PSVRは目が悪くなる(視力低下)?疲れる原因と対策をチェック!

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
psvr 目 eye


暫く前から、ゲームの世界で話題を独占していたのが、ソニーが

2016年10月13日に発売した仮想現実(Virtual Reality)機器『PSVR』

です。

PSVRは、これまでエンドユーザーには、馴染みが少なかった

Virtual Realityの世界を、誰でも手軽にのぞき見ることができる

画期的製品です。

これまでの同種の製品に比べてかなり安価で、しかもマイナーメーカーではなく、ソニーという大企業の製品なので、世界中から注目も集まるのでしょう。

さらに、実際にPSVRをプレーした人の声でも、多少の不具合はあるにしても、やはり圧倒的な臨場感・現実感が凄いという声が大半です。

ですが一方では、

  • 目が疲れる
  • 目や視力に悪影響があるのでは?

などの意見も出ています。

そこで今回は、PSVRのプレーで、目が悪くなる(視力への)影響はあるのか。

また、PSVRのプレーによって、目が疲れやすいことはあるのか、そのあたりを調べてみました。

[adsense]

PSVRのプレーで視力への影響は?悪くなる?

PSVRに限らず、コンピューターゲームのプレイ後には、目の疲労を覚えるのが通常です。

とくに、長時間(2~3時間以上)連続してプレーすると、多くの人が、目の疲れを覚えます。

もちろん、これは個人差が大きく、若い人では、それほど疲れない場合もあります。

FPSなどを含めて、通常のゲームと、Virtual Reality(VR)ゲームとでは、

目の負担はVRゲームの方が遙かに大きい

でしょう。

通常のテレビモニタなどであれば、画面と目との距離は、およそ1~1.5メートルと言われています。

しかしPSVRの場合、ヘッドセットを装着した状態で、画面を見るのです。

もうわかると思いますが、ヘッドセットの画面と目の距離は、

わずか数センチ

しかないのです。

これだけ近距離を、しかも長時間、緊張しながら見続けていて、目と視力に対する影響はないのでしょうか?

調べてみると、カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが、成人を対象にVRの実験をした報告がありました。

