PSVRの使い方マニュアル!接続方法から電源や充電までチェック!

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
psvr 2 eye


psvr-8

2016年10月13日に発売されたPSVR(PlayStationVR)は、日本国内外で大好評となりました。

発売当初は売り切れ続出で、次はいつ入手できるのか、見当もつかないという状態。

ユーザーが、

VR(Virtual Reality・仮想現実)の世界をのぞき見ることのできる製品

は、このPSVR以前にも存在していたのですが、いずれもマイナーな会社の製品でした。

PSVRがこれだけ騒がれるのは、ソニーという大会社が、

会社の命運をかけて開発した製品

ということもあるようです。

なお、発売1年後の2017年10月14日に、PSVRの新機種が発売されましたので、後の項で新旧の相違や仕様も紹介していきます。

ということで、ソニーの社運を賭けたPSVRの使い方のコツと、接続の仕方、それに充電方法などをお話していきましょう。

[adsense]

PSVRの使い方マニュアルを紹介!

PSVRの使い方そのものは、しごく簡単です。

機器をセットして接続し、ソフトウェアを走らせるだけです。

通常のゲームを遊ぶのと、何ら変わりありません。

当然PSVR専用、あるいは対応のゲームソフトで遊ぶことができます。

しかし、それ以外に色々な使い方、楽しみ方があります。

PSVRでは、

映画を見ることもできます

これが

『シネマティックモード』

また、映画以外にもWiiやXBOX One、さらにはPCの画面などもPSVRで見ることができます。

この『シネマティックモード』は、ヘッドセットの仮想空間内で、迫力ある大きなスクリーンで、映像を見ることができるのです。

『シネマティックモード』のテレビ画面のサイズは、

小 117インチ相当のサイズ

中 163インチ相当のサイズ

大 226インチ相当のサイズ

となっていて、用途によって選ぶことができます。

100インチサイズは、テレビの対角線でおよそ2.5メートルですから、小だとしても凄い大きさのテレビになります。

この大サイズで動きのあるもの、たとえばジェットコースターなどをやってしまうと、かなり酔いそうな気がします。

「PSVRに慣れるまでは長時間使わないように」

と言われているのも、そのためでしょう。

それほどの迫力がPSVRにあるということですね。

また、PSVRでブルーレイディスクを見ると、超大型スクリーンとヘッドセットの高品質音で、最高の映像を楽しめるそうですよ。

ここでひとつご注意を!

このPSVRですが、

12歳未満の方は、VRヘッドセットを使用できません。

これはヘッドセットを使用すると、

目に大きな負担がかかるため

で、場合によっては斜視になる恐れもあります。

子供のPSVRの使用はさけてください。

大人でもあまり長時間連続してPSVRを使用することは、疲労やめまいの原因にもなりますので、

疲れたら止める

といった注意が必要です。

 

PSVRの機器の接続方法と電源や充電をチェック!

PSVRのセットアップには何が必要なのか、再確認しておきましょう。

PSVRに必要なもの

絶対に必要なもの

  • PlayStation VR(PSVR)セット
  • PlayStationCamera(カメラ付き版なら新たに購入する必要はありません)
  • HDMI端子付きのテレビまたはモニター(セットアップ時に必要です)
  • PS4本体(システムソフトのアップデートが必要)
  • PS4用電源コード
  • コンセント3箇所
  • HDMIケーブル×2本(1本はセットに同梱)

PSVRを使うのに『あればよいもの』

  • 良質なヘッドホン(セットにはついてきますが、かなりチャチです)
  • PlayStationMove(モーションコントローラー ソフトによっては絶対に必要になります)

以下に、PSVRセットの内容物を紹介していきます。

PSVRセットの内容物

  • VRヘッドセット 1
  • プロセッサーユニット 1
  • VRヘッドセット接続ケーブル 1
  • HDMIケーブル 1
  • USBケーブル 1
  • ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式) 1
  • 電源コード 1
  • ACアダプター 1
  • PlayStationCamera 1(カメラ付き版のみ)

