星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

阪神タイガースのドラフト会議2016結果!評判が最悪の指名とは?

投稿日

2016年のドラフト会議も無事に終わりました。

しかし、1球団だけ、会場のファンからどよめき、そして、ため息に包まれた球団があることをご存知でしょうか?

その球団は、ドラフト評価でも12球団最低のドラフト会議だったと評されるほどの結果だったのです。

スカウトの情報収集能力の低さを露呈させてしまうことに…。

その話題の球団が、阪神タイガースです。

阪神タイガースは、ドラフト1位で白鴎大の大山悠輔選手を指名しましたが、これが阪神タイガースファンから、とくに大不評!

では、なぜ阪神タイガースのドラフト会議2016の結果が批判される評判になってしまったのか?

当記事では、2016年の阪神タイガースのドラフト会議結果の評判が悪い理由について探っていこうと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

阪神タイガースのドラフト会議2016結果!指名選手一覧!

まず、阪神タイガースの2016年のドラフト会議の結果から見ていきましょう。

阪神タイガースに指名された選手たちをご紹介します。

ドラフト1位指名 大山悠輔(白鴎大)

%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e6%82%a0%e8%bc%94

阪神タイガースがドラフト1位で指名したのは、白鴎大の大山悠輔選手です。

力強いスイングで柵越えを連発するそのパワーが最大の魅力で、右の大砲として将来性のある4番候補です。

守備位置は、大学ではサードを本職としており、

強肩を活かした守備

が特徴です。

2016年のドラフト候補の中で注目の野手は、京田陽太選手、吉川尚輝選手などがいましたが、いずれも左打者。

右打者、かつパワーヒッターの野手は少なかったため、2016年に一気に注目を集めるようになったのが、大山悠輔選手なのです。

阪神タイガースとしては、2016年は長打を打てる打者が不足していましたし、サードのレギュラーが固定できなかったことも、結果的に穴となってしまいました。

そういう意味では、大山悠輔選手の指名というのは、2016年の阪神タイガースの弱点を補えるピッタリの存在だったと言えそうですね。

ドラフト2位指名 小野泰己(富士大)

%e5%b0%8f%e9%87%8e%e6%8a%95%e6%89%8b

阪神タイガースが、2016年のドラフト会議で2位指名したのは、富士大の小野泰己投手。

182センチの長身を生かした

最速152キロのストレートを軸にスライダー、フォーク、カーブを投げ分ける本格派右腕

です。

しなやかな腕の振りから伸びのあるストレート。

先発で常時140キロ、時折150キロ超えを計測できるのは、評価できるポイントですね。

ただし、コントロールはやや悪く、現時点で完成されているとは言い難い状態。

即戦力ではなく、こちらも育てていくタイプの投手ですね。

ドラフト3位指名 才木浩人(須磨翔風高)

%e6%89%8d%e6%9c%a8%e6%8a%95%e6%89%8b

才木浩人投手は、187センチという長身の右腕。

最速148キロのストレートとスライダーが武器で、手足の長さや球質が似ていることから、阪神タイガースの若きエース・藤浪晋太郎投手タイプとも言われています。

同じ時期の藤浪晋太郎投手に比べるとコントロールは才木浩人投手の方が上。

これで球速を伸ばすことができれば、第2の藤浪晋太郎投手になれるかもしれません!

ドラフト4位指名 浜地真澄(福岡大大濠高)

%e6%b5%9c%e5%9c%b0%e7%9c%9f%e6%be%84

浜地真澄投手は、MAX150キロの本格派右腕。

球威のあるストレートを中心に、カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップと多彩な球種を持っており、コントロールも高校生にしては良く、評価は年々上げていました。

浜地真澄投手も高校生というだけあって、素材型の、いわゆる秘めた才能が大きいタイプなので、育成が上手くいくか否かが、彼の運命を大きく分けるでしょう。

まさに阪神タイガースのコーチ陣の手腕が問われるところですね。

ドラフト5位指名 糸原健斗(JX-ENEOS)

%e7%b3%b8%e5%8e%9f%e5%81%a5%e6%96%97

糸原健斗選手は、セカンドとサードを守れる内野手です。

打撃面は、コンパクトなスイングで広角に打ち分けることもできますし、選球眼がいいため、球の見極めも備わっています。

さらには守備も堅守の評判で、エラーが少ないのは評価点に値します。

上手く育てば、2番タイプの野手として、相手の嫌がるしぶとく粘って出塁のできるタイプになるかと思います。

ドラフト6位指名 福永春吾(四国アイランドリーグ徳島)

%e7%a6%8f%e6%b0%b8%e6%98%a5%e5%90%be

福永春吾投手は、徳島インディゴソックスに所属する21歳の右腕です。

185センチ90キロといいガタイをしており、MAX152キロのストレートに、よく変化するスライダーとカーブ、そして落ちる球にチェンジアップがあります。

四国アイランドリーグでは1~2年目はコントロールがよかったものの、2016年はコントロールが定まらず、四球を出す場面が多かったみたいなので、そこだけは気がかりですね…。

社会人でも何度も完投しているため、すでにスタミナは十分備わっています。

2016年に定まらなかったコントロールが、2015年以前ほどに戻れば、阪神タイガースの即戦力の先発投手として、ローテーションにも入ってくるのではないでしょうか。

ドラフト7位指名 長坂拳弥(東北福祉大)

