星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

重盛さと美は性格が悪い?嘘と坂口杏里との仲・関係を考察!

更新日:

重盛さと美さんは、ANRIこと坂口杏里さんとは、かなり醜い争いをしていると評判ですよね。

また、そこから発展して、

「腹黒い」

「性格が悪い」

と言われ、かなりアンチが増えている模様。

では、重盛さと美さんは、なぜここまで嫌われるようになってしまったのか?

彼女の性格が悪いと言われる理由や、坂口杏里さんとの関係についても、当記事で探ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

重盛さと美の嘘?と言われるエピソードとは

重盛さと美

母を亡くし、それ以降、ほとんどテレビから姿も消してしまい、気がつけばホスト通いで借金苦にあえぐようになってしまった坂口杏里さん。

しまいには、セクシー女優デビューも果たすこととなりましたね。

一部の噂では、坂口良子さんの遺産や自身の貯蓄も既に使い果たしたそうで、坂口杏里さんが

2,000万円

の借金を抱えているとも言われたことがあります。

そんな中、突如坂口杏里さんの騒動に名前が挙がることとなったのが、重盛さと美さんでした。

これをきっかけに、重盛さと美さんには、アンチが大量発生することとなってしまったのです。

これは、坂口杏里さんが、借金苦に喘いで話題になっていた頃の話です。

まだ坂口杏里さんは芸能事務所を辞めておらず、

『友人にお金を借りれないか?』

と無心していた頃だったそう。

その頃に、唯一連絡を取っていたと言われる重盛さと美さんが、

『貯金を切り崩して坂口杏里さんに500万円貸してあげようか?』

と働きかけていたというのです。

ただ、重盛さと美さんは、マネージャーから

「重盛が助けられる額ではない」

と肩代わりを止められたのだとか。

同じおバカタレントで事務所の先輩後輩の間柄であることもあって、助けたいと思いながらも助けることができなかった…。

その事を、2016年9月に重盛さと美さんが出演した『上沼・高田のクギズケ!』で述べました。

さらには、

取り立てが事務所まで来た。

借金は報道されているより多い。

とまで暴露。

すると、坂口杏里さんがTwitterでこのことに対し、

ネットニュースいろいろみてたら唯一連絡取ってたって取ってなかったんだけど… さすが腹黒いや。」

と反論。

後に、重盛さと美さんがブログで

「私は、こう伝えてと言われた事実文言をそのまま喋る事しか出来ないビビりです(笑)」

「自分の考えだけで誰かの何かを暴露したり嘘つく勇気はない小心者です」

と、事務所に言わされたことを釈明したものの、時すでに遅し…。

坂口杏里さんの一件で、重盛さと美さんは評判を一気に落としてしまったのです。

それにしても、なぜ重盛さと美さんはこのような嘘をついたのでしょう?

芸能界から消えかかっていたから、乗っかれそうな話題のネタに乗り、売名行為をしたかったのでしょうか?

 

重盛さと美は性格が悪い?

