星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

PSVRの使い方と注意点!接続方法マニュアルと本体仕様をチェック!

投稿日:

psvr-8

2016年10月13日に発売されたPSVR(PlayStationVR)は、日本国内外で大好評となっており、売り切れ続出で、次はいつ入手できるのか、見当もつかないという状態です。

エンドユーザーが、VR(Virtual Reality・仮想現実)の世界をのぞき見ることのできる製品は、このPSVR以前にも存在していたのですが、いずれもどちらかというとマイナーな会社の製品でした。

PSVRがこれだけ騒がれるのは、ソニーという大会社が、会社の命運をかけて開発した製品ということもあるようです。

そこで今回は、ソニーの命運を賭けた一品であるPSVRの使い方のコツと、接続の仕方、それにマニュアルなどを調べてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PSVRの使い方と注意点をチェック!

PSVRは仮想現実(VirtualReality)を体験するためのツールですが、まずそVirtual Realityとはどういうことなのでしょうか。

Virtual Realityとは、

「現実には存在しない世界を、現実に近い仮想として体感させる技術」

です。

PSVRの場合であれば、ヘッドセットやカメラ、プロセッサーユニットを使うことにより、ヘッドセット内に3次元的に映像と音響を再生し、ユーザーにその仮想の世界を体験させてくれるのです。

現時点では、技術的金銭的制約のために、大きなヘッドセットを被り、ユーザーの行動も制約を受けています。

しかし、そう遠くない将来には、これらの制約も次第に克服して、現実に限りなく近いVirtual Realityを再現できるようになるでしょう。

そのような技術が確立されれば、Virtual Realityによる新たなエンターテインメントや、実用面での可能性は、無限大といえるほど広がっていきます。

音楽のコンサートホールや、サッカーなどの球技場などの興奮を、あたかもそこに実際にいるような雰囲気で味わえるわけです。

また、実際に自分が、サッカーやボクシングに参加して、有名選手とプレーできるようにもなるでしょう

もちろん、Virtual Reality上でですが、シャピやイニエスタとプレーできるかと思うと、胸が弾みますね。

とはいえ、パッキャオやロマゴンと拳を交わしたいとは、思いませんが・・・

旅行にしても、自分の家にいながら、ヒマラヤでも南極でも、世界の果てまで飛んでいき、その地の雰囲気を体感できるようになるかもしれません。

その他、実用的な面に目をむけると、外科手術や航空機のトレーニング、スポーツのトレーニングや戦術分析など、挙げていけば、いくらでも応用できるでしょう。

たとえば、過激な集団との対決や、対処法などは、これまではそれに扮した現実の人間との模擬戦か、格闘技の練習でしたが、VRを使えば非常に現実的な雰囲気で、対処法なども体験できるでしょう。

しかしこれまでは、ある程度のVirtual Realityを実現するのでも、相当大がかりな装置が必要であり、とても個人でVRを使えるものではありませんでした。

それが、近年の技術進歩により、ゲーム機と比較的簡単なVR機器で、実現できるようになったのです。

PSVRの使い方そのものは、しごく簡単です。

機器をセットして接続し、ソフトウェアを走らせるだけです。

通常のゲームを遊ぶのと、何ら変わり有りません。

当然PSVR専用、あるいは対応のゲームソフトを遊ぶことができます。

しかし、それ以外に色々な使い方、楽しみ方があるのです。

PSVRでは、映画を見ることもできます

これが『シネマティックモード』で、映画以外にもWiiやXBOX One、さらにはPCの画面などもPSVRで見ることができます。

この『シネマティックモード』は、ヘッドセットの仮想空間内で、迫力ある大きなスクリーンで、映像を見ることができるのです。

『シネマティックモード』のテレビ画面のサイズは、

小 117インチ相当のサイズ

中 163インチ相当のサイズ

大 226インチ相当のサイズ

となっていて、用途によって選ぶことができます。

100インチサイズは、テレビの対角線でおよそ2.5メートルですから、小だとしても凄い大きさのテレビになりますね。

この大サイズで動きのあるもの、たとえばジェットコースターなどをやってしまうと、かなり酔いそうな気がします。

「PSVRに慣れるまでは長時間使わないように

と言われているのも、そのためでしょう。

それほどの迫力がPSVRにあるということですね。

また、PSVRでブルーレイディスクを見ると、超大スクリーンとヘッドセットの高品質音で、最高の映像を楽しめるそうですよ。

ここでひとつご注意を!

このPSVRですが、

12歳未満の方は、VRヘッドセットを使用できません。

これはヘッドセットを使用すると、目に大きな負担がかかるためで、場合によっては斜視になる恐れもあります。

子供のPSVRの使用はさけてください。

大人でもあまり長時間連続してPSVRを使用することは、疲労やめまいの原因にもなりますので、

疲れたら止める

といった注意が必要です。

 

PSVRの機器の接続方法マニュアル!

