星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

ソフトバンクのドラフト会議2016結果!指名選手一覧をチェック!

投稿日

2015年は、高校ナンバーワン投手の高橋純平投手を引き当てたソフトバンク。

2016年のドラフト会議でも、大本命の田中正義投手の競合になりましたが、そこは工藤監督の豪運の見せどころ。

見事に当たりくじを引き当て、高校ナンバーワン投手を指名した2015年に続き、大学ナンバーワン投手も指名してしまったのです。

2位以下の選手も実に素晴らしく、またもやソフトバンクが話題をさらっていった形になった、そんなドラフト会議2016だったと思います。

当記事では、そんなソフトバンクのドラフト会議の結果指名選手をご紹介します!

スポンサーリンク

アドセンス

ソフトバンクのドラフト補強ポイントは?

ソフトバンク スローガン2016

2016年のソフトバンクは、誰もが予想していた独走を前半戦は展開していました。

筆者も

「2016年もこのままソフトバンクが優勝か?」

と思っていたのですが、夏場になると急にソフトバンクが失速。

それと同時に勢いをつけて、ぐんぐんと上がってきていた日本ハムとの首位争いの様相を見せ始めました。

ペナントレースの行方は終盤までもつれ、結果的に最後は日本ハムが優勝。

ソフトバンクは2位に終わり、クライマックスシリーズも何とか食らいつきましたが、王者日本ハムに敗戦、ソフトバンクの2016年は幕を閉じました。

シーズンを通して見てみると、先発投手は頭数がそろっていたと思います。

途中で離脱したバンデンハーク投手は誤算でしたが、和田毅投手、千賀滉大投手、武田翔太投手などがいますし、東浜巨投手などもいます。

逆に中継ぎ陣は守護神・サファテ投手、森副投手以外は、2015年の好調から一転、皆ピリッとしません。

ここが日本ハムに終盤の逆転を許してしまう穴となっていたように思います。

しかし、それ以上に深刻なのは、ソフトバンク打線でした。

夏場頃から急激な打撃不振に陥り、相手チームが試合終盤に逆転すると、それを巻き返す力もなく、あっけなく凡退していくことが多かったように思いました。

特に、長打が不足していましたね。

李大浩選手が退団した穴は競争で埋められると工藤監督は語っていましたが、2ストライクに追い込まれると、うまくミートすることができる器用さを併せ持った30発の大砲の代理が、そうそう台頭するはずはありません。

案の定、李大浩選手の穴が響き、ソフトバンクの得点力を低下させる要因になってしまったと言えそうです。

そのため、2016年のドラフト会議では、ソフトバンクが補強すべきポイントは4番を任せられる大砲でしょう。

しかし、ルーキーで大砲というのは、清原和博さんのような例外的存在以外はまずいません。

そもそも、2016年のドラフトは投手豊作の年。

よって、1位は投手になるはずなので、2位以下の指名選手に注目が集まります。

 

ソフトバンクのドラフト会議2016結果!指名選手をチェック

さて、それでは早速、ソフトバンクがドラフト会議2016で指名した選手をご紹介します。

結果から行くと、ソフトバンクにとって、大成功のドラフトでした!

ドラフト1位指名 田中正義(創価大)

%e7%94%b0%e4%b8%ad%e6%ad%a3%e7%be%a9

2016年のドラフトナンバーワン選手として早くから注目を集めていた田中正義投手。

ドラフト会議では、

5球団競合

の末、ソフトバンクが引き当てました!

2015年の高橋純平投手に続き、工藤監督はまたもやドラフトの目玉をひきあてたことになります。

田中正義投手は、

186センチ96キロ

という、ガタイのいい体型をした本格派右腕。

その長身から投げ下ろされる

最速156キロのストレート

が最大の武器です。

さらに、縦スライダー、シュート、フォーク、カーブと変化球も多彩。

高校時代はコントロールの悪さと、怪我によって野手を務めていました。

そういう意味では、まだ投手としては経験が浅いのですが、それでこのポテンシャルなので、とんでもない怪物だと言えるでしょう。

大学に入ると、コントロールも改善されていますし、間違いなく即戦力で活躍できる右腕でしょうね。

1つだけ弱点を挙げるとすれば、球種によって腕の振りが違うので、球種を読まれやすいというポイントでしょうか。

ここが改善されれば、球界を代表するエースになれること間違いなし!