PlayStationCameraの価格

カメラ付き版49,980円(税別)

カメラなし版44,980円(税別)

このプロセッサーユニットとは、PS4本体のみの処理能力では追いつかないため、

プロセッサーユニットで処理を手助けをする

ための機器です。

PCで言えば、CPUに対するGPUに相当するものですね。

なお、これらの機器の接続は、数も多いことですので、間違わないようにしてください。

コネクタ類には接続用の目印もついていますので、必要以上に慌てなければ大丈夫です。

以下に実際のPSVR接続手順を記載しておきます。

PSVRの接続手順マニュアル

接続の前準備

全ての機器の電源が切れていることを確認

PS4本体とプロセッサーユニットを接続する

  1. PS4本体と、TVおよびPlayStationCameraを接続
  2. TVからのHDMIケーブルを、プロセッサーユニットの『HDMI TV』側コネクタに接続
  3. プロセッサーユニットの『HDMI PS4』側コネクタとPS4本体を、もう1本のHDMIケーブルで接続
  4. PS4とプロセッサーユニットを、USBケーブルで接続
  5. ACアダプターと電源コードを、プロセッサーユニットに接続

ヘッドセットの接続

  1. プロセッサーユニットに、VRヘッドセット接続ケーブルを接続(コネクタの印同士を合致)
  2. VRヘッドセットに、VRヘッドセット接続ケーブルを接続(コネクタの印同士を合致)
  3. ステレオヘッドフォンを、VRヘッドセットのケーブル途中にあるコネクタへ接続

3.は、直接テレビなどに接続すると、VR独自の立体音響効果が得られません。

必ずヘッドフォンはここに接続してください。

電源投入順

  1. TV
  2. PS4本体
  3. PSVRヘッドセット

これでハードウェアの接続は完了しました。

次に、PSVRの設定方法です。

PSVRの設定方法マニュアル

ヘッドセットの電源は、ケーブルの中間にあるリモコン部分です。

ヘッドフォンは、ヘッドセットのリモコンに接続します。

ヘッドセットの電源を入れると、PS4本体でPSVRデバイスソフトウェアの更新が行われます。

ソフトウェアの更新が終わると、PSVRのセットアップガイドが表示されます。

ガイドにしたがって、ヘッドセットの位置や見え方などを調整していきます。

これでPSVRのセットアップは、全て完了です。

なお、PSVRでPCの画面を見るには、

プロセッサユニットとPS4をつないでいるHDMIケーブルを抜く。

PCから出力されているHDMIケーブルを、プロセッサユニットに挿す。

これだけです。

つまり、PS4本体の代わりにPCを置き換えて使う、ということですね。

また、PSVRには、通常のマニュアルと、スタートガイドの2種類のマニュアルが付属しています。

PSVRの充電スタンド

PSVRを使っている人の声として、

「PSVR本体以外にもプロセッサーユニットとか色々あって、置き場所に困る」

という内容が多いようですね。

PSVRには、PSVR本体・プロセッサーユニット・ヘッドセット・コントローラー・Moveなどなど、とにかく必要なアイテムが多いのです。

それだけに何をどこに置いたのかさえ、忘れてしまうこともあります。

これでは、いざ使おうという時には、必要なものがなかなか見つからず、困ってしまいますね。

ところがそれらの品々を、

PSVR用機器全てをまとめて収納できる、充電機能付きスタンド

が発売されていたのです。

PSVR 充電スタンド

PS4/PS4 PRO/SLIM コントローラー2台充電 充電ホルダー(改良版)

