星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

ニンテンドースイッチの発売日や価格を紹介!新機能もチェック

更新日

2017年1月13日13時に、『ニンテンドースイッチ』のプレゼンテーションが行われました。

ここでは、『ニンテンドースイッチ』の気になる情報をもりだくさんで公開!

『ニンテンドースイッチ』の機能はもちろん、発売日や価格といった、誰もが気になる情報も公開され、早速ネット上で反響を呼んでいるみたいですね。

では、一体『ニンテンドースイッチ』はどんな機能で、発売日や価格設定はどうなっているのでしょうか?

当記事で、早速『ニンテンドースイッチ』プレゼンテーションで発表された新情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

ニンテンドースイッチの発売日や価格

任天堂の新型ハード『ニンテンドースイッチ』。

その発売日や価格、機能がついにベールを脱ぎましたね。

早速、『ニンテンドースイッチ』の発売日や価格をご紹介しましょう!

まずは、『ニンテンドースイッチ』の発売日です。

『ニンテンドースイッチ』の発売日は…

2017年3月3日!

ひな祭りの発売となります。

3月3日となれば、意外にも早く、もう目の前に迫っています。

あっという間に発売日となりそうですね。

では、『ニンテンドースイッチ』の価格の方はいくらなのでしょう?

『ニンテンドースイッチ』の価格は…

税別29,980円

だそうです。

約3万円ですね。

据え置き・携帯一体型のハードと考えると、まぁ適正な価格でしょうか。

とはいえ、任天堂のハードは据え置き機でも25,000円程度だったということもあるので、これまでと比較して若干高いように感じてしまいます。

まぁ税抜きであれば3万円を切ってくるので、それでも良心的な価格設定なのでしょう。

この『ニンテンドースイッチ』の情報初公開段階での評価は、

「価格が高い」

と不評のようですが、実際に発売されてみない限り、価格が高いかどうかという判断はつけられないと思います。

価格が、『ニンテンドースイッチ』のスペックと釣り合っているかどうかをユーザーは一番気にしていると思います。

さて、続いては、『ニンテンドースイッチ』の機能について、発表された情報をまとめていきます。

 

ニンテンドースイッチの機能を紹介!

ついにベールを脱いだ『ニンテンドースイッチ』。

まずはそのデザインから見てみましょう!

うーん、いかがでしょう?

やはり、以前に公開されていたとおり、タブレット型のゲーム機に、着脱式のコントローラーを両サイドに装着するスタイルです。

続いて、『ニンテンドースイッチ』の機能面へ入っていきます。

ニンテンドースイッチのプレイスタイル

まず、『ニンテンドースイッチ』でプレイする際の、ゲームのプレイスタイルです。

こちらは、

  • TVモード
  • テーブルモード
  • 携帯モード

の3つのモードがあるみたいですね。

TVモードは、

テレビとつないで、据え置き機のようにテレビ画面を見てプレイできるモード。

テーブルモードは、

テーブルに本体をたてかけ、Joy-con(『ニンテンドースイッチ』のコントローラー)で遊ぶモード。

このモードは、Joy-conで遊ぶ内容になっているため、2つあるJoy-conを1つ手渡し、

ゲームのおすそ分け

が可能なのだとか。

そして携帯モードは、

『ニンテンドースイッチ』を持ち、携帯機のようにして遊ぶモード

確かに、据え置き・携帯一体型のハードといった性能を兼ね備えていますね。

ニンテンドースイッチのバッテリー持続時間

ここまで聞いて、次に気になるのは、『ニンテンドースイッチ』のバッテリー持続時間ですよね。

プレゼンテーションによると、『ニンテンドースイッチ』のバッテリー持続時間は…

約2.5時間から6.5時間程度

なのだそうです。

バッテリーの保ちは、タイトルによって異なるそうで、例えば、『ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド』では、約3時間。

USB Type-C端子で充電しながら遊べるそうですが、それにしては少し短いかなと思わされてしまいます。

まあ、このあたりのハード的な機能面が弱いのは任天堂のお家芸みたいなものでもあるので、致し方ないかもしれません。

ニンテンドースイッチのオンライン機能

次に、『ニンテンドースイッチ』のオンライン機能はどうなっているのでしょう?