以前から、重盛さと美さんは、

「重盛さと美は性格が悪い!」

と言われていて、坂口杏里さんの一件で株が下がったため、性格の悪さが重なって、重盛さと美さんのアンチが急増してしまったみたいですね。

さて、重盛さと美さんの性格というと、あくまでテレビ上のイメージですが、

ほんわかした天然系タイプ

という印象ですが、実際のところは、

計算高く腹黒い

とまで言われているのです。

その理由とされるのが、

他人の暴露ネタをダシにして注目を集める・自身を正当化する腹黒さ

という部分です。

また、かなり嘘をつくことが多く、虚言癖と言われているのも、重盛さと美さんの性格が悪いとされる一因になっていますね。

『嘘をよくつく』

というエピソードだと、例えば、ヤンキー姿をしている過去の写真も発覚した時、

『ただのコスプレだ』

と言い訳したことがメジャーでしょう。

さらには、『めちゃイケ』ではかなり多くの嘘をついています。

例えば、カンニングをしたのに、していないと言い張ったり、ウソ泣きを披露したり…。

しまいには、

「家族が恥ずかしくて名字を変えた」

などという嘘もついているのです。

これについては、番組内で『実話です』というテロップが出ていましたが、それも疑わしいところ。

そもそも、姓の変更というのは、

戸籍の筆頭者、配偶者がいる場合は夫婦2人で家庭裁判所に申し立てをしなければならず、

許可が降りた後は、2週間の即時抗告期間を経た後、審判が確定してから、戸籍の届け出が可能なのです。

やむを得ない事情であればすぐに変更可能だそうですが、重盛さと美さんが語ったのは、

「自分がバカだから」

という理由。

おバカタレントとして知名度が上がったところで、家族の生活などに支障が出るとは思えません。

そんなことで名字が変えられるなんて、ありえるのでしょうか?

少なくとも、筆者は娘がバカだから名字を変更したなどという例は聞いたことがありません。

よって、これも重盛さと美さん得意の嘘だと考えてしまいます。

こうして何度も嘘を重ねることで、重盛さと美さんの評判としては下落していくわけです。

 

そしてもう1つ。

他人の暴露ネタで注目を集めたり、自身を正当化させようとするという部分についても紹介しますね。

重盛さと美さんが芸能界から消えかかっているからなのかは知りませんが、時折、他人の暴露ネタで注目を集め、

「他人をダシにして生き残ってる」

と世間からはバッシングされているのです。

例えば、『めちゃイケ』で、重盛さと美さんが腹黒かどうかを検証するコーナーで、武田真治さんによって、

 

2種類のプレゼントのどっちが欲しいか聞かれた時、

「どっちにしたらいいか分かんない」

と答えると、両方もらえるという手口で重盛さと美さんがプレゼントをせしめていたこと

 

を暴露されると、彼女は言い訳をしつつ、

武田真治さんの過去の女性関係について暴露

し、話題を逸らしたのです。

武田真治さんが語ったエピソード自体も重盛さと美さんの腹黒さが伺えますが、自分の話題を逸らそうと、他人の暴露ネタを披露するあたりも、筆者としては重盛さと美さんの性格の悪さを感じますね。

さらには、『ナインティナイン』の岡村隆史さんを

「騙されすぎて面白くない」

などと言ったり、『ジャルジャル』の福徳秀介さんが、飲み会の帰りが寒いという理由だけでセーターをおねだりされ、買ってしまったというエピソードも話していました。

学生時代には、ケンちゃんという男子を利用して自分は進級できたものの、ケンちゃんは留年して退学することとなった…。

というエピソードもあります。

こういう点も、

自分が世間からは可愛いとか天然と言われているのをいいことに、それを利用している魔性の女

として、

「この女、性格悪いな!」

とアンチが増えているのです。

また、先ほど触れた坂口杏里さんの一件などは、重盛さと美さんの性格が悪いと言われる理由の

  • 嘘をつくことが多い
  • 他人の暴露ネタで注目を集める

のダブルパンチ!

重盛さと美さんがどういう人物かを表す典型とも言えるでしょう。

こういった点が露呈し、今ではおバカな天然キャラではなく、腹黒い計算高い女というイメージになり、アンチが続出することとなってしまったのです。

事務所の売り出し方なのかどうかは知りませんが、いずれにしても、重盛さと美さんのテレビ需要は、すっかりなくなってしまったと言ってもいいでしょうね。

 

まとめ

『重盛さと美=おバカタレント』

というイメージが定着していますが、実際のところは、おバカだけでなく、重盛さと美さんにあまり良い噂は聞かれません。

「嘘つき」

「腹黒くて性格が悪い」

とまで言われ、アンチが急増し、評判は右肩下がりになっているのです。

坂口杏里さんの一件も含めて、あまりにも嘘をついていたり、他人の好意につけこむようなことをしているのだとしたら、それはアンチが増えても仕方ないでしょうね。

筆者としても、こういった他人を利用するようなエピソードをたくさん見聞きすると、重盛さと美さんに対して嫌悪感を抱いた次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.