星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

巨人のドラフト会議2016結果指名選手一覧!7位のリャオとは?

投稿日

2016年は、惜しくも2位に終わった巨人。

巻き返しを狙うために、2017年に向けた第一歩として、ドラフト会議に臨みます。

巨人はドラフト会議前に、田中正義投手の指名を公言したものの、残念ながら交渉権獲得とはなりませんでした。

しかし、魅力的な選手が多く指名できたドラフト会議にはなったかと思います。

そこで当記事では、ドラフト会議2016の結果として、巨人が指名した選手について、ご紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

巨人のドラフト補強ポイントは?

%e5%b7%a8%e4%ba%ba

巨人の2016年は、セ・リーグ2位という結果に終わりました。

しかし、それにもかかわらず、クライマックスシリーズ1stステージでは、3位の横浜DeNAに敗北…。

2016年の悪い流れが、まさに現れていたようなクライマックスシリーズでしたね。

巨人は高橋由伸新監督のもと、

『一新』

を掲げて、2016年のシーズンに臨んだわけですが、いざふたを開けてみれば『一新』とは程遠い状況…。

長年の酷使で全盛期の状態ではない山口鉄也投手を使い続け、投手陣は序盤出遅れたものの、長年エースを務めた内海哲也投手が9勝の活躍をし、打線は打線で阿部慎之助選手、村田修一選手などベテラン陣が引っ張っていました。

坂本勇人選手や長野久義選手などの主軸はともかくとして、せっかく『一新』を掲げたのに、相変わらず高齢のベテラン陣が巨人というチームを引っ張っているというのは、

「何が一新だよ…」

と思わされたのではないでしょうか?

それこそ、若手で言えば田口麗斗投手くらいしか『一新』の象徴と言える存在はいません。

また、代打の切り札と言えるような、スーパーサブの控え選手も不足している点が、2016年のシーズンを通して巨人の弱点を露呈しました。

代打で、ここぞ!という場面で出せる人はおらず、亀井義行選手がスタメンで出てしまったら、魅力的な代打が1人もいないというひどい有様。

一打逆転の大チャンスで代打・立岡宗一郎選手、堂上剛裕選手など、相手に威圧感を与えるには力不足な選手ばかり…。

クルーズ選手が1年の大半いなかったため、その代わりとなるセカンドは固定できず、また、外野もセンターがずっと固定できなかったのも、控え選手の手薄さを物語っているでしょう。

投手陣も、先発はエースの菅野智之投手以外、ピリッとする投手は内海・田口両投手のみ。

その菅野投手も、貧打な打線に足を引っ張られ援護がもらえず、まさかの9勝で終わるという成績でした。

中継ぎ・抑えも、澤村拓一投手は守護神としてセーブ王に輝くも、野球ファンの間で『マッスルミュージカル』と呼ばれる劇場型ピッチャー。

救援失敗を8回もしてしまうという、クライマックスシリーズでは、第2戦目で信頼感の問題なのか、抑えを任されないという、今後の不安も残る成績でした。

酷使されていたマシソン投手が、たまたま2016年は復活したからよかったものの、同じことを繰り返せばマシソン投手が再び調子を落とすことは目に見えています。

このように、現在の巨人は先発、中継ぎ、強打者、そして内外野…。

何もかもが不足しているのです。

特に、若手が全く成長しないという深刻な状況に陥っているので、今回の2016年のドラフト会議も大量指名がありそうな様相でした。

 

巨人のドラフト会議2016結果!指名選手一覧!

それでは、早速ドラフト会議2016の結果、巨人の指名選手をご紹介します。

ドラフト1位指名 吉川尚輝(中京学院大)

%e5%90%89%e5%b7%9d%e5%b0%9a%e8%bc%9d

巨人がドラフト1位で指名したのは、吉川尚輝選手です。

2016年の各球団の大本命と言われた田中正義投手を外し、佐々木千隼投手を外した後の指名で獲得となりました。

吉川尚輝選手は、大学2大大型ショートの1人で、走・攻・守の3拍子揃った内野手です。

とくにショートの守備は、今のプロと比較してもトップクラスになれるほどと評価されているのが、吉川尚輝選手の持ち味。

ただ、巨人のショートには、不動の坂本勇人選手がいるので、おそらくは2016年にレギュラー固定に苦しんだセカンドへのコンバートも検討していると思われます。

仁志敏久さん以降、固定できないセカンドは、ファンの間から

『仁志の呪い』

とも言われており、この呪いを打ち破る存在になれるか、吉川尚輝選手には期待がかかるところです。

ドラフト2位指名 畠世周(近大)

%e7%95%a0%e4%b8%96%e5%91%a8

巨人が2位指名した畠世周投手は、186センチの長身から投げおろされる角度を活かした

MAX152キロのストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ

を持つ本格派右腕。

怪我明けにも関わらず、150キロ超えのストレートを投げるなど、素質は十分にある投手だと思います。

ただ即戦力というよりは、いわゆる素材型の育てていく投手だと思います。

1年目は体づくりに専念し、2年目以降の活躍を期待していく形になるでしょう。

ただ、投げおろすタイプの投手に多いコントロール難が課題なので、コントロールをつけられるかどうかが、今後、大成するかのカギとなりそうですね。

ドラフト3位指名 谷岡竜平(東芝)