価格:¥ 4,180

このスタンドのメーカーは『KJH』。

内容物は、

  • スタンドの本体(PSVR本体接続用ケーブル内臓)
  • 引っかけ式アーム
  • USBケーブル 1本
  • 取説その他

です。

このスタンドには、PS4本体とプロセッサーユニット・コントローラー2つ・Move2本が収納できます。

ヘッドフォンもひっかけ可能です。

PS4本体を乗せる部分には、ファンが2つも設置されています。

至れり尽くせりですね。

対応機種は

  • PS4
  • PS4プロ
  • PS4スリム

と全てのPS4に対応しているのです。

サイズの違う匡体にはスプリングで固定と、ぐらつき対応も万全です。

しかも、PS4の電源と連動しているのです。

PS4の電源を入れると、このスタンドでも青色のライトが点灯します。

USBポートでは他の機器の充電やUSB機器が使用できますし、USBのキャプチャ転送なども可能です。

添付のUSBケーブルは、コンセントアダプタを繋げば、PS4本体の電源を落としても充電できるそうです。

とにかくこれだけありとあらゆる機能を持ち、収納数も多いスタンドは、他にはあまりないのではないでしょうか。

単体のPS4用ファン付きスタンドの価格は。2000円程度。

充電器は安いものでも1500円程度。

それとほとんど同じ価格で、この充実ぶりを考えると、PS4用スタンドのベストセラーというのも頷けますね。

 

新PSVRの仕様

最新モデルのPS VR(CUH-ZVR2)が、2017年10月14日(土)に発売されました。

これはPlayStation®Cameraとセットになったもので、

『PlayStation®VR PlayStation®Camera同梱版』

というものです。

価格は

希望小売価格44,980円+税

と前機種のカメラ無し版と同じになっています。

これはお買い得ですね。

従来機との違いは、

  • VRヘッドセット後部にステレオヘッドホン端子を配置し、ケーブル配線をVRヘッドセットに一体化
  • VRヘッドセットとプロセッサーユニットを繋ぐケーブルを、よりスリムな一本のケーブルに集約
  • プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応

という点です。

プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応というのは、

VRヘッドセットの電源がオフの状態で、PS4®をTVモニター上で楽しみたい時も、HDR映像データのパススルー対応により、

PS4®とTVモニターの間に接続されているプロセッサーユニットを、取り外すことなく使用できる

ということだそうです。

それでは、新PSVRの仕様を紹介していきます。

新PlayStation VR仕様

型番 PS VR CUH-ZVR2

VRヘッドセット

サイズ(mm) 幅187×高さ185×奥行277

重量 約600g (ケーブル含まず)

プロセッサーユニット

サイズ(mm) 約150 x 39 × 114 mm

重量 300g

動作環境温度 5℃~35℃

VRヘッドセットディスプレイ

方式 OLED

サイズ 5.7インチ

解像度 1920×1080

リフレッシュレート 120Hz、90Hz

視野角 約100度

センサー 6軸検出システム (3軸ジャイロ・3軸加速度)

プロセッサーユニット仕様

3Dオーディオプロセッシング

ソーシャルスクリーン(ミラーリングモード/セパレートモード)、シネマティックモード

動作環境温度 5℃~35℃

これを見ますと、従来機のPSVRとの違いは、

  • やや軽くなったこと
  • ヘッドセットの接続などの使い勝手の改良

が主な変更点のようです。

メインの機能などは旧PSVRと、ほぼ同一と思われます。

 

まとめ

今回は、ゲーム機のVirtual Realityの本命と言われている、PSVRの使い方のコツと接続の仕方を説明しました。

また、2017年10月14日発売の新機種の仕様なども紹介しました。

「満を持して放つ」

という言葉がありますが、ソニー製PSVRの発売は、まさにその言葉通りですね。

PSVRの内容の仕上がりの良さは、画質以外では非常に好評。

そのため、一時期は品切れのため、いつ入手できるのか、見当もつかないほど売れに売れていました。

このPSVRの発売で、Virtual Reality(仮想現実)機器が、ついに誰にでも手が届くところまできたのです。

Virtual Realityは、この先どこまで進歩し、発展していくのか、なにやら空恐ろしいような気さえしますね。

ページトップへ