星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

花粉症

花粉症の注射薬の効果と副作用をチェック!値段はいくら?

更新日:


本当に困っているのであれば、コチラのお茶も試してみてくださいね。

白井田七。茶

花粉症注射の副作用の症状は?

副作用に悩まされる女性

花粉症用の対策及び、初期治療の一つとして、注射薬を打つことで、その症状を和らげたり、免疫力を向上させ、花粉症を防ぐ方法があります。

ただ、具体的に注射薬には、どんな効果と副作用があるのでしょうか?

まず、ステロイド注射の場合は、花粉症によって鼻にできた炎症を抑え、劇的に症状を和らげる効果を持っているため、注射を打った翌日には、スッキリするような効果が期待されます。

しかし耳鼻科医は、このステロイド注射を推奨しておらず、その理由として、大きな副作用を伴ってしまうからです。

その副作用とは、

生理不順、ホルモンバランスの崩れ、免疫力低下及び感染症の誘発、精神疾患、骨粗低下、胃潰瘍、肥満、緑内障、血糖値の上昇

などの副作用が考えられます。

とくに糖尿病患者などが、このステロイド注射をしようものなら、一気に血糖値が上がり、糖尿病が悪化するという最悪のケースも考えられます。

ステロイド注射は、花粉症に対する効果も大きい分、副作用も大きいので、まさに劇薬なのです。

その他のヒスタミン注射、アレルゲン注射においては、効果が表れるまでに何度も打たなければならない面倒さや時間がかかるものの、副作用も少なく、長期的に見た上では有効な治療法とみて良いと思います。

 

花粉症の注射1本の値段はいくら?

電卓を持つ女性

さて、花粉症対策用の注射1本の値段はいくらなのでしょう?

調べてみると、

ステロイド注射は1000円

アレルゲン注射やヒスタミン注射は500円程度

かかるそうです。

皆さんが想像するよりも値段としては安いのではないでしょうか?

ステロイド注射は、1本打てばスッキリするので、わずか1,000円で済みます。

しかし、ヒスタミン注射は、医師の指示にもよりますが、3回~12回程度は打たなければ効果が出ません。

つまり、最大6,000円ほどかかってしまうのです。

そしてさらに、12回分の診察料が別途かかります。

アレルゲン注射に至っては、2~3年に渡って治療を行うため、2万円ほどの費用がかかり、別途で診察料もかかるため、総額としては大きな値段となります。。

 

値段だけを見れば、圧倒的にステロイド注射の方がオススメです。

しかし、ステロイド注射は副作用も大きいので、無難にその他の注射で免疫力を向上させて、花粉症対策をしたほうが良いのではないでしょうか。

注射以外の花粉症対策になりますが、最近テレビでガンガンCMを打ち出しているアレジオンなどもオススメですね。

まとめ

花粉症予防対策や初期治療において、注射薬を打ってもらうことも一つの方法として有効です。

花粉症対策の注射の種類には、

  • ステロイド注射
  • ヒスタミン注射
  • アレルゲン注射

があります。

ただし、それぞれに花粉症に対する効果があるのと平行して

  • 副作用があること
  • 値段が異なること
  • 効果が現れるまでの長さ

などの特徴を踏まえた上で注射を打たないと意味がありません。

とくに、ステロイド注射の場合は劇的に効果が期待できるものの、副作用も大きいため、後で取り返しがつかない事態になることもあり得ます。

1本500円で日数を掛け、数回打たないと効果が現れないヒスタミン注射、アレルゲン注射のほうが、副作用が少ないため医師の推奨となることが多いようです。

皆さんも、花粉症の予防や初期治療の一つの方法として、こういった注射があることを頭の片隅にでも覚えておいてくださいね。


次のページへ >

-花粉症

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.