星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

ハリル監督の評判・評価は?代表選手の起用方法と理由をチェック

更新日

今回のロシアワールドカップ2018の最終予選ですが、日本代表の成績は、非常に危険な状態にあります。

AとBの2グループのそれぞれ2位までが、ワールドカップ本大会に出場できるルールなのですが、現在の日本は、Bグループでサウジアラビア、オーストラリアに続いて、第3位となっています。

このつまづきの原因は、最終予選初戦のホームで、UAEに敗れたことが、大きく影響しています。

ハリル監督も、

「あの選手起用は間違いだった」

と、後に語っていましたが、これは選手起用だけではなく、『中東の笛』によるところも大きかったですね。

とはいえ、UAE戦やその後の戦いの内容を見て、ハリル監督の選手起用と戦術には、首をかしげる人が多いことも事実です。

そこで今回は、ハリル監督の選手起用方法と起用の理由、そしてその評判や評価はどうなのかを、調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

ハリルジャパン!監督の選手起用方法と起用の理由は?

ハリルホジッチ監督の選手起用方法は、2016年9月の

  • UAE戦以前
  • UAE戦以降

で、かなりの変化が見られます。

それ以前は、UAEを含めて、若手選手を積極的に起用しようという意図があきらかで、実際かなりの数の若手選手が、日本代表選手として初出場しています。

しかし、UAE戦で不可解な審判の裁定により、日本が敗戦となった後は、ベテランや常連の選手を起用する率が、あきらかに多くなって来ています。

これはやはり安全策ということもありますが、自分自身の誤りに気がついた、ということもあるのかも知れません。

UAE戦の後でのハリルホジッチ監督のコメントとして、

ハリル監督のコメント

「選手ではなく、監督を批判してください。

私は選手たちを守りたいと思います。

これが結果なのです。

私のチョイスが悪かったのです。

大島選手についても、私がチョイスをした訳だから、私が彼を勇気づける必要があると思います」

つまり、

ハリル監督の選手の人選と起用方法を誤ったことを自ら認めた

わけです。

大島選手の起用しても、なぜいきなり大事な大事なワールドカップの最終予選の、それも最も大事と言われる初戦で使うという、いえば非常識な賭けにでたのでしょうか。

若手を起用するのなら、監督にも選手にも気持ちの余裕のある、二次予選あたりで、まず経験させるのが常道でしょう。

しかも、自らの誤りを認めたわりには、おかしな選手起用や、時期を逸した交代時期はその後も続いています。

オーストラリア戦でも、前のイラク戦で素晴らしい働きを見せた清武選手を先発に使わず、このところ不調続きの香川選手をトップ下で起用しました。

香川選手は、9月シリーズでも絶不調でチャンスをことごとく潰していましたので、正直、もう代表には当分呼ばれないだろうと、思っていたくらいです。

その不調の香川選手を、この大事なアウェー戦であえて使う意図が、筆者には全くわかりません。

案じたとおりに、香川選手はほとんどボールに絡めず、

いるのかいないのかさえわからない

という状態でした。

しかも、コーナーキックやフリーキックなどのプレースキックでも、ピンポイントで合うようなボールは、ほとんど蹴っていなかっのです。

後半、それも残り時間が少なくなってきた時点で、ようやく清武選手に交代させたのですが、時既に遅く、いかな清武選手でもこの僅かな時間では、大きな働きはできませんでした。

また、前半はパスを細かくつなぐ日本スタイルの戦術でしたが、後半PKで同点にされた後は、堅守速攻をねらったカウンター狙いに、あきらかに戦術が変わりました。

アウェーということもありますし、戦術としては妥当だとは思いますが、ハリル監督のとった選手交代がまた妙な事になりました。

清武選手、浅野選手の交代出場はよいのですが、その交代時期が遅きに過ぎていたのです。

サイドの選手があきらかに疲れ果てているのに、なぜもっと早く交代させなかったのか、そんな疑問は試合を見ていた大半の人が感じていたでしょう。

そして最後に出てきた、本来はセンターバックである丸山選手のポジションが、これまた奇妙でした。

丸山選手は、FC東京では、たまにサイドバックもやりますが、本職は森重選手と組むセンターバックです。

その丸山選手をサイドに持ってきたのです。

「えっ?! えっ?! えっ?!」

の連続ですね。

ハリル監督は、後に

「守備を固めたかったので」

と言っていましたが、守備を固めるなら他にいくらでも方法はあったはずです。

もう一つ、ゴールキーパーに川島選手を入れたのも、目的がよくわかりません。

理由としては、

「チームのメンタル面を考えて」

ということらしいですが、そのためだけに限られた人数の中から、一人分の枠を埋めるというのも、いかがなものかと思います。

こうなると、ハリル監督の選手起用や戦術は、『いきあたりばったり』という言葉が浮かびますね。

 

ハリル監督の日本代表進退問題はどうなる?