お互いを「翔平」「ジャスティス」と呼び合う仲だという大谷翔平投手とともに、世界で通用する投手になってくれることを期待しています!

ドラフト2位指名 古谷優人(江陵高)

%e5%8f%a4%e8%b0%b7%e5%84%aa%e4%ba%ba

ソフトバンクが2位で指名したのは、古谷優人投手です。

正直、この投手がソフトバンク指名まで残っていたことが驚きですし、田中正義投手、古谷優人投手と指名したソフトバンクは、それだけで2016年のドラフト会議で一番いいドラフトだったとさえ言えるでしょう。

古谷優人投手は、

最速154キロのストレー

が武器の左腕です。

スリークォーターから投じられるストレートは切れ味抜群で、変化球もスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと空振りをとれる球が多数。

高校生投手ではBIG4と呼ばれる存在がいましたが、彼らを凌ぐポテンシャルを持っています。

今後、大成すれば手が付けられないエース級投手になれるでしょう。

左腕、かつスリークォーターで、150キロを計測できるのは非常に魅力的です。

将来性だけならば、田中正義投手よりも期待ができる逸材だと、筆者は思いました。

 

ドラフト3位指名 九鬼隆平(秀岳館高)

%e4%b9%9d%e9%ac%bc%e9%9a%86%e5%b9%b3

ソフトバンクが3位指名をしたのは、九鬼隆平選手です。

若手捕手の台頭が期待されるソフトバンクが、しっかりと必要なポイントを補強してきたという印象を受けますね。

本当にソフトバンクはドラフト巧者だなと感じました。

九鬼隆平選手は

強肩強打

が持ち味のキャッチャー。

送球の2塁到達タイムは1.81~1.9秒と申し分なく、キャッチングなどを磨けば正捕手としての活躍に期待ができそうです。

選球眼もよくなってきており、打てるキャッチャーとして大成することを祈っています。

ドラフト4位指名 三森大貴(青森山田高)

%e4%b8%89%e6%a3%ae%e5%a4%a7%e8%b2%b4

ソフトバンクがドラフト4位で指名したのは、三森大貴選手です。

三森大貴選手はショートを守る内野手で、

俊足と鋭いバッティング

が持ち味。

細身の体からは想像できないようなヘッドスピードでスイングするので、体作りが成功すれば、大型ショートとして大成する可能性も秘めています。

ただ、守備の方はまだ粗い部分もあり、かつ肩があまり強いとは言えないので、その辺りは不安材料ですね。

 

以上が、2016年のソフトバンクのドラフト結果、指名選手となります。

4人というのは、かなり少ないように思いますが、ただ数をとればいいというわけでもありません。

4人とも質が高く、まさに文句なしのドラフトと言えるでしょう。

ただ、ソフトバンクのチーム事情を考えれば、九鬼隆平選手以外にも大砲候補が1人くらいは欲しかったかなとは思いますね…。

一方、育成ドラフトでは、選手を大量に指名しました。

こちらは一覧でご紹介しますね。

ソフトバンクの育成指名選手

1位 大本 将吾(帝京五高)

2位 長谷川 宙輝(聖徳学園高)

3位 田城 飛翔(八戸学院光星高)

4位 森山孔介(藤沢翔陵高)

5位 清水陸哉(京都国際高)

6位 松本龍憲(崇徳高)

まとめ

ソフトバンクの2016年のドラフト会議の結果を見ると、12球団No.1!と言えるほどの大成功に終わったドラフト会議でした。

4人しか指名しなかったものの、1位に大学ナンバーワン投手の田中正義投手を指名。

さらに2位では、将来性抜群の最速154キロ左腕・古谷優大投手を指名できました。

3位の九鬼隆平選手は、ソフトバンクに不足している若手の大型キャッチャーです。

何度も言いますが、本当にソフトバンクはドラフト巧者ですね…。

育成体制が揃っているからこその余裕もあるのでしょうが…。

同じく、パ・リーグでは、日本ハムもドラフト巧者のイメージがあり、毎年のようにこの2チームがAクラスに絡んでくるのも頷けます。

そして工藤監督のくじ運も恐ろしいほど引きがいいですよね。

もはや参ったとしか言えない、そんなソフトバンクのドラフト会議2016の結果でした。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球