです。

もちろん、よりわかりやすくするためにも変更するマークがあってもいいとは思いますが、反発が多いのも事実。

昔からの伝統を守っていきたいこともありますし、旅行先の国のことを調べておこうと思わない外国人にまで、親切にする必要などないと思います。

また、他のピクトグラムにしても、変更案が非常にダサく、病院に至っては世界基準を通り越して、不謹慎な域にまでぶっ飛んでしまっています。

既存のデザインを見直すのであれば、もう少しデザインとして、アイデアは捻れないのでしょうか?

それと、『Wi-Fiスポット』といった場所のピクトグラムを新たに作成する動きもあるらしいです。

こちらは、もともと無いマークを新たに作るということで、筆者としても賛成です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事