星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

花粉症

花粉症の注射薬の効果と副作用をチェック!値段はいくら?

更新日:


ただ、ステロイド注射があらゆる花粉症の症状をシャットダウンできる一方、リスクも当然ながらあります。

効果が強いというだけあって、後述するように

副作用も強烈

なので、使う人を選んでしまう注射と言えるでしょうね。

次に、アレルゲン注射は、注射の中で唯一、

花粉症を完治させることを目的とした注射です

その対象アレルギーを少量ずつ、何回も、あえて身体に注射することで、免疫力を高めていくという方法をとっています。

アレルゲン注射は、医師の方がマニュアル通りに行ってくれますし、副作用はほぼないと見てOKです。

ただし、3年に渡って継続的に治療を行うため、病院へ定期的に通院しなければならず、時間に余裕がない場合は、この方法を選択することはできません。

さすがに3年も通院することはできないという方には、花粉症アレルギーを防いでくれるヒスタミン注射があります。

ヒスタミン注射は、非特異的減感作療法とも言われ、スギだけ、ヒノキだけ、といったアレルゲン注射とは違い、アレルギー全体の症状を抑える注射です。

そのため花粉症だけでなく、その他のアレルギーにも効くそうです。

年明けの1月から、3~12回ほどの注射を1~2か月の間、打つだけでいいので、比較的短い期間で終了します。

副作用には、じんましんや、はしかの発症があるとも言われていますが、実際のところ、ヒスタミン注射には、ほぼ副作用はないレベルみたいです。

 

このように、注射薬を打つことで、花粉症対策を講じている人も実際には多いのです。

とはいえ、まずは効果よりも副作用について先に認識をしておく必要がありそうですので、次項で詳しく書いていきます。


次のページへ >

-花粉症

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.