PSVRが酔う原因とは?VR酔い対策は設定変更や乗り物の酔い止めで!

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PSVR 酔う eye


2016年10月13日に発売されたPSVRですが、ユーザーには大好評で、ネットでは

「凄い!驚嘆!異次元の世界!」

などの刺激的な言葉が並んでいます。

発売当初は、ゲームショップなどではPSVRの売り切れ続出。

いつ入手できるのかわからない。

オークションではプレミアがつく。

という、大変な状態でした。

しかし、この大好評のPSVRには、意外な大敵が潜んでいました。

それは『VR酔い』です。

実際に、PSVRで遊んだ人は、相当の割合で、『VR酔い(3D酔い)』になっているそうです。

今回はPSVRのVR酔いに焦点を当てて、PSVRの『VR酔い』の理由・原因と、その対策を見ていきます!

[adsense]

PSVRで酔う原因とは?

まず『VR酔い』とは、どのような症状なのでしょうか。

『VR酔い』とは、立体的な映像を観たり、PSVRのように映像を身体で感じたりすると、

頭痛や眩暈、吐き気、その他の体調不良が生じる

ことがあります。

それらを総称して『VR酔い』、あるいは『映像酔い』または『3D酔い』などと呼んでいるのです。

『VR酔い』の症状には、以下のような症状があります。

VR酔いの症状

初期の軽い症状

疲労感

眠気

あくび

けだるさ

中程度以上の症状

めまい

吐き気

頭痛

動悸が激しくなる

冷や汗

背筋が冷たくなるような、ゾーッという感じ

軽いパニック状態(動悸や呼吸の亢進など)

これらの内、頭痛、吐き気、めまいが『VR酔い』の中で最も多い症状のようです。

これらの症状は、車酔い、船酔いなどと、よく似ているため『酔い』という表現が使われるのでしょう。

中程度の症状になると、ほとんどの人はPSVRでのゲームプレイが続けられなくなり、やめてしまうようです。

 

この『VR酔い』の理由・原因ですが、色々な説があります。

もっとも一般的な『VR酔い』の原因は、

リアルな映像や音響により、視覚や聴覚で感じる映像と、人体で平衡感覚をつかさどっている三半規管との間で、感覚のズレが生じることが原因

という説です。

これは、自分が見ているゲーム画面(イコール自分が感じている情報)では、激しく走ったり、視点が素早く移動したりしている場合でも

三半規管による平衡感覚の情報では、静止したままです。

この情報の矛盾を、

脳が無理やり修正して、辻褄を合わせようとする働きが、VR酔いによる症状となって現れる

ということですね。

VR酔いは、PSVRのようなVirtual Realityでなくても、普通のゲーム画面を見ていても起こりうることです。

ただ、PSVRのような仮想現実(Virtual Reality)機器の場合は、

現実により近い迫真性がありますので、よりVR酔いが起こりやすい

ということなのでしょう。

その他には、どんな動作や感覚がVR酔いに繋がるのか、直接的な原因として、このような原因があります。

  • 匂いに酔う
  • 左右や上下の揺れに酔う
  • 視界のズレが原因で酔う

この『視界のズレ』が原因というものは、先程も説明したように上記の実感と三半規管の情報の矛盾によるものですね。

ゲーム画面のどのようなシーンで、VR酔いが発生しやすいのかといえば、

  • 激しい動きのあるシーン
  • 画面の明滅があるシーン

で発生しやすいようです。

VR酔いが発生しやすいプレイ環境

部屋が暗い

長時間のプレイによる疲労がある

残像現象が多い機器を使っている

画面が激しく明滅するシーン

画面が小さすぎる(じっと見つめる必要がある)

画面が大きすぎる(視界をゲーム画面でしめられるため、錯覚が起こりやすい)

視界が悪い (天井が低い時や、上部の視界をさえぎる物がある時)

動きが激しいシーン(とくに上下動や回転が大きい時に発生しやすい)

フレームレートが低い(動きが荒くなる)

カメラの動きが激しいシーン

3Dモデリングが歪んでいる場合

その他の理由には、

レンズの性能や特性、またヘッドセットのフィッティングの問題

なども見逃せません。

性能の良くないレンズでは、鮮明度の問題もあります。

また、それに加えてフィッティングではヘッドセットを装着した時の、レンズと目の距離の問題もあります。

このレンズと目の距離は、鼻梁の高い人と低い人では、かなりの違いがあります。

それによる画像の見え具合もずいぶんと変わってきますね。

『VR酔い』の起こる理由・原因は、意外に複雑に条件が絡み合っているわけです。

 

PSVRでのVR酔い対策 一般篇

『VR酔い』は、人によっては、全く症状が出ない人もいます。

ただ、かなり(過半数くらい?)の人は、強弱の違いはあっても『VR酔い』の症状があらわれるようです。

そこで、この『VR酔い』になった場合の対策を見てみましょう。

なお、『VR酔い』は、原因にしても、対策の効果にしても、個人差が非常に大きいです。

ある方法で効果がでない場合には、別の方法を試すなどの試行錯誤も必要となるでしょう。

また、『VR酔い』になった場合は、いずれの場合でも、まず行うことは、

直ちにゲームをやめる

ことです。

これは『VR酔い』対策の基本中の基本です。

VR酔い対策と予防

一般的な対策

VR酔いかなと思ったら、早めにゲームをやめる

ゲームを中断してモニターから目を離し、10-15分程部屋をぼーっと見る

部屋の中をゆっくりと歩き回る

顔を洗う

しばらく横になる

睡眠をよくとる

ゲームを行う前には、体操やストレッチなど行い、体を軽くほぐす

ガムを噛んだり飴を舐める

乗り物酔いの薬をのむ

特定のシーンのみ見ないようにする

PSVRの再調整

この『特定のシーンのみ見ないようにする』という対策は、『VR酔い』が発生しやすいシーン、たとえば、

移動や回転、方向転換など、画面上で激しい動きがあるシーンのみ、目をつぶっていて、それが終われば目を開ける

というPSVRの遊び方を変えて、『VR酔い』を回避する対策です。

かなりの妥協案ではありますが、これは意外に効果があるようです。

さらには、『食べる』という対策もあります。

乗り物酔いの対策として、

気持ちが悪くて吐きそうな時には、無理をしてでも軽く食べる

という対策が取られていますが、それと同じことが『VR酔い』にも適用できます。

また、

PSVRの設定の調整

というのが、『VR酔い』対策としては、意外に重要なようです。

PSVRの設定の調整については、次項で詳しく書きます。

これらの対策ですが、既に『VR酔い』が起こってしまった後よりも、その前に、

たとえば「少し疲れたかな」とか、「なにか普段と違うな」と感じた時に行う方が、より効果的

のようです。

また、『慣れ』ということもありますので、特定のゲームで『VR酔い』が発生する場合には、

そのゲームは一時断念して、ある程度PSVRに慣れてから再開

してみる、などの方法も対策になります。

何度も言いますが、『VR酔い』は個人差が非常に大きいです。

全く『VR酔い』にならない人もいますし、ちょっとPSVRをプレーしただけで、かならず『VR酔い』の症状が発生する人もいます。

対策が全く効果なく、強烈な『VR酔い』の症状が発生する人は、残念ではありますが、

PSVRの使用は取り止めた方が無難

といえるでしょうね…。

 

PSVRでのVR酔い対策 設定篇

PSVRでの『VR酔い』は、設定によってもかなり軽減することができます。

以下に、その設定を紹介していきます。

『VR酔い』は個人差が大きいので、必ずこうなるものではありませんが、試してみる価値はあると思いますよ。

設定する主な項目は、このようになっています。

  • 目と目の距離の調整
  • 明るさの調整
  • 移動速度などのカメラ調整
  • HMDの位置調整

また、設定ではありませんが、

レンズの保護シールのはがし忘れ

も画質低下や、ひいては『VR酔い』の発生原因になりえます。

VR酔い対策 PSVRの設定の調整

目と目の距離の調整

目と目の距離とは、左右の瞳孔の間隔のことです。

これが各人のサイズに合っていないと、『VR酔い』を起こしやすいようです。

この調整は以下のメニューから設定できます。

  1. PS4ホーム画面の『設定』メニュー
  2. 『周辺機器』メニューから『PlayStationVR』
  3. 『目と目の距離を測定する』
  4. 測定の際には、カメラに納まるように顔を近づける

この調整メニューは、どういうわけか初期セットアップの手順には入っていません。

なので、設定していない人も多いかも知れませんが、『VR酔い』になる人には必須の設定です。

なお、初期設定では『63ミリ』となっています。

また、PSVRは非装着で測定します。

明るさの調整

  1. PS4ホーム画面の『設定』メニュー
  2. 『周辺機器』メニューから『PlayStationVR』
  3. 『画面の明るさ』を選択

初期値では『MAX』になっていますが、これは下げることを強くおすすめします。

パソコンのモニタでも、不要に高輝度に設定しますと、目の疲れに繋がります。

まして、PSVRのような『VR酔い』が発生しやすい機器では、下げた方が無難です。

どこまで下げるかは、人によって異なりますが、中間あたりかそれよりやや下あたりが、一つの目途でしょうか。

カメラなどの調整

設定項目はかなり多いです。

  • 移動速度 プレイヤーキャラクターの移動速度を『遅い/やや遅い/通常』から設定
  • カメラ操作方向(VRモード) カメラ操作の左右方向を『通常/反転』から設定
  • カメラ回転タイプ カメラの回転方法を『一定角度で回転/なめらかに回転』から設定
  • カメラ操作速度(VRモード) カメラ回転タイプ』が『一定角度で回転』の場合は一度に回転する角度を変更
  • 『なめらかに回転』の場合は速度を『1~10』から設定
  • カメラ操作加速度(VRモード) カメラ回転タイプ』が『なめらかに回転』の場合のみ回転時の加速度を『なし/弱/中/強』から設定
  • ・しゃがみ時のカメラ補間……しゃがみ動作時にアニメーションするか、一瞬で切り替わるかをオンオフで設定

『VR酔い』対策としての設定ですが、項目数と設定数が多く、大変な数になります。

個人差もあり、絶対にこれがよい設定は、はっきりしていません。

一般的には、

  • 移動速度 『やや遅い』
  • カメラ操作方向(VRモード) 『通常』
  • カメラ回転タイプ カメラの回転方法は『一定角度で回転』
  • 『なめらかに回転』は非推奨
  • カメラ操作加速度(VRモード) なめらかに回転の場合 なし
  • カメラ操作速度(VRモード) やや低めで4-5程度
  • ・しゃがみ時のカメラ補間 オフ

の設定が良さそうですね。

『VR酔い』は個人差が非常に大きいため、上記を一応の目安として、各人に最も適した、疲れにくい、酔いにくい設定を探してみてください。

なお、初期設定は一応『VR酔い』しにくい設定になっているようなので、最初はとりあえずそのまま使ってみるという手もあります。

HMD位置調整

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の前後左右の位置を微調整し、ピントのあうベストポジションを探します。

  1. PS4ホーム画面の『設定』メニュー
  2. 『周辺機器』メニューから『PlayStationVR』
  3. 『VRヘッドセットの位置を調整する』

この調整は、最初は両目でおおまかに調整し、その後片目ずつ微調整するとうまく調整できるようです。

なお、これらの設定ですが、どうも臨場感(迫力)と酔いやすさは、比例しているようですね。

臨場感(迫力)が高い設定ですと酔いやすく、逆に酔いにくい設定だと臨場感は低くなる傾向があるようなのです。

 

まとめ

今回はPSVRでの『VR酔い』の理由・原因と、どのような対策が『VR酔い』に効果があるのかを見てきました。

このPSVRは、ゲーム自体はプレイヤーに好評ですが、『VR酔い』という症状が発生する人が多くいるのです。

この『VR酔い』は、

乗り物酔いに似た症状で、めまいや吐き気、頭痛など

があり、『VR酔い』になった当人は大変辛いものです。

その理由・原因は、確定的なことはいまだわかっていません。

ただ、目や耳で体感する感覚と、三半規管による加速度を関知した情報との乖離という説が有力です。

『VR酔い』の根本的な対策は、一時的にでも、

PSVRの使用を中止すること

ですが、『VR酔い』を対策をすることもある程度は可能。

楽しいはずの仮想現実(Virtual Reality)のゲームプレイが、苦痛にならないよう注意して遊ぶようにしてくださいね。

[st-card id=36901]

ページトップへ