まずは、PSVRのセットアップには何が必要なのか、再確認しておきましょう。

PSVRに必要なもの

絶対に必要なもの

PlayStation VR(PSVR)セット

PlayStationCamera(カメラ付き版なら新たに購入する必要はありません)

HDMI端子付きのテレビまたはモニター(セットアップ時に必要です)

PS4本体(システムソフトのアップデートが必要)

PS4用電源コード

コンセント3箇所

HDMIケーブル×2本(1本はセットに同梱)

PSVRを使うのに『あればよいもの』

良質なヘッドホン(セットにはついてきますが、かなりちゃちです)

PlayStationMove(モーションコントローラー ソフトによっては絶対に必要になります)

以下に、PSVRセットの内容物をご紹介していきます。

PSVRセットの内容物

VRヘッドセット 1

プロセッサーユニット 1

VRヘッドセット接続ケーブル 1

HDMIケーブル 1

USBケーブル 1

ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式) 1

電源コード  1

ACアダプター 1

PlayStationCamera(カメラ付き版49,980円(税別) カメラなし版44,980円(税別))

このプロセッサーユニットとは、PS4本体のみの処理能力では追いつかないため、このプロセッサーユニットで処理を手助けをするための機器です。

PCで言えば、CPUに対するGPUのに相当するものですね。

なお、これらの機器の接続は、数も多いことですので、間違わないようにしてください。

コネクタ類には接続用の目印もついていますので、必要以上に慌てなければ大丈夫です。

以下に実際のPSVR接続手順を記載しておきます。

PSVRの接続手順マニュアル

接続の前準備

全ての機器の電源が切れていることを確認

PS4本体とプロセッサーユニットを接続する

1 PS4本体と、TVおよびPlayStationCameraを接続

2 TVからのHDMIケーブルを、プロセッサーユニットの『HDMI TV』側コネクタに接続

3 プロセッサーユニットの『HDMI PS4』側コネクタとPS4本体を、もう1本のHDMIケーブルで接続

4 PS4とプロセッサーユニットを、USBケーブルで接続

5 ACアダプターと電源コードを、プロセッサーユニットに接続

 

 

ヘッドセットの接続

1 プロセッサーユニットに、VRヘッドセット接続ケーブルを接続

(コネクタの印どうしが、合致するように接続する)

2 VRヘッドセットに、VRヘッドセット接続ケーブルを接続

(コネクタの印どうしが、合致するように接続する)

3 ステレオヘッドフォンを、VRヘッドセットのケーブル途中にあるコネクタへ接続

(これを直接テレビなどに接続すると、VR独自の立体音響効果が得られないので、必ずヘッドフォンはここに接続する)

電源投入順

1 TV

2 PS4本体

3 PSVRヘッドセット

これでハードウェアの接続は完了しました。

次に、PSVRの設定方法です。

PSVRの設定方法マニュアル

ヘッドセットの電源は、ケーブルの中間にあるリモコン部分です。

ヘッドフォンは、ヘッドセットのリモコンに接続します。

ヘッドセットの電源を入れると、PS4本体でPSVRデバイスソフトウェアの更新が行われます。

ソフトウェアの更新が終わると、PSVRのセットアップガイドが表示されますので、ガイドにしたがって、ヘッドセットの位置や見え方などを調整していきます。

これでPSVRのセットアップは、全て完了です。

なお、PSVRでPCの画面を見るには、

プロセッサユニットとPS4をつないでいるHDMIケーブルを抜く。

PCから出力されているHDMIケーブルを、プロセッサユニットに挿す。

これだけです。

つまり、PS4本体の代わりにPCを置き換えて使う、ということですね。

また、PSVRには、通常のマニュアルと、スタートガイドの2種類のマニュアルが付属しています。

 

PSVRの仕様

PSVRの仕様をご紹介していきます。

PlayStation VR仕様

型番 CUH-ZVR1シリーズ

VRヘッドセット

サイズ(mm) 幅187×高さ185×奥行277

重量 610g

プロセッサーユニット

サイズ(mm) 幅143×36×143

重量 365g

最大消費電力 約20W

動作環境温度 5℃~35℃

VRヘッドセットディスプレイ

方式 OLED

サイズ 5.7インチ

解像度 1920×1080

リフレッシュレート 120Hz、90Hz

視野角 約100度

センサー 6軸検出システム

(3軸ジャイロ・3軸加速度)

プロセッサーユニット仕様

3Dオーディオプロセッシング

ソーシャルスクリーン(ミラーリングモード/セパレートモード)

シネマティックモード

動作環境温度 5℃~35℃

まとめ

今回はゲーム用機のVirtual Realityの本命と言われている、PSVRの使い方のコツと接続の仕方、それに仕様などを見てきました。

「満を持して放つ」

という言葉がありますが、今回のソニー製PSVRの発売は、まさにその言葉のごとくです。

PSVRの内容の仕上がりの良さは、画質以外では非常に好評で、すでに品切れのため、いつ入手できるのか、見当もつかないほど売れに売れているのです。

このPSVRの発売で、エンドユーザー向けのVirtual Reality(仮想現実)機器が誰にでも手が届く所までついにきました。

このVirtual Realityは、この先どこまで進歩し、発展していくのか、なにやら空恐ろしいような気さえしますね。

PSVRの記事はこちらもよく読まれています!

PSVRの評価レビューと海外の反応をチェック!画質微妙でコスパ良し

PSVR不具合一覧!内容と回避方法や対策を紹介!初期ロットが原因?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.