%e9%95%b7%e5%9d%82%e6%8b%b3%e5%bc%a5

長坂拳弥選手は、173センチと小柄なキャッチャーです。

守備には定評があり、送球の2塁到達は、

平均2秒前半

と、プロの平均水準を満たしていますし、キャッチング技術もそれなりに備わっています。

あとはプロのリードさえ覚えれば、阪神タイガースの正捕手になれる可能性は十分に秘めている選手と見ていいと思いますよ。

元々は、もっとドラフト上位に食い込んできてもおかしくはない選手でしたが、腰痛により下位の評価になってしまった辺りは不安ですね。

この時期から腰を痛めていると、プロでも再発するおそれがありますし、怪我だけは本当に気がかりです。

ドラフト8位指名 藤谷洸介(パナソニック)

%e8%97%a4%e8%b0%b7%e6%8a%95%e6%89%8b

阪神タイガースドラフト8位指名の藤谷洸介投手は、194センチという長身が特徴の右腕。

140キロ台のストレートと、よく落ちるカーブとの緩急を活かしたピッチングが得意です。

また、その他にもスライダーやチェンジアップの球種も持っています。

球速は150キロ超えの豪速球こそありませんが、長身を生かし、初速から終速までの差が少なく、威力ある球を投げ込めるので、プロの身体作りが成功すれば、たちまち大型投手として活躍が期待できるでしょう。

 

なお、阪神タイガースは、育成ドラフトには参加しませんでした。

さて、これらの指名選手を見て、阪神タイガースファンでなくても、

「う~ん…」

と首をかしげたくなったのではないでしょうか?

それこそが、阪神タイガースの2016年のドラフト会議の結果の評判が悪かった最大の理由です。

 

 

阪神タイガースのドラフト会議2016結果の評判が悪い理由

落ち込む男性

阪神タイガースの2016年のドラフト会議の結果。

なぜ評判が悪いのでしょうか?

それは、ファンからも、そして評論家からも酷評されてしまっています。

その1つの原因というのが、

阪神タイガースの1位指名

です。

金本監督が、ドラフト会議前に

『即戦力の投手を取る予定だ』

と言っていたことから、スポーツ紙などの予想では、

阪神タイガースは1位に桜美林大の佐々木千隼投手を指名するのではないか?

と言われていました。

佐々木千隼投手は、2016年に頭角を現してきた投手の1人で、首都大学リーグの菅野智之投手が持っているリーグ完封記録に並ぶ、7つの完封を記録しています。

最速153キロのストレートと、2種類のスライダー、そしてフォークやシンカーといった多彩な変化球で打者を翻弄します。

変化球のコントロールも抜群で、試合中の修正力も高く、まさに先発完投型として、将来のエース級となれる投手なのです。

そんな佐々木千隼投手を、以前から指名を考えていたという阪神タイガースは、なぜドラフト当日で避けてしまったのでしょう?

結果を見れば1巡目で、どこの球団からも佐々木千隼投手は指名されず、

仮に阪神タイガースが指名していれば、一本釣りに成功していたはず

だというのに…。

ここが、阪神タイガースのフロントの情報収集不足、そして弱腰さが露呈した部分であり、ファンからの批判対象になっているのです。

ただ、大山悠輔選手は魅力的で、今の阪神タイガースに欠けている部分であり、重要な補強ポイントになったことは確かです

しかし、大山悠輔選手は、ドラフト1位で指名されるような選手とは言えず、おそらくは2位指名でも阪神タイガースが指名権を獲得できていたでしょう。

そして、競合でのくじを嫌った阪神タイガースフロントが、佐々木千隼投手を避けようと考えていたみたいなのです。

既に大半の球団が、

『田中正義投手を競合覚悟で指名する』

という大勢が判明しつつある中、それを察することもできず、今回のドラフト会議で、阪神タイガースは、このような結果となってしまいました。

ファンからは、ドラフト1位に大山悠輔選手を指名した時、大きなため息とブーイングが起こったと言います。

SNSでも、

「誰?」

「なんで一本釣りできたのに佐々木にしないんだよ」

「佐々木は競合してでも取る価値がある、大山は外れ1位でも残っただろうに」

と、辛口なコメントばかりでした。

将来のエース候補として申し分ない逸材を一本釣りできたかもしれないのに、それをみすみす逃しているのですから、これには笑うしかありません。

大山悠輔選手は、2位までならば残ったはずの選手です。

最優先を佐々木千隼投手にして、競合で負けたら大山悠輔選手という戦略でもよかったはず。

阪神タイガースの先発投手層は、とくに薄いわけではありません。

かと言って、厚いわけでもないので、佐々木千隼投手の指名は阪神タイガースとしては、またとないチャンスに見えたのですが…。

ドラフト会議2016でも、解説者の槙原寛己さんが

「これは正直意外でした」

と言っていましたし、視聴していた筆者も思わず、

「え?」

と発してしまいました。

巨人が、ドラフト7位指名をしたリャオレンレイ投手のように、下位での隠し玉ならば、まだわからなくもないのです。

1位指名で、この弱腰では、阪神タイガースの行く先が思いやられますね…。

 

まとめ

阪神タイガースは、ドラフト会議2016で、1位にまさかの大山悠輔選手を指名。

もちろん阪神タイガースの重要な補強ポイントに合致しており『悪い選択ではない』と思うわけです。

しかし、ドラフト1位指名にするほどではなかったのではないか?とも感じます。

それだけに、阪神タイガースファンからは、ため息とブーイングが巻き起こるという、ドラフト会議では異例の事態に発展してしまいました。

大山悠輔選手の1位指名が、はたして阪神タイガースにとって吉と出るか凶と出るか。

2017年のシーズン開幕が楽しみですね。

まぁ、阪神タイガースは、育成が下手という印象なので、阪神に入団した時点で大成しなかったかも、と言われてしまったら、それまでですが…。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球