現在問題になっているのが、

「ハリル監督で、この先大丈夫なのか?」

という話題です。

この話題は、UAE戦での敗戦以来、根強く続いています。

確かにこのワールドカップ最終予選での、ハリル監督の戦術や選手起用を見ると、その不安感をぬぐい去ることができません。

前項で書いたように、合点のいかない選手起用や交代に加えて、ハリル監督の情緒面での不安定さも考えると、

「このままでは日本代表はワールドカップ出場できないのでは?」

と感じる人が増えているようです。

この不安は、JFAとしても強く感じているようで、オリンピック代表監督の手倉森氏を、コーチとしてA代表に入閣させるという、非常手段をとりました。

オリンピックの代表監督が、A代表のコーチになるというのは初めてのケースです。

実は、手倉森氏自身はオリンピック後には、

「しばらく休養したい」

と言っていたそうです。

それが急遽、個人の希望を押しのけても、手倉森氏をA代表入りさせなければならないような状態に、現在の日本代表があるわけですね。

勝ち点の星取り勘定をみても、この先1つでも敗れれば、ワールドカップ本大会への出場は、ほぼなくなります

「監督を変えれば、勝てるようになるのなら、こんな楽なことはない」

という言葉は、他のスポーツでもジョークのネタになっているほどで、監督交代は決してチームの特効薬にはなりません。

とはいえ、一昔前の岡田氏の例もありますので、人心一新の効果はそれなりにあるとも思います。

代替えの監督候補がすぐ後に控えている中で、ハリル監督の舵取りが注目されますが、はたして『負けてから』の交代でよいものでしょうか。

勝ち点に余裕があれば、それでもよいのですが、現状は既にホームで一敗しており、とてもそんな余裕などありません。

この先、1敗でもすれば、その時点でワールドカップ本大会への出場は、ほぼ不可能となってしまいます。

もしハリル監督を更迭し、別の監督(手倉森氏)に変えるのなら、負けてからより、早い時期の方がよいと思います。

もっとも、交代した監督が、ハリル監督より良い結果を残せるという保障は、全くありませんが・・・

 

ハリル監督の采配への評判や評価は?

これまでのハリル監督の評判や評価ですが、UAE戦以前と以後では、大きな違いが見られます。

今回ご紹介するものは、主として

UAE戦以降

の評価・評判です。

ハリル監督へのネットの声

「途中からドロー狙いに見えたが?」

「明らかにドロー狙いだったな、追い付かれた時点からは」

「解任でいいよ、交代が無駄に遅いのは見ててほんとイライラする

勝手に迷走しすぎ」

「なぜか香川90分フル出場、交代遅く常に後手後手」

「斎藤、浅野は経験が浅く不安だったと言いつつ、3人目の交代は代表初出場の丸山とは。

しかも原口の位置で使うという不可解さ」

「無能ハリルと協会は絶対許せんわ、凄く苦しくなってきた」

「香川と本田を使わなければいけない縛りでもあるのか?勝つ気ないよね」

「クビにしないとマジで日本サッカーは終わるぞw」

「来月負けて解任だろ、ハリルジャパンじゃ無理だわ」

「今回勝っていれば、初戦の敗戦の分を取り返せたのにね」

「インタビューもひどい内容だったしな

こんな奴の下で選手の士気が上がるわけがねえわ」

「ザッケローニは会見やインタビューでは、絶対にボロを出さなかったな」

「結果だけ見れば、オーストラリアにアウェイでドローなら十分に結果、でもやっぱ交代選手とか見ると不信感が消えない」

「香川を使わなければ簡単に勝てるのに」

「負けない戦術をとれる監督だったってのは、は意外な収穫ではあるな」

「残り10分まで誰も交代しないって、監督はフリーズしてるのかと思った」

「こいつはアルジェリア代表の一発屋、たまたま運良くベスト16に進めただけ

それ以外はリーグアンで複数クビ、コートジボワール代表監督もWCyearなのにクビ、
アルジェリア代表後のトルコリーグでもクビ。

当時無職だったのを、アギーレ責任者の原博美が引っ張ってきた」

「ブラジル最大スポーツ放送局「グローボ」の採点

香川 5.0 (単独最低点)

彼を今日キャスト(出場させた)した理由を、理解することは難しいです。

そして彼はフィールド上に90分いました。

守備アップは、良かったスペースを閉じて、ボールを盗んだが、彼の攻撃的な存在は皆無でした。

清武 採点なし

彼は右サイドで9分間使われたが、既に香川よりも多くのチャンスを作りました。

彼はもっと早くフィールドに投入されている必要があります。」

「安定の日本代表10番様の最低点、おめ」

というわけで、ネットでは、香川選手とハリル監督は、袋だたき状態ですね。

 

まとめ

今回は、ワールドカップ最終予選での、ハリル監督の選手起用方法と起用の理由、そしてその評判や評価はどうなのかを、見てきました。

ハリル監督の選手起用などについては、批判や疑問の声が圧倒的に多く、擁護する人はごく少数でしたが、これは当然といえる結果です。

ただ、少し意外だったのは、ハリル監督への評価・評判のネットの声が、ほぼ✕の一辺倒だったことです。

もう少しハリル監督を評価する声もあるかと思っていたのですが、これほどまでに不評とは驚いた次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-サッカー