これはとくにPSVRを対象にした実験ではありませんが、VR機器を使用しての実験で間違いないでしょう。

その結果は、

「3Dのコンテンツを見続けると、目と脳を害する恐れがある」

と結論付けたのです。

それは『輻輳調節(vergence-accomodation)』と呼ばれる現象です。

要するに目と物理的に存在する画面への距離(数センチ)と、VR上での感覚的な画面までの距離(1~1.5メートル)の乖離により、

目は両方に焦点を合わせようとするため、目に不快感や疲労、頭痛などが生ずる

ということなのです。

この実験に参加した被験者は、24人とのことですが、これが結論を出すのに十分な数であるかは、わかりません。

とはいえ、実際にPSVRを使用した人の相当数が、目疲れなどを訴えているのも、事実です。

これはヘッドセット装着式のVRの場合は、避けられない問題なのでしょう。

しかも、現在の技術では、研究用の大がかりな実験装置は別にして、

VRはヘッドセット式以外の方式は、まず不可能

と思われます。

つまり、この目と対象物の距離の乖離は、現時点では不可避の問題なのです。

PSVRの目・視力への影響で、とくに注意が必要なのは、

子供の使用は危険

という点です。

ソニーの公式サイトでも、

12歳以下の子供は使用できません

と、はっきり表示しています。

これは、子供の場合は、

斜視になる危険性が高い

ということから、このような表示が行われているのです。

子供ではなく、大人の場合でも、

数日間PSVRを使用した後、目の違和感を覚え、眼科医で診察を受けた所、強い外斜視があるという診断

があったそうです。

もっとも、この外斜視の原因が、VR機器の使用によるものだけかは、不明です。

斜視の定義といえば、

『両眼の視線の向きがずれている状態』

のこととされています。

正常な場合は、両眼とも見ようとしている対象物に向くのですが、斜視の場合は、左右それぞれの目が、ずれた方向を向いてしまうわけです。

いわゆる、『ロンパリ』で、右目はロンドンの方角を向き、左目はパリの方向を向いているという状態ですね。

この斜視の原因は、眼球を動かす筋肉や神経の病気、遠視などによって引き起こされる、とのこと。

また、アメリカの眼科医は、

「VRによる次世代ゲームは、深刻な目の病気につながる可能性がある」

と警鐘とも言える言葉を残しています。

その理由は、以下です。

VR環境では自然光に当たる時間が減り、また遠い所に目のピントを合わせることが少なくなるので、近視の進行を早めてしまう。

プレーヤーに大きなストレスがかかる3Dアクションをプレーしていると、瞬きの回数が減る。

そのため目は疲れやすくなり、ドライアイの症状が出ることもある。

しかし、この意見には、おかしな点も見られます。

たとえば、自然光にあたる時間が少なくなるのは、VRプレーだけではなく、本を読んだりパソコンを自宅で操作していても、少なくなります。

同様の反論・疑問は、ネットでもかなり盛り上がっていました。

とはいえ、過度の読書でも近視になりやすいのは事実です。

また、正反対の説もあります。

それはなんと、

「VRによって斜視が改善できるかも」

という、ビックリ論です。

ジェームス・ブラハ氏という方は、子供の頃から斜視を患っていました。

彼は治療のために一日に何時間も斜視の治療を続けてきましたが、それにも関わらず斜視が完治する事はありませんでした。

このジェームス・ブラハ氏という人が、どのような職業についていて、どのような技術を持っていたかは、明らかにされていません。

しかし、彼は独力で試行錯誤の末、2015年に完成させた

『Vivid Vision』

により、自分の斜視を治す事ができたというのです。

この『Vivid Vision』という技術が、果たしてどのような内容のものか、詳細はわかっておりません。

おそらくは、

左右の目に異なる映像を送ることによって、斜視を矯正するするシステムではないか

と思われます。

その『左右の目に異なる映像を送る』ことを、VRによって実現したようなのです。

しかしながら、ジェームス・ブラハ氏は、

「自分以外のケースでも有効かは不明なので、独断での利用はせず、眼科医と相談の上使用するように」

とは勧めてはいるようです。

 

PSVRのプレーで目が疲れる?疲れないようにする対策は?

PSVRのプレーでは、視力や斜視の問題云々前に

『目が疲れる』

という声が多数挙がっています。

その理由は、前項でも書きましたが、

『ブルーライト』の影響

もあるようですね。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。

人間が見ることができる光の中で、もっとも波長が短い光です。

これより、さらに短いと紫外線となります。

電波や光の特徴として、

波長が短くなるほど高エネルギーとなり、また他の物質への透過率が高くなる

という性質があります。

しかもこのブルーライトは、パソコンやスマホのディスプレイや、LED照明には、このブルーライトの割合が高いのです。

そして、この高エネルギーと高透過率により、角膜や水晶体では光が吸収されずに、網膜まで到達してしまいます。

このブルーライトは、目には大きな負担をかけると言われていますが、逆にサーカディアンリズムをコントロールする役目もあります。

サーカディアンリズムとは、『概日リズム』とも言われ、約24時間周期で変動する生理現象ですが、

『体内時計』

という言い方の方が一般的ですね。

ブルーライトの効果(副作用?)として、目覚まし的な役割もあるようで、

メラトニンの分泌を抑えるために睡眠障害になりやすい

とも言われています。

もう一つの効果(副作用?)は、活性酸素を発するので、目の奥の組織を酸化させ、目の疲れの原因にもなります。

ブルーライトは、PCやスマホ、ゲーム機のモニタ画面からも発生します。

問題になるのは、PSVRのようなヘッドセット型VR機の場合は、

ディスプレイと目の距離が非常に近い

ということです。

ヘッドセットという形式上、ディスプレイと目の距離を1メートルも取ることは不可能です。

せいぜい数センチ程度が精一杯なので、センチ単位の至近距離からブルーライトの照射を目が浴びる、ということになります。

これが、

『PSVRは目が疲れる』

と言われることの理由の一つでしょう。

対策としては、ブルーライトカットの眼鏡や、対応ディスプレイもありますが、PSVRの場合は、そのような対策をしているのかは、不明です。

(目が疲れるという報告が多い以上、対策を施していない、もしくは効果が薄いのでしょう)