もちろんオンライン機能は存在しています。

しかし、これまでと違うのは、オンラインが

有料

というところです。

えぇ、まさかの有料化ですか…。

プレゼンテーションによれば、『ニンテンドースイッチ』のオンラインは、

2017年夏までは無料で提供される

ことになっています。

しかし、

2017年秋からは有料化される

とのこと。

任天堂のことですから、きっと優しい価格設定にしてくれるかとは思うのですが…。

まぁ、ゲーマーとしては、迷惑に感じるキッズプレイヤーが減る、とでも割り切ってオンラインプレイを有料で行うしかないみたいですね。

ただ、1つ気になる情報があります。

このオンライン機能、任天堂の公式ツイッターでは、

このように記述されているのです。

これだけを見ると、ゲームのオンラインプレイそのものについて言及されていないようにも受け取れませんか?

つまり、

「スマートデバイスアプリと連携し、友達と遊ぶ時間の約束や、プレイ中のボイスチャットなどが可能」

な機能が、任天堂の有料オンラインサービスの中に含まれているのか、それとも、

「スマートデバイスアプリと連携し、友達と遊ぶ時間の約束や、プレイ中のボイスチャットなどが可能」

なオンラインサービスが独自で提供されるのか…?

そのどちらなのか?

という点が非常に気になります。

まぁ普通に考えると、オンラインは全て有料になると考えるべきなのでしょうが…。

ちなみに、ローカル通信が可能で、

ローカル通信だと最大8人でのプレイが可能

のようです。

そして、最後に1つ、嬉しい情報が入ってきました。

『ニンテンドースイッチ』では、原則として

ゲームソフトの起動にリージョンロックをかけない

とのこと!

リージョンロックとは、

販売地域によってゲームが稼働できなくなるシステム

です。

例えばヨーロッパ版のゲームを日本のハードで起動しようとしても、リージョンロックのせいでプレイができないのです。

今回、このリージョンロックをかけないことになったため、海外版のプレイのために、わざわざ海外版『ニンテンドースイッチ』を買う必要がなくなります。

ゲーマーの方にとっては、とてもありがたい設定といえるでしょう。

 

ニンテンドースイッチのコントローラー・Joy-Conの機能!

『ニンテンドースイッチ』には、

Joy-Con

というコントローラーがついてきます。

機能予想や、噂でいくつか出ていた、着脱式コントローラーですね。

デザインは上の画像です。

左右両方にアナログスティックがついていますが、これは

押し込みも可能

みたいですよ。

まず、右のJoy-conから解説していきます。

右のJoy-conは、任天堂おなじみとなったABXYボタンとHOMEボタンがあります。

そして、

HOMEボタンの位置はNFCリーダー/ライターになっていて、任天堂のゲーム連動フィギュア・amiiboなどのデータの読み書きが可能

とのこと!

また、右のJoy-conには、モーションIRカメラもついているそうです。

続いては、左のJoy-con。

左のJoy-conにも、同じようにABXYボタンとアナログスティックがありますが、特筆すべきはその他のボタンです。

左のJoy-conは、

ゲーム画面を静止画撮影するためのボタンがあり、将来的には動画撮影にも対応する

そうですよ。

この機能で撮影したゲーム画面は、SNSを通じてシェアできるそうです。

まさに

PS4のシェア機能と同じことができる

と考えてよさそうです。

ちなみに、『ニンテンドースイッチ』のJoy-conには、

HD振動機能

もあるそうで、この振動で、ゲーム内の様々な感触が手に伝わり、よりゲームとの一体感を感じられますよ。

コントローラーのカラーバリエーションは

黒、そして赤と青

です。

思った以上に、小さい中にたくさんの機能が詰まっていますね。

動画撮影もできるというのは、とてもありがたいのではないでしょうか?

また、それに合わせてプロコントローラーも発売されるようです。

ニンテンドースイッチプロコン

ニンテンドースイッチのプロコン

 

まとめ

今回、ついにそのベールを脱いだ『ニンテンドースイッチ』。

『ニンテンドースイッチ』の発売日は、

2017年3月3日

のひな祭りで、価格は、

税抜き29,980円

と、約3万円。

据え置き・携帯機一体型の新世代ハードにしては安いので、発売日から購入を考えてもいいかもしれませんね!

ただし、問題はどんなゲームタイトルのソフトが発売されるかです。

『ニンテンドースイッチ』の発売ゲームタイトルについては、別記事でご紹介しますので、そちらを参考にしてください。

ニンテンドースイッチの記事はコチラもよく読まれています!

ニンテンドースイッチの発売ソフト紹介!スプラトゥーンにマリオも

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム