星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

中日ドラゴンズのドラフト会議2016結果一覧!補強は投手中心!

投稿日

中日の2016年のドラフト会議が終わりました。

結果としては、ドラフト1位に柳裕也投手を指名することができ、個人的には非常に満足です。

ドラフト2位以下も投手中心で、かつ地元選手も集まった、2016年は、いいドラフトだったように思います。

では、具体的に中日ドラゴンズは誰をドラフト会議2016でチーム補強として指名したのか?

当記事で、中日ドラゴンズのドラフト会議2016の結果・指名選手をご紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

中日ドラゴンズのドラフト会議2016の補強ポイントは?

中日ドラゴンズ

最下位に沈んだ2016年の中日ドラゴンズ。

4年連続のBクラスは、2リーグ制になってから初の事態です。

中日ドラゴンズという球団だけで見てみれば、今が暗黒時代と言ってもいいと思います。

筆者としても、2016年の中日ドラゴンズは、見ていて、とてもつまらない試合ばかりで、ここまでため息をついた年もなかなかありませんでした…。

立て直しが期待される2017年へ向けて、その第一歩となるドラフト会議ですが、補強ポイントという意味では、非常に課題が多すぎて、1回のドラフト会議でどうこうできる問題とも思えないのです。

まず第一に投手、特に即戦力先発投手が期待されます。

2016年は2桁勝利どころか、

規定投球回に到達した投手がゼロ

これでは中日ドラゴンズが最下位も当然のことです。

そのため、投手中心のドラフトになっていくでしょう。

しかし、中日ドラゴンズは、もう1つ懸念材料とされるポイントがあります。

それが、外野手です。

しかも、ドラフト会議で外野手を指名するべきかどうかというのも、今の段階では成功とも失敗とも言い切れないという厄介な理由もあるのです。

そう、その厄介な理由というのが、現存戦力の選手たちのFA。

2016年のシーズンオフは、中日ドラゴンズにとって、大切な主力選手である大島洋平選手、平田良介選手のFAという山場を迎えようとしています。

中日ドラゴンズ最大の壁である白井オーナーの発言により、2人の流出は避けられない状況かもしれません。

それを見越すと、1年目からレギュラー争いをしてくれる外野手の獲得も必要になってくるでしょう。

そして何より、FA期間はドラフト会議の後からなので、ドラフト会議時点では、どうするべきか判断に迷う部分もあるはず…。

また、ビシエド選手の動向も現段階では未定なため、仮に3人全員が流出ということになれば、外野のレギュラーは1人もいなくなってしまうのです。

これはまさに中日ドラゴンズの緊急事態!

ビシエド選手が残留という事になれば、福田永将選手をレフトに回すことで、1つスタメンは埋まるのですが…。

流出状況によっては、ナニータ選手との契約を延長し、福田永将選手をライトにコンバートさせるという苦肉の策で、この1~2年凌ぐしかありません。

ただし、これらの策を講じても、中日ドラゴンズのセンターラインが非常に貧弱なのは変わりありません。

ショートの堂上直倫選手を固定にしてもいいとして、セカンドは荒木雅博選手の後釜が不在、捕手も正捕手が不在、そして大島洋平選手が流出したら…。

もはや目も当てられない状況です。

井領・友永・古本といった若手選手たちが劇的な進化を遂げてくれればいいのですが、この1~2年を見ている限り、それは無理な話でしょう。

まさに課題ばかりの中日ドラゴンズ。

そんな中日ドラゴンズのドラフト会議2016の結果はどうなったのでしょうか!?

次より早速確認していきます。

 

中日ドラゴンズのドラフト会議2016結果指名選手一覧!

さて、中日ドラゴンズのドラフト会議2016の結果をご紹介していきます。

指名した選手たちは、はたしてどんな顔ぶれなのでしょうか?

ドラフト1位指名 柳裕也(明大)

%e6%9f%b3%e8%a3%95%e4%b9%9f

中日ドラゴンズが、ドラフト1位指名したのは、事前の予想通り、明治大学の柳裕也投手でした。

2016年のドラフト会議の中心となるだろうと言われた3投手のうちの1人で、3年生の時に、田中正義投手の怪我が不安視されている中、メキメキと頭角を現してきました。

MAX150キロのストレートに、落差のある大きなカーブが特徴

で、制球力もあり、奪三振を狙えるピッチングが持ち味です。

大学では、現広島の野村祐輔投手以来となる300奪三振を記録。

コントロールがよく、角度のある球を投げられるため、150キロという球速に頼らずとも、自慢の制球力で通用する逸材と言っていいでしょう。

即戦力として、また将来性としても期待ができるので、ドラフト1位指名が成功したのは、中日ドラゴンズファンの筆者としても、非常に嬉しいところ。

コントロールピッチャーでは、全盛期には日本球界ナンバーワンのコントロールを誇った吉見一起投手がいますから、彼から多くの技術を教わり、将来のエースとして活躍してほしいですね!

ドラフト2位指名 京田陽太(日大)

%e4%ba%ac%e7%94%b0%e9%99%bd%e5%a4%aa

2位指名をしたのは、京田陽太選手です。

おそらく、中日ドラゴンズは2位で大学2大大型ショートと称された吉川尚輝選手、京田陽太選手のどちらか残った方を獲得、両者とも残っていたら、地元の吉川尚輝選手の指名を考えていたのではないかと思います。

しかし、吉川尚輝選手を巨人が1位で指名したため、京田陽太選手獲得に至ったのでしょう。

そういう意味では、当初の狙い通り、2位で京田陽太選手を指名できたのは大きな収穫です。

京田陽太選手は

堅実な守備と正確なスローイングが特徴

の遊撃手(ショート)。

それでいて足の面でも

2年秋、3年秋で盗塁王

を獲得し、課題だった打撃も大学4年で改善を見せるなど、走・攻・守が揃った野手というのが、スカウトたちの評価です。

それにしても、中日ドラゴンズは、ドラフト指名に成功した京田陽太選手をどう使っていくつもりなのでしょうか?

ショートならば、2016年にレギュラー定着を果たした、こちらも同じく堅実な守備が売りの堂上直倫選手がいます。

堂上直倫選手は内野のどこでも守れるので、セカンドへコンバートさせるのか、それとも京田陽太選手を荒木雅博選手の後釜として育てるのか…。

京田陽太選手の起用方法に注目したいですね。

ドラフト3位指名 石垣雅海 (酒田南高)

%e7%9f%b3%e5%9e%a3%e9%9b%85%e6%b5%b7

石垣雅海選手は、こちらもショートを守る内野手です。

しかし、ショートの他にもサード、ライト、センターを守っているので、必ずしもショートでなければいけない、というわけではありません。

何といっても

最大の持ち味はバッティング

で、まだまだ粗削りな部分はあるものの、鍛えればクリーンアップを任せられるスラッガーへ成長できる可能性を秘めています。

貧打に苦しんだ中日ドラゴンズの救世主となれるのか、持ち味のパワーを活かし、頑張ってほしいものですね。

ドラフト4位指名 笠原祥太郎(新潟医療福祉大)

%e7%ac%a0%e5%8e%9f%e7%a5%a5%e5%a4%aa%e9%83%8e

笠原祥太郎投手は、

MAX147キロのストレートと、カットボール、スライダー、チェンジアップ

が武器の本格派左腕。

関甲新のシーズン記録となる73奪三振を記録

『越後のドクターK』とも言われました。

左腕で常時140キロ台のストレートを投げられるのは非常に魅力的で、才能が開花すれば、2016年前半の阪神・岩貞投手のようになれるとも楽天のスカウトが評価していました。

創部4年目の新潟医療福祉大のエースとして、そして同大学の初のプロ野球選手として、その活躍が期待されます。

左腕不足に苦しんでいる中日ドラゴンズには、またとない逸材です!

ドラフト5位指名 藤嶋健人(東邦高)

%e8%97%a4%e5%b6%8b%e5%81%a5%e4%ba%ba

中日ドラゴンズにドラフト5位で指名されたのは、『バンビ2世』と呼ばれた藤嶋健人投手。

投手としては、

MAX146キロのストレートと、大きく曲がるナックルカーブ

が持ち味。

また、打撃のセンスも非常によく、

高校通算48発

の長打力は魅力的です。

投手か野手、どちらで指名されるのか注目されていましたが、本人が希望していた通りの投手での指名となりました。

筆者的には、野手としてのセンスは抜群で、ぜひ野手として育ててほしいと思ったのですが…。

まぁ、幸いにも藤嶋健人投手はまだ高校生ですし、2、3年で伸びなさそうならば、野手転向をしてもまだ間に合う年齢です。

そういう意味も込めて、野手への転向ができる投手としての指名をしたのでしょう。

地元選手ですし、それだけに将来の主力となれば、たちまち中日ドラゴンズのチームの顔となれる存在です。

藤嶋健人投手の成長には、大いに期待したいと思っています。

ドラフト6位指名 丸山泰資(東海大)

%e4%b8%b8%e5%b1%b1%e6%b3%b0%e8%b3%87

中日ドラゴンズが6位指名したのは、東海大の丸山泰資投手。

最速151キロのストレート、落ちる球の縦スライダー、カーブ、フォーク

を使い分け奪三振をバンバンとれる本格派右腕です。

首都大学リーグ史上2人目となる完全試合を達成

するなど、その実力は素質十分でした。

しかし、4年生の時には右肩の炎症で全く投げられない時期も続きました。

現在では、炎症を克服していますし、怪我の不安は問題ではありません。

平田良介選手や大野雄大投手など、怪我を抱えていても問題ないと判断して指名した結果、現在の彼らは今の中日ドラゴンズの中心選手にまで育っていますからね。

何より地元出身選手なので、中日ドラゴンズファンからの期待も大きいでしょう。

高校時代、甲子園出場を争った濱田達郎投手とプレーしたいと語っていたそうですし、その夢は早くも叶いそうですね。

ぜひ、丸山泰資投手には、濱田達郎投手とともに、将来の中日ドラゴンズを支える投手に成長してくれることを祈っています。

 

以上が、中日ドラゴンズの2016年のドラフト会議の結果指名選手となります。

また、育成ドラフトでは1人、木下雄介投手(四国アイランドリーグ徳島)をドラフト指名しています。

彼らが全員、2017年の中日ドラゴンズに入ってくれることを心から祈っています!

 

まとめ

森繁和新監督の初陣となった中日ドラゴンズの2016年のドラフト会議。

なんと抽選で柳裕也投手を引き当てるいきなりの大手柄でした。

この他にも、大学2大大型ショートの1人、京田陽太選手を2位指名、4位の笠原祥太郎投手も貴重な左腕として、中日ドラゴンズのドラフト補強ポイントに合致していたと思います。

かねてより森繫和監督が言っていた通りの投手中心のドラフト会議2016となりましたね。

今後、手薄になりそうだった外野手をあえて指名しなかったのは意外でしたが、これは大島洋平選手、平田良介選手へのアピールではないかと筆者はみています。

全体として2016年の中日ドラゴンズのドラフト会議は満足な出来だったので、後は大島洋平選手、平田良介選手、ビシエド選手の残留を願うだけですね。

ぜひ、立て直しに向け、2017年に向け、中日ドラゴンズには頑張ってほしいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球