星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

シュミットダニエルの両親や出身中学高校!彼女や結婚についても

更新日

最近のことですが、シュミット・ダニエル選手というゴールキーパーが、急に注目され始めました。

ことの起こりは、先日発表された、

JFAのゴールキーパー専門の合宿

に、日米ハーフのシュミット・ダニエル選手がサプライズ選出されたことによるものです。

この合宿は、2016年10月17日から19日にかけて、大阪で開催されます。

現在の正ゴールキーパーである西川選手ら3人に加えて、日本代表候補に初選出の3人が選ばれたのです。

このところ良く言われることですが、現在の日本代表チームの最大の難点は、ゴールキーパーに人材がいないということです。

という背景もあり、今回はシュミット・ダニエル選手に焦点を合わせ、そのプロフィールや出身中学高校、さらには両親や彼女との結婚についても調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

正GK候補?シュミット・ダニエルの経歴プロフィール!

今回の合宿ですが、とても珍しいことにゴールキーパー専門の合宿なのです。

これまでに『ゴールキーパーのみの合宿』というものは、あまり聞いた事がありません。

それだけ、現在の日本のゴールキーパー事情には問題がありすぎるということなのでしょう。

2016年10月17日から3日間行われるこの合宿には、以下の6名が召集されています。

ゴールキーパー合宿参加者と要項(敬称略)

合宿スタッフ

監督 ヴァイッド・ハリルホジッチ

コーチ ジャッキー・ボヌベ-

コーチ 手倉森誠

コンディショニングコーチ 早川直樹

GKコーチ エンヴィル・ルグシッチ

GKコーチ 浜野征哉

合宿選手

東口順昭(ガンバ大阪)

西川周作(浦和レッズ)

林彰洋(サガン鳥栖)

以下3名が初選出者

シュミット・ダニエル(松本山雅FC)

櫛引政敏(鹿島アントラーズ)

中村航輔(柏レイソル)

合宿スケジュール

2016年10月17日(月) 午後 トレーニング

2016年10月18日(火) 午前/午後 トレーニング

2016年10月19日(水) 午前 トレーニング

なお、このスケジュールは、チームのコンディションや天候等により、変更する場合もあるそうです。

これを見ますと、西川選手と東口選手は、現在のロシアワールドカップ最終予選での、ハリルジャパンの日本代表メンバーです。

しかし、他の4選手はワールドカップ最終予選のメンバーとしては登録されておらず、林選手を除く3名は、代表候補選出も初めてなのです。

これを見ても、JFAやハリル監督が、いかに切実に、信頼できるゴールキーパーを切望しているかが、よくわかりますね。

今回のメンバーの中では、櫛引選手や中村選手は以前から期待されていて、名前も知られているゴールキーパーです。

しかし、シュミット・ダニエル選手は、J2の選手ということもあり、これまではあまり話題にのぼることもありませんでした。

この合宿でシュミット・ダニエル選手が、よいパフォーマンスを見せれば、2016年11月の親善試合に起用されるかもしれないという、ビッグチャンスが舞い降りてきたのです。

それでは、そのシュミット・ダニエル選手とは、どんなゴールキーパーなのか、プロフィールから見てみましょう。

シュミット・ダニエルのプロフィール

名前 シュミット・ダニエル

愛称 ダン

国籍 日本

生年月日 1992年2月3日(24歳)

出身地 アメリカ合衆国イリノイ州

学歴 中央大学卒

身長 196センチ

体重 90キロ

所属 松本山雅FC(J2)

ポジション ゴールキーパー

背番号 1

利き足 右足

シュミット・ダニエルのクラブ歴

2014年 ベガルタ仙台

2014年ー2015年 ロアッソ熊本(期限付き移籍)

2016年- 松本山雅FC(期限付き移籍)