%e8%b0%b7%e5%b2%a1%e7%ab%9c%e5%b9%b3

谷岡竜平投手は、

MAX150キロのストレートと、縦に落ちるスライダーが武器

の本格派右腕。

高卒から社会人へ進んでいるので、育成としての伸びしろも十分です。

ストレートの球威をもっと重いものにできれば、将来はエース級になれる逸材だと思うので、巨人の投手育成力が試されます。

巨人は野手に比べると、投手の育成はしっかりしているイメージがあるので、こちらも将来が楽しみな投手と言えそうです。

ドラフト4位指名 池田駿(ヤマハ)

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e9%a7%bf

池田駿投手は、

最速146キロのストレートと空振りを奪えるスライダーが武器

スリークォーターのサウスポーです。

球持ちが悪いみたいですが、三振をとれる力は十分にあるので、そこは矯正する必要があるとまでは感じません。

巨人の先輩で球持ちの悪い投手と言えば、ルーキーで20勝、さらにはメジャーリーグでも活躍している上原浩治投手がいます。

タイプが異なるので、単純に比較はできませんが…。

また、社会人では中継ぎと先発を両方経験しているので、どちらでも使える便利な投手でもあります。

全盛期の山口鉄也投手のように、中継ぎの左腕不足に苦しんだ巨人のリリーフエースとなれるか注目です!

ドラフト5位指名 高田萌生(創志学園高)

%e9%ab%98%e7%94%b0%e8%90%8c%e7%94%9f

高田萌生投手は、

最速154キロのストレート

が武器の本格派右腕。

巨人のスカウトは、2位までに消えると高評価していたみたいですが、5位まで残ったことから指名に踏み切ったのだと思われます。

ワインドアップから投じられる投球フォームが松坂大輔投手に似ていることから、『松坂2世』とも呼ばれ、各球団が注目していました。

また、中日のスカウトは、『桑田タイプ』と評しており、巨人の先輩・桑田真澄さんのようなエース級投手となれるかも期待がかかりますね。

コントロールがイマイチだったりと、まだ粗削りな部分がありますが、高卒ルーキーなので、しっかりと育ててほしいところですね。

最近は3軍を作ったり、巨人が育成にも力を入れているようなので、こういった将来有望な素材タイプは大化けするかもしれません!

ドラフト6位指名 大江竜聖(二松学舎大付高)

%e5%a4%a7%e6%b1%9f%e7%ab%9c%e8%81%96

巨人が6位指名したのは、大江竜聖投手です。

スリークォーターから

最速149キロのストレート、スライダー、カーブ、フォーク

を投げ分ける左腕です。

171センチと、プロ野球選手としては小柄ながらも、打者を翻弄する投球フォームは魅力。

巨人は2015年頃からマークしていたみたいですね。

ドラフト7位指名 廖任磊(リャオ レンレイ)(開南大)※台湾出身

巨人がドラフトの秘密兵器として指名したのは、

台湾出身廖任磊(リャオ レンレイ)投手

です。

パイレーツのルーキーリーグから開南大学を経てドラフト指名されました。

開南大学は台湾の大学なのに、なぜ廖任磊(リャオ レンレイ)投手が指名できたのでしょう?

それは、廖任磊(リャオ レンレイ)投手の高校に秘密がありました。

廖任磊(リャオ レンレイ)投手は、

岡山共生高校に在籍

していたのです。

そして、岡山共生高校は高野連に加盟しているため、高野連に加盟している高校に在籍していた過去があれば、ドラフト指名をしてもOKなのだそうです。

廖任磊(リャオ レンレイ)投手は、

201センチ120キロ

という、まさにリアル巨人。

長身から投じられる

MAX154キロのストレート

が持ち味です。

ただ、その他で目立った球種はなさそうに見えます。

何にせよ、情報が少なすぎて、よくわからないというのが率直なところで、基本的にはストレートでゴリ押していくパワーピッチャーのように見えます。

まさに未知数なので、どうなるかわからず、文字通り秘密兵器。

これからダークホースとなる存在かもしれず、廖任磊(リャオ レンレイ)投手の動向には、今後注目していくのも面白いかもしれません。

 

また、巨人は育成枠で8人の選手をドラフト指名しました。

こちらは一覧で紹介します。

巨人の育成ドラフト指名選手

育成1位 高井俊 (BC新潟)

育成2位 加藤脩平(磐田東高)

育成3位 山川和大(BFL兵庫)

育成4位 坂本工宜(関学大準硬式)

育成5位 松原聖弥(明星大)

育成6位 高山竜太朗(九産大)

育成7位 堀岡隼人(青森山田高)

育成8位 松沢裕介(四国アイランドリーグ香川)

巨人は、3軍を設けているだけあって、育成の指名も2015年に続き、数多く指名していますね。

 

まとめ

巨人の2016年のドラフト会議は、悪くはなかったものの、あまりピリッとしない感じでした。

結果をみると、投手中心のドラフトだったわけですが、即戦力というよりは大器晩成型。

2017年にいきなり才能開花とはいかないと思います。

ただ、ドラフト1位の吉川尚輝選手は即戦力の逸材といえるでしょう。

セカンドを守ったこともあり、そこでは本職ではないにも限らず、素晴らしい守備を見せていたので、巨人が長年苦しんでいるセカンドのレギュラーを期待できる即戦力ルーキーです。

はたして2017年のシーズンは、筆者の予想を裏切り、この中から何人が1軍で活躍できるのでしょうか?

期待しながら見守りたいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球