現状で誰でも可能な、もっとも簡単なブルーライト対策は、

一定時間(1時間程度)プレー後に、必ず10~15分程度の休憩を取る

ということくらいでしょうね。

 

目の疲れや視力低下の一般的対策

ここまではPSVRによる目の疲れや視力低下について書いてきました。

目の疲れや視力低下はブルーライトの影響などもありますが、それ以外にも様々な原因があります。

その中でも最も根本的な原因は、

  • わずか数センチの距離でディスプレイを見続ける
  • 目と物理的に存在する画面への距離(数センチ)と、VR上での感覚的な画面までの距離(1~1.5メートル)の乖離

この2つでしょう。

これに対する根本的な解決策は、現状ありません。

つまりPSVRによる眼の疲れは、

ある程度は不可避

なのです。

 

そこでこの項では、一般的な目の疲れや視力低下に対する対策を見てみましょう。

まず、PSVRのプレーの仕方として、

  • 不必要な頭の動きをしない
  • 急激な視線の移動などをしない
  • 画面の急激な回転・変化などをしないようにする
  • できるだけ見やすく疲れないようにPSVRを設定する

などがあります。

もっとも、画面の急激な回転・変化などをしないようにするというのは、ユーザー側で制御するのは困難で、

そのようなシーンが多いゲームを避けるか、PSVRの設定で行う

しかなさそうですね。

こちらの記事で、VR酔いしにくく目が疲れにくい、PSVRの設定などをお話していますので、ご参考まで。

[st-card id=36820]

その他の一般的な対策としては

  • 平衡感覚を鍛える
  • サプリメントや乗り物酔いの酔い止めなど使う

などの方法もあります。

平衡感覚を鍛えるというのは、具体的には

眼を閉じてバランスボールの上に座る、目を閉じて片足で立ち、バランスを取る

などですね。

サプリメントとしては、ルテインやアントシアニンがよいとのことです。

ルテインはブルーライトなどから目を守ってくれる働きがあります。

またアントシアニンは、凝った毛様体筋を和らげ、正常な状態に戻す働きがあります。

もうひとつ、目が疲れたら目のマッサージが効果があるのですが、

目のマッサージは危険

もあるようです。

それはマッサージや揉むなど、目に外から力を加えると、網膜剥離や白内障の原因になることもあると、言われているからです。

筆者も仕事がら、かなり目が疲れます。

その時は目のマッサージなどをやっていたのです。

しかし、この情報を知ってからは、目の回りのツボ刺激などをメインにして、マッサージはなるべくやらないようにしています。

 

まとめ

今回は、PSVRのプレーで目への影響(視力低下)はあるのか?

また、PSVRで目が疲れやすいということはあるのか?

というところを見てきました。

PSVRに限らず、他のVR機器を使用することで、目への影響(視力低下)や、目の疲れがある、という話は多数見受けられます。

PSVRのように、ヘッドセット方式という、

数センチという至近距離でディスプレイを見つめるシステム

では、人間の目・視力に対する影響がない方が不思議です。

また、ブルーライトによる影響も、ディスプレイが至近距離にあるため、通常のモニタ画面より強い影響があると思われます。

これに対する現時点での確実に有効な対策は、

長時間連続して使用せずに、目にとっての休みを入れる

くらいでしょうね。

[st-card id=36820]

ページトップへ