シュミット・ダニエル選手のご両親は、

父はアメリカ人

母は日本人

日米のハーフです。

なお、この名前は、シュミットが『姓』で、ダニエルが『名前』とのこと。

欧米式の呼称では、『ダニエル・シュミット』となるのですが、日本式では『シュミット・ダニエル』と、姓が先に呼ばれるわけですね。

シュミット・ダニエル選手は、1992年2月3日に、アメリカのイリノイ州で生まれました。

シュミット・ダニエル選手の苗字は、先ほどもご紹介した『シュミット』ですが、これはドイツ系の苗字だそうです。

英語なら"Smith"(スミス)で、これは、鍛冶屋さんという意味です。

これを聞く限りでは、シュミット・ダニエル選手のお父さんは、ドイツ系のアメリカ人ということになりますね。

その後、シュミット・ダニエル選手が2歳のときに、日本の仙台市に移り住んだのです。

シュミット・ダニエル選手が、サッカーを始めたのは、小学校2年の時。

中学3年まではボランチなどのミッドフィルダーをやっていたそうです。

シュミット・ダニエル選手のゴールキーパーならぬ足元の技術が優れているという評価は、この時期のトレーニングのたまものというわけです。

それにも関わらず、シュミット・ダニエル選手は、一時はサッカー部を辞めて、バレーボール部に入っていたそうです。

その理由は、

体育の時間のサッカーで、サッカー部員でもない生徒にボールを取られてしまい、くさってしまってサッカー部を辞めた

ということらしいです。

なにかほのぼのとしたものを感じますね。

その後のシュミット・ダニエル選手は、サッカー部に復帰して、ポジションもゴールキーパーに変えています。

ゴールキーパーで心機一転ということなのかもしれませんね。

高校時代には、再び挫折したのか、一時プロサッカー選手になる夢を諦め、そのため普通に中央大学に進学しました。

ただ、その後に花が開いたのか、2013年8月に、ベガルタ仙台と仮契約、翌年の2014年には正式に入団しています。

入団直後には、ゴールキーパーが怪我のためいなくなってしまったロアッソ熊本へ、1ヶ月間の短期の期限付き移籍をしました。

その熊本では、移籍直後に長崎戦でスタメン出場。

これがシュミット・ダニエル選手のJリーグデビュー戦ということになります。

2015年には、再びロアッソ熊本へ期限付き移籍しています。

熊本の失点を大幅に減らすなど、大活躍をしているそうですよ。

そして、2015年12月24日に、J2へ降格した松本山雅FCへの期限付き移籍となり、今日に至っています。

 

シュミット・ダニエルの出身中学高校はどこ?

シュミット・ダニエル選手の学歴は、

2001年ー 仙台市立八幡小学校

2002年-2003年 仙台市立川前小学校

2004年-2006年 東北学院中学校

2007年-2009年 東北学院高等学校

2010年-2013年 中央大学

となっています。

東北学院中学・高校の地図はコチラです。

東北学院高等学校は、宮城県仙台市宮城野区にある、私立の中学高校一貫校の男子校です。

また、ミッションスクールであり、キリスト教による全人教育を行っています。

この学校の偏差値は、62~65で、上位に位置するといっても差し支えないでしょう。

口コミの評判をみる限りでは、

  • 男子校なのに校舎などがきれい
  • イジメは少ない

など、品行方正のかなり評判の良い学校であることがわかりました。

以下は、東北学院高校の有名卒業生の抜粋です。

東北学院高等学校出身者抜粋

本田圭佑 プロ野球選手(注 サッカー選手ではありません!)

シュミット・ダニエル プロサッカー選手

佐々木瑛 バスケットボール選手

早坂隆信 アナウンサー

堀啓 キックボクサー

千葉直樹 タレント 元プロサッカー選手

御童カズヒコ 漫画家

藤公之介 作詞家

シュミット・ダニエルの彼女は?もう結婚してる?

実は、シュミット・ダニエル選手は、

2015年10月10日に入籍

しています。

なので、現在のシュミット・ダニエル選手に『彼女』という存在は、たぶんいないでしょう。

もしいたら、現在の結婚相手のお嫁さんが怒りますからね。(笑)

お嫁さんは、一般の方ですので、氏名、年齢等の個人情報は、一切公表されていません。

ただ、お嫁さんとの結婚について、シュミット ダニエル選手のコメントがあります。

シュミット ダニエル選手の彼女との結婚についてのコメント

私事ですが、このたび10月10日に入籍を致しました。

今後は、より一層、責任感を持って、サッカー選手としてもさらに成長できるよう、日々精進していきたいと思います。

これからも応援よろしくお願いします。

なお、シュミット・ダニエル選手には、お子さんが一人(娘)がいるそうですよ!

 

まとめ

先日、JFAのゴールキーパー専門の合宿があるというニュースがありました。

ハリルジャパンに限らず、最近の日本代表チームの最大の弱点は、

ゴールキーパーにある

と、しばしば言われています。

今回は、問題となっているゴールキーパーの強化と、新たな選手の発掘のための合宿のようです。

その合宿には、今回ご紹介してきたロアッソ熊本所属のシュミット・ダニエル選手が、J2にもかかわらず、サプライズ選出されたのです。

シュミット・ダニエル選手のプロフィールから両親、出身中学高校と、彼女との結婚について、見てきました。

196センチの長身が大きな武器であると言えるゴールキーパー・シュミットダニエル選手。

はたして手薄な日本代表の救世主になれるのか、これからも注目して見守っていきましょう。

シュミット・ダニエルの記事はこちらもよく読まれています!

シュミットダニエルの身長とプレースタイル!評価もチェック!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-サッカー